1: 2018/12/23(日) 17:52:15.16 ID:CAP_USER
幼少期のラットが高線量の放射線で被曝(ひばく)して乳がんの発症リスクが上がっても、その後、妊娠と出産を経験すると、リスクが下がったとの研究結果を量子科学技術研究開発機構などが18日までに、英科学誌電子版に発表した。

機構によると、人の場合でも妊娠と出産を経験すると乳がんの発症リスクが下がることは知られているが、高線量被曝が原因の乳がんリスクと妊娠・出産との関係は分かっていなかった。

妊娠時に関係する女性ホルモンの一種が影響した可能性があり、機構の今岡達彦・幹細胞発がん研究チームリーダー(放射線生物学)は「女性が子どものころ小児がんになり、胸の放射線治療を受けると乳がん発症の確率が高まる場合がある。発症前にリスクを下げる医薬品を開発する手掛かりになりそうだ」としている。

機構によると、乳腺が発達する前の生後3週目の複数のラットに強い放射線を浴びせて経過を観察すると・・・

続きはソースで

〔共同〕

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39107390Y8A211C1CR8000/
ダウンロード (2)


引用元: 【医学】放射線被ばく後乳がんリスク低下 ラット、妊娠・出産経験で[12/18]

スポンサーリンク
3: 2018/12/23(日) 18:14:01.25 ID:QGKIgWeV
なんだよラジウム温泉は正しかったみたいな話かと

4: 2018/12/23(日) 18:30:36.12 ID:YVZ4yOpy
放射能の毒が子供に移るってことでOK?

23: 2018/12/30(日) 16:31:12.95 ID:S6lms4Gj
>>4
気持ちはわかるが、放射能の毒ってなんだwww

24: 2018/12/31(月) 16:58:57.26 ID:DdZZvPrf
>>23
冗談抜きでその思考レベルのやつ存在するからな

5: 2018/12/23(日) 18:51:23.39 ID:KSMSc6I5
なんか、もやっとした感じで考えてる人がいるけど
なぜ放射能浴びたらだめなのか、ストレスはだめなのか、体の機能を見たらいいだけだ
要するに、そいつを活性化すればいいだけだ
活性化の仕組みと程度はわかってる
ベータグルカン(きのこに多く含まれる)とかでも活性化できるが
ある物質によって1000倍から1万倍活性化されることがわかった

7: 2018/12/23(日) 19:38:09.61 ID:R0OpTAKR
癌は体に備わっている機能を使わないことによって生じるということが言えそうだ。
だから女が生殖活動をせずにかつ産んだ子供に乳を含ませなければ癌のリスクは高まるわけだ。
女性ホルモンには女性特有の癌や疾病を抑止する効果があるのであり、
それは女が女として生まれて来たその存在理由と言う意味で自然の理なのであろう。

16: 2018/12/24(月) 13:00:42.28 ID:/7uoi98c
>>7
卵巣がんもそうだしね
月経(排卵)がリスク
妊娠出産授乳中は排卵が止まるのでその分リスクが下がる

11: 2018/12/23(日) 20:46:33.51 ID:Nh7CpHSg
貴重な放射線を浴びさせてもらったのだから住民たちは感謝すべき
補償金を請求するなど真人間のすることではない

19: 2018/12/24(月) 14:56:38.35 ID:6sBtIvuj
女子()には無縁です、ってこと?

15: 2018/12/24(月) 12:23:09.45 ID:/e8yR+92
放射線は健康にいい みたいなスレタイだなと思ったら、元記事もそうなってた