1: 2019/04/16(火) 22:48:35.11 ID:CAP_USER
太陽から最も近くにある「お隣の恒星」に、2つめの惑星が見つかったかもしれない。この恒星プロキシマ・ケンタウリは小型の赤色矮星で、太陽系からは4.24光年の距離にある。

「プロキシマの周囲を巡っている新たな惑星候補、プロキシマcを紹介します」。イタリア、トリノ天文台のマリオ・ダマッソ氏は、4月12日に開かれた宇宙に関する会議「2019 ブレークスルー・ディスカス」の場でそう発表した。

「これはまだ惑星が存在する可能性に過ぎないことは、とくに強調しておきます」と、ダマッソ氏は言う。

 もしこの惑星が本当に存在するなら、それは地球の少なくとも6倍の質量がある「スーパーアース」で、恒星プロキシマの周囲を1936日で一周している。表面の平均温度は、液体の水が流れるには低すぎるだろう。

■17年分のデータを分析

 プロキシマ・ケンタウリの周囲を巡る最初の惑星が見つかったのは2016年のこと。科学者たちは、プロキシマ・ケンタウリが惑星の重力に引っ張られてふらついている様子を観測することによって、プロキシマbと呼ばれるこの惑星の存在を証明した。

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/041600230/ph_thumb.jpg
https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/041600230/ph_thumb.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/041600230/
ダウンロード


引用元: 【宇宙】太陽系の隣の恒星に新たな惑星発見か、スーパーアース級[04/16]

スポンサーリンク
3: 2019/04/16(火) 23:16:24.25 ID:DobhK0sX
赤色矮星って、
太陽よりもよっぽど細く長い寿命の恒星だって聞いた。コズミックフロントで見た。

4: 2019/04/16(火) 23:17:24.41 ID:ZTUNSBeZ
質量が地球の6倍なら基本海王星型のガス惑星と考えるべきでは。
そもそもプロキシマのような小さな恒星の周りに巨大なスーパーアースは不釣り合いだ。
なぜならそう言う恒星は誕生時周囲に小さなガス円盤しか形成しなかっただろうからだ。

14: 2019/04/17(水) 00:50:54.91 ID:WIhVgik/
>>4
その「小さなガス円盤」でも地球の6倍程度問題ないと思うが。
不釣り合いって個人の感想でそんなはずはない!とかいってんの?

18: 2019/04/17(水) 01:48:00.90 ID:Uetg0XPI
>>4
地球の六倍程度じゃ直径は倍程度しかないよ
普通に考えれば単に地球の大きい奴でしかない

34: 2019/04/17(水) 14:51:29.64 ID:EpPP9g5n
>>4
体積は3乗の効果が効くので、直径は1.8倍程度。

38: 2019/04/17(水) 15:14:01.41 ID:HkKA8yyN
>>34
それに加え、惑星になると重力が働くから大きいほど密度が増える傾向になる
同じ組成物質ならより中が詰まった状態になるからさらに小さくなる

7: 2019/04/17(水) 00:03:15.28 ID:KpwULOaP
ちょっと関係ないけど
電波望遠鏡での惑星の画像ってあまり見かけないよね
光学よりずっと解像度あげられそうなのにね
金星のはとりあえず一枚見つけたけど
もっとあっても良さそうな気がするんだけど

9: 2019/04/17(水) 00:22:48.98 ID:XX5TNU4+
>>7
地球型惑星は電波を出さない。

10: 2019/04/17(水) 00:24:26.02 ID:0LULJMnG
>>7
金星はレーダー画像じゃないの?
小惑星のレーダー画像はいろいろあるけど、木製は電波源だろうが、他の惑星は電波源じゃないから無理じゃない?

16: 2019/04/17(水) 01:35:40.60 ID:KpwULOaP
>>10
木星のがあるかと思ったんだけど
広域のしか見つけられなかった

12: 2019/04/17(水) 00:47:29.42 ID:qBjW8xTS
>>7
金星のは探査機レーダーによるもの。
他、地球に接近する小惑星にはレーダー観測がなされることがある。
いづれにしても電波をぶち当てる必要あるので、近場か探査機が行ける場所だけ。

16: 2019/04/17(水) 01:35:40.60 ID:KpwULOaP
>>12
探査機なの?
アレシボ電波望遠鏡からレーダー波出したとあったけど。
電波当てる方法は結局近場限定なわけね。

28: 2019/04/17(水) 11:30:54.01 ID:4Mz1NRhj
>>7
電波を発しないと意味ないでしょ。
太陽系で唯一電波を出しているのは地球だけ。
それも盗撮画像やらエ◯動画に至るまで・・。
宇宙人が見ていたらなんというかね~~?ww

30: 2019/04/17(水) 11:47:12.33 ID:qBjW8xTS
>>28
大丈夫、そのへんはまだ見られていない。
でも近所の恒星系だとヒトラー演説じゃなくエ◯いのも届いているか汗

42: 2019/04/17(水) 16:21:19.15 ID:euqDHPbl
>>28
木星や土星も強力な電波源やで?

45: 2019/04/17(水) 17:45:20.50 ID:YnrBsjSz
>>28
テラ星系プラネットCの生物は繁殖と繁栄のために惑星規模で性教育を徹底しているようだ。
その理由は彼らが放送している性教育ビデオのビッグデータ解析で明らかになった。
性aには繁殖のための穴が3つαβγがあり、性bには2つαβしかない。しかし複雑なのはどの穴にも必ずbの突起を挿入するが、
穴α→γが60%の動画で見られるのに対し、穴α→βは20%に過ぎず、またα→γ→αは見られるがα→β→αはほぼ見られない。α→γ→βはごくまれにあるがα→β→γは見られない。単性生殖の場合aaでは挿入なし、bbではα→βが使われる。
これは性交が我々のように一つの穴ではなく複数の穴に対して行われ、その順番が重要となることを示唆している。これを間違えると正しい繁殖ができなくなるのだろう。
かような生物学的環境においては性教育こそが種族繁栄の鍵となることは想像に難くない。

11: 2019/04/17(水) 00:46:24.72 ID:rnBSxlzD
7万2000年くらいで辿り着ける場所?

20: 2019/04/17(水) 04:24:09.85 ID:iwcYIzOg
水があって太陽光(恒星光)が当たる環境なら知的生命体は無理でも微生物がいる可能性は高くなるわな

21: 2019/04/17(水) 04:25:02.92 ID:4O/kWfVz
この惑星に降りたったとしたら
重力も地球の6倍になるの?

24: 2019/04/17(水) 06:36:57.04 ID:W2Unokg8
>>21
重力は重心からの距離の二乗に反比例し、質量に比例する。
地球と同じ密度だとしたら、半径は地球の二倍弱になり、
重力も二倍弱ということになる。
けど、たぶん主成分氷で地球よりも密度が低いだろうから、
半径は地球の二倍半くらい、表面重力は地球並みだろう。

ガニメデは月の二倍の質量だけど、
月よりも密度が低いせいで、表面重力は月より やや小さい。

41: 2019/04/17(水) 16:18:01.64 ID:b/OfPuSi
>>24
話それるけど、
氷惑星って地熱がないの?

52: 2019/04/17(水) 20:33:29.25 ID:JQt82MCf
>>41
自然放射能・地磁気効果・重力ポテンシャル等の影響があるので
氷の下に海がある(そして生命圏も存在する)可能性がすでに検討されています。

56: 2019/04/17(水) 22:36:35.94 ID:73r9q4oN
>>24
水星と火星もあれで表面重力だいたい同じなんだよな

57: 2019/04/17(水) 22:56:13.41 ID:XX5TNU4+
>>56
何言ってんだ、
水星の質量は概ね月と同じだから1/6Gだろ
とか思ったら自転周期が月の倍もあって本当に火星と同じくらいだった。

つか、火星の自転周期25時間が早すぎるてのもあるな。

63: 2019/04/18(木) 02:08:29.65 ID:4xEDZQs8
>>57
自転は関係ないと思うしその書き方は誤解を招きそう

66: 2019/04/18(木) 08:08:20.02 ID:ObqOpA9B
>>63
>自転は関係ないと思うし

ん?関係大アリだが?

67: 2019/04/18(木) 10:22:01.49 ID:iEVDVFeI
>>66
厳密にはあるけど大差ない
特に月や水星みたいに超遅い天体は。
月の自転遠心力による見かけの重力軽減は13μm/sec^2、水星で4μm/sec^2。
m/s^2単位の重力に対してあまりに小さい。

火星でも16mm/s^2(重力の0.4%)、地球で33mm/s^2(重力の0.3%)、これでやっと微妙に影響するレベル。火星の自転が速いから重力低いとは言えないレベル。
土星とかになると、結構な影響出るな。表面重力9m/s^2に対し、赤道での遠心力1.8/s^2に達する。

水星の重力が火星並みなのは、火星より平均密度が大きいから。

58: 2019/04/17(水) 23:19:51.25 ID:KpwULOaP
>>56
ホントだ
惑星って質量とか大きさとかでイメージするけど
表面重力でみると驚くな

表面重力だけでみると土星とか地球の1.1倍で
ちょっとトレーニングに最適とかさ
遠い未来には生活出来そうなくらいだ

それに冥王星が月よりも異常に表面重力小さいよね
脱出速度がマッハ1程度だよね 驚き

61: 2019/04/18(木) 00:02:15.48 ID:tR1RipxY
再訂正

>>58
自己訂正
マッハ1は間違えました。単位見間違えました、すいません。
でもライフルによっては初速度が脱出速度越えそう。

25: 2019/04/17(水) 07:18:55.12 ID:Uetg0XPI
地球と組成が似ているなら同じ密度はあり得ないと思う

26: 2019/04/17(水) 07:53:00.46 ID:u3LQOnv8
6倍なら水星のように一度外側が吹っ飛んでるのかな
鉱物資源の宝庫、この前のプリキュアに出てきた星みたいなやつか

27: 2019/04/17(水) 09:38:12.67 ID:8KgBNoGp
ブラックホール観測した手法で赤色矮星観測出来ないの?
惑星も興味あるけど主星も見たい
赤色矮星は穏やかに光ってるイメージだけど
実はプロミネンスが吹き荒れてる危ない星らしいじゃない

29: 2019/04/17(水) 11:39:55.50 ID:ZjW9Tb4F
せめて光速の1/10ぐらいの速さの探査機が作れれば、
40年で現地に到着して、ガンガン撮影して40年で帰ってこれるのだが・・・。

31: 2019/04/17(水) 11:53:28.37 ID:iwcYIzOg
>>29
光速の20%のやつが計画されているよ

光速の20%の速さで飛ぶ小型探査機計画「ブレイクスルー・スターショット」が直面せざるを得ない危険とは?
https://gigazine.net/news/20160825-how-dangerous-breakthrough-starshot/

40: 2019/04/17(水) 15:46:27.35 ID:/jcc5kjD
>>31
往復40年か…

46: 2019/04/17(水) 17:54:46.56 ID:NiXtzqRr
このプロキシマ・ケンタウリはケンタウルス座α星系で、
親って感じのα星A、α星Bは比較的太陽に近い大きさ
惑星を期待したいけど、連星に惑星って影響が有って無理なのかね。

47: 2019/04/17(水) 18:12:42.74 ID:B8aM/t26
>>46
連星系でも普通に見つかってると思うが
連星から惑星が十分離れていれば、連星重心を中心とした安定した軌道を持てる

49: 2019/04/17(水) 18:52:11.93 ID:NiXtzqRr

>>47
書き漏れだけど、ハビタブルゾーンの惑星を期待してるんだよね。
α星A、α星Bも楕円軌道で、2つの恒星間の距離は太陽-土星間(約10au)から
太陽-冥王星間(約40au)まで変動するそうだ。(wikiより)
これより外だと相当離れてないと厳しいし惑星に生物は出来そうにないよね。

連星のどちらの恒星にもハビタブルゾーンに惑星が有り
太陽が2つ有る世界ってのが妄想なんだけどね。
まあ、連星がそこそこ離れてば、有るかもしれないと期待してるけど

48: 2019/04/17(水) 18:35:37.39 ID:CaC94aeZ
そんな星に生物が居たとしても赤色しか見えないぞ。