1: 2019/02/16(土) 18:00:44.23 ID:CAP_USER
 名古屋市立大学、第一薬科大学、千葉大学、亀田総合病院の共同研究により、漢方薬を使用したときに高い頻度で発症する副作用「偽アルドステロン症」の原因物質が、生薬カンゾウに含まれるグリチルリチン酸の代謝産物18β-グリチルレチニル-3-O-硫酸である可能性が高いことが明らかとなった。

 漢方薬の利用拡大とともに、副作用の発症も問題となってきている。特に偽アルドステロン症は、発見が遅れると重篤な状態に至ることがある一方、発症には個人差があり、予測が困難だ。

 これまで、偽アルドステロン症の原因物質は、医療用漢方エキス製剤の約7割に配合されているカンゾウの成分、グリチルリチン酸(GL)の代謝物であるグリチルレチン酸(GA)であると考えられてきた。ところが、GAはほぼすべてのヒトで血液中に検出され、偽アルドステロン症発症の個体差を説明するものではない。

続きはソースで

論文情報:【Scientific Reports】18β-glycyrrhetyl-3-O-sulfate would be a causative agent of licorice-induced pseudoaldosteronism
https://www.nature.com/articles/s41598-018-38182-2

https://univ-journal.jp/24798/
ダウンロード (2)


引用元: 【薬学】漢方薬で高頻度に起こる副作用の原因物質を特定 名古屋市立大学など[02/16]

スポンサーリンク
3: 2019/02/16(土) 18:21:35.41 ID:H5oqq81y
漢方も科学の時代

51: 2019/02/17(日) 06:11:23.01 ID:H8+hiH8W
>>3
漢方は一応科学だよ
まあ成分抽出はすでにやらろとる

4: 2019/02/16(土) 18:27:05.95 ID:ZRcGxLLt
漢方薬は副作用が少ないとされているが中には強力なものもある

13: 2019/02/16(土) 19:31:35.46 ID:jWyKj/dN
>>4
小柴胡湯とか無知な西洋医師がいい加減に処方してそこら中で被害出たもんな。

15: 2019/02/16(土) 19:35:34.06 ID:N2aSp2Gy
>>13
そうそう。無知な西洋医が、漢方の基本的体系も学ばずに、
対処療法の薬か何かのように処方するのが怖い。
脈も診ず、虚の人間に実の人間の薬出したりとか。

これは、無知な漢方医が、西洋医療の基本的体系も学ばずに、
西洋薬を処方している、と想像すれば分かりやすい。

16: 2019/02/16(土) 19:45:35.04 ID:1LmtqSJW
>>15
そんなに危険なら医薬品にしろよ
サプリで売るとかありえねーだろ

18: 2019/02/16(土) 19:58:51.18 ID:jWyKj/dN
>>16
小柴胡湯は医師の処方で犠牲者に出たわけだが

34: 2019/02/16(土) 22:40:18.16 ID:yjguxIsn
>>18
小柴胡湯って第二類で風邪薬と同じじゃん
それで犠牲者が出るとか発売中止にしろよ

51: 2019/02/17(日) 06:11:23.01 ID:H8+hiH8W
>>16
とっくに医薬品
サプリはさほど薬用成分ないとしてる効能成分のみだろ

5: 2019/02/16(土) 18:46:03.83 ID:KkzLF2p2
甘草ダメなのか。風邪薬系を見直しだな。

6: 2019/02/16(土) 18:51:57.87 ID:sSuWA8RZ
効果だけあって、リスクのない薬はない

7: 2019/02/16(土) 18:58:04.49 ID:8lZkC/DL
ヨーロッパで、リコリスは甘味料としてかなり使われてたと思うんだけど、
副作用はどうしてたのかな
ま、今となっては、人工甘味料に置き換わってるんだろうけど

8: 2019/02/16(土) 19:02:31.93 ID:8lZkC/DL
たまにあの薬臭い甘味が恋しくなるw

11: 2019/02/16(土) 19:23:05.32 ID:xXzZAk4p
漢方って効いたこと全くないんだが(ツムラも、中医の煎じて飲む系も何年か試した…話はよく聞いてくれるのよ漢方医)、大中健ナントカってお腹用の基本的な漢方、あれは腹痛起こしてトイレとベッドの往復になって怖かった。
甘草は年寄りとか心臓弱い人避けた方がいいんじゃ無いっけ?
それで親に葛根湯飲ませて無い…ってことは漢方の大半がダメか。
うちは家系的に漢方は副作用だけでるなあ。

14: 2019/02/16(土) 19:33:24.40 ID:N2aSp2Gy
>>11
漢方は、一人一人の体質に合わせて症をたてて処方するものだからね。
自分が陰なのか陽なのか、虚なのか実なのかも知らず
反対の人用の薬飲むとそういうことになる。

きちんと症が合えば、西洋薬なんて足元にも及ばない
アジア~日本の知恵の集積であることが分かるよ。

西洋医が、漢方の基礎知識も何もなく「咳が出たらこの薬」とか
「お腹が痛ければこの薬」と、西洋薬の処方の軽いノリで処方するのは、実に危険だ。

19: 2019/02/16(土) 20:32:39.05 ID:kqxJKCjn
>>14
中国人が日本の西洋薬を買い漁って
神の薬とかありがたがってるのはどういう意味なの

32: 2019/02/16(土) 22:26:41.99 ID:hfCMD3nD
>>19
それはまた別問題で中国では偽薬が多いんだよ

12: 2019/02/16(土) 19:29:46.45 ID:N2aSp2Gy
こうして、日本の伝統ある知恵が潰されるんだなあ。
西洋の、
「俺たちの考えた、俺たちが特許を持ってる西洋薬だけを買え!」
という資本主義の悪徳面のせいで。

産婆は消されて、産婦人科で陣痛促進剤を使った出産に切り替えられた。
畳やよしずは消されて、やたら電気ばかり使うクーラーに切り替えられた。
アジアで生まれ日本で育ち、数百年の過去ログを持つ、膨大な知恵漢方が消され、
たかだが100年程度の、しかも白人の体を基本に考えられた西洋医療に切り替えられる。
奴らの「利益」のために。

17: 2019/02/16(土) 19:58:11.33 ID:Y3Kraa2k
西洋のクスリも化学が発展する前は漢方そっくりだった

21: 2019/02/16(土) 20:43:56.46 ID:6aDSazbz
漢方薬なんて効きはしないよ。
大半は気休め。一部は毒薬。
使ってはいけない。

28: 2019/02/16(土) 22:07:02.67 ID:7O75PgyS
>>21
おまえらバカだなw
漢方が使う生薬の薬効成分だけを抽出したのが西洋の薬だぞ。

ペニシリンは青カビから取ったし、
ストレプトマイシンは土壌中の放線菌から取った。

違うのは処方の仕方だ。西洋医学は統計的に判断する。
漢方は個人差があると考える。

ただ、今まであった人の中で、
自分は特別で他の症例とは違うと言っていた人は
もれなく現実が受け入れられないだけだった。
医者の勧めで新薬試した方が良かった。

23: 2019/02/16(土) 21:25:03.61 ID:ogpYJFtu
あの副作用は病気を治すために出る症状だとか言うけどね
あれは単なる言い訳なの?

29: 2019/02/16(土) 22:10:47.24 ID:ekr3O/gA
>>23
言い訳っちゅーか無知なだけだね。
副作用が良いわけがない。
もし、副作用が良いのだとしたら、それは副作用とは言わない。
副作用=望まない、目的外の作用のことなので。

25: 2019/02/16(土) 21:32:52.27 ID:Kureo8uT
甘草は心配されてるほど副作用の頻度は高くなかったはず
むしろオウゴンが怖いし、原因物質特定してほしい

50: 2019/02/17(日) 06:06:25.05 ID:OglqgVbc
>>25
甘草は接種許容量が少ない上たいていの漢方薬には入ってるから
何も考えず複数飲むとすぐに1日の許容量をオーバーしてしまうのもあるんじゃね

30: 2019/02/16(土) 22:14:47.26 ID:VfbgLS8h
東洋医学って結局職人的技量の要素が多すぎるという

35: 2019/02/16(土) 22:48:21.37 ID:Z5WQTueb
狭心症の薬の副作用が発毛効果だったりするし、副作用自体には本来ネガティブな意味合いはない。

ところでこの研究はちょっと面白いな。胆汁への排泄が障害され、腎臓に回されると中毒のような
症状が出るということか。

36: 2019/02/16(土) 22:59:53.53 ID:wq5dW5Fo
漢方は効く成分ともにあまり効かない成分や、それを抑える成分も入っている。
カンゾウ単体で大量に飲みすぎない限り、大した害はない、メリット大きい。

ただ海外サプリのカンゾウのカプセルかカンゾウの多く配合したキャンディー、カンゾウ一種類だけ濃くいれたハーブ茶に漢方薬ミックスは、避けれ。

22: 2019/02/16(土) 21:05:25.81 ID:1iANUTRU
作用があれば副作用は表裏一体よ、

それが弱いか強いかの話にすぎないわ