1: 2019/05/04(土) 23:41:19.62 ID:CAP_USER
ホント? なんて声が聞こえてきそうだ。

 全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の駆虫薬を飲むことで完全回復したというニュースが世界中の注目を集めている。

 英紙「サン」(4月27日付電子版)などによると、この男性はオクラホマ州エドモンドに住むジョー・ティッペンズさん(写真)。

 2016年に小細胞肺がん(SCLC)と診断されて治療を始めたが、17年1月には、がんは胃、首、脾臓、骨など全身に転移し、手の施しようのない状態になった。

 医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。余命は3カ月ほど」と宣告された。

 ジョーさんは「余命を1年まで伸ばせるかもしれない」という実験療法に参加すると同時に、何か奇跡を起こす別の方法はないものか、とあれこれ調べていた。

ある日、母校オクラホマ州立大学のフォーラムをチェックしていたら、「あなたが、もしくは知り合いががんにかかっているなら、連絡してみて」という投稿が目に入った。

 連絡を取ってみると、驚いたことに投稿者は獣医だった。獣医はジョーさんに、次のように説明した。

「偶然、犬の駆虫薬として使われるフェンベンダゾールが、マウスのがん細胞を攻撃した可能性があることが発見されたんです。それでステージ4の脳腫瘍の患者にフェンベンダゾールを処方したところ、6週間も経たないうちに腫瘍が消えてしまったのです」

 この話を聞いたジョーさんは実験療法を続けるとともに、フェンベンダゾールをネットで購入、服用し始めた。価格は1週間分でたったの5ドル(約560円)。

続きはソースで

https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/253/187/3b625c201bcf234d0bfb55038ec9abcc20190503142929618_262_262.jpg

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/253187
ダウンロード (2)


引用元: 【医療】がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?[05/04]

スポンサーリンク
2: 2019/05/04(土) 23:46:41.32 ID:ZrV4pQOb
免疫活性化だろうけど、、、

3: 2019/05/04(土) 23:47:40.09 ID:d+sAgZWG
寄生虫と診断間違えたんだろw

4: 2019/05/04(土) 23:50:03.88 ID:3exCUWI3
死の宣告を受けた人は1%希望にも縋り付く

5: 2019/05/04(土) 23:54:28.76 ID:+JKRYGYl
プラシーボ効果

44: 2019/05/05(日) 08:53:53.63 ID:ZzksoXgk
>>5
恐ろしいな!

7: 2019/05/05(日) 00:05:53.48 ID:acRWpnRH
合う合わないあるからねぇ

22: 2019/05/05(日) 02:23:16.98 ID:aZ7ibyM1
>>7
> 合う合わないあるからねぇ

人間って究極の雑種だから個人個人で遺伝子は千差万別で遺伝的な多様性が極めて大きい
つまり動物種としての人類(ホ◯・サピエンス)は個体差が非常に大きな種だということ

その点、値段の高い血統書付きの犬とか競走馬とか肉の生産量とかで最適化された牛や豚とかでは
同じ品種の中では遺伝子の多様性は極めて乏しい

だからそれら高級な犬とかでは同じ病気には同じ薬がほぼ同じように利いたり利かなかったりするのに対して
人間の場合には、病気に関しても個人差が非常に大きいし薬に対する反応にしても同じく個人差はとても大きい

まあこのニュースの男性は宝くじの1等賞に当たったようなものだな
この人の身体(遺伝子)と病気との組み合わせに対して奇跡的なほどに効果抜群の治療薬に巡り合えたということだよ
このニュースの犬の駆虫薬はこの人のそのガンには神懸かった効果を発揮したのは事実だろうが
それはこの人だけの話、他の人にはたとえ同じ種類のガンでもその駆虫薬が効果を発揮するかはかなり疑わしい

9: 2019/05/05(日) 00:11:01.77 ID:7uIWLpue
日本ですらガンの治療法の研究に100億円以上の予算が組まれてるというのに、、
こんな方法で治ったら世界中の研究者や研究機関がぶっとぶわ。。。

たぶん、握りつぶされると思う。
虫歯治療薬と同じ運命か。

10: 2019/05/05(日) 00:19:26.99 ID:tcqIFjdb
>>9
虫歯治療薬ってあるんだ
正にネットは真実だなあ

11: 2019/05/05(日) 00:25:14.25 ID:y/Mn/28e
>>9
虫歯治療薬についてkwsk

39: 2019/05/05(日) 07:46:39.79 ID:ThCa2yUa
>>11 クロルヘキシジン
厚生省が歯科医師会と組んで虫歯に効く濃度以上で売り出すことをメーカーに禁止している

77: 2019/05/05(日) 13:05:56.53 ID:x2MY/+hV
>>39
外用薬として売ってるがエタノールを混ぜ込んで口腔に使えないようにしてるんだよな

107: 2019/05/05(日) 16:45:26.18 ID:LGpJGWuh
>>39
虫歯が完治するなら世界中で使われてるわ

12: 2019/05/05(日) 00:35:13.42 ID:fUD+d3b0
だから、トカナでスレたてすんな…

違うの?!

33: 2019/05/05(日) 06:39:54.92 ID:sXeIdJZW
>>12
今回マジっぽいけれど

製薬会社がスレ立てを止めて拡散防止工作を必死でしている。
(他の伸びているスレの続きが中々立たない・・・)
ディープステート案件かも。

35: 2019/05/05(日) 07:26:39.57 ID:4tKUHiki
>>33
低酸素の環境下でコハク酸を高濃度に蓄積するという回虫が示す現象が
がんの組織でも起き ていることが明らかになりました。
このコハク酸の蓄積は回虫が特殊な代謝を使ったときにのみ観察され
、がんもこの代謝を用いていることを強く支持する結果 でした。
また、酸素濃度の低い大腸がんの方が、胃がんよりもより多くのコハク酸を蓄積していることが判明しました。
虫下し薬でがん細胞が死滅すること、がん組織と回虫のエネルギーを生産する代謝のパターンが似通っていることから
、がん細胞は、回虫などの寄生虫が酸素の 乏しい環境下で使用する特殊な代謝、
あるいはそれに似通った代謝を使って増殖に必要なエネルギーを生産している可能性を今回の実験で示しました。
一連の研究成果は2009年5月19日、米国がん学会誌Cancer Researchの on-line版に掲載されました。

19: 2019/05/05(日) 01:34:34.47 ID:UcRzBA5d
まあわずかでも治る人いるならいいじゃない

25: 2019/05/05(日) 02:56:18.06 ID:kS0gAu1x
> 医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。余命は3カ月ほど」と宣告された。


>「3カ月前……がんは頭からつま先まで、体中に転移していました。恐ろしい転移で、3カ月以内に100%死ぬという状態でした。

1%回復の見込みか100%死ぬか、記事が矛盾してる
1%なら100人に1人で珍しくはないな

33: 2019/05/05(日) 06:39:54.92 ID:sXeIdJZW
>>25
40人治ったって記事出ていたぞ?
工作するってことは・・・

26: 2019/05/05(日) 04:43:46.74 ID:A12rJBwe
虫下しの薬がある種の古典的抗がん剤と同じ機序を持つというのは知られていて、今回のはそれが犬用だったという話
もちろん世紀の大発見とかではないし、投げっぱなしで詳細はわからない

29: 2019/05/05(日) 06:20:27.64 ID:qaV3VmzH
アマゾンで売ってる奴?

30: 2019/05/05(日) 06:25:47.36 ID:hY2y57Di
ケーシー高峰より面白いニュースだな。

31: 2019/05/05(日) 06:27:29.84 ID:9E6ElQSl
日本でも
慶應がやってるなあ
http://www.iab.keio.ac.jp/news-events/2009/05201536.html

33: 2019/05/05(日) 06:39:54.92 ID:sXeIdJZW
>>31
マジで?、スゲー、慶應・・・

36: 2019/05/05(日) 07:27:05.11 ID:Ed/M3kHX
どうせヨタ記事かと思ったが
>>31の記事読むと、ありえるかもしれないと思えてきた
ガン細胞と寄生虫が同じメカニズムでエネルギーを作り出してるなんておもしろいね

37: 2019/05/05(日) 07:31:08.91 ID:4tKUHiki
フマル酸呼吸


電子伝達系における電子の最終受容体として酸素分子の代わりにフマル酸を使いコハク酸を生成し,
共役する複合体Ⅰの働きによりプロトンの勾配を生じさせATP合成を行う反応.
通常の酸化的リン酸化によるATP合成に比べエネルギー効率は悪いが,無酸素下でATPの合成が可能であるため,
嫌気性微生物や寄生虫,ある種の二枚貝などにおいてはよく知られていたが,

近年さらに哺乳類細胞,特にがん細胞においてもその存在が強く示唆された.

46: 2019/05/05(日) 09:22:39.80 ID:4clk4FPT
なるほど、特定のガンには虫下しは劇的に効くって事だな
自分のガンがそのタイプなのかどうかは判らんし
確率も低そうだかがそれに賭けるのも悪くない
虫下しなら飲んでも対して害が無いし
抗がん剤よりいいかも試練

62: 2019/05/05(日) 11:50:04.96 ID:9E6ElQSl
>>46
患者のコハク酸濃度を調べて
癌との関係を調べるとおもしろいかも

そして虫下し飲んだ時、癌とコハク酸濃度
が変化するか・・

47: 2019/05/05(日) 09:32:19.09 ID:uyRia0qQ
寄生虫の巣を癌と間違えただけだよ。

脳腫瘍の何%もソレだよ。

48: 2019/05/05(日) 09:35:18.33 ID:999o+GWq
首から下は効いたとして、脳腫瘍にも効いたのか?
血液脳関門のせいで脳腫瘍には手術と放射線しか効かないんじゃないの?
知らんけど

49: 2019/05/05(日) 09:41:45.16 ID:MRlASDnQ
癌が増殖した箇所は、膿のような悪臭を伴うと聞くが、皮膚奥の無酸素状態で増殖可能な癌と同じ嫌気性の膿栓はメトロニダゾール(嫌気性抗生物質・人間用)で無臭になってやがて出なくなる。体内原虫も嫌気性で増殖するからこの薬が効く

56: 2019/05/05(日) 10:44:09.82 ID:pae2Cm+c
新しいタイプのガン治療薬だね
ほぼノーリスクで安価に試すことができるし
既存の治療薬と同時にやってもアプローチが違うから害がなさそう
ただ効くタイプと効かないタイプがありそうだよね