1: 2019/03/31(日) 17:00:05.46 ID:CAP_USER
旧日本海軍の軍艦「北上」は、魚雷を片側20本一斉発射可能で、一般的な艦艇の2、3隻ぶんに匹敵する、まさに「重雷装艦」でした。しかも発射するのは秘密兵器「酸素魚雷」。強力な印象がありますが、実際どうだったのでしょうか。

■当たらないならたくさん発射すればいいじゃない

「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」という言葉がありますが、これを魚雷で実際にやろうとしたのが、旧日本海軍の「北上」をはじめとする通称「重雷装艦」です。
https://contents.trafficnews.jp/image/000/027/368/large_190329_kitakami_01.jpg

 太平洋戦争前、日本海軍はアメリカ艦隊に「戦艦同士の艦隊決戦」を挑んで、一気に勝利する戦略を立てていました。しかし、主力となる戦艦戦力はアメリカに劣ります。そこで、決戦前に少しでもアメリカの戦艦を減らしておく方法が研究されます。そのひとつが秘密兵器「九三式魚雷」、すなわち「酸素魚雷」です。砲撃戦が始まる前に遠距離から“雷跡の出ない(後述)”魚雷を打ち込めば、奇襲効果もあり敵を混乱させられます。

 とはいうものの遠距離からの雷撃(魚雷での攻撃のこと)では、命中率は良くありません。それでも雷撃を当てるためには、なるべく多くの魚雷を同時に発射する必要があり、多数の魚雷を扇形に発射する「公算雷撃」という方法が採られます。要は冒頭で触れた「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」です。そこで多数の魚雷発射管を搭載した「重雷装艦」が発想されます。

■ばら撒く魚雷は秘密兵器「酸素魚雷」!

 ところで魚雷といえば、海面に白い航跡(雷跡)を引いて迫る様が映画などで描かれますが、あの白い雷跡の正体は魚雷の排気ガスです。熱走式と呼ばれる魚雷は、燃料と圧縮空気を積んでエンジンを回すので、排気ガスの泡が海面に白い航跡を残します。雷跡を発見されると回避されるかもしれませんし、発射した方向が敵にわかってしまいます。

「酸素魚雷」とは文字通り、圧縮空気の替わりに純酸素を詰め込んだ魚雷です。燃焼効率が良くなって、速力や射程が大きく向上します。また純酸素はエンジンで燃焼すると、排気されるのは二酸化炭素と水分ですので、水に溶けてしまいほとんど排気ガスの泡が出ません。酸素魚雷は高速で長射程、おまけに雷跡を引かないので、発見されにくいという良いことずくめでした。

 しかし、造るのは大変でした。純酸素はとても危険な気体で、不用意に燃料と混ぜればすぐに爆発しました。世界各国で研究されたものの、相次ぐ事故で断念されます。しかし日本は諦めません。いきなり純酸素を燃料と混ぜると爆発しやすいので、苦心の末、普通の空気に純酸素を少しずつ混ぜて純酸素濃度の割合を上げていくという燃焼制御方式を開発し、実用化に成功します。こうして完成したのが「九三式魚雷」です。純酸素の燃焼制御方式は当時、日本海軍の最高軍事機密のひとつで、酸素という言葉すら使わず「特用空気」とか「第二空気」とかよくわからない表現が使われました。

 ともあれ、ばら撒く「魚雷」は用意できています。あとは「重雷装艦」の準備です。
https://contents.trafficnews.jp/image/000/027/369/large_190329_kitakami_02.jpg

https://trafficnews.jp/post/84879 
ダウンロード (3)


引用元: 秘密兵器「酸素魚雷」一斉発射「20発」!? 旧日本海軍の重雷装艦「北上」の一部始終[03/31]

スポンサーリンク
5: 2019/03/31(日) 17:19:15.90 ID:UuQMoe9Q
同型艦と組めば一度に40発の魚雷を敵艦隊に打ち込む事も可能だったかな
サボ島沖開戦やスリガオ海峡あたり、反転で無かったがレイテ湾内船団空母狩り
に投入されたら相当な戦果があった鴨

ただ兵装は良いがタネ船がかなり古い。古いものでも改装で戦力にあると言う見本でもあるだろう
F-35の登場で第一線の任務を解かれるF-4を更に延命工事をやって
後方で長距離ステル対艦艇ミサイルキャリアーにするようなものかな
ドッグファイトなど無いならば機体にかかる負担も少ない。しかし流石に無いかもしれない
言うならF-2だろう。しあkし代替F-3は確実に開発される

30: 2019/03/31(日) 19:29:39.40 ID:5zurrTQa
>>5
レイテだと、そこまで行く前にやられていた可能性が高い。

西村、志摩、栗田のどの艦隊にいても、対空能力の低く、射程の短い重雷装艦は分が悪い。

ガダルカナルは初期は遭遇戦だから、可能性はあるが、打たれ弱いから、水雷戦隊の殴り合いには向かない。

第一次なら戦果を出せかもしれないが、自身も沈んでいた可能性が高い。

135: 2019/04/03(水) 20:53:29.28 ID:wsSPcDLg
>>5
第三次ソロモンのときにはとっくに、魚雷の信管の調整が間違ってて
過敏にしすぎて敵艦に到達する手前で爆発してしまうようになってたから
日本の雷撃は意味がなくなってた

137: 2019/04/04(木) 13:49:34.78 ID:5qPvRuHE
>>135
魚雷の過早暴発は開戦直後から問題になってた

6: 2019/03/31(日) 17:35:57.54 ID:5jgktBl2
魚雷って相当お高いんでしょ?

11: 2019/03/31(日) 17:50:30.84 ID:/ZXLr0wl
>>6
現在の価格に直して、一発2億円ほどと言われてます。正規空母一隻が約1000億円。

魚雷500発で正規空母一隻の値段、と考えれば確かに高いよね。

23: 2019/03/31(日) 18:51:00.70 ID:VCJE6Jxu
>>11

爆弾・魚雷(の量産)ってのの肌感覚がどうもよくわからんのよね。
火薬が250kgとか既に人力では持てないし、出荷試験で爆発することを
試すわけにもいかんし、お馬鹿な人間が関わると工場で爆発しそうだし、
かといって実使用時に爆発しないのもまずいし。

現場でも搬入も零戦に装着も人力なんだよね。250kgもの火薬を目の前にして
それを運んだり持ったりって現代の人間でも慣れればできるんだろうか。
信管なければ爆発しないって、出陣時には最後に信管つけるんだぜ。誰が?

25: 2019/03/31(日) 19:01:20.29 ID:AvbvZJ6M
>>23
全数爆発試験はするわけにいかないから当然不発も多かった
未だに不発弾とか見つかってるし
魚雷は爆薬積まずに推進試験とかして一本一本の特性を記録してたと聞くけれど

現代でも潜水艦は魚雷の上にハンモック吊って寝てるんじゃなかったっけ

49: 2019/03/31(日) 20:30:50.31 ID:+wkINf55
>>23
爆薬は意外と鈍感なんだぜ
TNTなんか廃棄は焼却炉で燃やすだけ
恐いのは信管や雷管の点火薬
鋭敏だから一寸の刺激でハジける

52: 2019/03/31(日) 20:34:42.44 ID:0KvKmRiW
>>49
>爆薬は意外と鈍感なんだぜ

可塑剤を入れて鈍感にしているからな

56: 2019/03/31(日) 20:43:55.97 ID:+wkINf55
>>52
仕事で砲弾の製造のチェックに立ち会ったけど、TNTに可塑剤入れてたっけ
覚えてないや

74: 2019/03/31(日) 22:21:50.33 ID:VCJE6Jxu
>>49
拳銃や日本刀も身近にあっただろうし
いろんな意味で慣れていたのかねぇ。

32: 2019/03/31(日) 19:31:07.34 ID:5zurrTQa
>>11
えらく正規空母安いな。

今ならヘリ空母でも6千億円。
正規空母なら、船で3兆円、飛行機で1兆円だ。

53: 2019/03/31(日) 20:40:08.08 ID:+wkINf55
>>32
大戦中の空母なんて飛行機を除けば平甲板の高速輸送艦だからな
戦艦のように大量の大砲や高角砲や射撃統制装置があるわけじゃないし

57: 2019/03/31(日) 20:45:24.08 ID:0KvKmRiW
>>53
いや、船内は隔壁で細かく仕切られてるし
巡洋艦と同程度の装甲は持ってるし艦砲もあるし
輸送船なんかとは全然違うぞ

確かに輸送船に飛行甲板とエレベーターを増設しただけの空母も存在したけど

64: 2019/03/31(日) 20:57:34.93 ID:+wkINf55
>>57
いやまあ正確に言えばそうだけど言葉の綾だw

9: 2019/03/31(日) 17:48:05.76 ID:j4V3lid5
戦法自体は潜水艦の対艦攻撃で広く使われた

運用は海流と予測進路の計算が出来てはじめて成功した

10: 2019/03/31(日) 17:49:15.96 ID:LOIQuLpG
量子暗号化通信
小型核融合炉
高強度レーザー兵器
飽和攻撃完全防御システム

14: 2019/03/31(日) 17:55:57.33 ID:Ldb4PNEJ
重雷装艦って艦種になるの?軽巡洋艦の雷装強化版じゃなくて

16: 2019/03/31(日) 18:04:44.67 ID:hvZjjMDx
>>14
軽巡、重巡と言うのも時代によって意味が違うし、その他もそうなのでカテゴライズはあまり意味がないですよ

17: 2019/03/31(日) 18:13:36.03 ID:+wkINf55
>>14
艦種は軽巡のままですよ
単に重雷装Ver.です

19: 2019/03/31(日) 18:30:07.43 ID:Mn9imF3M
真珠湾をやっておきながら艦隊決戦思想から脱却できなかった日本海軍
陸も白兵戦至上主義で万歳突撃を繰り返すだけ
兵器の発達とともに戦争の仕方が変わっていくのに対応できなかった日本
自衛隊は現代戦に対応できてるのかねぇ
今も太平洋戦争の戦訓とかいう古い思想に取りつかれてないか不安だ

55: 2019/03/31(日) 20:42:51.53 ID:W+g3oVtp
>>19
今だにこういうコケの生えた後付け解釈を偉そうに言われても…w

59: 2019/03/31(日) 20:50:11.89 ID:UoKd7VE7
>>55
日露戦争で、自分の理論の正しさを証明するために何万人も脚気で◯した森鴎外が今でも崇められている時点でこの国は腐っているよ。

77: 2019/03/31(日) 22:43:03.29 ID:0KvKmRiW
>>59
あれは当時の医学界全体の責任であって森鴎外一人に責任を押し付けるのは不当
仮に森鴎外がビタミン説を唱えたとしても陸軍の食事事情が改善した可能性は全くない
ビタミンの存在は発表はされていたが医学界で確認&承認されていたわけじゃなかった

81: 2019/03/31(日) 23:02:07.59 ID:d2oEXL0i
>>59
森鴎外が権力を持てるようになったのは1907年
既に日露戦争は終わってた
脚気を解決しようと陸軍に働きかけて1908年に臨時脚気病調査会を組織したのは森鴎外
脚気感染病説は森鴎外だけが強固に主張してた訳ではない
森鴎外は脚気の件でよく叩かれるけど
それは森鴎外が単に有名人であっただけの話(どうせ小池とか石黒とか知らんのだろう)で、
森鴎外だけに責任があるのではない
ビタミンの概念がなかったし、銀シャリが素晴らしいとされた時期だっただけ

70: 2019/03/31(日) 21:22:11.48 ID:VvBbN6UK
>>19
米軍の潜水艦に散々な目に遭った戦訓から
現在の海上自衛隊の対潜能力はピカイチで
ございますが、何か。
むしろ、官僚と政治家の方に問題山積みかと。

122: 2019/04/01(月) 18:07:03.04 ID:7Bl5B6T+
>>70
それだよそれ
そういう古い戦訓を金科玉条としちゃうのが心配なの
80年前の戦争の戦訓なんて現代では通用しない
果たしてミサイル戦やサイバー戦に自衛隊は対応できるのかね

123: 2019/04/01(月) 18:10:46.18 ID:pXMa/O4c
>>122
サイバー戦に関しては、仮想敵国の中国や北朝鮮だけじゃなくて、
同盟国の米国までがいろいろと仕掛けてきているという時代だからね。

この現状に手を打てないのでは、現代戦に本当に適応できているとはいいがたい。

126: 2019/04/02(火) 17:12:47.57 ID:mTj/5cQQ
>>123
サイバー戦に弱い軍隊ってのは空と陸と海
海中はサイバーの影響をほぼ受けない(出港前は別だが)

デジタル全盛と言えど、海中はアナログだ
コンピューターなどアテにできないから人間が最終的に判断しないといけないのが潜水艦
海中には複雑な内容を電波で搬送することができない
(まぁ衛星までハッキングするような凄いのがいればできなくはないがね。最近は海中の潜水艦に対しては衛星によるレーザー通信だから)

電波使う軍ほどサイバーにはてんで弱い
空軍の有人機と変わらない高度まで上がる無人機でさえ、なんどもハッキングで鹵獲されてるだろ

電波ってのは便利だけど、敵からしても同じなんだわな

22: 2019/03/31(日) 18:37:23.68 ID:HKyR4xHx
まあ有史以来日本がいちばん頑張った時期ですよ

24: 2019/03/31(日) 18:55:23.73 ID:9G8e+3Ag
>>22
流石に対アメリカはもうやりたくないw

物量が尋常じゃないwww
小手先では勝てんw

27: 2019/03/31(日) 19:16:46.01 ID:gIpzH8HP
>>24
しかし、対アメリカにベトナムは、負けなかった。

37: 2019/03/31(日) 19:43:44.47 ID:0KvKmRiW
>>27
失うものが無い国と一緒にしないでくれ

51: 2019/03/31(日) 20:34:14.63 ID:+wkINf55
>>27
あれは限定戦争だったし、中ソが大量に軍需物資を送り込んだから
孤立無援で世界中からタコ殴りされた日本とは条件が違う

54: 2019/03/31(日) 20:41:32.24 ID:DHlf2xMA
>>51
しかも純軍事的にはほぼアメリカの圧勝で
国内事情による自主撤退要因が大きいからな…。

124: 2019/04/01(月) 18:28:29.11 ID:R4sNOPwB
>>54
後、アホな事にテレビ局が戦場に入っててどの部隊がどこに居て次の作戦はどうするとか普通にアメリカで民間放送して情報がゲリラに筒抜けだったんだよな。

28: 2019/03/31(日) 19:22:21.41 ID:7v5eRc6F
魚雷を大量発射して回避不能の飽和攻撃
ロボットアニメなら『この一撃に…全てを賭ける!』だろうな

戦後のソ連もミサイル飽和攻撃を目指した
アメリカを相手にするとアイディアが似てくるんだろう