1: 2019/03/10(日) 12:23:53.57 ID:CAP_USER
中米グアテマラ北部の辺境で、古代マヤ時代の大規模な要塞跡が発見された。高さ6メートルの壁や監視塔、ほかにも長年にわたって大きな戦争が行われてきた証拠が見つかっている。マヤ文明に対する従来のイメージを覆す発見だ。(参考記事:「知ってるようで知らないマヤ文明」)
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030700146/ph_thumb.jpg

 この要塞跡は、「ラ・クエルナビラ」と呼ばれている。マヤの都市、エル・ソツとティカルの間にある険しい尾根の上に建てられ、厳重に防備を固めている。蓄えられた丸い石も見つかっており、兵士が投石器に入れて使う武器だったとみられる。

 この地域でこれほど大掛かりな要塞が見つかるのは初めてで、「もしかしたら南北米大陸の古代遺跡を見わたしても」初めての発見ではないかと、米ブラウン大学でマヤ文明を研究する考古学者スティーブン・ヒューストン氏は話す。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030700146/map2.jpg

 明らかに戦争のために造られたクエルナビラの砦(とりで)や、新たに確認された構造物からは、戦争が大規模で組織的だったこと、この古代文明が栄えた時代の大半において、戦いが生活の一部だったことがわかる。

「意外でした」とヒューストン氏は言う。「私たちはマヤの戦いをロマンチックに考える傾向があったからです。ほとんどが文明の末期に集中し、儀式化されていたと。しかし、いま目にしている要塞は、何世紀にもわたる激しい戦いを物語っています。支配者たちは防衛に関する心配が尽きなかったため、こうした山上の要塞に力を入れる必要を感じたのです。この風景から、彼らの恐怖感がはっきり感じ取れると言ってもいいほどです」

■空からのレーザー調査が手掛かりに

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030700146/map1.jpg
 今回の発見の手掛かりになったのは、レーザー画像だった。グアテマラ北部のマヤ生物圏保護区で、2100平方キロもの広い範囲を調査する「PACUNAMライダー・イニシアチブ」の成果だ。ライダー(LiDAR)技術を使えば、上空からレーザーを当てることで密林に隠された地形を描き出し、長らく埋もれていた古代文明の遺跡を浮かび上がらせることができる。見つかった遺跡は、マヤの専門家たちが考えていたよりもずっと複雑で、互いのつながりも密接だった。(参考記事:「謎の古代文明の遺跡を中米で複数発見、マヤとは別」)

 新たな宝の地図を手に、専門家らのチームは昨年1年間かけてジャングルを歩き回り、最も有望な十数カ所で実地調査を試みた。「大きな遺跡の上を、気づかずに歩いていることだってあり得ます」。

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/030700146/
ダウンロード


引用元: 【考古学】古代マヤ文明の要塞を発見、従来のイメージ覆す 意外な発見、「戦争は生活の一部だった」[03/09]

スポンサーリンク
2: 2019/03/10(日) 12:32:26.63 ID:a8FOYvDd
現代とそうかわりないかもな
なぜこの地域は残虐感があるのか

20: 2019/03/10(日) 13:51:01.09 ID:WfK6SB5K
>>2
残虐感ってなんだ

3: 2019/03/10(日) 12:33:36.40 ID:rbVIW2Ri
アフリカの部族では、現在でも、成人男子の死因の第一は部族間闘争による戦死だ。

6: 2019/03/10(日) 12:47:21.27 ID:2u+2SGsx
アポクリプス、アマプラで見たけど、いきなり
村襲って、男どもを捕まえ、女子供老人は皆◯し、太陽神の生贄に連れてこられて、心臓を抉り出され首斬られ捨てられ、生き残りは槍の練習の的にされてて酷いなと思ったな、たしかスペインのピサロあたりが攻め滅ぼしたのかな?

21: 2019/03/10(日) 13:55:59.11 ID:Ql24K2g9
>>6
人間ってサイコパスがデフォルトなのかな

7: 2019/03/10(日) 12:49:43.25 ID:uGLGtxQo
先住民マヤは北から侵入してくるいわゆるインディオに長年悩まされてきた
ローマがガリアに悩まされたように
キリスト世界がイスラムに悩まされたように
中華がモンゴルに悩まされたように
戦いは果てしなく続いた。。。
そんなマヤに現れたのが、、、、

42: 2019/03/10(日) 17:11:56.51 ID:272kvl4i
>>7
マヤの西ってアステカでアステカにボコられて衰退したのもあるだろう。

マヤは南の方が盛んだったのが気候変化の影響か、どんどん北に移ってきて、元々いた連中と死闘を繰り広げたらしいね。

遺跡を見る限り、かなり本気で◯しあってる。

8: 2019/03/10(日) 12:50:57.74 ID:A7CBGAom
ラス・カサス 「インディアスの破壊に関する簡潔な報告」、キリスト=虐◯の真実です。数百万のマヤ人虐◯の顛末に比べれば平和な時代でありました。

10: 2019/03/10(日) 13:00:34.56 ID:Nhw0FxxD
おいおい、今ではマヤ文字がほぼ解読されていて、大量に残されているマヤ碑文から
戦争の記録がうじゃうじゃ出てきているんだぞ。

そもそも、10世紀に衰退した古典マヤ期って典型的な都市国家文明の時代。
都市国家文明ってだいたい世界中のどこでも戦争ばっかりやってるだろ。

ポリス時代の古典古代ギリシア文明がそうだし、春秋戦国時代の中国がそう。

39: 2019/03/10(日) 16:42:30.78 ID:TYwJdGhy
>>10
命有る処に争いありか、動物なら生存競争、人間なら戦争か、生き物とは業が深いな

12: 2019/03/10(日) 13:04:39.15 ID:Brcy+NHp
なろう系も基本、戦争は生活の一部だよね。
あいつら戦ってばっかり

13: 2019/03/10(日) 13:07:01.79 ID:/jqv/QXK
白人が来る前の南米が平和な楽園だったと考えるのはそれこそ差別。
どの民族も基本的にやることは他と変わりない。

23: 2019/03/10(日) 13:57:19.24 ID:MR62GByO
>>13
先に死ねば良い奴認定と同じ
滅んだ文明は良い文明認定

14: 2019/03/10(日) 13:08:31.23 ID:QHzdIhhW
>>1
戦闘民族マヤ人?

15: 2019/03/10(日) 13:15:30.02 ID:nanqpODx
戦争が生活の一部だったってそりゃそうだろう。
スタイルが変わっただけで今も昔も何ら変わってない。

16: 2019/03/10(日) 13:18:19.33 ID:rbVIW2Ri
日本も同じ。
大和朝廷の成立も残虐な◯戮によって行われた。
ただ出雲王国だけが、最後には従順に降伏しただけ。

24: 2019/03/10(日) 13:58:54.20 ID:Nhw0FxxD
>>16
日本列島で◯戮が深刻だったのは弥生時代。

そういう相互◯戮をやめて国々で助け合おうと盟主を共立したのが大和朝廷の
前身のヤマト政権の由来。

弥生時代ってのも、マヤ古典期と同じ、環濠集落が互いに戦争しあっていた、
都市国家的な時代なんだよな。

17: 2019/03/10(日) 13:32:44.94 ID:9fi+ETt4
いずれにせよメキシコ全土にピラミッドがあって交通手段の乏しい時代にどうやって
支配していたのか、国王がいたのか帝国であったのか、タイ北部全土に展開していた謎の文明と共に
解明されるといいな

20: 2019/03/10(日) 13:51:01.09 ID:WfK6SB5K
>>17
タイ北部全土ってなんだw
全土なのか北部限定なのか

22: 2019/03/10(日) 13:56:55.08 ID:Nhw0FxxD
>>17
上にも書いたけど、今ではマヤ文字が解読されているから、碑文の内容で当時の社会の
様相がかなりわかってきている。

都市国家ごとに君臨していた王たちの名前や系譜だって判明している。

73: 2019/03/19(火) 10:53:02.22 ID:O4CmDt18
>>22
今は誰も使ってない、失われた言語の文字って発音の仕方解るのかな?それが発声音と一致しているという仮定においてだが

25: 2019/03/10(日) 14:00:19.99 ID:rbVIW2Ri
今では平和的で文化的な印象をもたせる天皇一族ではあるが、成立時点では
猛々しく狡猾な人々であったことは、古事記を読んでも判る。

自己正当化を意図した古事記ですらそうなのだから、現実には相当残虐な
侵略、掃討をしたであろう。

32: 2019/03/10(日) 15:28:40.61 ID:rbVIW2Ri
>>25つづき
大和朝廷は、第二次大戦のアメリカ軍みたい。

日本を占領するまでは原爆、空襲など残虐を尽くしたが、一旦占領したら
慈父のごとく振る舞い、日本人自身が「マッカー様」と天皇のように敬った。
まさに歴史は繰り返す。

27: 2019/03/10(日) 14:26:58.03 ID:tKiGotND
ふふふ、グアテマラのティカルの4号神殿に登ってジャングルからニョキニョキと
顔を出すいろいろなピラミッド型の神殿を見てきちゃった。
スター・ウォーズで反乱軍基地のシーンで使われた所。

29: 2019/03/10(日) 14:31:01.53 ID:Nhw0FxxD
>>27
いいなぁ。

観光でマヤの遺跡に行って、建っている碑文をすらすら読んで見せたらさぞかっこいいんだろうな。
語学力的に私には無理だが。

28: 2019/03/10(日) 14:29:37.95 ID:3+UFzSqF
人間には救いが無いな・・・

もうAIが滅ぼしていいわ

31: 2019/03/10(日) 15:24:37.28 ID:61Y468A8
ユカタン半島の石灰岩の上の文明だから
水を巡る争いかな。農耕=戦争か。

35: 2019/03/10(日) 16:12:50.72 ID:VSmNoFNB
> 今ではマヤ文字が解読されているから、碑文の内容で当時の社会の

こういうのって、欧州と文明の交流がなくても自然発生するものなの?
だとしたら文明進化の必然法則みたいでなんかすごい

36: 2019/03/10(日) 16:19:48.32 ID:Nhw0FxxD
>>35
ほぼ、メソアメリカ文明内からの自然発生。

こういう古代文字体系ってのは、実はエジプトのヒエ◯グリフとかメソポタミアの楔形文字、
今話題になっているマヤ文字なんかに共通した法則性があって、
それが「表語文字」と「表音文字」の混ぜ書き体系である事が非常に多い。
それが見破られるまでは、解読研究が文字の形からの神秘主義的な解釈で迷走を繰り返したんだが、
今ではかなりの部分が読み下せるようになっている。

実は、こういう古代文字体系に非常によく似た文字体系が現代社会でも命脈を保っている。
もちろんそれは、日本における漢字かな交じり文の体系だね。

37: 2019/03/10(日) 16:25:56.04 ID:kBDiqxpl
戦争の根本には人口増加と食糧不足の問題がある
食料の供給が不安定な地域では戦争が絶えない