1: 2018/11/30(金) 19:29:05.36 ID:CAP_USER
(CNN) 頭部に巨大な角を持つことから「シベリアの一角獣(ユニコーン)」とも呼ばれる絶滅したサイ科の大型動物について、初期の人類と同じ時代にまで生きのびていたとする研究がこのほど学会誌に発表された。

体重3.8トンのこの動物の学名は「エラスモテリウム・シビリカム」。今回の研究では、東欧やアジア西部で少なくとも3万9000年前まで生息していたと分析している。これはネアンデルタール人や初期の現生人類が生きていた時代に相当する。

23の標本を対象に、放射性炭素年代測定や遺伝分析を行って生息年代を割り出した。従来は約20万年前に絶滅したと考えられていた。

生息地域は現在のロシア、モンゴル、中国北部、カザフスタンにかけての一帯。

続きはソースで

■初期の人類と同時代に生息していたという「エラスモテリウム・シビリカム」
https://www.cnn.co.jp/storage/2018/11/28/06712ff245db2665f011c6570bcc10c4/t/768/432/d/elasmotherium-super-169.jpg

CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35129327.html
ダウンロード


引用元: 【古生物】「シベリアのユニコーン」、初期の人類と共存 新研究[11/28]

スポンサーリンク
2: 2018/11/30(金) 19:50:37.39 ID:vwADhk4+
毛深いサイだな

3: 2018/11/30(金) 20:25:02.66 ID:WZV0+BNg
>>2
うるさい

4: 2018/11/30(金) 21:16:14.14 ID:q/snWSH5
なんかイメージと違う

5: 2018/11/30(金) 21:20:50.84 ID:+pF2iQtv
サイもユニコーン

6: 2018/11/30(金) 22:21:38.72 ID:Ufc86vEt
これがユニコーン伝説の元ネタか

7: 2018/11/30(金) 23:01:12.80 ID:a6jKP9wM
この再現画はサイというよりウマだなあ。

9: 2018/11/30(金) 23:05:18.67 ID:a6jKP9wM
寒い所の動物は巨大化するというが、
寒い所ほど餌が乏しくなるはずなのに
よくもまあその巨体を維持できるもんだなあ。

18: 2018/12/01(土) 15:31:54.36 ID:7dM+9v/9
>>9
サイズの小さい動物の方が
体温を維持するのが難しく
体重あたりのエネルギー消費が激しく
飢餓に弱くなるという簡単な事だよ

19: 2018/12/01(土) 18:22:37.47 ID:/HZtL1Bo
>>9
ベルクマンの法則ってやつだね

10: 2018/12/01(土) 01:22:47.22 ID:My2RcEXX
ファンタスティックな復元図

11: 2018/12/01(土) 05:04:53.77 ID:LDdQRQN0
毛サイってやつなのかな

21: 2018/12/01(土) 18:55:39.78 ID:mvdD6mnU
>>11
いわゆる「毛サイ」は、コエ◯ドンタとか
そんな学名じゃなかったっけ

14: 2018/12/01(土) 08:47:50.27 ID:VaYsTaG0
>>1
復元図おかしくね

17: 2018/12/01(土) 10:54:07.61 ID:2AuQaY9z
武器として共存かな

20: 2018/12/01(土) 18:52:38.41 ID:m+jHHzgW
もうサイをユニコーンって呼んだほうが早い

23: 2018/12/01(土) 19:29:08.71 ID:lSff12lb
ツノだけユニコーンじゃん
これだったらツノ以外は完璧にユニコーンな馬の方がまだユニコーンだな

26: 2018/12/04(火) 15:30:43.32 ID:C5Us+sFx
ツノが左右に割れてデストロイモードになるんだっけ

29: 2018/12/04(火) 20:30:24.60 ID:P3Py9JYt
象もマンモスはじめ、かつて百種類いたんだっけ