1: 2019/01/08(火) 14:38:24.67 ID:rVGpJO0l
東京大学大学院の松田浩一教授(新領域創成科学研究科メディカルサイエンス群・クリニカルシークエンス分野)は、精密医療(オーダーメイド医療)を実現するために27万人分ものDNAを保管するバイオバンクを運営しつつ、みずからそのバンクのユーザー(研究者)でもある。

 そのバイオバンクを使ってどんなことがこれまでに分かってきたのか、ご自身の研究に寄り添いつつ聞いていこう。

「バイオバンク・ジャパンが始まったのは2003年ですが、その後、5年ほどは、エントリーの時期で、参加の意思がある方から血を採らせてもらって、DNA、血清、臨床情報を収集するのに費やしました。そうするうちに、だんだんいろいろな病気の方のDNAが集まってきて、例えば、食道がんについて、まず200人の患者さんと健常な人1000人くらいを比較してどんな遺伝子を持っている人がリスクが高いのか、いわゆるケース・コントロール・スタディ(症例対照研究)ができました」

 DNA試料のバンクの構築は一人ひとりに説明して試料を集めるものだから、とても手間がかかる。しかしひとたび充分な症例が集まると、まずは症例対照研究を行って、食道がんの人に多い因子、この場合は遺伝子の型を探すことができるようになった。単純に言うと、食道がんの人(症例)と健康な人(対照)のゲノムを比較して、違っているところを見つけたということだ。

 ただ、ふと疑問に思う。ヒトのDNAには30億もの塩基対があると聞く。それら全てをひとつひとつ見ていったとしたら大変なことになると容易に想像できる。

「たしかに、30億の塩基対すべてを比較しているわけではありません。見ているのは、SNP(Single Nucleotide Polymorphism、スニップ)、一塩基多型と呼ばれるものです。これは、ヒトのゲノムの塩基配列の中で、300カ所に1カ所ぐらい、つまり、30億のうちの1000万カ所くらいにある、個々人によって情報が違っている部分です。1つの塩基が違うだけで、体内で作られる酵素などのタンパク質の活性が変わったり、そもそもその遺伝子が働かなくなったりします。肌や目や髪の色が違うのもSNPで説明できますし、実は血液型の違いもSNPの組み合わせで決まります。我々の食道がんの研究では、SNPのうち55万カ所を比較しました」

ぼくたちはヒトだから、だいたいの遺伝情報は同じだ(だから同じ種だ)。でも、ところどころ違うところがあって、それが個性の源でもある。そういった違いをもたらすものとして代表的なのが、一塩基多型、つまり、SNPだ。もうひとつ代表的なものに、遺伝子の数の違いが問題になる「コピー数多型」というものがあるが、一塩基の違いを見ればよいSNPの方が研究対象として扱いやすく、まず先に研究が進んだそうだ。そして、その端緒をひらいたのが松田さんのグループによる食道がんの研究だった。30億塩基をすべて調べるかわりに、「万」で語ることができる数のSNP。ずいぶん数は減ったが膨大であることには変わりない。こういう総当たり的なやり方というのは、やはり大量のデータを扱うことができる情報技術時代の申し子といえる。

「これは、仮説を置かない研究なんです。我々は55万カ所とりあえず全部調べてみて、その中であり得ないぐらいの低い確率のものが見つかったら、おそらく偶然ではなくて必然だろうと考えます。この場合、食道がんの人と健康な人のSNPの塩基の頻度を比較して、差が大きかった上位の1万2000のSNPについて、さらに別の集団でも確かめて、結局、食道がんの発症と非常に強く関連する遺伝子領域を同定できました。ALDH2とADH1Bと呼ばれる2領域です。これらは、アルコールの分解に関わる酵素の遺伝子だとすでに分かっていました。そして、それぞれのSNPの型の間で比べると、高リスクのタイプと低リスクのタイプでは4倍くらい食道がんの頻度に差があることが分かったんです」

 ALDH2とADH1Bは、ともにアルコール感受性遺伝子と呼ばれるものだ。それぞれ、アルコール脱水素酵素と、アセトアルデヒド脱水素酵素という酵素の「設計図」に相当する。ぼくたちは体内に入ってきたアルコールをアセトアルデヒドにし、さらにそれを酢酸にすることで無毒化しており、その過程で働くのがこれらの酵素だ。

■精密医療の実現を目指すバイオバンク・ジャパンの運営に携わり、自らも研究を行う東京大学大学院教授の松田浩一さん。
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/19/122000001/122600003/01.jpg

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/19/122000001/122600003/
ダウンロード


引用元: 【ゲノム研究】食道がんのリスクを189倍にした要因が明らかに

スポンサーリンク
2: 2019/01/08(火) 14:46:55.89 ID:h0+2+wNH
で、要因とは?

38: 2019/01/08(火) 18:29:03.35 ID:VpLlNr/I
>>2
ほんとに

酒なの?

56: 2019/01/08(火) 20:14:29.27 ID:uwF0u811
>>2
アルコール分解に関する遺伝子と、
食道ガンのなりやすさに相関々係が見られた
ちな当たり前のことだが、分解するのが得意なほどリスクは低くなる

57: 2019/01/08(火) 20:16:39.57 ID:dma9Qpm0
>>2
熱いものを飲む習慣だろ?

3: 2019/01/08(火) 14:55:31.82 ID:gz4J4fYH
”飲酒と食道がん”

4: 2019/01/08(火) 14:57:12.68 ID:KdLnqFqq
お酒がよくないみたいね

5: 2019/01/08(火) 14:59:41.67 ID:m3/nhbSR
酒は一利もない。

8: 2019/01/08(火) 15:17:59.81 ID:bD/0GsCj
昔から言われてる事だけど蒸留酒などのアルコール度数の高いものは食道がんと強い相関関係があるよね
ストロングゼロ500mlを2本飲みながらカキコ

37: 2019/01/08(火) 18:27:19.24 ID:VHSDF4Cc
>>8
ストロングゼロの「9%」なんて何の問題もないよw
グビグビいっちゃって(^^)

やばいのは
ウィスキー(40%)のストレートとかだよ。

51: 2019/01/08(火) 19:38:19.67 ID:0pdAylB/
>>37
でも美味いんだよ

114: 2019/01/14(月) 09:13:21.07 ID:dZm/Xr/h
>>8
「濃い」アルコールを食道通過させるとまずい
ストロングゼロなんてたかが知れてる
ウオッカとかウイスキーのストレートを
常飲してでもいなければ

9: 2019/01/08(火) 15:18:40.57 ID:1cvXl2z/
>>1
ソース読んだわ

つまり酒飲むと顔が赤くなり深酒しやすいタイプは通常のリスクに比べて食道がんの確率が16倍だってさ

アセトアルデヒドが発がん物質出すから長く体内に残ってるほど危険度アップ

顔が赤くならない人はアセトアルデヒド早く分解出来るけどもそういう人でも深酒するならリスクは4倍
顔は赤くなるけど深酒しないってのは分解速度が遅いからこれも4倍
両方の悪いとこ持ってるのが上記に書いた16倍

結果、どんなタイプでも飲まなければ確率同じ

18: 2019/01/08(火) 16:27:13.41 ID:3/+l2/15
>>9
ソースが面倒だったので
とても助かりました
ありがとうございます
これからは 零 ICHI にしておきます

21: 2019/01/08(火) 16:30:46.11 ID:KlUiPxW/
>>9
>つまり酒飲むと顔が赤くなり深酒しやすいタイプは
>通常のリスクに比べて食道がんの確率が16倍

両手のジョッキで飲めば2倍でリスクは32倍!!
いつもの2倍のジャンプが加わり64倍!!
そして、いつもの3倍の回転を加えれば、
食道がん、俺のリスクは192倍だ!!

24: 2019/01/08(火) 17:19:42.74 ID:VqraESzW
>>9
最後のグラフでは
酒もたばこもやらなくても遺伝子1と2を持つ群は
6.79倍のリスクという風に見えるが?

11: 2019/01/08(火) 15:34:22.33 ID:fyy7sdUj
アルコール禁止法がそのうち来る

12: 2019/01/08(火) 15:50:27.33 ID:kG/iCWWS
酒飲み過ぎて、食道ガンはあるある

13: 2019/01/08(火) 16:00:19.68 ID:zH7iUQ+L
酒飲みの叔父が食道癌で逝ったわ

14: 2019/01/08(火) 16:04:51.88 ID:sq+9B8Iq
アセトアルデヒドはガンの好物だからな。
これを遺伝子が酢酸に分解する能力が低いとガンになりやすい体質のひとよいうわけだ。

16: 2019/01/08(火) 16:15:11.81 ID:Z0k3n3xW
食道がんと咽頭がんどう違うんだ?
酒飲みはこの癌多いしタバコは腎臓や
膀胱がんもやばいと思う。

17: 2019/01/08(火) 16:18:42.48 ID:y+r7WZCB
熱いものや刺激物に加え、度数の高いアルコールの頻繁な空腹飲酒や
タバコとの併飲がよろしくないようで  タバコ併飲はタバコの有害なニコチンやタールが食道にも
いき、直撃。浸透性吸収のアルコールに溶けてるからなお良く無い

NHKの試してガッテンでも公開されたが、食道内をファイバーで観察しながら
20%程度の度数と45%を超えるようなアルコールお酒を飲み比べると
前者は殆ど問題無いが、後者は一時的に食道粘膜表面が白く変わるくらい
影響があった。

19: 2019/01/08(火) 16:28:04.09 ID:QGJmRDkA
遺伝子的に酒に強いかどうかが食道癌に関係しているって事なのかな

23: 2019/01/08(火) 17:07:34.56 ID:Q3YQyw+J
酒は百薬の長、て言ったやつ死ねよ



あ、もう死んでるか

27: 2019/01/08(火) 17:41:15.76 ID:XIByQYCW
>>23
酒は百薬の長 されど万病の元
バカは最後まで読まないからこうなった

100: 2019/01/09(水) 22:26:15.34 ID:2j/2cF48
>>27
それ本当は違うんだよ
ググってみて
バカは誰だ?w

102: 2019/01/10(木) 10:49:16.46 ID:IgeGJkEx
>>100
病気の種類によって違う

26: 2019/01/08(火) 17:38:47.61 ID:xJQRBj/a
分解酵素ほ持たないか、弱いタイプの人は、血液中に有毒なアセトアルデヒドを出すのだから、
癌のリスクは高くなるんだけど、なぜ、東アジアでそういうタイプの遺伝子変異が残ったのか
の仮説として、おそらく中国南部地方のある種の病原菌に感染した場合、
酒を飲むタイプは、血液中で、アセトアルデヒトがその病原菌を◯す効果があって、
結果として、その方がその感染症に強いために生き残るのに有利に働いた結果だという
ものがある。

こう考えると、アルコールに弱いのも理由があったことになる。

81: 2019/01/09(水) 03:16:17.08 ID:ESKblrt+
>>26
違う違う
繁殖し始めた場所の土地、気象条件から察して、
下戸はおそらく超高地の寒冷、低酸素に耐えるための変異なんだよ
下戸は皮膚血管が拡張しやすいから、顔、耳が凍傷になりにくい。
高山病のリスク比較で下戸と健常者を並べたら、おそらく下戸が有利(なりにくい)な結果が出ると思う。

俺は加えて、日本人の(筋力や心肺機能以上に)マラソンに強い特長にもこの遺伝子が関わってる気がしてる。

28: 2019/01/08(火) 17:45:35.17 ID:SgZkpfuc
タバコもアルコール脱水素酵素と関係あるの?

34: 2019/01/08(火) 18:01:27.41 ID:3xSrU0mi
最初に”酒が原因”と書け