1: 2019/06/18(火) 01:13:48.73 ID:CAP_USER
サンショウウオのネバネバが理想的な医療用接着剤になる
https://www.gizmodo.jp/2019/06/goo-from-giant-salamanders.html
2019.06.17 18:00
GIZMODO

画像:チュウゴクオオサンショウウオ
https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2019/06/12/190611goo-w1280.jpg
Image: Robert Murphy
https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2019/06/12/190611goo2.jpg
Image: J. Deng et al., 2019、オオサンショウウオから粘液を収集(A,B)、 凍結乾燥させたパウダーを生成(C)、そして粘着力のある生物学的なジェルを作って保管する(D, E)という生産工程を示す画像。
https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2019/06/12/190611goo3.jpg

 チュウゴクオオサンショウウオはケガをした際に、皮膚のリンパ腺から白い粘液を分泌します。
 ある最新の研究で、この粘液から傷口を塞いで治癒を促進する素晴らしい医療用接着剤を生み出せることが明らかになりました。

 ・サンショウウオのネバネバが傷をくっつける
 手術の後、効果的かつ安全に傷口を塞ぐのは大事なことです。
 ほとんどの傷口は縫合か医療用ステープラーを使って塞がれますが、こういった「機械的」なアプローチがさらなる組織の損傷やストレスを引き起こすことも…。
 無縫合な代替手法が必要とされていますが、それらは強く粘着性があり、バイオフレンドリーで低コストかつ生産しやすいものでなくてはなりません。
 今も医療用接着剤はありますが、完璧からは程遠く、有毒性や弾性の乏しさ、損傷部位での過度の熱といった限界があります。

 Advanced Functional Materialsで発表された研究は、チュウゴクオオサンショウウオ(学名Andrias davidianus)の皮膚分泌物が傷口の治癒のための医療用接着剤の生産に使えると示しています。

 数々のテストにおいて、この接着剤はブタとネズミの傷口を効果的に塞ぎ、治癒を促進することへの効力を証明しました。
 この新たな論文にはハーバード大学医学大学院、重慶医科大学附属児童医院、四川大学をはじめ複数の機関の研究者たちが携わっています。

 ・生ける化石
 チュウゴクオオサンショウウオは成長すると体長1.8メートル、体重は64kg以上になる世界最大の両生類。その起源を2億年以上前のジュラ紀初期に持つ、生きる化石だと考えられています。

 何百万年もの進化の過程で、この巨大な両生類はユニークな治癒法を備えるように。擦り傷や他のケガに耐えたのちに、治癒の過程を支える白い粘液を皮膚のリンパ腺から分泌するのです。

 歴史的な説明と論文の記述によれば、中国の人は1600年以上も前からこういった皮膚の分泌物を火傷などのケガの手当に使ってきたとか。
 2015年の研究は、その粘液には組織再生と免疫防御反応を引き起こす化合物といった望ましい特性が多く含まれていたと発見しています。

 ・採取した粘液はほぼそのまま使える
 研究者らは新たな医療用接着剤を、「skin secretion of Andrias davidianus(チュウゴクオオサンショウウオの皮膚分泌物)」あるいは単にSSADと名付けました。

続きはソースで

ダウンロード (1)

引用元: 【医学】サンショウウオのネバネバが理想的な医療用接着剤になる[06/17]

スポンサーリンク
3: 2019/06/18(火) 01:23:24.25 ID:wkapwmS1
オオサンショウウオを育てて突っついてネバネバを集めるだけのお仕事したい

4: 2019/06/18(火) 01:24:08.28 ID:lQMY01hb
蝦蟇の油のリアルヴァージョンか。

5: 2019/06/18(火) 01:25:49.39 ID:oOrcJygY
漆だって傷付けられた箇所を保護するために樹液を分泌するじゃないか。
意外と植物の幹が傷付いた所に漆が役立つかも知れないね

8: 2019/06/18(火) 01:46:09.99 ID:ZkVJOlmZ
>>5
南国の火傷治療はピラニアの薄皮

これが効果バツグンらしい

25: 2019/06/18(火) 10:27:42.29 ID:2ErV6dD0
>>8
ティラピアじゃなかった?現地では一般的な淡水魚(スズキ目)
移植用皮膚やね

6: 2019/06/18(火) 01:28:04.26 ID:MJvHvvlt
ウナギの養殖よりは儲かりそう

7: 2019/06/18(火) 01:45:09.62 ID:b7VGLcmq
遺伝子工学で量産できるようになるといいね
傷口に絆創膏じゃなくてサンショウウオネバネバガーゼとか胸熱だわ

9: 2019/06/18(火) 01:52:31.36 ID:4xXutrmH
トカゲとかにサンショウウオのその成分を生み出す遺伝子を注入して、
その成分を分泌させるようにするのかな?

19: 2019/06/18(火) 09:20:38.96 ID:paRQ38/h
>>9

カエルかイモリの方がまだ近いんじゃないの

13: 2019/06/18(火) 07:02:04.76 ID:lxZhU4fk
問題になっていたオオサンショウウオとチュウゴクオオサンショウウオのハイブリッド個体の利用先が決まった。

15: 2019/06/18(火) 08:49:54.10 ID:aO9ICpQ8
カブトガニの血液も薬になるらしいし
生きる化石系の強さの秘密はまだあるんだろうね

16: 2019/06/18(火) 08:55:24.56 ID:JbMbU0Bu
去年くらいだかにも別の物が接着剤に最適だったと発表されていた気がするが
なんだったかな、忘れたわ

18: 2019/06/18(火) 09:13:49.50 ID:vErDaMKe
蝦蟇の油ってこのことか!
刀傷にも効くって、ただの香具師の売り口上かと思ってたけどそんな効能もあったのかも。

20: 2019/06/18(火) 09:44:20.51 ID:DoxKzg1b
使い捨て、◯されて終わりやん

22: 2019/06/18(火) 10:09:56.23 ID:6+CzpxBw
これを培養して採取するのと
スケトウダラと
ムラサキイガイと
人間の皮膚組織そのものを培養するのとどれが楽なのであろうか

24: 2019/06/18(火) 10:24:14.75 ID:lQmIkZm/
一回の採取でどれだけ取れて、次の採取までどれだけ時間が必要なのかな

28: 2019/06/18(火) 21:27:55.14 ID:7DgTLTNW
プラモ作ってて指切った時は
とりあえずアロンアルファで接着してる。

29: 2019/06/18(火) 21:34:42.89 ID:/XWUPQZE
>>28
医療でも同じだ。

30: 2019/06/18(火) 21:47:22.56 ID:7DgTLTNW
>>29
マジか。
着けた時、一瞬ビリッと痛いんだが
固まって保護してくれるから便利なんだよ。
2,3日すれば風呂入った時にキレイに剥がれるし。

35: 2019/06/18(火) 22:48:07.41 ID:/XWUPQZE
>>30
割と有名な話と思ったけど。無論、名前は違うだろうけど成分は一緒
無害という評価なので、止血にも傷の修復にも

36: 2019/06/19(水) 00:58:58.18 ID:4SiIEbDr
>>35
名前も一緒で医療認可されてるよ
あと、禁忌もあるので、完全に無害ではないよ

■アロンアルフアA「三共」
http://www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/480011/20600BZZ01301000_1_01_02/20600BZZ01301000_1_01_02

41: 2019/06/19(水) 19:37:14.19 ID:pDdBGc8M
>>35
はいデマ
成分違うじゃねーか

42: 2019/06/19(水) 20:27:51.06 ID:C9+R9AlY
>>35
医療用アロンアルファは傷に直接塗らない。
上から当て布をとめるものだ。

37: 2019/06/19(水) 01:28:11.99 ID:8dNfat5Q
医学の進歩って凄いな。
おっさんの分泌物も何か使い道は無いのかな?

38: 2019/06/19(水) 02:06:56.80 ID:6yeNSDJ/
よく食い尽くされずに生き延びたなあ

39: 2019/06/19(水) 03:29:33.20 ID:PpFufvZX
オオサンショウウオのじゃなきゃだめなの?
両生類は他にもいるし、魚もヌルヌルだし、
植物なら、オクラとか、サネカズラとか、ニワトコ
とかあるよ

14: 2019/06/18(火) 08:10:19.24 ID:LvAql8XG
そして絶滅へ…