1: 2019/01/29(火) 18:03:05.33 ID:CAP_USER
■宮古島の小さな望遠鏡が太陽系誕生の歴史と彗星の起源を明らかに-

有松亘 理学研究科研究員らの研究グループは、沖縄県宮古島市にて実施した小型望遠鏡を用いた観測によって、太陽系外縁部「エッジワース・カイパーベルト」に惑星の形成材料である始原天体「微惑星」の生き残りと推定される極めて小さなサイズ(半径およそ1km)の天体を初めて発見しました。

続きはソースで

図:本研究によって史上初めて発見された、微惑星の生き残りと推定される半径約1.3kmの小型カイパーベルト天体の想像図。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/images/190129_1/01.jpg

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/190129_1.html
ダウンロード (3)


引用元: 【天文学】太陽系の果てに極めて小さな始原天体を初めて発見[01/29]

スポンサーリンク
4: 2019/01/29(火) 21:28:17.76 ID:U7JHKmLt
冥王星「さみしい」

10: 2019/01/30(水) 10:14:47.35 ID:ozZVZ7bI
>>4
冥王星は衛星で我慢して

5: 2019/01/29(火) 22:06:22.00 ID:w3mL+uRv
> 小型望遠鏡を用いた観測によって

どれくらいの望遠鏡なんだろか?

9: 2019/01/30(水) 06:57:26.53 ID:mQMr61eR
>>5
28cmだってさ
セレストロンらしい

11: 2019/01/30(水) 10:41:43.48 ID:AyT0KlDa
>>9
個人で扱えるサイズじゃないな

14: 2019/01/30(水) 11:44:06.80 ID:mQMr61eR
>>11
いや個人向けに普通に売ってるやつだよ

7: 2019/01/30(水) 03:47:07.90 ID:c//dObbW
大望遠鏡でも見つからなかったのに小さな天体望遠鏡で発見出来たという理由が解らないな。

8: 2019/01/30(水) 06:16:32.26 ID:Kl8Ivdz8
偶然

12: 2019/01/30(水) 11:13:56.34 ID:mrOjBPPa
どうやったら、こんな小さい天体を小型望遠鏡で発見できるんだ?

18: 2019/01/30(水) 12:56:45.31 ID:s10iZJov
>>12
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/documents/190129_1/01.pdf
後ろの恒星が始原天体に隠されて光が弱まる現象(掩蔽)を観測だとさ
要は日食みたいなことが起きたのを観測してるって話
ただ0.2秒て

16: 2019/01/30(水) 12:31:13.74 ID:Wr1o63I/
想像図の太陽が大きすぎて草
超巨星かよ

19: 2019/01/30(水) 12:58:58.29 ID:SqJkx+nZ
テレビニュースでの解説によると、
市販の天体望遠鏡と市販のデジタルカメラを組み合わせて長時間撮影。
遠くの星の前を小さな星が通り過ぎると光が遮られて暗くなることを検出、
これが「小さな天体が存在している証拠」という仕組みらしい。

この方法で、小天体の大きさまで測れる理屈は分からない。

20: 2019/01/30(水) 13:48:42.15 ID:bcDKpfiM
>>19
何も遮る物が無い状態の光りの強さと、遮る物がある時の光りの強さを
正確に測定して、その差から、遮る物体の断面積が計算できる
そこで、物体が球体と仮定すれば、物体の直径が計算できる
物体=天体の大きさが判れば、他の類似天体の組成と同じと仮定した場合の
該当天体の質量が推定できる

21: 2019/01/30(水) 15:20:12.64 ID:VmB1wFnj
>>20
その方法だと成分は推定何だよね 彗星と微惑星の区別はどうやったんだろ

22: 2019/01/30(水) 18:04:30.30 ID:bcDKpfiM
>>21
見た目というか、暫定判定
彗星は、ガスや微粒子の尻尾が見つかって、彗星に認定される
そして、彗星の尻尾は既に彗星認定されてるものでも、
木星軌道の内側に来ないと判らない
問題の天体は、遙かに遠くで本体の直接観測も難しいほどだから、
尻尾が判るはずがないので彗星認定はされない

大きさ的には、これの5倍の核の彗星があるから彗星でも良い
また、直接観測できない=これからも軌道は判らないままで、
太陽に近づいて尾を作る推定もできないから、
「微惑星」ままと思われ

あと、直接観測できれば、天体の反射率や反射光のスペクトルから、
天体表面の状態がある程度判るし、長期の観測データが溜まれば、
天体の軌道が判ることで天体質量も計算できる
この天体は、性能の良い宇宙望遠鏡が増えて、観測態勢に余裕ができる
50~100年後ぐらいでないと判らないままでしょ

2: 2019/01/29(火) 18:07:50.27 ID:uYZllQO0
死兆星と命名