1: 2019/01/30(水) 14:19:35.07 ID:CAP_USER
人類はおよそ1万~2万年前に農作を始めたといわれていて、一説によると現在のイスラエルからイランにかけた中東がその起源地とされています。そんなイランにいくつも存在していて、近代化される以前の農業を支える重要な施設だったといわれる「ハトの塔」を、海外メディアのNo Tech Magazineが紹介しています。

Pigeon Towers: A Low-tech Alternative to Synthetic Fertilizers
https://www.notechmagazine.com/2016/10/pigeon-towers-a-low-tech-alternative-to-synthetic-fertilizers.html

現代科学では、農作物の生産性を上げるために窒素・リン酸・カリウムが肥料の三要素として重要な存在であることがわかっています。特に、空気中の水素と窒素から化学肥料を作り出すことができるハーバー・ボッシュ法は「水と石炭と空気からパンを作る方法」と呼ばれ、近代以降の農業を大きく変えたといわれています。

しかし、化学肥料が当たり前になる以前は主に有機質肥料が用いられていました。とりわけリン酸を含む有機質肥料には、人や牛、鶏の糞(ふん)が利用されます。イランやエジプトに見られるハトの塔は、肥料を作るためにハトの糞を効率よく集めるための設備でした。

ハトの塔は高さ10~15メートルほど。基本設計はシンプルで、泥レンガで作られた柱で囲まれた中空の円筒の形状をとっています。柱には無数の巣穴が設けられていて、塔によっては最大1万羽まで収容することが可能です。ハトが塔に出入りするための穴は最上部に1つだけになっていて、これはハトの天敵であるヘビが侵入しないようにするための工夫だそうです。

続きはソースで

https://i.gzn.jp/img/2019/01/29/pigeon-towers/00.jpg

https://gigazine.net/news/20190129-pigeon-towers/
ダウンロード (9)


引用元: 【有機肥料】1万羽もハトが住み着く巨大な「ハトの塔」は人類の農業を何千年も支えていた[01/29]

スポンサーリンク
4: 2019/01/30(水) 14:28:52.85 ID:MEZVZ8Xp
鳩の糞はクリプトコックス症の素

6: 2019/01/30(水) 14:40:58.79 ID:8Ll6et7m
>>4
それはほとんどデマレベルの話だ
被害者がいるなら言ってみろよ

33: 2019/01/30(水) 18:48:01.25 ID:614htTJ0
>>6
>それはほとんどデマレベルの話だ
野鳥は、すべて伝搬者となり得るが、キジバト、デンショバト、
ドバト等の糞からの分離令が圧倒的に多く、主要な保菌動物は
ハトと考えて良い。
「ヒトへの感染が危惧される鳥の感染症」(2005)

36: 2019/01/30(水) 20:27:46.53 ID:Z/GjYoFA
>>33
だね。
死亡率は12%だってさ。
日和見感染だから健常者にとってはほぼ心配ないけど、HIV感染者にとっては死活問題。
アメリカだとクリプトコッカス感染者のほとんどがHIV感染者。

40: 2019/01/30(水) 23:05:13.20 ID:614htTJ0
>>33
「ヒトへの感染が危惧される鳥の感染症」(2005)
鶏病研究会報40巻・ 4号, p.195-212
(独)農業・食品産業技術総合研究機構動物衛生研究所

42: 2019/01/31(木) 01:50:53.79 ID:cGexp6sI
>>40
地域差もあるんだよな。
熱帯~亜熱帯だとコウモリが主要な伝播源。
それ以外だと鳥類が多くて、特に人口密集地だとハト。
熱帯のコウモリの数知ったら納得だわな。群れで飛んでる映像がムクドリかユスリカの
群れにしか見えないw

http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/eiken/idsc/disease/cryptococcosis1.html
横浜市衛生研究所 クリプトコッカス症について
ここでCryptococcus neoformansについてはハトだけにしか言及してないのは
横浜だからだろうね。

まあ鶴見に住んでた頃はちょくちょくコウモリ見たけどw

14: 2019/01/30(水) 15:08:13.67 ID:OhI+o1Bc
島全体がそんな状態で凄く利益を得ていて国民も恩恵を受けていたが、枯渇したら極貧になった国があったな

19: 2019/01/30(水) 15:42:43.99 ID:pC2e8K/v
>>14
戦前の小笠原諸島とか離島もそんな感じだった
らしいね

16: 2019/01/30(水) 15:29:42.66 ID:/9NJO+TD
ドバトの2%がサルモネラ菌を持っているとか云々

20: 2019/01/30(水) 15:54:31.30 ID:7ECc/zNW
>>1
もう虫がどんどん減っていて受粉できないから植物が激減する
農業もできなくなり食料不足で人類は滅亡する

21: 2019/01/30(水) 16:01:20.89 ID:P+9lfoMW
鳩は軍事物資。
軍事強国は、国内で鳩を大量に飼育。

え?鳩は平和の象徴だって?

プ。

31: 2019/01/30(水) 17:49:32.76 ID:FYw6tke/
>>21
平和を勝ち取る為に戦うんだろう

22: 2019/01/30(水) 16:02:04.84 ID:P+9lfoMW
古代、鳩の糞は爆薬の原料。

23: 2019/01/30(水) 16:11:41.72 ID:g9U4Y/dG
欧州でも日本でも硝石を産しない多雨地域では
家畜や人間の糞尿の発酵から硝酸塩を得てたわけで

27: 2019/01/30(水) 16:21:02.28 ID:O9MmROK6
>>23
オシッコで爆薬作ったんだよな。

28: 2019/01/30(水) 16:23:07.73 ID:tXI2ELgE
鳥インフルやばそう

30: 2019/01/30(水) 17:20:52.60 ID:wYRmdL9r
>>28
豚と渡り鳥と人間が混じらなければ大したことはない
イランの鳩と北極圏の渡り鳥が同居するシチュエーションはないだろうし
間接的な接触もどれだけあるか

34: 2019/01/30(水) 19:12:59.55 ID:fCOPhk+g
伝書鳩はドバト
ドバトはカワラバト

その辺から分かっとらんレベル

42: 2019/01/31(木) 01:50:53.79 ID:cGexp6sI
>>40
地域差もあるんだよな。
熱帯~亜熱帯だとコウモリが主要な伝播源。
それ以外だと鳥類が多くて、特に人口密集地だとハト。
熱帯のコウモリの数知ったら納得だわな。群れで飛んでる映像がムクドリかユスリカの
群れにしか見えないw

http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/eiken/idsc/disease/cryptococcosis1.html
横浜市衛生研究所 クリプトコッカス症について
ここでCryptococcus neoformansについてはハトだけにしか言及してないのは
横浜だからだろうね。

まあ鶴見に住んでた頃はちょくちょくコウモリ見たけどw

38: 2019/01/30(水) 21:30:49.96 ID:XmWywVCG
>>1
すごい臭いだったろうなあ
面白いしなんか異国情緒あふれる建物だけど

45: 2019/01/31(木) 22:05:06.49 ID:5s/MoAwu
目が怖い

47: 2019/02/01(金) 09:25:24.64 ID:DcnZTlrP
人類の発明かすごいな