1: 2018/12/07(金) 16:54:54.13 ID:CAP_USER
これまでの宇宙理論では、宇宙に存在する5%のものしか説明することができず、残りの95%は目に見えず正体不明の「ダークマター(暗黒物質)」「ダークエネルギー(暗黒エネルギー)」であるとされています。新たな研究で、この2つは「Dark fluid(暗黒流体)」というものの一部であり、「暗黒流体が『負の質量』を持ち、かつ負の質量が連続的に作り出されている」と考えることで多くの「謎」が説明できるとする論文が発表されました。

[1712.07962] A Unifying Theory of Dark Energy and Dark Matter: Negative Masses and Matter Creation within a Modified ΛCDM Framework
https://arxiv.org/abs/1712.07962

Bizarre 'dark fluid' with negative mass could dominate the universe – what my research suggests
https://theconversation.com/bizarre-dark-fluid-with-negative-mass-could-dominate-the-universe-what-my-research-suggests-107922

ダークマター、ダークエネルギーが何なのかは結論づけられていませんが、重力との関係からその推論が行われています。ダークマターは人間が知覚できるものに影響を及ぼす重力のようなものを持ち、ダークエネルギーは宇宙を加速度的に拡張させる斥力を持ちます。これまでの研究では、両者は異なる現象として扱われることがほとんどでしたが、オックスフォード大学の天体物理学者であるジェイミー・ファーンズ氏は新たな研究で、この2つの現象が負の質量を持つ「暗黒流体」というコンセプトの一部である可能性を示しています。

負の質量は、「負の重力を持つ物体」に関する仮説です。負の重力を持つ物体は、私たちが日常生活で経験する「正の重力」を持つ物体とは逆の動きを示します。例えば、私たちが負の重力を持つ物体を押すと、物体は私たちに近づいてくるという、直観に反した現象が起こるのです。

負の質量という考え自体は新しい宇宙論ではありません。通常の物体と同様に、負の質量を持った粒子は宇宙の拡大と共に広がっていくと考えられています。基本的に粒子が広がるにつれ、粒子が持つ斥力は小さくなるはずなのですが、これまでの数多くの研究では宇宙が広がっても斥力が弱まらないということが示されていました。新しく発表された暗黒流体の研究結果は、この一見矛盾する現象について説明するものとなります。

続きはソースで

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20181206-dark-fluid-universe/
ダウンロード


引用元: 【宇宙】ダークマターやダークエネルギーは「負の質量」を持つ「Dark fluid(暗黒流体)」の一部だとする論文が発表される[12/06]

スポンサーリンク
2: 2018/12/07(金) 16:56:47.59 ID:C5wr1Fnv
この理論だと、宇宙の膨張(何億光年スケール)は説

225: 2018/12/10(月) 13:08:11.09 ID:iKkk2chL
>>2

重力から離れて膨張する。と言う事だろ。

3: 2018/12/07(金) 16:59:13.56 ID:WkIznwkR
ダークマター=反物質だと?

5: 2018/12/07(金) 17:09:42.41 ID:NXHHVrGh
宇宙にある物質の量の計算方法が間違ってるだけじゃないのかな。
ダークマターもダークエネルギーも無いよ。
まして負の質量なんて。科学ヲタは喜ぶかもしれないが、
そんなものはない、という直観。

63: 2018/12/07(金) 23:22:02.35 ID:PUt78su0
>>5
ダークマターやダークエネルギーはその「計算方法」のことなんだが意味分かってる?

6: 2018/12/07(金) 17:10:13.03 ID:C5wr1Fnv
この理論だと、宇宙の膨張(何億光年スケール)は説明できるだろうし、
銀河の構造(何万光年スケール)も説明できるはずだが、
その中間の銀河団の構造(何百万光年スケール)は説明できないんじゃないか。

銀河を囲む反質量による斥力が銀河中心に向かう引力に見える、
それがダークマターの実体なんだ……というのはいい。
しかし、銀河を囲む反質量の雲は銀河の引力を中和するはずで、
例えば天の川銀河とアンドロメダ銀河くらいの距離だと、
引力と斥力が中和されて重力的関係が無いような状況になりそう。

逆に言うと、銀河団スケールで働く重力が、
通常物質から予測される強度よりも弱いことが観測されれば、
この理論は証明されたと言えるんだろう。

8: 2018/12/07(金) 17:15:43.67 ID:9J7vufIv
>>1
>正の質量を持つ銀河の重力はさまざまな方角から負の質量を引き寄せており、

一方で、正の質量も引き寄せており…
正×正は引力
正×負は引力
負×負は引力

斥力?なにそれ

42: 2018/12/07(金) 20:27:33.49 ID:aPtv1VgK
>>8
正×負 は斥力
ところが、負の質点は受けた力と反対方向に加速する
なので、正は負から遠ざかろうとし、負は正に近づこうとして
永遠に加速する

10: 2018/12/07(金) 17:24:29.41 ID:kdbPmCxL
斥力まではアインシュタインが考えてくれた

11: 2018/12/07(金) 17:30:46.78 ID:sWp6BIEy
モーガン・フリーマンを呼べ!

12: 2018/12/07(金) 17:36:45.52 ID:pW7Rpcve
①ビッグバン(宇宙の法則が確定)
  ↓
②知的生命体誕生+AI進化←今ココ
  ↓
③人工的ビッグバンが可能と判明
  ↓
④宇宙の寿命と共に宇宙のリセットプラグラムをAIが発動
  ↓
①に戻る
 
ビッグバン以前から宇宙が存在していた事が否定できなくなってきた宇宙科学的観点からビッグバンは何度も起こっていることは明らかである

18: 2018/12/07(金) 17:53:07.37 ID:IRMIn7t+
>>12
①n回目のビッグバン(宇宙の法則が確定)、
  ↓
②知的生命体誕生+AI進化←今ココ
  ↓
③人工的ビッグバンが可能と判明。しかしこの後画期的なイノベーションが起こる
  ↓
④宇宙の寿命を回避するか宇宙の外に脱出

だったらいいな

73: 2018/12/07(金) 23:44:54.53 ID:GrVJnddL
>>12
いや、そもそもビックバンは無かった。
シンプルに宇宙は閉塞空間であって今は唯膨らんでる様に見えているだけ、そして閉塞宇宙は沢山あり、お互いに緩い結合体で繋がっている、また混ざり合っているようなもので其れが幾重にも重なり合ってる。
人の見てる宇宙は全ての宇宙の数パーセントも無く想像できない代物だと思うよ。

13: 2018/12/07(金) 17:39:41.11 ID:jZZMhl8E
空間の曲がりと重力(そして斤力)の関係は、
回転する円筒の内面の表面の2次元でイメージできる
(注、3次元的なコロニーの話では無い)

当該の円筒の表面の2次元は2次元に垂直な3次元の遠心力で満たされる

円筒の一部が外側に膨らんで曲がると、
曲がりのある部分では3次元軸の遠心力が顕在化する

この時、曲がった2次元にある物体は、円筒の膨らみの頂点に向かって落下するのだ
これが重力のイメージ

同様に、円筒の一部が内側に凹んで曲がれば、
物体は凹みの頂点から遠ざかる力を受ける
これが斤力のイメージ

14: 2018/12/07(金) 17:40:48.29 ID:FqDNnrKO
負の質量は水中の泡みたいなもんで、重力に逆らって上に移動するようにみえる
水上に浮かんでる船に下から大量の泡をぶつけると船は沈む。泡が見えない人には船がダークマターに引っ張られてるようにみえる
負の質量をオカルティックに考えなくてもカシミール効果みたいな相対的には負の質量と見なせる事象もあり、一考の余地はある論文だ

16: 2018/12/07(金) 17:48:15.43 ID:a5DGeAzS
すまん、マイナス3行で説明してくれ

17: 2018/12/07(金) 17:52:18.40 ID:pW7Rpcve
>>16
負の質量(反物質)は時空の歪みも逆さま
つまり重力も逆さま
反物質に押し付けられて銀河が安定してる

31: 2018/12/07(金) 19:16:47.61 ID:4WenY250
>>17
素晴らしい

空間の曲がりと重力に関連があるなら、
空間が逆に曲がれば重力と反対の力になるだろう、
その通り

19: 2018/12/07(金) 17:54:06.32 ID:EPgjag81
負の質量ってことは
ヘリウム風船みたいに浮いてしまうのか?

21: 2018/12/07(金) 17:58:43.20 ID:pW7Rpcve
>>19
大きなマイナス質量なら浮くどころか地球から出て行く
だからUFOの動力は反物質で反重力装置とか言われてる

20: 2018/12/07(金) 17:55:40.34 ID:EPgjag81
歴史学とか考古学とか古生物学とか宇宙論は
今あるデータで考えるとこうなる
みたいな話だから
また別のデータがでると話が変わったりする
いちいち相手してられない

22: 2018/12/07(金) 18:09:37.87 ID:Ptc5ngls
宇宙が謎の液体に浸ってるってことか?
銀河にしてもなぜ円盤状かとかを考えれば確かにと思う

23: 2018/12/07(金) 18:16:56.37 ID:IRMIn7t+
暗黒流体を宇宙モデルに加えたら代わりにダークエネルギーとダークマターは今の宇宙モデルから外されるって解釈でいいですか?
暗黒流体一個で両方の現象を説明できるってコンセプトっぽいし

25: 2018/12/07(金) 18:25:37.37 ID:pW7Rpcve
>>23
そうみたいね
簡単スッキリでとても楽

26: 2018/12/07(金) 18:29:58.44 ID:vnwez2kC
ダークエネルギーは膨張でも密度が変わらないから負の圧力を持つ、負の質量ではない

27: 2018/12/07(金) 18:51:30.93 ID:fe2HWggR
昔々、宇宙はエーテルで満たされているという説があってですね。

28: 2018/12/07(金) 18:52:28.59 ID:lcTkCY5l
間違いなく存在するのでダークエネルギーの解明は最重要分野だな
上手く利用できれば宇宙開博のコストが劇的に下がる

30: 2018/12/07(金) 19:04:09.07 ID:9J7vufIv
~承前~
③人工的ビッグバンが可能と判明する
  ↓
④新天新地創造を実行するも失敗。森羅万象は四散し、宇宙は煙霧質の粒子による情報の海と化す
  ↓
⑤マルクト暦1042年、ラキア大佐が智天使から授かった12番目のビスマスを出産する
  ↓
⑥稀有な天使にして前マリステラ・シュレイルは悪魔サイレンとなりて謳う 『聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、昔いまし、今いまし、のち來りたまふ 主たる全能の神』

32: 2018/12/07(金) 19:24:07.02 ID:TNKsQB1t
ビッグバンが何度も起きて宇宙がリセットされているとしたら
果たしてループものみたいにみんな同じ人生をループしているだけなのでしょうか
アインシュタインの神はサイコロを振らないという言葉に倣えばその通りであって
その通りであるならそれは量子力学の否定と同義です

34: 2018/12/07(金) 19:34:24.15 ID:W6Xo1eMV
とにかく、実証可能な理論なんだろうな?
超弦理論だとか、マルチバースだとか辟易です!

35: 2018/12/07(金) 19:38:20.62 ID:4WenY250
銀河付近では斤力が外から銀河を押し込め、
遠い宇宙では斤力で宇宙が膨張する

これは一見して整合性が取れてるが、果たして

46: 2018/12/07(金) 20:54:25.40 ID:Lg3gQXOl
>>35
銀河付近も膨張してるけど

38: 2018/12/07(金) 19:53:32.73 ID:TNKsQB1t
100年以上経ってからアインシュタインの宇宙項がやっぱり正しかったという落ちになったら笑う