1: 2018/11/27(火) 17:25:10.51 ID:CAP_USER
産業技術総合研究所(産総研)と先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)は11月26日、プラスチック(ポリマー)の発泡を微細かつ均質にする手法を開発したことを明らかにした。

同成果は、産総研 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター 多階層ソフトマテリアル解析手法開発チームの森田裕史 研究チーム長、同 化学プロセス研究部門 階層的構造材料プロセスグループの依田智 研究グループ長、同 機能化学研究部門の新納弘之 首席研究員、同 ナノ材料研究部門 電子顕微鏡グループの堀内伸 上級主任研究員らによるもの。詳細は11月26日~27日にかけて浜松市にて開催される「成形加工シンポジア'18」にて発表される。

断熱材や緩衝材、防音材、軽量構造材などの用途で広く用いられているポリマーの発泡体(発泡ポリマー)は、通常、気泡の径は数10~数100μmほどであるが、近年、高い空隙率と均一な気泡径を特徴とする1μm以下の気泡の発泡ポリマー(ナノセルラー)が、高い断熱性のほか、理論的に光透過性を持つことが予測されていることなどから、窓用断熱材として世界中で開発が進められている。しかし、高い空隙率と微細で均一な気泡径の両立は困難で、実用的な材料は得られていなかった。

続きはソースで

■Pdナノ粒子やSiO2ナノ粒子を含むPMMAの発泡構造。左がX線CT像、右がSEM像
https://news.mynavi.jp/article/20181127-730875/images/001.jpg

■アンチ核剤によるポリマーの発泡に対する効果のイメージ
https://news.mynavi.jp/article/20181127-730875/images/002.jpg

マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20181127-730875/
images


引用元: 産総研など、プラスチックの発泡を微細かつ均質にする手法を開発 断熱材や緩衝材、防音材、軽量構造材などで利用[11/27]

スポンサーリンク
2: 2018/11/27(火) 17:29:00.78 ID:AHcL/vFi
微細化するな

4: 2018/11/27(火) 17:36:13.61 ID:KaSM3h5m
問題の解決になって無いな

6: 2018/11/27(火) 17:46:35.33 ID:4z64fvlw
ガラス繊維でやれよ
断熱材で何人焼き◯す気だよ

7: 2018/11/27(火) 17:49:29.23 ID:26whlXHi
リサイクルを考えろ 地球を汚すな

8: 2018/11/27(火) 17:56:48.00 ID:fggtA3FN
ガラス繊維は大量に詰め込んで断熱材に使われるが、
一本一本の繊維は目に見えない程細く軽くフワフワ空気中を漂う。
長期間肺に吸いこんだ場合、アスベストのような被害が出ないか、
懸念される。

9: 2018/11/27(火) 18:07:06.65 ID:1rcRocNe
>>1
見えなくすれば問題の減少になるって・・・
いかにも日本的発想だな
昔から見ぬもの清しだから

10: 2018/11/27(火) 18:25:11.32 ID:US+pgI0D
この特許を侵害するために、マイクロプラスチックという「ECO」に似た流布をはじめたんですな。

11: 2018/11/27(火) 18:39:12.38 ID:pav9G7oq
宇宙の真空中で泡状構造を製作したら
大気圏内では浮くか潰れるかかな。

12: 2018/11/27(火) 22:37:54.85 ID:W7m2o0gG
理論的には気泡を微細にするほどに真空断熱に近づいて断熱性能が高まるはず。
しかし窓用にこれを詰めても、すりガラスのようになってしまうから、普通は真空二重ガラスを使うだろう。

14: 2018/11/28(水) 07:28:51.70 ID:iGZun1GH
マイクロプラスチック集合

15: 2018/11/29(木) 21:24:14.40 ID:/v2UbHah
これで倍率でればいいよなぁ

3: 2018/11/27(火) 17:35:42.46 ID:ikG9R3CV
マイクロプラスチック問題が加速するんじゃね?