1: 2019/07/06(土) 22:31:08.81 ID:CAP_USER
「学習行動」はRNAを介して子孫に遺伝する:線虫の研究から明らかに
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00010002-wired-sctch
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00010002-wired-sctch&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00010002-wired-sctch&p=3
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00010002-wired-sctch&p=4
2019/7/5
YAHOO!JAPAN NEWS,WIRED.jp


われわれが学習した情報は、いったい体のどこに記憶されるのだろうか。言うまでもなく「脳」はそのひとつである。しかし、「学習」と「記憶」に関するメカニズムの再考を余儀なくされたいくつかの研究結果から、多くの研究者たちが盛んにそのメカニズムを追究してきた。

もともと光から逃げる性質のあるプラナリアは、著しい再生能力を持つ扁形動物である。光のなかにある餌を安全だと10日間かけて学習したプラナリアは、そのあと頭部を切断され、尻尾から新たな頭部を再生させた。驚くことに再生した頭部は、光のなかでの餌の見つけ方をどういうわけだか“覚えて”いた。これは何らかの記憶が脳の中枢神経にとどまらないことを示した研究だった。

また、RNAの移植によって生物の記憶を移し替えることができるという研究もあった。電子ショックによって防衛的収縮を学習したアメフラシのRNAを、訓練を受けなかった7匹のアメフラシに移植したところ、それらは体を触られた際にまるで訓練を受けたかのような振る舞いをしたのだ。

これは少なくとも、記憶の一部はRNAに保存されていることを示した画期的な実験だったと言える。これらの例は、訓練で得た一部の「情報」や「経験」が脳にとどまらないことを示しており、その媒体としてエピジェネティクス(DNAの配列変化によらない遺伝子発現を制御・伝達するシステム)やRNAによる関与が疑われていた。

・生物学の常識を覆す「学習」の遺伝
そのメカニズムが今回、「カエノラブディティス・エレガンス(C. elegans)」という線虫を使った2つの論文で説明されている。線虫の神経系は学習後、小分子RNAの一種であるsiRNAやpiRNAを介して、情報を生殖細胞に伝達することが明らかになったのだ。しかも驚くことに、子孫の生存に有益だと思われるこれらの“記憶”は、3~4世代も子孫に継承し得ることが2つの研究により判明している。

線虫のゲノムには、ヒトゲノムとほぼ同数の遺伝子──つまりタンパク質の合成に必要な遺伝情報がある。これまでの研究により、ヒトや線虫を含む動物は、複数の遺伝子の発現を時々刻々と変化させることで、活動レヴェル、温度変化、飢饉など、あらゆる変動的な環境条件に順応することがわかっている。さらにこれらの遺伝的装飾が生殖細胞に及ぶと、それらは世代を超えたエピジェネティックな遺伝として子孫へと受け継がれることがわかっている。

プリンストン大学分子生物学部およびルイス・シグラー研究所のチームは、線虫が学習した危険回避行動は、生殖細胞を介して親から子へと受け継がれることを、6月6日付けの学術誌『Cell』で報告している。

線虫は自然環境で、さまざまな種類の細菌を餌にする。そのなかでも緑膿菌は、場合によって生死を分ける危険な病原体だ。「線虫は最初は病原体である緑膿菌に引き寄せられますが、感染するとそれを回避することを学びます。そうしなくては数日内に死んでしまうからです」と、コリーン・マーフィ教授は説明する。

緑膿菌の摂取によって病気になった個体は、多くの場合は死ぬ前に卵を産み落とす。驚くことに実験では、母線虫が死の間際に学習した危険回避行動を、それらの子孫は本能的に“知って”いた。子孫は緑膿菌に自然に引き寄せられる習性を無効にしてでも、この細菌を危険とみなして回避したのだ。しかも、これまで一度も緑膿菌に接触したことがなくでもである。

続きはソースで

images

引用元: 【生物/遺伝】「学習行動」はRNAを介して子孫に遺伝する:線虫の研究から明らかに[07/06]

スポンサーリンク
2: 2019/07/06(土) 22:52:13.77 ID:v+QC6qfQ
記憶が遺伝するってのは昔から知られてた事だしな

3: 2019/07/06(土) 22:56:42.04 ID:5jAIXD6i
>>2
えええええええええ
もしかして、ラマルクは正しかったのか?

42: 2019/07/07(日) 10:28:26.31 ID:ybtMj+iS
>>3
ラマルク自体は正しくない。
これで遺伝するのはゲノム情報にある情報のどれを使うかであって、ゲノム情報が増えるわけじゃないから、
首が長かったら下草たべるより木の葉食った方がいいという嗜好は遺伝しても、
首が長くなる遺伝をするわけじゃないから。

60: 2019/07/07(日) 15:19:08.80 ID:Ui4oB5UM
>>3 >>42
なんかちょっと前にNHKで、子供を産んだときの親の状況が子供に影響するとかやってた
祖父の時代に大豊作だった人が太りやすく、若くして生活習慣病になりやすいという話
他の世代にはそれが見られない事から、特にこの村の人間が生活習慣病になりやすいわけではないし
祖父の人にもそういう傾向は見られない、どうやら祖父が大豊作でやたら栄養状態が良すぎた事自体が
子や孫に悪影響を与えていたという。

62: 2019/07/07(日) 16:31:26.03 ID:Hvd569/p
>>60
自分の子供を見てると妊娠した時の親の精神状態がコピーされてるのかなと思う。
子供2人を観察した結果だから根拠としては弱いが。

64: 2019/07/07(日) 16:56:42.07 ID:tlcPvOZq
>>60

それはエピジェネティクスだな
母が妊娠中に飢餓状態だった→子供は生活習慣病になりやすい
父が射◯時(精◯を作っている時)に太っていた→子供は生活習慣病になりやすい

あとネズミ実験で恐怖の場所の記憶が遺伝するとか

82: 2019/07/08(月) 15:53:20.52 ID:bkS3pN+o
>>60
どの生活習慣病も栄養不足だよ

6: 2019/07/06(土) 23:41:34.55 ID:XLfmBYoP
神経回路の生成傾向が遺伝するのであれば
記憶が神経回路の賜物である以上
ある程度の記憶というか性向が遺伝するのは分かる

13: 2019/07/07(日) 02:08:23.75 ID:q/iexK2p
>>6

疑問例1
伊勢海老は人間がつついても棒でつついてもチョットの反応。

天敵は烏賊だが、烏賊の触手に捕まると絶体絶命100%食われる。

しかし、伊勢海老は烏賊の触手に触れた瞬間に気が狂ったように暴れる。

烏賊に襲われた経験の遺伝子は子孫へ残ってないのだ

31: 2019/07/07(日) 08:26:21.09 ID:CWYGTUQL
>>13
特定の刺激に対して選択的に激しく反応する癖のついた個体だけが確率的にたくさん生き残った結果では?

67: 2019/07/07(日) 22:01:48.13 ID:mmRGJf1+
>>31
イカに襲われた個体は必ず死ぬから遺伝しようがないということでは?

7: 2019/07/07(日) 00:41:33.50 ID:g/1mFrbF
メモリメッセンジャーRNA

とか変な名前を付けたくなってしまったw

8: 2019/07/07(日) 00:44:52.07 ID:kp0NHHI9
俺も前世の記憶っぽいやつがあるけど、恐らく父親の記憶なんだろうな

10: 2019/07/07(日) 01:12:42.66 ID:wR7xqtw9
学習出来た個体の脳の配線がその学習に向いているとか言う話じゃないの?

11: 2019/07/07(日) 01:13:40.45 ID:vjxcMsOX
獲得形質は遺伝する
でなきゃ進化は起きないからな
無学者どもは己の愚かさを恥じて子孫に継承させろ

14: 2019/07/07(日) 02:24:09.18 ID:MPoxTTh4
まあでも
人間ほど高度な学習の場合は
それはあまり伝わらないわな

15: 2019/07/07(日) 02:42:52.49 ID:e6CUyAsl
本能は一体何処に記憶されてるのか疑問だったが
RNAに記憶されてるのか
で、そのRNAには何が原因でどのようにして記憶されたんだ?

53: 2019/07/07(日) 13:09:30.77 ID:dWwWfVT4
>>15
本文2p以降にある程度は書いてるよ

16: 2019/07/07(日) 03:42:12.70 ID:naZGDO51
性癖も受け継がれるわけだな

19: 2019/07/07(日) 04:01:42.16 ID:fPlXYjmX
>>1
てことは、人生経験の少ない20代そこそこで子供を産み続けても経験はリセットされ続けるんで、年取って子供作った方が効率よく次の世代に経験を残せるっちゅうこったな?

20: 2019/07/07(日) 04:05:08.63 ID:cnTCGFl/
風呂場に行けば尿意がする現象か?

21: 2019/07/07(日) 04:32:21.87 ID:U/7o4Qm1
元々備わっている防御反応で感染して発動iRNAを量産
卵も受け継ぐiRNA自体にいくらか弱めにiRNA再生産を促す効果がある
んで世代を重ねて減少(常に有効だと捕食の効率が落ちるから

こんなところじゃないのただの防衛反応で記憶を受け継ぐなんて不要な
解釈付けんなよ

22: 2019/07/07(日) 05:00:16.00 ID:pWMYx7Jl
RNAの受け渡す情報は持続性に乏しい、と聞いたけど、それが数世代続くと考えればいいのかな

DNAに灼き付けられるような広範囲長期間の環境系淘汰圧ではないが、数世代程度持続させておいたほうが生存確率が上がるような経験。

獲得形質もRNAを介して遺伝しうるとは聞いたことがあるが、、

24: 2019/07/07(日) 06:46:07.42 ID:9aQSJrg9
うちの子3人がみんな高所恐怖症なのは私のせい?

119: 2019/07/11(木) 01:45:22.32 ID:ST9LicSC
>>24
遺伝関係ないけど多分そう

25: 2019/07/07(日) 07:08:10.20 ID:+H1HtAMN
イジメが遺伝するのはそのせいか

26: 2019/07/07(日) 07:35:56.69 ID:eJPfmmjW
エピトランスクリプトームが最近にわかに盛り上がっとるねえ

27: 2019/07/07(日) 07:55:24.48 ID://m0lMAL
大きな体験
つまり死に繋がるような体験は
子孫に引き継げないわけだよな
そういう体験こそ引き継ぐべきなのに
つまりこのシステムは欠陥品だということ
人間なんて無駄の塊
わざとそうしてるんだろうな
やがて人間の手で補強できるように

76: 2019/07/08(月) 09:54:28.83 ID:5QNzfZkV
>>27
それを目撃、記憶した人の子孫には伝わるのでは

28: 2019/07/07(日) 07:57:30.67 ID://m0lMAL
宇宙に広大なスペースがあるように
人間にも広大なスペースが広がってる
何故かはもう分かるよな

34: 2019/07/07(日) 08:51:18.64 ID:7qNrbX53
キリンが首が伸びたのは、単なる突然変異ではなく、
他社が食べられない高い位置の葉っぱを頑張って食べ続ける努力を続けたから
ということだな

35: 2019/07/07(日) 08:53:52.16 ID:LXAoj4jR
記憶が伝染るってのは昔からあってRNAが臭いと思われてたけど、いまいちはっきりせず
安定して伝えるならDNAがええと思うけどね

36: 2019/07/07(日) 09:04:39.27 ID:1KeZ3YeM
知能が優れた親の子供はやはり知能が高い

38: 2019/07/07(日) 09:40:13.81 ID:RTiC4KvC
ヤンキーの子供は、ガテン系が多いのは、これなのか?

44: 2019/07/07(日) 10:46:33.27 ID:rtCVLVIr
線虫、おそるべし。