1: 2019/05/13(月) 15:44:05.90 ID:CAP_USER
-構造変化を0.05ナノメートルの精度で捉える-

2019年05月13日
 白川昌宏 工学研究科教授、池谷鉄兵 首都大学東京助教、伊藤隆 同教授らは、生きた真核細胞の中でたんぱく質の立体構造を詳細に解析する技術の開発に成功しました。

 本研究グループは、最新の核磁気共鳴分光測定法(NMR法)と情報科学的解析技術を駆使し、測定機器に細胞の生命維持装置を付加する工夫を重ねた結果、生きた真核細胞(昆虫培養細胞Sf9)内に存在するたんぱく質の立体構造を原子レベルの分解能で観測することに成功しました。このうち3種のたんぱく質については、真核細胞では初となる高分解能(0.05ナノメートルの精度)で立体構造を決定することができました。

続きはソースで

図:Sf9細胞内で決定されたたんぱく質の立体構造
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/images/190401_1/01.jpg

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190401_1.html
ダウンロード (3)


引用元: 生きた真核細胞内でたんぱく質の立体構造を詳細に観測する技術を開発 京大[05/13]

スポンサーリンク
3: 2019/05/13(月) 16:06:57.77 ID:0+/PUUhR
>>1
>測定機器に細胞の生命維持装置を付加する工夫を重ねた結果、生きた真核細胞(昆虫培養細胞Sf9)内に存在するたんぱく質の立体構造を原子レベルの分解能で観測することに成功しました。

生きた細胞ごと測定するとノイズが大きいと思うがそんなに高濃度で存在するタンパク質なのかな
以前生きたカイコをそのままNMRに入れてカイコ体内の絹のタンパク質構造を測定した話は聞いたことがあるが

7: 2019/05/14(火) 17:46:13.39 ID:GlHunSvJ
NMRだと分子量の限界が低めだけど、それは大丈夫なのかな

8: 2019/05/17(金) 20:50:12.11 ID:r4u03uIw
生き物は動くから困る
nmrの測定は時間かかるのに

11: 2019/06/03(月) 23:20:19.36 ID:lFfkiEkU
>>8
原子分子レベルで高速に動いてんのに生物の動きなんてとろくて影響ないよ
そもそも写真じゃないんだから動いてても関係ない
原子間の距離がデータとして出て来るからパズルのようにつなぎ合わせて立体構造を得る
完全なデータ取得には時間がかかるけども必要な部分のみ選択することで現実的な時間内で解析できるようにしたというのが今回の手法
まあ手法は特に新しいわけじゃない

9: 2019/05/29(水) 13:43:11.79 ID:Aentv9Gd
グライドですらごちゃごちゃしてたのにさらにめちゃくちゃな図になりそうだな

10: 2019/06/01(土) 23:28:03.44 ID:qZjex0kk
ノーベル賞級