1: 2018/10/30(火) 14:00:17.69 ID:CAP_USER
■半年間の宇宙滞在から戻って7カ月後も髄液減らず、脳の一部の組織が減少

 人間の体は、重力の中でうまく働くように進化してきた。無重力下では、地上と同じようには機能しない。体液が頭のほうに上ることから、DNAの働きの変化まで、宇宙旅行は健康に何も問題がない人にも過酷な経験だ。

 新たな研究によって、宇宙に滞在した宇宙飛行士の体を調査した結果、特に重要な臓器に影響が見られるという懸念が報告された。脳である。この研究結果により、無重力状態で長期間滞在すると、地球に帰還して7カ月が経過しても、脳に影響が残りうることが明らかになった。

 2018年10月25日付けの学術誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に発表された論文で、およそ半年間におよぶ国際宇宙ステーション(ISS)での滞在が、宇宙飛行士にどんな影響をもたらしたかが報告されている。ベルギー、アントワープ大学の科学者たちが率いる研究チームは、10人の男性宇宙飛行士のミッション前後の脳を、核磁気共鳴画像法(MRI)で撮影した。また、そのうちの7人については、ミッション終了後7カ月目にも撮影した。

 人間の体は、重力の中でうまく働くように進化してきた。無重力下では、地上と同じようには機能しない。体液が頭のほうに上ることから、DNAの働きの変化まで、宇宙旅行は健康に何も問題がない人にも過酷な経験だ。

 新たな研究によって、宇宙に滞在した宇宙飛行士の体を調査した結果、特に重要な臓器に影響が見られるという懸念が報告された。脳である。この研究結果により、無重力状態で長期間滞在すると、地球に帰還して7カ月が経過しても、脳に影響が残りうることが明らかになった。

 2018年10月25日付けの学術誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に発表された論文で、およそ半年間におよぶ国際宇宙ステーション(ISS)での滞在が、宇宙飛行士にどんな影響をもたらしたかが報告されている。ベルギー、アントワープ大学の科学者たちが率いる研究チームは、10人の男性宇宙飛行士のミッション前後の脳を、核磁気共鳴画像法(MRI)で撮影した。また、そのうちの7人については、ミッション終了後7カ月目にも撮影した。

 人間の体は、重力の中でうまく働くように進化してきた。無重力下では、地上と同じようには機能しない。体液が頭のほうに上ることから、DNAの働きの変化まで、宇宙旅行は健康に何も問題がない人にも過酷な経験だ。

 新たな研究によって、宇宙に滞在した宇宙飛行士の体を調査した結果、特に重要な臓器に影響が見られるという懸念が報告された。脳である。この研究結果により、無重力状態で長期間滞在すると、地球に帰還して7カ月が経過しても、脳に影響が残りうることが明らかになった。

 2018年10月25日付けの学術誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に発表された論文で、およそ半年間におよぶ国際宇宙ステーション(ISS)での滞在が、宇宙飛行士にどんな影響をもたらしたかが報告されている。ベルギー、アントワープ大学の科学者たちが率いる研究チームは、10人の男性宇宙飛行士のミッション前後の脳を、核磁気共鳴画像法(MRI)で撮影した。また、そのうちの7人については、ミッション終了後7カ月目にも撮影した。

■視力が戻らない宇宙飛行士も

 脳脊髄液の量が変化すると、別の影響が出る可能性もある。視界がぼやけるのだ。これは、地球に帰ってきた宇宙飛行士によく見られる症状で、最初に疑われた原因は、体液(血液とリンパ液)が頭に上ることだった。NASAの推定では、340日間宇宙に滞在した宇宙飛行士スコット・ケリー氏の場合、足から頭に向かって2リットルほどの体液が移動したという。この影響で宇宙飛行士の顔がむくむことはよくあるが、同じ理由で視力が低下するのかもしれないと科学者は考えていた。

 しかし2016年、原因は体液ではなく脳脊髄液であることが明らかになった。脳内に移動してきて過剰になった脳脊髄液のせいで、眼の裏側の圧力が高まり、眼球が平らに変形し、視神経が外側に押されることが判明した。宇宙飛行士の中には、地球に帰ると重力のおかげで、視覚障害が治る者もいるが、今回の論文で示されたように、地球に帰還すれば、すべての脳脊髄液が元に戻るわけではない。

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/102900467/ph_thumb.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/102900467/
ダウンロード


引用元: 【宇宙開発】宇宙旅行、脳に永続的な影響か 最新研究[10/30]

スポンサーリンク
2: 2018/10/30(火) 14:22:34.19 ID:uNzcIIub
じゃあ今後はAIに宇宙の探索をしてもらえばいい

さようなら宇宙飛行士

3: 2018/10/30(火) 14:25:09.49 ID:ykLFXZ/R
俺も宇宙に行ったら2リットルほど水分摂取を控えるか

5: 2018/10/30(火) 14:46:40.00 ID:nY8Flit6
人類は恐怖した

6: 2018/10/30(火) 15:32:50.10 ID:Mz4H8ALg
重要な研究やね


有人火星探査はすべきでないってこと

7: 2018/10/30(火) 16:46:52.34 ID:CAuzjERr
優秀な人がヨイヨイになって帰ってくるって事?

8: 2018/10/30(火) 18:16:07.05 ID:uJJAneHt
人類は地球から出れないなぁ(出る気はないけどね)

9: 2018/10/30(火) 18:34:57.56 ID:O1PJ9rae
ニュータイプへの道かいな

10: 2018/10/30(火) 18:49:09.36 ID:ULErv6qP
何回同じこと言うねん

17: 2018/10/31(水) 02:47:26.04 ID:Q4nG3ly9
>>10
読み進める→あれ?同じ所読んでる?→上戻って見る
と言う謎のループに襲われたわ

12: 2018/10/30(火) 22:26:40.33 ID:fEBPjlZb
これが現実
アニメじゃない

13: 2018/10/30(火) 22:41:29.08 ID:tMDipeRn
汚れ仕事だからな。

18: 2018/10/31(水) 04:20:52.11 ID:KbSzMACm
これじゃ月も火星も長期滞在無理じゃねえかよ…
どっちも重量が弱いから同じような結果になるだろ
やっぱ体まるごと機械化するしかねえなこりゃ

19: 2018/10/31(水) 08:00:43.68 ID:Xg8x73x/
ニュータイプへ覚醒するか廃人になるか。

20: 2018/10/31(水) 08:23:20.27 ID:q1/RGtoz
ロボでいい
飲まないし食べないし排泄しない

21: 2018/10/31(水) 09:50:42.47 ID:jSPzezLB
要するに宇宙はAI無人機の世界なのさ。
生体が行くには環境が厳しすぎる。
宇宙へ行きたいという思いは夢のままでいい。

23: 2018/10/31(水) 11:25:40.44 ID:rvHsceLG
無重力は有害であることが分かった。

昔、x線、放射能が有害であることがわかる前は労災障害出まくりだった

無重力暴露は放射能被爆見たく管理されなければならない。
作業以外は重力エリアに避難

27: 2018/10/31(水) 14:58:48.65 ID:UyTuVI+8
宇宙で変化した遺伝子発現のうち7%が帰還後も戻らなかったという研究が
「宇宙で遺伝子の7%が変化した」という妙なニュースになってたのを思い出した。

29: 2018/11/03(土) 08:04:13.69 ID:HxrtkMP1
重量をコントロールできればほとんどの問題が解決して人間の活動域が広がるのに。
タイムマシーンの検証みたいに、できるかできないかだけでも誰か科学的に推察してないのかな。

31: 2018/11/04(日) 12:58:35.77 ID:KW9m2VAO
ロケットで体にGがかかる時に、髄液が漏れる程度の損傷が発生するとか?(;・д・)

32: 2018/11/06(火) 22:59:17.84 ID:pabtGTeK
回転させて重力作ればいいだろ

28: 2018/11/01(木) 02:01:24.71 ID:UflL7B7/
>>1
俺は地球にいても脳みそおかしいんだがどうすればいいの