1: 2019/02/22(金) 15:26:40.82 ID:CAP_USER
北米を中心としてシカやトナカイ、カリブーなどシカ科の動物を襲う「CWD(慢性消耗病)」は、2000年代に大きな問題となったBSE(牛海綿状脳症)と同様の「プリオン病」です。CWDに感染した鹿の肉をあえて食べる人はいないはずですが、過去、アメリカでは宴席で出された肉がCWDに感染した鹿のものだったという事例があり、食べた人の健康状態を追跡調査したレポートが存在しています。
https://i.gzn.jp/img/2019/02/22/cwd-deer-meet/00.jpg

Six-year follow-up of a point-source exposure to CWD contaminated venison in an Upstate New York community: risk behaviours and health outcomes 200... - PubMed - NCBI
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25225155

Zombie deer disease: What happened to 200 people who ate CWD meat
https://www.usatoday.com/story/news/health/2019/02/21/zombie-deer-disease-what-happened-people-ate-cwd-meat/2926840002/

BSEが「狂牛病」と呼ばれるように、CWDは「狂鹿病」や「ゾンビ鹿病」などと呼ばれることがあります。本当に鹿がゾンビ化するわけではないものの、感染するとまずは歩き方に変化が現れます。続いて、周囲に無関心になって孤立した生活を送るようになり、体重が減少。体が震えたり、同じところをぐるぐる歩き回ったり、神経過敏になったりという症状が現れます。唾液の量や歯ぎしりの回数、飲む水の量と排尿回数が増加。最後には、増加した唾液を原因とした誤嚥性肺炎や飢えが原因で死ぬとのこと。

初めてCWDが報告されたのは1967年、コロラド州の収容施設にいたミュールジカの事例でした。異常な症状から、未知の病気であることはわかったものの、それがプリオン病の一種であるとわかるのには10年以上が必要でした。その間に、野生の個体でも同じような症状が見つかり、2019年1月までにアメリカでは24州・251郡で感染例が確認されています。

続きはソースで

Occurrence | Chronic Wasting Disease (CWD) | Prion Disease | CDC
https://www.cdc.gov/prions/cwd/occurrence.html
https://i.gzn.jp/img/2019/02/22/cwd-deer-meet/cwd-map.png

https://i.gzn.jp/img/2019/02/22/cwd-deer-meet/01.jpg

Macaque study heightens concerns about human susceptibility to CWD
https://www.jsonline.com/story/sports/columnists/paul-smith/2017/06/28/macaque-study-heightens-concerns-human-susceptibility-cwd/430046001/

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190222-cwd-deer-meet/
ダウンロード (1)


引用元: 【動物】「ゾンビ鹿(狂鹿病)」の肉を食べると人はいったいどうなるのか?[02/22]

2: 2019/02/22(金) 15:32:44.91 ID:j6JTwfGy
鹿だけにツノが生えてもしかたない

5: 2019/02/22(金) 15:44:05.81 ID:hRYL+XvR
馬鹿になる

9: 2019/02/22(金) 17:00:30.18 ID:zq5NGDzW
焼けばいけるんじゃね?
人間に感染事例がないのは生で食うことがないからという可能性もある

24: 2019/02/22(金) 22:15:36.37 ID:pY09utdZ
>>9
病原性プリオンは、灰になっても感染性が失われない。

32: 2019/02/23(土) 22:24:14.03 ID:aIuq6wl5
>>24
プリオンってタンパク質だろ?
灰になったら、さすがにただの灰だろう。

35: 2019/02/24(日) 00:16:35.98 ID:LZgjjr7w
>>32
余程の高熱で完全焼却しなければ無毒化出来ない。
それが病原性プリオンの恐ろしさ。

特にこの狂鹿病が凶悪な点は、罹患した鹿が撒き散らす唾液にも感染源のプリオンが含まれること。
周囲の草木や土壌が汚染されて、翌年の草木は既に汚染されて生えてくる。

34: 2019/02/23(土) 23:11:16.23 ID:XXelHl49
>>24
骨粉と灰を混同しているんだろ

14: 2019/02/22(金) 17:32:32.50 ID:avPUBqlk
つまり、「狂人病」とな

15: 2019/02/22(金) 17:35:17.27 ID:4OhxPUBn
狂牛病は、ハンバーガーばかり食っていたイギリスの女の子が発症した、
という話があっただろ。あの当時は、肉骨粉とかもあって、うまく解体もしてなかったんだっけ。

16: 2019/02/22(金) 18:04:43.46 ID:RzMGxANF
>協力者の鹿肉消費量が6年で減少したことはわかったものの、

ここが笑うところね

18: 2019/02/22(金) 18:59:57.53 ID:KoqNWqgV
どうしても心配で食べたくないという人は食べなければいい

23: 2019/02/22(金) 19:42:07.24 ID:48rRxCzT
>宴会はニューヨーク州オネイダ郡の消防隊が企画したもので、肉が感染した鹿のものだったということは後日の調査で判明しました。

は?w

27: 2019/02/23(土) 17:38:35.75 ID:B6SX/XZf
俺時々鹿食べるからちょっと怖いな
まあ、日本では発生してないみたいだけどね

29: 2019/02/23(土) 18:07:19.58 ID:Zs4YaRMP
いま美容に効くとかいってプラセタン(胎盤)やそれから抽出したエキスとか
称する怪しいものが薬局などで売られていたりするが、
その原産地が外国だとすると、狂牛病やその類縁のプリオン病などに掛かっていた
患畜あるいはその胎児から抽出されていた場合には、もしかすると人間もそれを
食べて類似の病気になって、脳がスカスカになって狂ったり、体の自由が脳神経
系の破壊によって効かなくなったりするリスクがあると思います。プリオンの
感染性は少々の加熱では破壊されないということでありますから。

33: 2019/02/23(土) 22:48:40.25 ID:H95XzGzl
>>29
プラセンタじゃないの?

30: 2019/02/23(土) 18:26:21.37 ID:OFPQiTRo
シカってオスだと毎年膨大なリン酸カルシウムのかたまりである角を
一から作り直すよな。

もしかすると、その材料の補給のために、地面に落ちている動物の骨をかじることが
あるのかもしれない。

そして、その行動が異常プリオン摂取につながっている、という可能性はないだろうか。

31: 2019/02/23(土) 20:25:45.65 ID:Y/3O0s64
ゾンビランド鹿

38: 2019/02/24(日) 09:58:30.45 ID:KCni27md
よくわからん。認知機能に障害がでるのかな?

40: 2019/02/24(日) 17:13:36.75 ID:d1cq19m2
>>38
狂牛病=クロイツフェルトヤコブ病
=狂鹿病

あとは検索

39: 2019/02/24(日) 15:01:47.28 ID:luwfmBwC
>>1
バンビからゾンビへ