1: 2019/03/18(月) 15:46:31.80 ID:CAP_USER
麻酔があるおかげで私たちは無意識の中で痛みを感じることなく外科手術を受けることができます。しかし、手術を受けた人の中には、手術中に目が覚めてしまい、「耐えがたい苦痛の中でどうすることもできない」という体験をした人もいることが判明しました。

This is what it’s like waking up during surgery | Mosaic
https://mosaicscience.com/story/anaesthesia-anesthesia-awake-awareness-surgery-operation-or-paralysed/

カナダのマニトバ州に住む55歳のドナ・ペンナー氏は、手術の最終に意識を取り戻した患者の一人。ペンナー氏は「45歳の時に地元の運送会社の会計部門で働いているときに、ひどい生理痛に襲われてかかりつけ医に相談したら、原因を見つけるために外科手術をすることになりました。ごく簡単な手術のはずでしたが、私は外科医が腹部を切った時に意識が覚めたのです。でも、麻酔が効いていたので誰かにそれを伝えることができませんでした。私が凍り付いたみたいに手術台に寝ている間もずっと手術は続けられたので、私は死を覚悟しなければなりませんでした」と語っています。

手術から10年が経った現在でもペンナー氏は毎晩悪夢にうなされ続けていて、仕事も辞めざるを得なかったとのこと。ベンナー氏の例は極端ですが、最新の調査で全体の約5%の人が手術を受けている最中に目を覚ましている可能性があることが分かってきています。しかし、手術中に意識を取り戻しても、麻酔の影響で大半の人は何が起こったかを後から思い出すことができません。ロンドンのセントジョージ病院に勤めるピーター・オドール医師は、「全身麻酔が頻繁に使われていることを考えると問題は重大です。今でも世界のどこかで手術中に目を覚ましている人がいるかもしれません」と述べています。

長い歴史において麻酔が効くメカニズムは多くが謎に包まれていました。ヒポクラテスの時代から、医師たちは治療中の患者の苦痛を和らげる方法を探し求めてきました。医師らはアルコールやアヘン、さらにはドクニンジンから採取した毒液などを使っていましたが、これらは鎮静剤としては多少の効果はあるものの、ほとんどの患者は拷問のような苦痛からは逃れられませんでした。

1840年代に入ると、科学者が鎮静作用を持つガスを発見しました。ボストンで歯科医を営んでいたウィリアム・モートン氏はジエチルエーテルに注目し、1846年にマサチューセッツ総合病院で公開デモを実施しました。そのデモでは、「話すことはできるものの、理路整然とした思考はできず、痛みをほとんど感じない」という患者の様子が示されたとのこと。このデモのニュースは瞬く間に医学界に広がり、麻酔時代の幕開けとなりました。さらに、クロロホルムなどのより効果的な麻酔薬が発見され、手術中の苦痛は過去の遺物だと言われるようにまでなりました。

今日の麻酔科医は幅広い種類の鎮痛剤や意識を低下させる薬の中から、手術や患者の容体に最適なものを選んで使用しています。麻酔の多くはいわゆる局所麻酔で、意識を失わせることなく体の一部から感覚を除去するために使われています。局所麻酔には脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔があり、どちらも脊椎に作用するもので、一般的な用途は膀胱や股関節などの手術や出産です。場合によっては鎮静剤を与えられることもあります。これは、患者をリラックスさせ、眠気を催しますが、完全に意識を喪失するわけではありません。これとは対照的に全身麻酔は意識を失わせることを目的としており、麻酔が効いている最中の患者は昏睡状態に陥っていて、その間の記憶もありません。

ウィスコンシン大学マディソン校の麻酔科医であるロバート・サンダース医師によると、麻酔薬がなぜ私たちの意識を弱めるのかは、正確にはわかっていないそうです。人の脳内では神経伝達物質と呼ばれるさまざまな脳内化学物質がニューロンの活動、特に、異なる脳領域間の広範囲のコミュニケーションを活性化させたり抑制したりします。麻酔薬はこの神経化学物質の働きを阻害していると考えられているとのこと。 
例えば「プロポフォール」と呼ばれる全身麻酔薬では抑制作用を持つ神経伝達物質である「GABA」の効果を増幅する作用があります。サンダース医師が実施した脳波測定を用いた実験によると、プロポフォールを投与された被験者は、外部からの刺激に対して反応し、脳全体を活性化させる働きが抑制されていたとのこと。このため、サンダース医師は麻酔が脳内の情報伝達を妨げている可能性が非常に高いと結論づけました。

医療の現場ではさらに事情が複雑です。例えば、麻酔科医は一時的な昏睡を誘発する麻酔薬と、さらにそれを維持する別の麻酔薬を使う必要があるかもしれません。また、患者の年齢や体重、服用しているほかの薬など多くの要素を考慮し、手術のために必要な筋弛緩剤を麻酔深度とは独立して調節できる、神経筋遮断薬や筋弛緩剤が使われることもあります。神経筋遮断薬を使用してのどにある気道を確保することで、患者に酸素や薬剤を与えるためのチューブを挿入しやすくできます。

続きはソースで
ダウンロード (2)


引用元: 【麻酔】20人に1人は手術中に目覚めている可能性アリ、忘れているだけで耐えがたい痛みを感じるケースも

スポンサーリンク
6: 2019/03/18(月) 15:49:50.38 ID:Bvg6mr7A
そうなったら脳波とか心拍数がヤバいことなってすぐわかりそうだけど

19: 2019/03/18(月) 16:45:43.08 ID:zvlZH20U
>>6
麻酔中の脳波モニタリングは術中覚醒を防ぐ為に行われるけど
そういうときは脳波を麻酔の効きを示す基準にしてしまう
つまり、脳波が麻酔が効いている状態になるまで麻酔濃度上げちゃう
なのでもし意識があったとしても、
脳波は麻酔が効いてることになってるので脳波じゃ分からない

心拍数は麻酔中には必ずモニタリングされてるが
麻酔で交感神経抑制されちゃうから意識があっても心拍数は増えにくい
また、切開して血が出る→血圧が下がる→心拍数が増えるという
圧受容体反射があるので、それに紛れてしまう可能性も

44: 2019/03/18(月) 18:44:26.87 ID:pGEW5LDH
>>6
自分もそう思う
手術中目が覚めたとか実は麻酔による妄想、明晰夢じゃないか?
手術中の記録と記憶一致したのかな?

113: 2019/03/20(水) 07:09:10.00 ID:5R7C4kzk
>>6
麻酔が浅いと反応でるからすぐに追加するよ
医者もアホじゃないんです
患者が意識混濁で悪夢見ただけでしょ

8: 2019/03/18(月) 15:50:39.17 ID:1jUna7E1
なぜ麻酔薬と呼ばれる薬品が、どう作用して、効果が出てるのか
解ってないんだよね

9: 2019/03/18(月) 15:51:40.85 ID:i9cQeZEV
ワイも最後聞こえたのは執刀医の「しまった」ってつぶやきだったよw

12: 2019/03/18(月) 16:08:15.62 ID:bvLWEb48
>>9
成仏しろ。

115: 2019/03/20(水) 11:39:25.94 ID:OCFlRSeM
>>9
最後じゃなくて、「最期」と書けばわかりやすかったな

14: 2019/03/18(月) 16:21:57.78 ID:dKi67M1w
実は途中で起きた患者を気絶させる用のハンマーが常設されている

15: 2019/03/18(月) 16:25:34.75 ID:y3d9MOFE
どんな痛みもたぶん痛風の痛さよりはマシ(笑)

17: 2019/03/18(月) 16:28:35.35 ID:yNExr391
>>15
線維筋痛症患者だが、多くの人がすさまじい激痛だという尿路結石になった時、
「へぇ、この程度の痛さなら別に平気だな」
ぐらいにしか感じなかった。
日常感じている線維筋痛症の圧痛点の疼痛の方がはるかにつらい。

124: 2019/03/22(金) 03:01:10.81 ID:Y8RV1m1h
>>17
cbd舐めれば良くなるよ

125: 2019/03/22(金) 16:06:21.27 ID:TrfV/xWr

126: 2019/03/22(金) 20:51:45.26 ID:Ihbr/I5o
>>125
そんなのあるんだね
でも慢性痛には効く、俺も膠原病だけどドラッグフリーだ
Koiかヘンプドリックスが一番安くていいよ
舐めるなら

20: 2019/03/18(月) 16:54:09.74 ID:Qz42GYXM
>>1
忘れてるんだったらいいんじゃねーのw

いろいろと苦痛なこと多いんで、
親しらずや胃カメラも全身麻酔で寝ている間にやってもらったが、
胃カメラのときに、やった場所と起きた場所が違ったんで
「あれ、誰か移動させてくれたんすね(重かったでしょ)」って聞いたら
「自分で立ち上がって移動しましたよ」と返されてビビったなw

これだから酒で記憶失うとかそーゆーことを自分からやるやつの気がしれないんだよね

21: 2019/03/18(月) 17:06:40.70 ID:Xh9BqXn7
8時間の手術中に目覚めて激痛が走り、
あまりの痛みに腕に力を入れたら腕全体の血管が破裂して紫色になった。

23: 2019/03/18(月) 17:15:42.31 ID:0rhXsEop
まあしゃあないよな
全身麻酔のメカニズム自体が今でもいまいちよく解ってないんだろ

24: 2019/03/18(月) 17:16:45.48 ID:FzVx7JqT
子供の時
年齢に比して体格が良すぎて
途中で麻酔が切れて
そのまま手術続行されたよ

骨折した鼻の手術だったけど
恐怖と痛みで何時間か泣いたらしい
自分の記憶は定かではない

25: 2019/03/18(月) 17:18:48.52 ID:VArMbSGN
麻酔に意識的に抵抗しようとすると効きが浅くなるから
鬱や糖質の電気ショック療法でもきっちり覚えてたりする

26: 2019/03/18(月) 17:26:24.65 ID:2JQbPilP
自分も一瞬だけ目が覚めたけどすぐに寝たし痛みとか感じなかったわ

28: 2019/03/18(月) 17:38:58.39 ID:SqE2570g
目が覚めても伝達が阻害されてたら痛くないだろ

29: 2019/03/18(月) 17:41:41.54 ID:0ron+Qxa
単に夢見てただけじゃね
そもそも20人に1人とか居るなら知ってる奴に経験者がいるはずだし

30: 2019/03/18(月) 17:42:22.84 ID:/2fVUDDL
この前テレビでやってたけど、
出川の胃カメラがこんな感じだったな。
やってる途中は苦しそうに何かを訴えかけてたが、
終わったあとには何も覚えてないって言ってた。

38: 2019/03/18(月) 18:19:47.75 ID:xFVte35s
>>30
それは一般ピープルがよく勘違いするやつだけど
全身麻酔とは違う

31: 2019/03/18(月) 17:54:34.99 ID:1z+V0iOJ
例えばよく言われる金縛り状態の時に
外部から体に刺激を与えても
痛みを感じるの?自分で自分の体を動かせないのに?

32: 2019/03/18(月) 17:55:41.45 ID:1z+V0iOJ
夢の中で刺された時、
痛みさえも
想像できるのかな?
起きた直後に心臓ばくばくならあるけど。

80: 2019/03/19(火) 00:22:26.81 ID:uwkiOMPm
>>32
子供の頃、足に鉄パイプを刺される夢を見て痛かった
起きても痛みがあった
これ以上いったら死ぬ夢を見て今のところ死ぬ直前に起きてるけど起きれなかったらどうなるんだろう
本当に死ぬのかもしれない

33: 2019/03/18(月) 18:02:02.69 ID:TgFDdWet
生理痛で適当に腹割くわけないだろ

35: 2019/03/18(月) 18:06:18.88 ID:yNExr391
>>33
重症の子宮内膜症の可能性がある場合はあり得る。

34: 2019/03/18(月) 18:03:21.48 ID:eqETw9GN
俺は盲腸で背骨と腹の麻酔が効いてなくてメス入れた時に叫んだ。
それ以来その病院はオペ始める前にピンセットで患部を詰まんで確認してからやる様になった。

37: 2019/03/18(月) 18:19:46.51 ID:ye8K4wQv
執刀医「あっ!」
患者「えっ?」
(目が合う)
執刀医「えっ?」
患者「えっ…」