1: 2019/02/03(日) 12:08:24.41 ID:CAP_USER
重力レンズ効果によって複数像に見えるクエーサーを利用して、宇宙の膨張率を表すハッブル定数を推定した研究結果が発表された。
【2019年1月29日 カリフォルニア大学ロサンゼルス校】

宇宙がどのくらいの速度で膨張しているのかを表す「ハッブル定数」は、遠方銀河の大きさや宇宙の年齢を決定するうえで重要な値だ。様々な観測によってその正確な値を知る研究が続けられており、推定値は67-73km/s/Mpc(1メガパーセク(約326万光年)離れた2点間の距離が毎秒67-73km広がる)の範囲にあるものの、確実な答えはまだ得られていない。

ハッブル定数を導出する方法のほとんどは、天体までの距離と、その天体の後退速度(私たちから遠ざかる速度)の2つの情報を元にしている。米・カリフォルニア大学ロサンゼルス校のSimon Birrerさんたちの研究チームは、これまでにハッブル定数の距離の計算に利用されていない光源として、クエーサーを用いた研究を行った。クエーサーとは、中心の大質量ブラックホールによって莫大なエネルギーを中心部から放射し明るく見える銀河である。

Birrerさんたちがとくに注目したのは、1つのクエーサーの像が複数になって見えているような天体だ。

クエーサーと私たちとの間に別の銀河が存在すると、その中間の銀河の質量が生み出す重力レンズ効果によって、クエーサー像が複数に見えることがある。

続きはソースで

アストロアーツ
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10456_constant
ダウンロード (3)


引用元: 【天体物理学】二重クエーサー像の観測から宇宙の膨張率を表すハッブル定数を推定した研究結果が発表[01/29]

スポンサーリンク
3: 2019/02/03(日) 12:17:56.85 ID:hS5F2DRv
地球・太陽系・天の川銀河も超高速で移動してるから宇宙の膨張率なんて正確な値を求めるの無理じゃねーの?

そもそも特異点から直線的かつ一定速度で放射状に膨張してるとは限らないんだし

17: 2019/02/03(日) 13:55:25.84 ID:f9Uht9Tu
>>3
定数ではない可能性はあるな。
何らかの要因で空間ごとの膨張率に違いがあるのかもしれない。
そもそも光が何億光年も移動するとどうなるかもよくわからない。

19: 2019/02/03(日) 14:13:14.24 ID:9Mk/to0a
>>17
すべてはアインシュタインの宇宙方程式が元になっている。
宇宙の膨張/収縮/定常は、この方程式において定数で与えられている。
変数であると、この方程式を根本的に変える必要がある。

20: 2019/02/03(日) 16:14:52.57 ID:z6VHJt5F
>>3 
「超高速」で動いている天体を、距離と速度のグラフにするとおおよその線を
引けるからこそ「ハッブル定数」と呼ばれているわけだ。

4: 2019/02/03(日) 12:18:08.88 ID:IIBVaIYj
膨張の果ては分かっているのかい?

20: 2019/02/03(日) 16:14:52.57 ID:z6VHJt5F
>>4
理論はあるが、観測不可能。

5: 2019/02/03(日) 12:24:44.40 ID:jGFJH1Oq
その場所の定数なだけで他の場所の定数は違うだろうから
その時間と場所の違いで一定の定数はでないだろ

8: 2019/02/03(日) 12:38:32.26 ID:sTPkANDn
で、地球は膨脹してるの?収縮性してるの?(´・ω・`)

10: 2019/02/03(日) 12:44:04.77 ID:9Mk/to0a
>>8
ハッブル定数は空間の膨張を示すもので、物質の膨張/縮小は関係ない。
素粒子の大きさは変わらない。

9: 2019/02/03(日) 12:43:25.73 ID:VYZDP/r2
最近「クエーサー」の単語を見ると口の中につばが出てしょうがない

21: 2019/02/03(日) 16:47:05.75 ID:pq5fhBzu
>>9
それはクエン酸だ。

11: 2019/02/03(日) 13:07:40.88 ID:2zqKddlt
さて、怒張の果てにはどうなる事やら

13: 2019/02/03(日) 13:09:20.80 ID:3PKyMqG7
光を中心に考えすぎ。
物理理論が光を基軸通貨ドルのように重要視しすぎているだけ。
光本位制w
光を中心に理論を組み立てると一見美しいからそこで袋小路に入ってる。
見かけ倒し。
光を中心に考えたら光速が不変になるのは当たり前。
物理学者って頭が固いよなw

16: 2019/02/03(日) 13:39:15.56 ID:9Mk/to0a
>>13
光中心でもない。
「因果関係が伝わる速度には限界がある」ことが本質。
たまたま光がその速度であるに過ぎない。重力も同じ速度。

もつれている2つ粒子の状態が瞬時に伝わるのは、因果関係でないことになる。

29: 2019/02/03(日) 19:09:43.69 ID:z6VHJt5F
>>16
理論は実験結果が裏付けする。いかに美しくとも現実と違えば理論は間違いとされる。
ところで、「因果律」を実験することは「光の速度」を観測するよりも遙かに難しい。
つまりは「光の速度」を観測することによって、「因果律」を推論していると考える方が
理にかなっている。所詮、人類の知性など、限られているのだ。

30: 2019/02/03(日) 19:38:38.54 ID:9Mk/to0a
>>29
因果律とは単に「原因と結果の関係」。原因と結果は物理的な「何か」を介して行われる。
いわゆる光円錐の中では、どんな「何か」の速度も光速を超えないから、因果律も光速を超えない。

>所詮、人類の知性など、限られているのだ。

それはその通り。
量子もつれにおけるEPRパラドックスを考えると、物理的「何か」って解らない。

32: 2019/02/03(日) 19:50:30.81 ID:z6VHJt5F
>>30
じゃあ、あなたは分かっているはずです。光速不変を演繹したものが因果律で、その逆ではないことを。
多分、勉強したことが硝化し切れていないだけです。

14: 2019/02/03(日) 13:13:16.95 ID:31z0RsGm
宇宙は膨張していない。
神である俺が言うんだから間違いない。

15: 2019/02/03(日) 13:14:41.65 ID:nWhylrr2
宇宙膨張は加速してるからハッブル定数は刻々変化する
そんな値を決めるのは無茶じゃないのか

18: 2019/02/03(日) 14:08:21.53 ID:3JKk5kO3
宇宙の銀河系間距離の拡大が一様である証拠は無いし
むしろブラックホールに向けて場が落ち込んでいるので一様ではないほうが自然

22: 2019/02/03(日) 16:53:10.13 ID:pq5fhBzu
そもそも光速が異なる場所でも同じかどうかは分からないのでは?

23: 2019/02/03(日) 17:40:28.22 ID:9Mk/to0a
>>22
それは一種の信仰みたいなもので、物理学では「原理」と称する。
一般相対性原理:「いかなる座標系においても物理法則は不変である」
がそれだ。今まで破られたことはない。

保存則は一種の対称性のことで、対称性は現在の物理学が最も信奉するもの。

64: 2019/02/05(火) 05:03:20.52 ID:rfJlO2np
>>23
前提を光速度不変としている相対論であるからそういう方向で検証されてきたけど、速度は時間と不可分の関係。局所的な光速(時間)が他の空間と同一かどうか、どうやって検証出来るのか?
なぜ光速は一定なのか?光速を規定する何らかの機構があるならそれがすべての空間で一定なのか?

65: 2019/02/05(火) 12:58:26.80 ID:82BJXNry
>>64
なぜ光速は一定なのか?に関してはそのほうがシンプルに観測事実を説明できるからにすぎないよ
今の所銀河を超えて宇宙スケールの話でさえも説明できてる
なぜ一定なのかそれ以上の答えは誰も持っていない

それは天動説より地動説がシンプルといった程度のもの
地動説は万有引力の法則によって確固たるものになったけども
相対性理論は引力でさえ見かけの力にすぎないことを明らかにした

万物は時空の歪みに沿って移動し光さえそれに従う
逆に言うと異なる時空からの光はこの時空に入ってこれず観測することさえできない
そういう意味で光速は観測しうる範囲では一定とならざるを得ない

71: 2019/02/05(火) 15:26:03.07 ID:AKfWlP5r
>>65
天動説を、地動説での記述を座標変換したものと定義すれば、両方とも正しいよね
ただし地球上の観測からその記述をいきなり導き出すのはとても難しいし
天動説に固執していたら地動説から発展したさまざまな知見を得るのもほとんど不可能
現在の天文学が天動説的ななにかに嵌っているようなダークマターとエネルギー

26: 2019/02/03(日) 17:53:28.46 ID:uHG2TqBM
空間があるから膨張できる。
無限空間があるのか?

27: 2019/02/03(日) 18:47:47.42 ID:3JKk5kO3
>>26
そういうイメージも有るし
何でもない何かが物理法則を得て空間化するという考えもある

とうぜん変化が完全に終わるまでは物理法則も固まっていないので時間も光速も違うこともある
空間が増えると保存則は成立しないから猛反対され空論と蔑まれているが
膨張するからには空間は増えざるをえないし
たかだか実験室サイズの局所的、たかだか10年程度の瞬間的にしか保存則は確認されていない

28: 2019/02/03(日) 18:50:36.28 ID:9Mk/to0a
>>26
アインシュタイン方程式では「時空の外側」は考えない(られない)。
宇宙の内部にあるエネルギーで決まってしまう。
そしてこの方程式の解は膨張/収縮が必然(アインシュタインは、
静的にするために宇宙項/宇宙定数を加えたが、後に撤回している)。

よくビッグバンを説明するのに釣鐘型の宇宙の図があるが、あれは便宜的なもの。

35: 2019/02/03(日) 20:24:41.97 ID:64wkVwab
天体間の距離が開いているだけで、
宇宙の端の先の空間は最初から有る訳で。
銀河の大きさと同じくらいの意味しか無い?

44: 2019/02/03(日) 21:39:53.28 ID:eVvZ6sBD
精密化できて定期的に測れば、宇宙の膨張が大きくなってるかどうかがわかるってことか。宇宙の情報としては特大級だな

46: 2019/02/03(日) 21:53:45.78 ID:xDK6NNU9
重力場の強さによって光速度が摂動を受けて変動したりしないのかな。