1: 2018/11/25(日) 14:00:53.29 ID:CAP_USER
 邪馬台国の時期と重なる古墳時代前期(3世紀半ば~後半)に使用されたとみられるすずり5個が福岡市早良区の西新町遺跡から出土していたことが、柳田康雄・国学院大客員教授の調査で分かった。一つの遺跡から5個確認されたのは最多。同遺跡は王都のような政治的拠点ではなく、交易拠点だったと考えられており、まとまった数のすずりは、古代社会の経済活動でも広く文字が使われた可能性を示している。

 弥生時代から古墳時代前期のすずりは、北部九州ではこれまで8個が見つかっていた。各地域の中心とみられる場所からの出土が多く、「王」などの権力者周辺による文字使用が想定されていた。西新町遺跡は中国の歴史書「魏志倭人伝」に出てくる「伊都国」と「奴国」の中間に当たり、古墳時代前期に朝鮮半島や日本各地から多数の土器がもたらされるようになり、倭の貿易港として急激に成長したと考えられている。

 5個のすずりは2007年度までの調査で発掘され、砥石(といし)などとみられていた。

続きはソースで

=2018/11/23付 西日本新聞朝刊=

■西新町遺跡の出土品から確認されたすずり
https://www.nishinippon.co.jp/import/culture/20181123/201811230001_000_m.jpg

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/culture/article/467782/
ダウンロード (2)


引用元: 【邪馬台国】邪馬台国時代のすずり5個出土 交易でも文字使用か 福岡市・西新町遺跡[11/23]

スポンサーリンク
7: 2018/11/25(日) 14:23:08.85 ID:QVh8DaT0
やっぱ福岡、佐賀、宮崎あたりなんじゃないの?

39: 2018/11/25(日) 23:38:13.41 ID:rzr1WEg+
>>7
宮崎は別勢力でしょう
山地によって仕切られてるか
今でさえ、熊本~大分・宮崎へ行くのなんて大変

8: 2018/11/25(日) 14:23:32.60 ID:ZDR9Bob8
半島は楽浪郡とか帯方郡とか、大陸人が支配して居た所じゃん。

13: 2018/11/25(日) 15:22:36.87 ID:68Mr8zus
邪馬台国に滅ぼされた奴国があったとこだからね

15: 2018/11/25(日) 15:35:19.12 ID:OS0UZZY8
やっぱり邪馬台国は九州だったな

18: 2018/11/25(日) 17:59:17.88 ID:pBEmd5LB
九州は貿易用か

19: 2018/11/25(日) 18:28:48.51 ID:ivCEtR1w
どっかの国が伝えてやったと恩着せがましく言ってるけど、
それ以前から文字使ってたことが一級の出土物で証明されちゃったな。

116: 2018/12/05(水) 04:20:40.88 ID:FlWeuOyZ
>>19
こざと偏の甲骨文字は丸太を四角柱に整形した後
足で踏む部分を鋸の刃のように直角三角形に切っている。
fast-uploader.com/file/7099451243370/
唐子・鍵遺跡からはそういう形の木製の階段が出土している。
これは唐子・鍵の弥生人の祖先である北方系縄文人が
甲骨文字を作った殷王朝の支那人と交流していた事を意味する。

21: 2018/11/25(日) 19:05:51.92 ID:M9+heHmv
まあ、基本的には江戸時代の蘭学以上の、かなり特殊な技能だったんだろうな。
交易港にいた長崎通詞みたいな役の人間の周囲だけで使われてたんだろう。

22: 2018/11/25(日) 19:08:44.99 ID:0Ph2uXqE
>>1
>3世紀半ば~後半

この時代の記録が欲しいw やっぱ岩に刻むべきだったなw

24: 2018/11/25(日) 19:36:56.13 ID:u2xRKIyD
確か日本産の翡翠が中国に広まってたんだよな
割と文明は小規模なりに弥生とそこまで大差はなかったのかもしれん

25: 2018/11/25(日) 20:28:17.90 ID:E3SDiZs0
「○○は韓国から伝来した」というのは、
1 ほとんどが半島経由なだけで、「消防署の ほ う から来ました」という消火器の押し売りと同じ言い方。
2 博物館の展示品などにそういう説明を書くのは、半島系又はアカく洗脳された学芸員

26: 2018/11/25(日) 20:30:36.64 ID:vi9jYeew
マジで九州なのか……

27: 2018/11/25(日) 20:41:34.24 ID:sSxDvCMR
何処かに残ってないのかな

28: 2018/11/25(日) 21:02:01.13 ID:BF5Wpsb9
どこでもいいから、決着しろよ(笑)、エビデンスが必要だけどね(笑)

29: 2018/11/25(日) 22:02:06.46 ID:buLEe/5A
日中の交流は最高で3000年前まで遡る可能性があるんだよな。(あくまで「可能性」ね。)
もし事実なら、その頃から中国語会話と漢字の読み書きができる日本人が少なからず存在したことになるわな。

1.「山海経」に「周王朝2代目成王の時代(3050年前)に倭人がヨモギを貢いできた」との記述あり。
2.殷周時代の貨幣(貝貨)だったタカラガイの8割の産地が南シナ海・台湾・琉球海域で、山東半島の東夷族が
  台湾・琉球経由でそれを買い集め、そこから内陸部に独占供給していたと分析されてる。
  (なお、当時の琉球人は本土から移住した縄文人が占めており、言語もまだ分岐してない。)

30: 2018/11/25(日) 22:13:40.82 ID:TA5wpFbk
>>29
殷周の都は内陸だったはずなのに
貨幣関連の漢字が皆「貝」へんなのは不思議だな

46: 2018/11/26(月) 15:16:59.91 ID:Z9i4K6vq
>>30
内陸部だから貝が貴重で通貨たり得たんじゃないの

31: 2018/11/25(日) 22:25:34.35 ID:69oOyN3j
山の宿で刺身食わされるようなもんだろ

32: 2018/11/25(日) 22:26:39.27 ID:50G30lae
伊都(現在の福岡県糸島市)は
邪馬台(ヤマト=現在の奈良県)が栄える前に日本の中心だったところだよね

33: 2018/11/25(日) 22:29:03.40 ID:50G30lae
邪馬台国が政権の中心になってからも、伊都国と奴国は外交の中心地だったんだわな
のちの大宰府にも繋がる訳で・・・

34: 2018/11/25(日) 22:36:51.83 ID:50G30lae
ちなみに金印の「漢委奴国王」っていうのは、
「漢の倭の奴の国王」ではなくて
「漢の委奴(伊都)の国王」というのがおそらく正しいかと

奴国より伊都の方が栄えてたからね・・・まだヤマト朝廷ができるまえ、紀元1世紀の話

68: 2018/11/28(水) 13:24:03.96 ID:H4LAkmgc
>>34
>「漢の委奴(伊都)の国王」
「倭奴wona」≠伊都Idou」

「委=倭」という漢字で日本を表わす時は
「ゐwi」ではなく「をwo」と読むのが支那の伝統。
広東語では意味によってwai、woと使い分ける。
北京語もwei、woと使い分ける。
日本刀を支那では倭刀wo daoと呼ぶ。
漢字を知らない碌でもない朝鮮人だけが倭と矮が同じ発音だと思ってる。
「奴」の支那上古音=春秋戦国時代の発音はna
秦漢時代の発音は余りはっきりしないが
倭人語の「女」を表わす「おみな」を支那人が聞き取って「倭奴」と漢字2文字で記録したという説がある。
「奴」をド(ndo)と読むのは初唐~盛唐でその後中唐(766年)以降
ドからトへと清音化した。
「漢の倭の奴の国王」の時代にはやはりナと読んでいた公算が絶大だ。
奴は客家(Hakka)語でnuヌ、広東語でnouノウ
都は客家(Hakka)語でduトゥ、広東語でdouトウ
「倭奴wona」≠伊都Idu」
「倭奴wonu」≠伊都Idou」

69: 2018/11/28(水) 14:30:23.92 ID:4PWPs5rD
>>68
委は遥か遠くという意味もある。

75: 2018/11/29(木) 08:51:05.48 ID:0jZe5eVl
>>68
「王朝名+民族名+部族名+官職名」という印文の構成は、匈奴印や叟印にもあるのでその構成から言っても伊都国と解釈するのは不自然

36: 2018/11/25(日) 22:52:43.53 ID:hRv9jfZr
日本最古の山ノ上碑(山上古墳)の建碑が681年なんだよな
半島では広開土王碑の建碑が西暦414年なんだから
それくらいの時代の日本の古墳にも碑があってもよさそうなもんだが

37: 2018/11/25(日) 23:04:40.79 ID:0OZ+KmR5
漢字は、中国文化圏の翻訳機の役割をしてた。
中国文化圏のいろんな言語の読みはそれぞれだけど「この象形はこういう意味」ということだけ決めることで中国文化圏の誰とでも筆談できた。
それで中原にいる多言語多部族間の正確な意思疎通が可能になり秦の統一が果たせた。

中国文化圏にいた日本もこれで中国の政治指導者間や商人間の意思疎通が可能なっていた。

41: 2018/11/26(月) 00:20:33.69 ID:/J3pKXsH
木簡とか出たら歴史的発見だけど
この時代には無かったのかな

42: 2018/11/26(月) 00:29:26.28 ID:VTnzYgWI
大和政権の文字は漢字ではなく、中央アジアの文字でチベット文字みたいな記号。
神代文字。
白村江の戦で負けて、唐の軍勢が大和にきて、日本を漢字で、統一させたはず。

九州の部族が漢字を使用していた。

55: 2018/11/26(月) 21:05:50.60 ID:vIdVxVxg
>>42
神代文字’(笑い)なんてのは無い。すべて後代の偽作だよ

いずれも上代仮名遣いを無視している=古代の文字ではないことになる

45: 2018/11/26(月) 06:27:16.80 ID:CFaERTlS
村の形態からも奈良ではなく九州

47: 2018/11/26(月) 15:27:09.52 ID:WvFnR6vC
畿内説の最後の希望「纏向学」存亡の危機w

48: 2018/11/26(月) 16:23:45.80 ID:h1o6BuPc
魏志倭人伝に傳送文書という箇所があるよね。
国内でそうした文書がやり取りされるとしたら伊都国と邪馬台国かな。

62: 2018/11/27(火) 20:11:02.39 ID:EBDtalF+
桃の種とは何だったのだろう。。。

107: 2018/12/03(月) 18:03:48.61 ID:fhyWIxhR
硯なら墨跡残っている筈だが。

108: 2018/12/03(月) 18:10:46.92 ID:Okd+6sXB
>>107
朱を使っていた跡があるそうだ。

44: 2018/11/26(月) 05:23:43.65 ID:uWXyqU2l
硯より金印はよ