1: 2018/12/17(月) 13:51:05.55 ID:CAP_USER
(CNN) 成長した農作物の遺伝子を組み替える新たなバイオテクノロジーについての米軍の研究プロジェクトに対し、一部の科学者から懸念の声が上がっている。研究資金を出す「国防高等研究計画局(DARPA)」は、プログラムの狙いは食料供給の安全性を確保することだと説明する。

だが、このプロジェクトは「敵対的な目的のための生物学的因子や、その運搬手段を開発する取り組み」と受け止められかねず、生物兵器禁止条約違反に当たる可能性がある――。独マックス・プランク進化生物学研究所の遺伝学者、ガイ・リーブス氏らは米科学誌サイエンスの論説でそう指摘する。

物議を醸している「運搬手段」というのは虫のことだ。特に、農作物の遺伝子を編集する能力を持つウイルスに感染した虫のことを指している。

■パラダイムシフト

この「インセクト・アライズ・プログラム」は突き詰めて言うと、遺伝子組み換えのプロセスを加速させることを狙いとしている。

遺伝子組み換え食品をつくる際には通常、農学者が実験室内で種子の染色体にDNA改変を施す。組み替えられた遺伝子は、成長した植物の新たな形質として発現する。これは遺伝子の垂直伝播(でんぱ)として知られる現象で、新たな形質が次世代に受け継がれていくことから呼び名が付いた。

一方、DARPAのプロジェクトでは「水平的、環境的な遺伝子改変因子」を利用。虫などが遺伝子組み換えエージェントの役割を果たしている。染色体の遺伝子を編集する能力を持たせたウイルスを虫が運ぶ仕組みで、疾病や干ばつに対する作物の耐性を高めることが目的だ。

リーブス氏らの視点からすると、水平的遺伝子改変の因子を生態系内に拡散することの意味合いは「深刻」で、特に虫を使った運搬システムの場合はなおさらだ。

論説では「どの植物や土地が遺伝子組み換えウイルスに感染したのか、常に確定できるとは限らない(虫の動きや農作物のウイルス感染のしやすさには不確実性が伴わざるを得ないため)」と指摘。さらに、こうしたバイオテクノロジーは単純化され、作物種への伝染が極めて容易な「新手の生物兵器」を生み出すのに利用されかねない・・・

続きはソースで

https://www.cnn.co.jp/storage/2018/10/11/7ddd61b81b3b192ca39c6d2faaa2b5c4/t/768/432/d/darpa-research-project.JPG
https://www.cnn.co.jp/tech/35126898.html
ダウンロード


引用元: 【ゲノム編集】虫が「兵器」に? 米軍出資の研究、生物テロへの悪用を懸念する声[12/16]

スポンサーリンク
2: 2018/12/17(月) 14:10:17.89 ID:IOoalW/5
中国人には効かなそう

3: 2018/12/17(月) 14:12:20.41 ID:VdZoi1A6
ゴキちゃんはやめてね。

4: 2018/12/17(月) 14:22:45.58 ID:/tGBcDi2
一杯有るパンドラの箱の一つだろうが、開けたら大変なことに。生物兵器の亜種だろ。

6: 2018/12/17(月) 14:23:41.88 ID:05/QcqgH
分かった!
敵国に、イナゴを散布するんだな!

8: 2018/12/17(月) 14:32:53.78 ID:2lqhUJ8S
ヤブ蚊にコブラなどの毒を持つ個体を作れば。

10: 2018/12/17(月) 14:44:48.59 ID:0ho3OLLs
ハリウッド的には作ったラスボスがラストで全身その虫にたかられて喚き叫ぶ

11: 2018/12/17(月) 14:55:40.62 ID:t9y3uv5y
後のバグ=昆虫である!!
人間だけを◯す兵器かよ!!

13: 2018/12/17(月) 15:13:38.53 ID:b4K1DpQL
農産物を全滅させることも可能だな

18: 2018/12/17(月) 15:56:31.19 ID:aL3NMb5U
>>13
毛沢東はセルフでやりきったぜー

36: 2018/12/17(月) 23:30:52.04 ID:bOSFzZbc
>>13
それでアメリカの農作物が全滅したらシャレにならんぞ

14: 2018/12/17(月) 15:22:30.95 ID:05/QcqgH
王蟲じゃ!王蟲の群れがこっちに来るぞ!

16: 2018/12/17(月) 15:28:16.47 ID:h8qsxJY6
テラフォーマーみたいになりそう

19: 2018/12/17(月) 16:30:56.05 ID:8umC2jwJ
小麦「我々が人類を育てた 我々の手で壊滅させることも可能

37: 2018/12/18(火) 00:12:27.14 ID:GLs7x1wf
>>19
ひと粒の小麦から収穫できるのは5粒の小麦。
ひと粒の米から収穫できるのは40粒の米。

小麦は備蓄が出来ないから欧州の牧畜国家は、冬になると最小限の家畜だけを残して
全部◯して塩漬けの肉にしていた。その半分腐りかけた肉を美味しく食べるために
香辛料を求めて世界中を右往左往したのが、大航海時代の白人様なのさ。

20: 2018/12/17(月) 16:43:48.43 ID:OJkgrdZP
アリが巨大化で全滅しそう

22: 2018/12/17(月) 17:28:06.75 ID:GQwuizgF
昆虫兵器は暗◯用として期待できるしな

23: 2018/12/17(月) 17:35:35.64 ID:V29XhXqA
巨大ダンゴムシの群れを決戦兵器として作り出すのもありか

26: 2018/12/17(月) 18:27:25.76 ID:zaPWnPEq
 
「墨攻」で見た

27: 2018/12/17(月) 18:34:16.98 ID:MVcvU+gm
>>26
おれもみた
飛蝗(ひこう)やな

28: 2018/12/17(月) 19:20:48.70 ID:i91sOYNM
まあ知能的じゃなくても人間より上位種が出来れば
人間は捕食対象そいつらが地球生命として生き残るだけ

31: 2018/12/17(月) 20:40:40.05 ID:yRr2KGyy
虫が兵器になるなら
種子も兵器になりそう
異常に繁殖力があって毒性があるとか

32: 2018/12/17(月) 21:04:25.30 ID:OoMafVFP
人の次は昆虫が地球を支配するのか

34: 2018/12/17(月) 21:36:39.57 ID:cdrxVMVd
兵器かあ
お金あるならそろそろ地球外で生活できるようにすることに費やす方が先だと思う

40: 2018/12/18(火) 01:01:43.73 ID:+bM1lD54
このタイプにはマシンガンを使え!

41: 2018/12/18(火) 01:08:15.97 ID:ruSvcO4o
>>1
エイズに感染させた蚊をばら撒くだけでテロれるだろ。

42: 2018/12/18(火) 01:11:51.96 ID:FWenv8ZW
外来種アリは環境兵器だろ 鳥も農作物も消える。

43: 2018/12/18(火) 01:32:48.20 ID:KoD+dzL2
技術が進歩し過ぎても嫌なもんだね

44: 2018/12/18(火) 03:01:33.33 ID:qvvWeHWZ
人間は馬鹿だから、ヒトが一番虚弱だってことに気付かないんですよ

45: 2018/12/18(火) 10:33:02.40 ID:PyPWJPaQ
>>44
〇「科学は人の力だよ、、」

52: 2018/12/21(金) 05:02:54.31 ID:P0+Adgfd
>DARPA、強化兵士、人体改造で戦闘能力を最大限に伸ばす
>長時間眠らずにいられる能力や大量出血に耐えられる能力の開発、遺伝子療法(特に痛みの除去)
>兵士が食糧がなくても生き延びることを可能にする「栄養摂取の機能修正」のような生理的機能の最適化

>FEMAの創立者ズビグニュー・ブレジンスキーによる、電磁波マインドコントロール兵器開発
>人間を生かしておいても死ぬほどの激痛状態におき、感覚生理反応を偽造し、思考を書き換え、人間を生きる屍・ゾンビにする、
>対象とする人数的にも、人間の存在そのものを乗っ取る

確かにDARPAは頭おかしいw
戦争に勝つためなら何をやっても許されると思ってるのかw

33: 2018/12/17(月) 21:24:36.25 ID:FMi78K+H
DARPAの先端技術開発費用は年10兆円

日本の防衛費の2倍以上

そりゃ色々やれるわな