1: 2019/02/27(水) 14:54:16.79 ID:CAP_USER
日本の食卓に欠かせないサケの漁獲が激減している。
すしネタなどで人気の、サケの卵、イクラも、10年で5割ほど価格が上昇。日本が頼ってきたサケの「ふ化放流事業」が行き詰まりを見せている。
こうしたなか、サケの繁殖に関する新たな事実が明らかになった。漁獲量回復の切り札となれるのか。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190225/K10011825001_1902251147_1902251314_01_02.jpg

(中略)

■“常識外れ”の発見


なにか、漁獲を増やす手だてはないか?

国の研究機関がことし1月、最新の技術を使った調査結果をまとめた。調べたのは、放流された稚魚と、捕獲を逃れて自然に生まれ育った稚魚が川に戻ってくる割合の違いだ。
自然の稚魚は、体重が0.4から0.5グラムほどと、人工ふ化でエサを与えられて育てられた稚魚に比べて、体の大きさが半分ほどしかない。このため、たとえ海に下っても、十分に泳げなかったり、天敵に食べられてしまったりすると考えられてきた。しかし、調査は“常識外れ”の結果をもたらした。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190225/K10011825001_1902251237_1902251314_01_09.jpg

自然に生まれ育った稚魚が川に戻る確率が0.22%から0.86%だったのに対して、放流したものは0.17%から1.29%。
ほぼ同じ割合で川に戻ってきていたことが分かった。
さらに、調査した5年のうち3年で、むしろ「自然のもの」が上回った。
水産研究・教育機構の森田健太郎主任研究員は「自然生まれの稚魚は見た目がすごく小さいので、本当にちゃんと帰ってくるのか疑問だったが、統計的には違いはないんだ、とわかって、『そうだったのか』と改めて実感した」と言う。

■新事実の背景に新技術

耳石の顕微鏡写真
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190225/K10011825001_1902251237_1902251314_01_11.jpg

なぜ、今になって、こんな事実が明らかになったのか。

そのカギは、「耳石温度標識」と呼ばれる新技術だ。魚の頭には、「耳石」と呼ばれる小さな石のような組織があり、成長する過程で水温が変化すると、木の年輪のように印が刻まれる。
こうした特徴を利用し、ふ化の前後に水温を4度下げると、「耳石」に黒いリングができ、それを「バーコード」のような標識として用いる。

水産研究・教育機構では、北海道の千歳川で平成18年以降、放流される稚魚全てにこの標識を付けていて、自然生まれの稚魚との比較が可能になったのだ。

■ふ化放流に使われないサケの存在

ふ化放流事業は、サケを卵からかえす効果は大きく、自然のサケの4倍ほどの確率でふ化させることができる。

ただ、川で捕獲したサケのうち、ふ化放流事業に使われるのは、実は、およそ半数程度。漁獲が多かった15年ほど前には、およそ4分の3が使われなかったこともある。

ふ化場の水槽など施設にかぎりがあることや、人手不足などが原因だ。こうした、使われないサケを捕獲せずに、自然に任せれば、戻ってくるサケが増加し、漁獲も増えると、専門家は提言する。
森田主任研究員は「放流する数は増やすことができないとしても、稚魚が海に出る数が、最大で5割ほど増やせる可能性があるので、その分、帰ってくるサケの資源量も増えるのではないか」としている。

■北海道では新たな取り組み

サケの漁獲が盛んな北海道では、こうした自然産卵を促す試験的な取り組みが始まっている。

日高地方で、複数のふ化場を運営する日高管内さけ・ます増殖事業協会を訪ねた。
川面が凍るほどの厳しい寒さの中、清水勝専務理事に案内して頂いたのは、日高町を流れる沙流川の中流だ。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190225/K10011825001_1902251333_1902251334_01_15.jpg

続きはソースで

NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190225/k10011825001000.html
images


引用元: 【生物】漁獲激減のサケ 繁殖に新事実 人工孵化の稚魚より自然に生まれた稚魚のほうが川に戻る[02/27]

スポンサーリンク
2: 2019/02/27(水) 15:10:09.11 ID:KTolievY
ようするに無駄なことを税金使ってやってたわけだ

3: 2019/02/27(水) 15:25:45.45 ID:MOXDxumM
1000年先を考えれば無駄な試行錯誤じゃねえよ

4: 2019/02/27(水) 15:27:33.97 ID:XmIcLMJE
そりゃそうだろ
本来自然の営みなんだから

5: 2019/02/27(水) 15:36:18.07 ID:Sz/Yrs/w
これ、かなり前から問題視されていたんだよな。

日本みたいに遡上するすべてのサケを捕獲してしまって、究極的には個体群全体を
人工ふ化によるものに置き換えてしまおうという政策はなんかおかしいんじゃないかと。

人工ふ化もある程度は意味があるけど、アメリカみたいに自然産卵する環境を保全して
そちらでの資源再生産も充実させる側面を併用する方が本当はいいんじゃないかと。

そう昔から一部の研究者からは言われていたんだが、ようやく実証が追い付いた感がある。

25: 2019/02/28(木) 01:55:54.95 ID:72HdFeMw
>>5
母川の成分を嗅ぎ分けて帰還するわけですよね。
そりゃ産まれた時から味知ってる方が判りはいいだろうよと後付けでは思いますわ。

けだし、鮭児を欲しがる勢力には不都合でしょうか。

43: 2019/03/02(土) 11:09:41.32 ID:1X58u/AE
>>5
日本は社会主義国家なので、
魚から人間の繁殖まで人治的にコントロールしようとする
高度成長期に国がメディアのプロパガンダを使って
洗脳した産めよ増やせよ政策みたいに
今の老人世代は戦後の人口を二倍に増やしたセ◯クス猿だった

アメリカは民主主義国家なので、個人の希望を尊重して
好きなようにさせる

45: 2019/03/02(土) 19:25:11.10 ID:vzHeF61j
>>43
別に日本は社会主義ではないぞ
アメリカもニクソンまでは子供二人以上とひっぱってたし補助金もあった

6: 2019/02/27(水) 15:49:04.97 ID:zG5aSFXm
でかいマグロばっかり獲って小さいの逃してたら、でかいのは実は繁殖能力が強くて個体数減ってしまったのと逆かよ

7: 2019/02/27(水) 15:55:30.86 ID:Sz/Yrs/w
>>6
寿命が長くて成熟してから何年も繰り返し繁殖参加して
高齢の大型個体の繁殖貢献度が極端に高い魚と、

一生に一回だけ繁殖して死んでいく魚の違いだね。

マグロなんかまだ3年くらいで繁殖参加するからいいほうで、
タラとかハタ類、チョウザメなんかだと、高齢の大型個体を漁獲することの
個体群再生産へのダメージはもっと大きくなるからね。

9: 2019/02/27(水) 16:18:37.97 ID:aPWjXf+T
鮭釣り、もう一回禁止しろや
あいつらウゼーんだよ

10: 2019/02/27(水) 16:20:33.12 ID:FfbYWm/F
サケと泪と男と女

11: 2019/02/27(水) 16:41:10.77 ID:jvSpNRbq
つまり、海まで出れば生存率はかわらないが、海までたどり着く数を増やすのに孵化事業は必要ということだろ?

12: 2019/02/27(水) 17:06:25.92 ID:oMdXFJ1V
サケが生まれた川に戻るのは、その川の匂いを覚えて
いるからだと聞いたが。 その匂いの大元は、たぶん
川の上流にあるんじゃね? だから、上流でふ化して
そこから流れ下る過程で、川の匂いを十分に覚えるし
弱いのはまずそこでふるいにかけられるとか..そんなことかもね。

13: 2019/02/27(水) 17:18:24.45 ID:uCL7qm6x
北海道の春の川には雪解け水と道路の融雪に使われた塩化カルシウムの成分が混ざってる。
秋に戻ってくるときにこの塩化カルシウムの成分は川に溶け込んでいない。
つまり8月末くらいから川に融雪剤を散布すればサケは戻ってくる。

24: 2019/02/28(木) 01:12:47.08 ID:uFg+HmRD
>>13
塩化カルシウムのせいで
鮭が減ってるって可能性はあるな
高速道路周辺に撒いてるのは全部そのまま川に流れ込んでるからなぁ

17: 2019/02/27(水) 20:57:46.62 ID:/rMIIF5q
やはり天然物には勝てないんですかねえw
所詮は温室育ちかw

18: 2019/02/27(水) 21:12:27.16 ID:AtKcAKCl
奇跡のをつくった人のように研究熱心な人がいればとっくに気づいたようなことを今更だねえ。
今まで困ったことがないほど恵まれていたのか?

20: 2019/02/27(水) 21:43:14.59 ID:dw0bLopi
そらそうだ
鳥が初めて見たのを親と思うのと同じ
人工孵化だったら、研究所がふるさとだと勘違いする

22: 2019/02/28(木) 00:40:24.15 ID:zptTBjQE
>川で捕獲したサケのうち、ふ化放流事業に使われるのは、実は、およそ半数程度。漁獲が多かった15年ほど前には、およそ4分の3が使われなかったこともある。
獲る数を減らすという発想は無かったんだ
何十年もwww
まるでお役所仕事だな
そういえばお役所仕事だったわw

23: 2019/02/28(木) 00:43:42.13 ID:0lj/CMPR
海から川に遡上するサケマス類ってのは、海洋生態系から陸上生態系への
リンのような栄養塩の運搬者という重要な役割があるのが、
北米の研究なんかでわかっていて、

日本のサケマス人工ふ化事業でほとんど全個体採集してしまって自然産卵させないってのは、
そういう栄養塩運搬経路を遮断しているんじゃという批判がだいぶ前からあったな。

26: 2019/02/28(木) 03:18:18.28 ID:TdEpAl8/
あゆもそうか?
>>23 下水処理批判にもなりますね。

28: 2019/02/28(木) 11:46:11.37 ID:0lj/CMPR
>>26
アユは孵化するとすぐに海に下り、幼魚になった段階で河川に遡上して中流域で藻類を食って大きく育つんで、
栄養塩の運搬者としては失格。

サケマスの場合は海で動物プランクトンや小魚を食って大きく育ったやつが河川上流に登ってきて産卵して死ぬ。
この死体をカモメやキツネが引き上げて食うと、その糞尿が森林にばらまかれる。

私自身は、それに加えて岸に打ち上げられた死体で繁殖したハエが森林に散ってクモなどに食べられて落とすリン・窒素の量が
かなり大きいんじゃないかと疑っている。

実際、北海道のサケが自然産卵する河川では、サケの遡上寸前ぐらいからミヤマクロバエが川沿いにたくさん集まってきてるんだよ。

27: 2019/02/28(木) 07:13:25.41 ID:mSGY/7OY
> ふ化の前後に水温を4度下げると、「耳石」に黒いリングができ、

これが悪影響してる可能性は無いの?

29: 2019/02/28(木) 12:08:12.90 ID:M39ZGPCq
ウライ外しても産卵床に適した場所が残ってる河川なんてほとんど無いだろ?

30: 2019/02/28(木) 12:30:19.35 ID:2rUfBan8
俎上できる様に堰堤とかに魚道を整備しろ。
漁民は銛を持って財務省を恫喝して金を出させろ。
財源は日銀の国債引受で十分。
何年かしたら永久無利子国債に置き換えて塩漬けな。

32: 2019/02/28(木) 13:03:47.72 ID:2qLp4/v/
八十年代だったか、鮭が全然いなくなってしまい、それで放流はじめて効果あったんではないのか?信じにくい記事です。

33: 2019/02/28(木) 13:11:02.16 ID:0lj/CMPR
>>32
それは、札幌市内を流れている豊平川の話。
河川の汚染が激しくていったん絶滅したのを河川の浄化と新規放流で復活させた。

普通の河川でも放っておけばサケが絶滅してしまうから放流が必要なんてことは全然ない。
それだったら、歴史が始まる前にサケが絶滅している。

35: 2019/02/28(木) 13:52:15.12 ID:wRK20OK6
ふ化が4倍なら結局4倍じゃん

38: 2019/02/28(木) 16:21:12.91 ID:pe/19wjU
生まれた時の環境がインプリントされてんだろうな

40: 2019/03/01(金) 03:12:15.87 ID:RYmKHKen
小ささが敵に見つかりにくくて逆に有利とかないのかな

41: 2019/03/02(土) 11:01:08.67 ID:7DXCqzQv
>>なにか、漁獲を増やす手だてはないか?
>>国の研究機関が

砂防ダムやめたら?しりとこで、あれのせいで川上れなくてたくさん新殿じゃん

39: 2019/02/28(木) 22:29:21.31 ID:gxg8Eu/c
>>1
ふ化直後の環境が大事なんだな。
過酷な環境に置かれた稚魚は適応力が身につくということ