1: 2018/11/11(日) 13:45:57.15 ID:CAP_USER
「ハッブルの法則」の名称変更が承認された。これからは「ハッブル・ルメートルの法則」となる。では、ルメートルとは何者か? なぜいまに至るまで名前が忘れられてきたのか? そこには根深い「宗教と科学」の葛藤が背景にあった。

■「ハッブルの法則」の名称が変更される!

人類が発見した宇宙についてのさまざまな法則の中で、おそらく最も有名なのが「ハッブルの法則」だろう。

このサイトの読者ならご存じの方も多いと思うが、ひとことでいえばこの法則は、宇宙が膨張していることを示すものである。

夜空に光る星と星の間の距離を正確に観測すると、時間がたつにつれてどんどん距離が大きくなっていく。つまり、お互いに遠ざかっている。そして遠方にある星ほど、遠ざかる速度は大きい。

よく説明に使われるたとえ話は、「星に見立てた点を表面に打った風船をふくらませると、どの2点間の距離も広がっていく」というものだ。宇宙はこの風船のように、膨張を続けているのである。

20世紀前半にこの法則が発見されるまでは、ほとんどの人が当然のように、宇宙は静止していると考えていた。

「宇宙は膨張している」という発見がどれだけ衝撃的だったかは、あの天才アインシュタインですら頑として受け入れようとしなかったことからも想像できる。

しかもハッブルの法則は、さらに重大な意味をもっていた。

宇宙が膨張しているということは、フィルムを逆回しするように時間を戻していけば、宇宙はどんどん収縮していき、やがては小さな点になる。つまり、宇宙のはじまりは極小の粒子であり、それが大爆発を起こして現在の宇宙ができあがったとするビッグバン理論が生まれたのである。

このようにハッブルの法則は、宇宙のあり方についても、はじまりについても、それまでの常識を完全に覆してしまった。

この法則は宇宙論における最も有名な法則であると同時に、最も重要な法則であると言っても過言ではないのである。

従来、この法則の発見者は、その名のとおり、アメリカの天文学者エドウィン・ハッブル(1889~1953)であるとされてきた。ハッブルはロサンゼルス北東のウィルソン山天文台に建造された100インチ望遠鏡で天体観測を続け、1929年、互いに離れる銀河の距離と速度の関係を計算してハッブルの法則を発見した。

この偉大な業績を讃えてNASAはその名を冠したハッブル宇宙望遠鏡を打ち上げ、高校の地学の教科書でもハッブルの法則が紹介されるなど、ハッブルは現在、世界で最もよく知られた天文学者として歴史に記憶されている。

ところが、2018年8月になって、世界の天文学者によって構成されている国際天文学連合(IAU)は、この法則の名称を変更することを総会で提案した。そして10月末までに行われた会員による電子投票の結果、約4000人が投票し、その約8割が賛成したため、変更は承認された。

ハッブルの法則を、「ハッブル・ルメートルの法則」と呼ぶように推奨することが決まったのである。これにより、教科書の表記が変わるなど、これからさまざまな方面でその影響が出てくるものと考えられる。

■抹消された「ルメートル」という名前

突然、最も有名な法則に名前を連ねることになったルメートルとは、何者なのだろうか? このサイトの読者でも、その名を知っている方はそう多くはないだろう。

ジョルジュ・ルメートル(1894~1966)はベルギー人の物理学者である。1927年、若きルメートルは、「宇宙は膨張している」と確信し、論文を発表した。それはハッブルの発見よりも2年早かった。

そしてルメートルはなんと、宇宙のはじまりについても、のちのビッグバン理論と同様の考えを述べていた。ハッブル自身はそこまでは考えていなかったので、その意味ではハッブル以上の功績である。

にもかかわらず、ルメートルが宇宙膨張の第一発見者であるという事実は、歴史のなかで長い間、無視されてきた。

IAUが決定した名称変更は、ルメートルの功績も正当に評価しなければならないという考えからのことだったのだ。

続きはソースで

https://amd.c.yimg.jp/amd/20181110-00058373-gendaibiz-001-3-view.jpg

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58373
ダウンロード


引用元: 【話題】〈ハッブルの法則名称変更〉「最も有名な宇宙の法則」から自分の名を消そうとした科学者の苦悩

スポンサーリンク
3: 2018/11/11(日) 14:07:12.83 ID:EeRSZPID
世の中声がでかいほど名をなすもの

6: 2018/11/11(日) 14:13:36.38 ID:fKjetW5D
そんなに早い者勝ちでいいのかなあ

7: 2018/11/11(日) 14:30:08.16 ID:rn8m504M
蒸気機関車の発明者 
スティーブンソン × 
トレビシック ○

飛行機の発明者 
ライト兄弟 ×  
ホワイトヘッド ○

世界初の宇宙飛行士
カガーリン ×
イリューシン ○?

10: 2018/11/11(日) 14:46:32.81 ID:yJDNKlyt
>>7
名前まで知らないけど蛍光灯の発明も
GEが白熱電球の製造工場(新築)の償却終了まで伏せられていたせいだったはず

35: 2018/11/12(月) 06:07:52.21 ID:llrfTOWX
>>7
エジソンもおながい

8: 2018/11/11(日) 14:33:17.85 ID:5VrBw+hs
宇宙自体わからんのに、宇宙静止してるは苦しい

9: 2018/11/11(日) 14:42:27.64 ID:9w5RPUf0
>>1
そうか名称変更してくれ
ハッブルは発音しにくいわ

17: 2018/11/11(日) 15:53:49.59 ID:/IjUq8L1
そもそも科学者と宗教は相性悪い

20: 2018/11/11(日) 17:28:25.49 ID:of/2YuTt
ルメートルの根拠ってなに?
3行でエ◯い人

23: 2018/11/11(日) 18:28:05.38 ID:kS50Ceua
>>20
ハッブルより早く論文出してた。
反論の機会もあったが本人が固辞した。

21: 2018/11/11(日) 17:44:34.38 ID:ab9NPmn1
虫から宇宙まで手広いな

22: 2018/11/11(日) 18:26:38.48 ID:kS50Ceua
>>1
この記事の執筆者の立場がわかって驚いた。宗教と化学は難しいね

25: 2018/11/11(日) 19:23:50.99 ID:FdPgTUI+
星間距離の膨張であって空間の膨張ではない。

26: 2018/11/11(日) 19:28:42.26 ID:/Mq0gUuR
ハッブルは銀河の後退速度の法則性を発見した、
ルメートルは宇宙の膨張の可能性を示した。
意味が全然違う。

宇宙の膨張をいうならルメートルだけでなく、フリードマンやド・ジッターも入れなきゃいけなくなる。

これまで通りハッブルの法則でいい。

27: 2018/11/12(月) 00:45:41.03 ID:J08QwFqb
>>26
ルメートルは銀河の後退速度則もハッブルの2年前に出してんだよ。

28: 2018/11/12(月) 00:50:40.29 ID:dMa/Bqka
>>27
観測したの? ちゃんと

32: 2018/11/12(月) 02:05:06.47 ID:ii4hpopk
>>28>>29
ハッブルとほぼ同じデータから導き出してるんだから
ルメートルが偽物ならハッブルも偽物だな

30: 2018/11/12(月) 01:58:42.72 ID:mfgSMNca
ビッグバンが起こる前はどういう状況だったのか
そういうところはほぼ調べようがないんだろうから
今後科学が多少進展しても
わからないままのことばかりだろうな
天文学と素粒子物理学は
経済的な限界に達して
なかなかそれ以上進むのが難しそう

31: 2018/11/12(月) 02:01:07.29 ID:MwHFs0n1
物理学者がキリスト教にのめりこむのがようわからん
乖離しすぎだろう

49: 2018/11/13(火) 00:48:01.08 ID:X+G20b7u
>>31
そりゃ西洋の哲学理解してないだけだよ
神を証明する人たちなんだから

38: 2018/11/12(月) 08:39:37.71 ID:/9W3I/yi
ハッブルを消すべきでは?
宇宙膨張に気づいたのは助手だったはず。

53: 2018/11/15(木) 03:30:19.47 ID:kiiej8F8
>>38
ハッブルは宇宙が膨張してるなんて一言も言ってない
理論家ではなくただの観測者だ

39: 2018/11/12(月) 12:38:14.06 ID:HIvSlm6N
病気を発見したがために、病名に自分の名前がつけられてしまったとき、
嫌な感じはしないんだろうか?

40: 2018/11/12(月) 12:59:29.53 ID:YeYwAj3o
>>39
川崎病のことか。
あれはそれより何より川崎市への風評被害がちょっと。

41: 2018/11/12(月) 14:00:45.64 ID:pPds5F9d
宇宙膨張の証拠は赤方偏移だが実は膨張しなくても赤方偏移は生ずる。

48: 2018/11/12(月) 15:19:40.96 ID:gi1w/6Ha
>>1
バカげた妄想記事だった。読んで損したわ。なんの根拠もない勝手な捏造ストーリー。
自分が最初に主張することになることは、論文発表の時点で本人は自覚してる
そもそも論文を発表するってことはそれが目的だ

なのにこの筆者は勝手なお涙頂戴ストーリーにしたくて、「いや自分の主張を隠したかったのだ」とかさ
アホかと。
そんな逡巡があれば、そもそも最初の論文すら書かねーよ

50: 2018/11/13(火) 13:21:02.59 ID:4Q+qDR+K
原器を量る測定器が見たい。
今は作れないという話も聞く

52: 2018/11/15(木) 03:28:28.92 ID:kiiej8F8
今のハッブルの法則の解釈ではハッブルも不本意だろう
ルメートルの法則にすべき
もしくはルメートルの理論
赤方偏移と空間膨張を繋げるには無理がある
反証可能性も無し

法則なのに理論がメインに説明される異常な状態だ

55: 2018/11/16(金) 18:50:30.31 ID:NdR2aNWh
>>52
>赤方偏移と空間膨張を繋げるには無理がある



そりゃお前が詳細を知らんからだ
ハップルの法則は正確には「地球から遠い星ほど赤方偏移が大きい」だ
そして青方偏移してる星が少ないことも関係している

早い話が地球から遠い星ほど地球から遠ざかる速度が早く逆に近づく星が少ないという観測的事実が得られる
この説明として考えられたのが
「宇宙に散らばる星は小さい一点から爆発的に拡散したため爆発点を基準としたとき地球から近い星は似通った方向に飛ぶため地球からみた相対速度は小さくなり地球から遠い星では逆が起きる」
これがビッグバン説ができた理由

また空間が広がっている理由はより簡単
広がっていないなら端が見えるはず(光が反射する)という単純なもの

54: 2018/11/15(木) 03:56:55.88 ID:scmP2F61
ネット上から自分の名前を消すのに苦労したことを思い出した