1: 2019/05/07(火) 04:37:38.07 ID:CAP_USER
IBMが1964年に発表したメインフレーム「System/360」は、「OSの共有が可能で拡張性の高い汎用目的コンピューター」という、現代に近い形のコンピューターを商用として市場に送り出した最初のモデルといわれています。そんなSystem/360に使われていた「磁気コアメモリ」について、古いコンピューターの修復を手がけるエンジニアのKen Shirriff氏がブログで解説しています。
https://i.gzn.jp/img/2019/05/06/ibm-magnetic-core-memory/00_m.jpg

A look at IBM S/360 core memory: In the 1960s, 128 kilobytes weighed 610 pounds
http://static.righto.com/images/ibm-360-mem/core-module-bench.jpg

IBMはSystem/360に280億ドル(当時のレートで約10兆円)、その中でも磁器コアメモリに対して50億ドル(約1兆8000億円)ものコストをかけたといわれています。System/360に補助記憶装置として搭載された磁気コアメモリは当初の容量が16KBだったものの、すぐに32KBや64KBに改良されたとのこと。アポロ計画を超える規模の予算で開発されたSystem/360は大成功を収めて、IBMはその後のコンピューター業界をけん引する存在となりました。

磁気コアメモリは半導体メモリチップが登場するまで、1950年代から1970年代にかけて主流となった記憶補助装置でした。磁気コアメモリの1単位は円環状のフ◯ライトコアと書き込み線・読み出し線という2本の電線で構成され、コアの内部に生じる磁束に応じて0か1かを記憶させるという仕組みです。そのため、磁気コアメモリは多くの半導体メモリと異なり不揮発性で、さらにランダムアクセスが可能で破壊読み出し型という仕様となっています。
https://i.gzn.jp/img/2019/05/06/ibm-magnetic-core-memory/01_m.jpg

実際の磁気コアメモリのユニットを見るとこんな感じ。まるで織物のように電線が縦と横に交わっていて、その交差点にフ◯ライトコアが装着されています。指の大きさと比較して分かるとおり、1単位の大きさは非常に小さいもの。
https://i.gzn.jp/img/2019/05/06/ibm-magnetic-core-memory/02_m.jpg

このフ◯ライトコア1つで1ビットの情報を収納するため、64KBの磁気コアメモリユニットは必然的に巨大なものとなります。
https://i.gzn.jp/img/2019/05/06/ibm-magnetic-core-memory/03_m.jpg

最も人気のあったSystem/360モデル40は月額9000ドル(約320万円)から1万7000ドル(約610万円)で借りることができ、1972年までにIBMはモデル40だけで10億ドル(約3600億円)の収益を得たとのこと。System/360ではCPU・電源・ストレージというコンピューターのシステムが1つのフレームに収められていて、当時としてはかなりコンパクトなサイズにまとめることに成功しました。それでも1つのフレームサイズはおよそ150cm×60cmで、その重さは610ポンド(約270kg)はあったそうです。
https://i.gzn.jp/img/2019/05/06/ibm-magnetic-core-memory/04_m.jpg

次期モデルとなるSystem/360 モデル50は、月額1万8000ドル(約650万円)から3万2000ドル(約1150万円)で借りることができました。

続きはソースで

https://i.gzn.jp/img/2019/05/06/ibm-magnetic-core-memory/05_m.jpg

https://i.gzn.jp/img/2019/05/06/ibm-magnetic-core-memory/09_m.jpg

https://i.gzn.jp/img/2019/05/06/ibm-magnetic-core-memory/06_m.jpg

https://gigazine.net/news/20190506-ibm-magnetic-core-memory/ 
ダウンロード (1)


引用元: 【IT】50年以上前のコンピューター黎明期を支えた「磁気コアメモリ」とは?[05/06]

スポンサーリンク
3: 2019/05/07(火) 04:39:37.23 ID:iyK3ArZm
バブルカセット?

5: 2019/05/07(火) 06:22:46.64 ID:edRRi68V
カセットテープ
300ボーの音響カプラー

6: 2019/05/07(火) 06:44:30.77 ID:0Xi+II8b
高校のころ習ったけど、図しか見てないからイマイチ理解してなかったけど、こんな実物なのね。
あとバブルメモリってのも習ったな。あれも理解不能な代物だった。

9: 2019/05/07(火) 08:24:07.95 ID:AoVqpRGe
バブルメモリーなんて、知ってる奴少ないんだろうな
初期の不揮発

10: 2019/05/07(火) 08:31:49.19 ID:7SkUC+tz
>古いコンピューターの修復

こんなことしてる人いるんだな
あまり意義を見出だせないけど

11: 2019/05/07(火) 08:38:59.93 ID:7Nqaq5NB
>>10
温故知新だろ

12: 2019/05/07(火) 08:54:19.07 ID:jAalzoTR
磁気コアメモリ=ワイヤーメモリー
全く使い物にならなかったコンピュータ
史上最悪のコンピュータとして名を留めた

22: 2019/05/07(火) 12:00:03.58 ID:kt5cKbx0
>>12
その磁気コアメモリは宇宙に飛んで月まで行けたよ。
なお、半導体メモリでは問題があるらしく人を乗せる宇宙船では採用されていない模様。

13: 2019/05/07(火) 09:08:27.63 ID:1ukIMAc7
なんかコナミの基盤がバブルシステムうんたら言ってたけどあれか?

14: 2019/05/07(火) 09:47:04.08 ID:gmIqCeKS
コアダンプの語源はコアメモリから来ている。
豆な。

15: 2019/05/07(火) 10:19:20.15 ID:LQKN4+Dj
バブルメモリは全く原理が違うし時期も違う

1980年ごろだと大容量のROMが高かったので、書き換え出来るようにすれば良いんじゃねということでコナミが採用したけど
結局不安定で使い物にならんかった

KONAMI morning music が生まれただけでも価値はあったがw

16: 2019/05/07(火) 10:35:54.07 ID:gmIqCeKS
>>15
磁性体を記憶素子に用いているので、コアメモリの子孫には違いない。

17: 2019/05/07(火) 11:30:45.53 ID:UjAEy4ag
 


>磁気コアメモリは半導体メモリチップが登場するまで、1950年代から1970年代にかけて主流となった記憶補助装置でした。

ウソだろ。

× 磁気コアメモリは半導体メモリチップが登場するまで、1950年代から1970年代にかけて主流となった記憶補助装置でした。
○ 磁気コアメモリは半導体メモリチップが登場するまで、1950年代から1970年代にかけて主流となった主記憶装置でした。


 

18: 2019/05/07(火) 11:39:21.73 ID:UjAEy4ag
 


磁器コアメモリは画期的だった。

それまでのメモリより格段に速かった。


 

24: 2019/05/07(火) 12:13:10.07 ID:0JnjhRqT
>>18
それまでのメインメモリ・アクセスは、電気制御ではなく機械式ですからね

磁気コアも登場時には高速大容量メモリ
それまでのメモリは、磁気ドラムという
HDDの絶滅した御先祖をつかってました

HDDは通常、円盤の両面に中心から位置が同じヘッド複数を使って
円盤上の磁気媒体を読み書きするもの
必要な容量によって円盤の枚数が変わります

磁気ドラムは、円盤ではなく円筒(ドラム)上の
磁器媒体をヘッドによって読み書きするもの

高速化するのにヘッドを複数配置するのですが、
円盤よりドラムの方がヘッドの数を簡単に増やせる利点がありました
そして、ドラムが機械的に1周する時間が、
メモリアクセスの周期になります
メモリが磁気コアから半導体に変わったことで、安価かつ高速にはなったが、
ダウンするとメモリ内容が飛ぶので、障害対策は仕掛り経過のログが必須になり、
障害対策が複雑になった

19: 2019/05/07(火) 11:47:15.34 ID:0JnjhRqT
昔のコンピュータは、ハードウェアの精密工業技術が今のように良くないので、
ハードウァアの故障・障害が多かった
そのため、ハード障害でコンピュータのダウンが今より多く、
障害対応後にコンピュータの再稼働をするのだが、
このコアメモリの時代は、仕掛り中の状態がそのまま
メイン・メモリに残ってるので、大した対応なしに簡単に
続きを再実行できたと聞いた

メモリが磁気コアから半導体に変わったことで、安価かつ高速にはなったが、
ダウンするとメモリ内容が飛ぶので、障害対策は仕掛り経過のログが必須になり、
障害対策が複雑になった

115: 2019/05/16(木) 09:05:42.32 ID:bZIwJ95U
>>19
メモリの基本回路は双安定ヴァイブレーター=フリップ・フロップ
という真空管を2本使った増幅回路で1ビットを記憶する。
真空管をトランジスタに置換し更に回路を集積したのが現代のSRAM

25: 2019/05/07(火) 12:30:40.51 ID:qDG12H9p
System/360はアポロ計画にも使われ、活躍する

26: 2019/05/07(火) 12:34:44.61 ID:0JnjhRqT
>>25
System/360は、それまでの用途限定特化型のコンピュータではなく、
商用も科学技術計算もできる全方向(360度)汎用コンピュータだから

27: 2019/05/07(火) 12:50:54.47 ID:0omDY4Qi
懐かしいマシンだなぁ、今でも現役で使ってる企業 あるの!?

32: 2019/05/07(火) 13:20:23.89 ID:kt5cKbx0
>>27
空軍機やNASAの機体では現役。

29: 2019/05/07(火) 13:03:35.42 ID:UbIAA55s
磁気コアメモリ、紙テープ、テレタイプ、ECLなどなど

あの頃のコンピュータ世界は、田園風景。懐かしいッス。

34: 2019/05/07(火) 13:25:13.64 ID:0JnjhRqT
>>29
データ保管のファイル(データセット)は、磁気テープが普通
磁気テープを腕に通して運ぶのも普通で、嫌でも腕の筋トレになるw

41: 2019/05/07(火) 15:35:54.74 ID:Gj6nWPaS
>>29
ゴルフボールプリンターの爆音思い出した

42: 2019/05/07(火) 16:17:29.36 ID:0JnjhRqT
>>41
ゴルフボールプリンター
元は事務機器の製造販売企業だったIBMが、電子タイプライターで
従来はバー状の字を打つハンマーという部品をゴルフボール状に置き換えたもの
単に形状を変えただけでなく、オプションのゴルフボール部品と交換することで
1台のプリンターで複数のフォント打鍵を可能にした優れもの

この電子タイプライターは、コンピュータのプリンターとしても接続でき、
イギリスのSFドラマ「謎の円盤UFO」のオープニングで、
コンピュータ接続プリンターとして印刷する様をアップで流された

30: 2019/05/07(火) 13:19:34.33 ID:guOLn+Cd
これ人海戦術、人の手で編み編みしてんだよな
工員がドイツモコイツも品質条件を自分勝手に解釈劣化させる様な文化圏では生産不可能な製品ね

33: 2019/05/07(火) 13:22:42.41 ID:kt5cKbx0
>>30
確か裁縫のおばちゃんを大量に雇って生産してた。

94: 2019/05/08(水) 23:48:56.53 ID:v11ORp4A
>>30
http://www.st.rim.or.jp/~nkomatsu/premicro/coremem.html
これ、メインメモリを手作業で組み立てるんだよねぇ。キロバイトで何万円になるわこれじゃ…

96: 2019/05/09(木) 10:30:44.86 ID:81ALhM4G
>>94
自分の正確な値段は知らないが、のちの半導体メモリの時代で、
その位の感じだったので、磁気コアだと更に0がついたと思う

31: 2019/05/07(火) 13:20:06.23 ID:BbA8SD2F
>グラディウスは起動ミスが多かった。

起動もクソ遅かったしな。
それよりさらに遅いDECOシステムっつーのもあったが...

36: 2019/05/07(火) 13:50:01.08 ID:9BFqPt5x
破壊読み出しだから使う前に 位置についてよーい的に設定しないとスタートできなくてな・・・
ちっちっちっ・・・・・って鳴る打ち上げ花火みたいなやつ・・・
横で文字がくっついたゴルフボールみたいのがでかい箱でぼこぼこぼこ轟音を・・・
懐かしい

38: 2019/05/07(火) 14:16:09.58 ID:oD03yvtw
これに戦いを挑んだのがインテル

41: 2019/05/07(火) 15:35:54.74 ID:Gj6nWPaS
>>38
コアを食べるマークのお話は好き

96: 2019/05/09(木) 10:30:44.86 ID:81ALhM4G
>>94
自分の正確な値段は知らないが、のちの半導体メモリの時代で、
その位の感じだったので、磁気コアだと更に0がついたと思う

56: 2019/05/07(火) 18:42:45.31 ID:i/XnL6uR
プログラムは紙テープにパンチで穴あけてたんだよなこの時代

100: 2019/05/10(金) 00:10:21.30 ID:mv+oiLHV
初期の電卓にもコアメモリを持っているものがありました。

134: 2019/05/28(火) 18:29:19.29 ID:HXLss15u
12兆円投資して今のIBMの体たらくかよ…