1: 2019/03/11(月) 14:00:41.28 ID:CAP_USER
 東京工業大学の髙木敦士特任助教、インペリアル・カレッジ・ロンドンのエティエン・バーデット教授、東京大学の野崎大地教授らの研究グループは、複数の人が共同で運動作業を行うとき、グループの人数が増えれば増えるほど、各メンバーの運動パフォーマンスが向上することを明らかにした。

 バーデット教授によると、当初「お互いの動きが影響し合うよう連結したとき、グループの人数が増えれば、ランダムな力の影響がノイズのように働きパフォーマンスが低下するのではないかと予測していた」という。ところが実際はそうではなかった。

 研究グループは、被験者が2人の時に作業効率が向上することをすでに実証しているが、今回は2~4人で実験した。

続きはソースで

論文情報:【eLife】Individuals physically interacting in a group rapidly coordinate their movement by estimating the collective goal
https://elifesciences.org/articles/41328

https://univ-journal.jp/24927/
images


引用元: 共同作業は多人数ほどうまくいく、東京工業大学などが解明

スポンサーリンク
2: 2019/03/11(月) 14:04:34.65 ID:HSkB7ptb
人海戦術最強

38: 2019/03/12(火) 02:14:31.31 ID:QqgTTlkl
>>2
中国って工程改善もなんもなく、マジ人海戦術一辺倒で世界の工場を冠したからな

3: 2019/03/11(月) 14:08:59.32 ID:QzAzXvQr
何人以上になると変わらなくなるかわかれば、
最適な組織の人数がわかりますね

5: 2019/03/11(月) 14:19:54.40 ID:tMWpIOgt
分業がいいらしいぞw

6: 2019/03/11(月) 14:24:22.58 ID:Bg2R4xLa
人数が少ないと、相手のやってる事に口出すのがいるから、もめる原因。

7: 2019/03/11(月) 14:25:26.10 ID:FC0OmvVc
群知性

8: 2019/03/11(月) 14:29:52.31 ID:rGjoGDjR
文殊の知恵

9: 2019/03/11(月) 14:31:56.56 ID:xqrB2xO3
たぶんだけど、いろいろ実験したんだろうなあ
それで、こういうとても特殊なケース、従来ならありえなかった実験でやっと思い通りの結果を得たから嬉々として発表
おめでとうと言わせてもらおう

三人寄れば文殊の知恵
三本の矢
三位一体
スリーマンセル
これこそが真実

烏合の衆
船頭多くして船山に上る
衆愚政治
有象無象
集段心理
こういうのが錯覚だったことが最新研究で解明
余裕でノーベル賞

11: 2019/03/11(月) 14:37:23.35 ID:bhTt2X3j
やることにもよるだろうなぁ
分業なんて責任の押し付け合いやら
遠慮し合いで効率悪い
俺は仕事はひとりで全体を把握できるから
ひとりの方が集中力発揮できていい
下にやらせようと思うとそれの配分とか
指示の出し方を考える手間が増えて
自分1人なら2人分出来るのに
人数増えたら自分の分は半減するからイヤ
人には適当なことしか任せない
上にいるより奴隷向きなんだろう

12: 2019/03/11(月) 14:54:16.76 ID:JrigzbKp
大前提
”全員味方の場合”

13: 2019/03/11(月) 14:57:23.17 ID:m5sltadG
大前提
全員が同じ目的
目標設定

14: 2019/03/11(月) 15:04:05.86 ID:/K2BL+V/
ウェディングケーキカットも100人くらいでやろう

46: 2019/03/12(火) 12:10:11.94 ID:pdGHXf0a
>>14
この指摘で安心した

15: 2019/03/11(月) 15:09:18.50 ID:Zpxz2Y/2
50メートル30人32脚競争で、個人で走るより早く走れる理由がこれだったのか

16: 2019/03/11(月) 15:11:51.44 ID:bhTt2X3j
これ絶対嘘だ
人間をもロボット化する方向ならできるかも

17: 2019/03/11(月) 15:17:34.86 ID:frqZ98Jj
コスパは?費用対効果は?

18: 2019/03/11(月) 15:30:28.21 ID:1iMGBrmz
共同作業といっても分業なのか同一業務なのか
あと実際の場合は個人評価を優先しないと損するのは自分になる

19: 2019/03/11(月) 15:39:14.25 ID:mhhR/JYZ
実験だからな

じゃまするやつがいないとみた

20: 2019/03/11(月) 15:55:21.92 ID:jmtg0rg6
パシフィック・リムか

21: 2019/03/11(月) 15:59:21.36 ID:2mzOfVSC
しゃべるばかりで手が動かない奴が出てきて
ダメ

22: 2019/03/11(月) 16:00:38.09 ID:q71e8yuc
これ「運動パフォーマンス」なんて造語がまずいけど、言っているのはごくあたりまえのことで
英語の方を読むと、ピラミッドの大きい石は1人では上から押したりして無理だけど
10人いればあっちこっち押したり引いたりしてだいたい持ち上げられるってことらしい
綱引きや相撲でいえば、大人一人と子供四人なら、子供八人の方が強い

Individuals physically interacting in a group rapidly coordinate their movement by estimating the collective goal

適当に訳すと
一人だと道を間違えるけど、グループなら正しい道に行きつくことが多い(人数が多ければ多いほど正しい道に行く)

23: 2019/03/11(月) 16:04:41.05 ID:zWPZT1pu
アイドルグループも数が多い方が有利ってことになりますか?

24: 2019/03/11(月) 16:24:49.13 ID:CTtu4nZn
「こっくりさん」をやると集団催眠が起きる

25: 2019/03/11(月) 16:33:05.82 ID:FlXN0kIo
これ、伽藍とバザールやんけ
何を今さらだよ
理工系だろ、もっとましなことやれ

26: 2019/03/11(月) 16:33:39.85 ID:E3lxxvNp
>大人一人と子供四人なら、子供八人の方が強い

27: 2019/03/11(月) 19:13:33.05 ID:/C6GCwEN
ライン工か
キャノンのセル生産か
決着付いてない

28: 2019/03/11(月) 20:45:53.60 ID:K7bOIkxH
>>1
>4人の場合、仕切りで分けられたブースにモニターを配置し、ランダムに動きまわる視覚ターゲット(どのブースでも同じ動き)に
手の動きを追従させる運動課題を一緒に行った。
その際、手の触覚を介して他人の動きを互いに検知できる特殊な装置、「ロボットインターフェース」を用いた。

他人の動きを互いに検知できる特殊な装置、「ロボットインターフェース」ってそんなものがあったら
つまりお互いの動きを互いに知り合ってるからそれを補うように動けるってだけじゃねえか

実際には多人数になってどこの誰が何やってるか分からん組織になってグダグダになる方が多いぞ
みずほのシステム開発とか

55: 2019/03/13(水) 06:42:07.86 ID:6eg+KyDE
>>28
>>4人の場合、仕切りで分けられたブースにモニターを配置し、ランダムに動きまわる視覚ターゲット(どのブースでも同じ動き)に
>手の動きを追従させる運動課題を一緒に行った。

多人数でやる意味が皆無の作業じゃねーか

56: 2019/03/13(水) 09:12:34.09 ID:tLzXNlTR
>>55
そうでもない。
4人でやれば量にして4倍の仕事ができる ← 一つの極限
4人でやれば質にして4倍以上のことができる ← これも極限

後者では、質を量(追尾成功距離)におきかえることができた。
質を上げられる余地があれば、多数の一斉投入で生産性アップww

33: 2019/03/11(月) 23:58:52.28 ID:KR+LImmE
ブルックスの法則知らんのか

34: 2019/03/12(火) 00:31:48.12 ID:DPHvbO8P
平均的な動きになるだけじゃないの?
ノイズは減るだろう。

37: 2019/03/12(火) 01:19:45.36 ID:mZrrO0l5
ITは一人で全部やるのが一番確実で正確で間違いなくて速い

42: 2019/03/12(火) 08:22:30.72 ID:vSmPmbMm
二人でじゃんけんをすればすぐに終わるけど、十人でやったときにはいつ終わるのかと
思えるほどパフォーマンスが低下したぞ