1: 2019/02/11(月) 11:59:36.54 ID:CAP_USER
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2月6日、小惑星探査機「はやぶさ2」に関する記者説明会を開催し、タッチダウン運用計画の詳細を明らかにした。タッチダウンの日時は2月22日の8時頃。場所は「L08-B1」と「L08-E1」の2カ所が候補になっていたが、3カ月間の検討の結果、より狭いL08-E1の方に挑むことになった。

https://news.mynavi.jp/article/20190207-768756/images/001.jpg

■ピンポイントタッチダウン方式とは?

L08-B1は当初から考えられていた場所で、幅は12m程度。一方、L08-E1は前回の記者説明会で初めて発表された場所で、こちらの幅は6m程度と小さい。広さだけ見るとL08-B1の方が有利だが、L08-E1は降下の目印となるターゲットマーカーに近く、エリア内がより平坦で安全だという利点もある。

https://news.mynavi.jp/article/20190207-768756/images/002.jpg

津田雄一プロジェクトマネージャ(JAXA宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 准教授)によれば、最初は両にらみで検討を進めていたものの、解析を進めるにつれ、「明らかにL08-E1が有利なのが見えてきた」という。着陸精度を満たせるのはL08-E1だけであることが分かり、会議でもチームの総意としてすんなり決まったそうだ。

しかし狭いL08-E1に着陸するためには、±3mの精度が必要。もともとの想定では、タッチダウンは±50mの精度で考えられていたため、精度を10倍以上に高める必要があった。これを可能にするのが、はやぶさ2に搭載された新機能「ピンポイントタッチダウン」である。

はやぶさ初号機の従来方式は、分離して落下するターゲットマーカーを追尾し、水平方向の相対速度をゼロにして着陸するものだった。探査機はターゲットマーカー付近に降下することになるため、ターゲットマーカーの投下精度で着陸精度が決まっていた。

ピンポイントタッチダウン方式では、投下済みで、事前に正確な位置が分かっているターゲットマーカーを使用。このターゲットマーカーに対し、指定した相対位置に着陸することが可能だ。たとえばターゲットマーカーの北に2m、東に1mというように指定(オフセット)できるので、着陸精度はターゲットマーカーの投下精度には影響されない。

https://news.mynavi.jp/article/20190207-768756/images/004.jpg

しかしいくらピンポイントタッチダウンとはいえ、そのままでは直径6mの円内への着陸は難しく、さらなる工夫が必要だった。

1つめは小惑星モデルの高精度化。より正確に検討できるよう、サイエンスチームが降下地域の岩の1つ1つの高さや形まで見直しを行った。また重力の影響も、より詳細に分析。降下する赤道付近には尾根があり、この質量により探査機の軌道が曲げられてしまうので、高精度な重力モデルを作成した。

2つめは自律制御のチューニング。着陸精度を高くするためには、探査機の位置制御や姿勢制御も、より細かく正確に行う必要がある。そのため、スラスタの噴射パターン、姿勢制御のパラメータ、ソフトウェアのタイミングなど、すべてをL08-E1への降下のために最適化したという。

3つめは着陸安全余裕の拡大。従来は、真上から水平姿勢で降下する方法だったが、L08-E1は東側に岩が多い地形であることが分かっている。あえて西側(サンプラーホーン側)を下に傾け、東側(イオンエンジン側)を浮かせた「ヒップアップ」姿勢を採用することで、岩を回避し、安全に着陸できるようにした。

https://news.mynavi.jp/article/20190207-768756/images/005.jpg

これらの対策により、現在の着陸精度は±2.7mと見込まれているそうで、「工学的な意味では成功すると考えている」と津田プロマネ。「最初は方法から議論し、どうやって実現するか検討してきたが、今はもう着陸方式が決まり、数字も固まってきた。それを間違いなくやるために、頭の温度を下げてクールにできるようにしたい」と述べた。

https://news.mynavi.jp/article/20190207-768756/images/006.jpg

続きはソースで

マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20190207-768756/
images


引用元: 【はやぶさ2】はやぶさ2のタッチダウン精度はついに±3mの領域へ、どうやって実現する?[02/07]

2: 2019/02/11(月) 12:07:01.26 ID:fcGERJKS
もたもたもたもたやってる決断のなさで、結局は失敗に終わるだろう

7: 2019/02/11(月) 13:05:32.72 ID:p5kCIRbX
>>2
他人の仕事は遅く雑に見える

12: 2019/02/11(月) 13:43:14.14 ID:iltO/hrx
>>2
拙行で失敗しかしないタイプの典型だな

3: 2019/02/11(月) 12:30:56.91 ID:2JgBEskv
次はさ、子機1~3号が採取して子機を母船が回収して持って帰るパターンにしたほうが良くないか。

4: 2019/02/11(月) 12:34:21.33 ID:PT5AmvwR
>>3
子機の分だけ打ち上げ時の質量が大きくなるし、制御システムが複雑になるから却ってよくない
こういうのはシンプルなのが一番いいんだ

5: 2019/02/11(月) 12:46:42.03 ID:H730l481
3mだとすると、着陸できたと思ったらそこに
大岩があったというギャグマンガみたいな展開
もあり得る訳だなw

6: 2019/02/11(月) 12:58:39.91 ID:zSveeaUs
宇宙ステーションとコウノトリが自動でドッキング出来るなら
もっと精度上げれそうだけど

24: 2019/02/11(月) 14:31:58.02 ID:gk9OQgH5
>>6
もともとJAXAは自動ドッキングする気ではいたんたが、コウノトリが使うポートでは止めてくれと言われて止めてるんよな

ちょっと勿体無い話だったな

48: 2019/02/11(月) 20:29:34.55 ID:sK/i1VPx
>>24
まだそのデマを垂れ流してるのか。
いい加減にしろ。

8: 2019/02/11(月) 13:07:10.96 ID:y68PemPk
紐にガムテープつけて垂らすだけじゃ駄目なの?

10: 2019/02/11(月) 13:26:16.84 ID:sK/i1VPx
>>8
真空極寒の宇宙に5年晒されて、粘着力を保持出来るガムテープなぞ無い。

15: 2019/02/11(月) 13:56:51.37 ID:0jfVb94R
>>10
貼り付けるときに粘着性を持っていりゃいいんだから、
着陸直前に暖めるなり、複数の材料を混ぜるなりして使えば良いだろ。

19: 2019/02/11(月) 14:20:53.54 ID:NyaUdW3r
>>15
今回みたいに粘着できない岩しかなかったらアウトだったじゃん

21: 2019/02/11(月) 14:25:26.06 ID:2QLVyOjm
>>8
俺はクレーンゲームで良いと思ったが

51: 2019/02/11(月) 21:31:15.04 ID:V/jJYUXD
>>21
低重力でうまくとれるかな?
ちょっとつついたら飛んでいく
つかんだと思ったらでかすぎて回収できない
そしてこれを自立でやると。

火星探査機のようにリモートでワンステップずつやるとその間探査機を小惑星表面に固定することが困難。自転周期も短く通信確立時間も短い。ワンステップごとに画像いるから首振りHGAも要る(これは日本のうちあげや予算制限か)。
楽なのは帰路の燃料や推力要求が少ないことぐらい。

27: 2019/02/11(月) 15:08:27.57 ID:iRdFCaqd
>>8
それなんだ。。採取方法が拙劣。弾丸打ち込んだら物理的に考えて
破片は四方に飛散して探査機の正面にはほとんど99.99%飛んでこない。
だから、ミクロン単位のサンプルしかとれない。ガムテープか
蝿鳥捕りもちならg単位で採集できる。タッチダウンするときの
脚くらいつけろよ。完全に無重力頼り。

30: 2019/02/11(月) 15:52:16.90 ID:XMZykVNS
>>27
機体正面で飛び散るサンプルを受け止めるわけねーだろ
ちゃんと飛び散らないように回収する仕組みだからアホを晒す前に検索してこい

32: 2019/02/11(月) 16:04:03.12 ID:rni/d9yI
>>27
まさか砲弾を撃ち込んで飛び散る破片のうちの一部を回収するとでも思ってんのか?
↓ここ読んでサンプル採取の流れを確認してこい

https://stonewashersjournal.com/2014/11/25/hayabusacrater/

拙いのは採取方法じゃなくて、ちょっとググればすぐに見つかることなのに調べもしないで
事実と異なる決めつけで拙劣だと叩いてるお前の頭の中身じゃねーの??

11: 2019/02/11(月) 13:37:08.67 ID:se+Ihqgo
もっとガバっととってくる方法にしろよ。。。。
日本は頭悪すぎw

17: 2019/02/11(月) 14:09:48.27 ID:7NxSNRZZ
>>11
じゃあお前やってみろよ
東大&京大の天才集団が考えて導いた最良の手法だぞ

23: 2019/02/11(月) 14:30:58.98 ID:0xMkv/f4
石ころだらけなんだから3mでも危険だろう。
30cmの精度が必要。

31: 2019/02/11(月) 15:54:57.15 ID:PIyHh1ML
>>23
マジで実現しそうな気がしてくるのが怖い

26: 2019/02/11(月) 14:38:24.49 ID:04r+rLVT
エリート気取りの理系オタクが税金を浪費するのは止めろ。
宇宙に多額の税金使うなら国民に還元しろや。
JAXAやJICAのエリート気取り、税金の浪費には我慢ならんわ。

65: 2019/02/12(火) 10:40:33.22 ID:anKxn3Fj
>>26
はやぶさ2の技術って鉱山発掘なんかに応用できそうだがな

29: 2019/02/11(月) 15:35:20.34 ID:TtKg3nOu
はやぶさ2
に求められる
タッチダウン精度はついに±3mの領域へ、どうやって実現する?

って書かないと
精度というのがすでにもっている精度のことなのかと聞こえ
どうやって実現する?が、未達成の話に聞こえ
どういう話なのか混乱する

34: 2019/02/11(月) 16:13:40.03 ID:kWkqzhWQ
ワイヤー付きのアンカー打ち込んでそのワイヤーを伝って降りるシステムは何故採用しないの?

39: 2019/02/11(月) 17:14:01.94 ID:BdxdK/dm
以前から疑問なのは
タッチダウンせずに地上に爆弾投下して安全なところに退避したあと遠隔で爆発させて
砂ぼこりもうもうの状態にしたら低重力だから高度100メートルくらいまで降下したら塵がたっぷり回収できそうなのに

40: 2019/02/11(月) 17:50:31.88 ID:t4cuLFIs
>>39
面白そうなアイデアですね

42: 2019/02/11(月) 18:15:22.67 ID:EHGTBlNn
>>39>>40
論外。サンプルに爆薬(破片含)が混入するだろうし熱で変性するかもしれない。
せっかくの試料をもっと大切にそのままの姿で回収しなければならない

46: 2019/02/11(月) 19:15:46.66 ID:lzWG5O5N
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、探査機「はやぶさ2」が着陸する小惑星「リュウグウ」について、
赤道の重力が地球の約8万分の1だと発表した。

59: 2019/02/12(火) 07:05:15.55 ID:4ZnTNAqU
+-3mて凄いのか?
素人的にはドッキングも出来ない誤差の何が凄いのか分からんw

60: 2019/02/12(火) 08:15:06.89 ID:tF8/h5gV
>>59
有人だったり相手と交信しながらだったり、明確な目印があったりすればいけるだろうけど、無人自律で、相手が自然物で地形だけを頼りにいくのは厳しいのでは。前例があまり(全く?)ない。

ターゲットマーカーの助けで精度上げてるけど、ターゲットマーカー直近以外は厳しい。今回はターゲットマーカーまで精密誘導して、そこからうまく目標まで流されるようにしてる。これが大変なんだろう。
ターゲットマーカー自体は精密誘導なしで落とさなきゃならんし、結果目標に精密タッチダウンは大変。

22: 2019/02/11(月) 14:29:20.82 ID:+lbsZJE+
想像するだけでワクワクドキドキ 種子島 内之浦 いつも打ち上げを見ながら成功を祈っています。