1: 2019/04/28(日) 21:05:13.42 ID:CAP_USER
 産業技術総合研究所の沓掛磨也子主任研究員をはじめとする研究グループは、アブラムシの虫こぶ(巣)が敵に壊されたときに、兵隊幼虫が自ら大量の凝固体液を放出して穴をふさぐ「自己犠牲的な巣の修復メカニズム」を解明した。

 アブラムシには、ミツバチのように社会を形成して生活している種が存在する。このような社会性アブラムシの巣に敵が穴を開けると、すぐに兵隊幼虫が巣から出てきて敵を攻撃する。同時に、複数の兵隊が穴の近くに集まり、体から大量の体液を放出し、穴を埋めていく。その結果、兵隊幼虫は死ぬか、適切に成長できず幼虫のまま一生を終える。

 今回、同研究グループはこの自己犠牲的な巣修復メカニズムの解明を目的として、さまざまな実験を行った。

続きはソースで

論文情報:【米国科学アカデミー紀要】Exaggeration and co-option of innate immunity for social defense
https://www.pnas.org/content/early/2019/04/09/1900917116.abstract

https://univ-journal.jp/25685/
ダウンロード (1)


引用元: 【生物】幼虫アブラムシの自己犠牲的な巣修復メカニズムを解明[04/28]

スポンサーリンク
2: 2019/04/28(日) 21:16:37.67 ID:PPRXeRGM
羽を取ったら

3: 2019/04/28(日) 21:17:50.70 ID:IgT405U0
アブラムシって一部の一齢幼虫が一生涯成虫にならずに死ぬ、なんてのもいたな
やっぱり虫こぶ内にいる種類で、幼虫時代だけ口が異様に太くて
天敵に突き刺して痛い思いをさせるためだけに存在するとの事

4: 2019/04/28(日) 21:27:13.80 ID:AYlS+ukB
アブラムシの農薬は残酷
汁を吸えなくして餓死させるんだぜ

5: 2019/04/28(日) 22:59:33.15 ID:ulw8TwSj
今の時期は、
庭木の下草が甘露でベタベタのテカテカ

6: 2019/04/28(日) 23:22:16.43 ID:j5qO8n0c
虫こぶとは別にアリ植物なんてのもあるからややこしい

7: 2019/04/28(日) 23:23:22.54 ID:j5qO8n0c
身近なアリ植物としてはダイソーとかで売ってるチランジアの一部が該当

8: 2019/04/28(日) 23:23:58.66 ID:j5qO8n0c
クスノキのダニ部屋とか働きがよくわかってないものもあるな

9: 2019/04/28(日) 23:30:23.11 ID:OYsRPtyI
昆虫はいつも神秘だは
専門ではないが論文を読むとワクワクする

10: 2019/04/28(日) 23:36:01.15 ID:ndSSvNFm
> 春から夏にかけてはX染色体を2本持つ雌が卵胎生単為生殖により、自分と全く同じ、
> しかも既に胎内に子を宿している雌を産む。

wiki見てみたらこんなこと書いてあったわ

29: 2019/04/30(火) 18:21:30.35 ID:OZ7ALLSk
>>10
マトリョシカ人形だな

34: 2019/05/01(水) 01:00:04.91 ID:78aiZwZG
>>10
もう何がなんだかよく分からんな

11: 2019/04/29(月) 00:08:25.11 ID:YnfYPyLN
「自己犠牲」…群進化論

13: 2019/04/29(月) 00:11:52.53 ID:YnfYPyLN
簡単に増えることができる生き物は、命の価値も軽いような…。

20: 2019/04/29(月) 01:11:15.94 ID:liOwhsAC
変異の順番としては、変わった体液のほうが先なんだろうな
戦死した兵隊幼虫がそこでかさぶたとなることが有利に働くという具合に
普通の体液を無駄に放出してもたぶんいいことないだろうし

21: 2019/04/29(月) 04:20:22.29 ID:UIdD/c3m
世襲制でその役割の幼虫が成長して同じ役割の幼虫を産み続けるのか
卵から孵化した時に与えられた栄養なんかで蜂が女王蜂を作るように分配して作り上げるのか
何かしらの力が作用して卵の中の幹細胞が一定配分でその役割の幼虫に産み分けられるのか

22: 2019/04/29(月) 05:45:35.48 ID:XX3cc4eC
PNASはエディターのコネで通りやすかったりするし短報なので、
フルの気合入った論文みたい

24: 2019/04/29(月) 10:32:17.75 ID:61x5RjgT
兵隊幼虫なんて少年兵みたいなのがいるのか

26: 2019/04/29(月) 18:50:34.39 ID:4fiAOJ5F
おまえらが童◯なのも…

31: 2019/04/30(火) 20:04:44.84 ID:BE3ikxLl
>>26
非社交的で技術を極めるようなタイプの人が社会に一定数いることで
文明のうち高度な技術を要する分野を維持、発展させられる

社会がいわゆるリア充だけになった時、その国の工業技術はどうなるのか
今後の日本が注目される

32: 2019/05/01(水) 00:39:08.28 ID:oMTx6A1k
>>31
第二次ポエニ戦争の時のシラクサの攻城戦は、良く実質「ローマ対アルキメデス」って言われる。

でもやっぱり俺に言わせると、やっぱり「ローマ対シラクサ」だよ間違い無く。
様々の逸話から出て来るアルキメデス像は、変人で常人には理解不能が言動が目立つ社会の
不適格者だもんね。

こういう人が市民の英雄で、理解出来無くても尊敬され、自由に采配振るわせたってのが
シラクサなんですから。

やっぱし、ローマ対シラクサ市民なんだよ。

34: 2019/05/01(水) 01:00:04.91 ID:78aiZwZG
>>32
シラクサ市民は民度が高かったんだね

30: 2019/04/30(火) 19:52:54.25 ID:wRi64NdU
.
これは 葉の汁を吸う アブラムシ

これは 花の色が悪くなる ハダニ

黒いシミの 黒星病

白いカビの うどんこ病

かっぱん病は 葉を枯らすのです

33: 2019/05/01(水) 00:57:20.08 ID:78aiZwZG
>>1
すごいシステムだなぁ
クモかなにかで自分を食わせて子供育てるのとかいたり、昆虫は凝ってるね

35: 2019/05/01(水) 01:34:19.68 ID:oMTx6A1k
>>33
後、共食いがシステムに組み込まれてる感じの生物も多いよなあ...
ひと昔前に議論された話に、マグロの稚魚は何を食ってんだろ?ってのが有る。

マグロの稚魚は肉食性で、頭が全体の三割超えって深海魚みたいな体形なんだよね、物凄い
肉食性なのは間違い無いけど、丁度良い餌が無く無いだろうか?とかさ。

如何も、最初は共食いするの前提みたいです。

14: 2019/04/29(月) 00:13:23.79 ID:T7b6AE37
生体パーツ
擬虫化した血小板ちゃんだな