nigaoe_fubiraihan


1: 2020/09/17(木) 11:22:53.68 _USER

CGで完全再現したらわかった! 元寇で押し寄せた蒙古軍船の弱点

----------
 ときは13世紀後半、の第五代皇帝フビライは、高麗を配下に収めると、その先の海上にある島国・日本に狙いを定め、1274年の「文永の役」、1281年の「弘安の役」と、2度にわたって侵攻してきました。
 1度目の文永の役では、博多湾に上陸した蒙古軍は、伝統にのっとり一騎討ちで立ち向かう日本の武士たちを、集団騎馬戦術と新兵器の「てつはう」でさんざんに打ち破ったといわれています。
 博多市街も焼かれ九州は陥落寸前となるも、なぜか蒙古軍はその夜、全軍が撤退して船に兵を引き揚げ、そこへ暴風雨が直撃して壊滅し、日本は救われた――これが歴史の教科書にも書かれているストーリーで、日本にはいざとなったら神風が吹くという「神国思想」が生まれるきっかけともなりました。
 しかし、なぜ蒙古軍が一夜にして撤退したのかは、じつはいまだに謎のままなのです。
 さまざまな説が唱えられてきましたが、科学的に考えると現実離れしたものばかりだと、映画『アルキメデスの大戦』で製図監修を依頼され、戦艦大和などの設計図をすべて描いた播田安弘氏は指摘します。
 船舶設計のプロフェッショナルが蒙古軍船の性能を緻密に検証し、CG上で再現して迫った文永の役の意外な真実とは? 人気のPS4ゲーム「Ghost of Tsushima」で再び脚光を浴びている"蒙古襲来"の、新しいかたちが見えてきます。
----------

■宗主元帝の無茶ぶり命令
 1274年、フビライはついに日本侵攻の号令を発し、元は高麗に対して、6ヵ月以内に大型軍船300隻、小型上陸艇300隻、水み艇300隻を建造するよう厳命しました。
 さらには大工や工夫として3万人以上を徴発させました。
 しかし、これだけの軍船をつくるのは、大型軍船だけに限ってみても、必要な木材の量、建造期間、船大工や人夫の人数を検討してみると、とても難しいことがわかります。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

現代ビジネス 9/17(木) 10:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/c7114b4698770f02d6267af47e013e5ce680a07c


76: 2020/09/17(木) 12:59:31.00

>>1
何故って当時の元軍の軍議が残ってんじゃん
上陸後に「このまま続けても多勢に無勢で被害がふえるだけ」と判断して博多を撤退してる
しかも夜間に慌てて撤退したもんだから、死者まで出てる。
冷静な判断は流石にモンゴルだと思うわ。


141: 2020/09/17(木) 16:22:57.77

>>1
>しかし、なぜ蒙古軍が一夜にして撤退したのかは、じつはいまだに謎のままなのです。

一夜にして撤退とかすでに否定されてなかったか?


145: 2020/09/17(木) 16:30:35.45

>>141
一週間ほど戦闘を続けたらしいね。
しかし海が荒れ始めてから撤退するのは? ?


159: 2020/09/17(木) 17:37:22.28

>>1
ソース簡易まとめ
納期超短い船を作れと朝鮮命令された
朝鮮まじりの寄せ集め軍でイメージよりは弱い
計算すると船酔いしてるはず(33%以上は戦闘不能)
全軍船から降りるのにウルトラ時間かかるぞ
そのため日本は各個撃破のような有利戦型になった
なにげに朝鮮王も出撃前に死んでて戦力の低下はさらに加速した


3: 2020/09/17(木) 11:26:54.41

亀甲船だけが活躍してたんだぜ


4: 2020/09/17(木) 11:27:00.63

神風=他力本願
太平洋戦争の敗北で一つ利口になる機会を得たが、・・・


44: 2020/09/17(木) 12:16:31.02

>>4
神風は負け戦への駄目押しだったんだよ


46: 2020/09/17(木) 12:21:22.52

>>44
勝ってたら船の上にいる必要ないからなあ


93: 2020/09/17(木) 13:48:44.88

>>4
きちんと夜襲したりして勝ったんだよ。
くそ坊主が手柄が欲しくて「神風」を主張しただけ


6: 2020/09/17(木) 11:28:18.27

暴風雨が来てるのに船へ戻るとか、バカだなぁ


7: 2020/09/17(木) 11:28:52.48

対馬の事は無かった事扱いで草


9: 2020/09/17(木) 11:33:22.95

水車が作れなかった国の船だからな


10: 2020/09/17(木) 11:33:27.19

要は片道切符だったのだな船的に


29: 2020/09/17(木) 12:01:35.00

>>10
弘安の役の船は二か月も海上にあったんだから
台風前に帰ってれば無事に帰れたんじゃないか
少なくとも台風に合わなきゃ長期航海には耐えられる仕様だったんだろう


53: 2020/09/17(木) 12:33:13.58

>>29
生材で船を作ったら! 消費期限は、いつになるの?


11: 2020/09/17(木) 11:38:41.53

しかし懲りずにまた来たんだよな


14: 2020/09/17(木) 11:41:38.91

日蓮の法力で追い返したんだよな


15: 2020/09/17(木) 11:42:29.08

対馬の女子供の手の平に穴を通して舳先につるした高麗船


201: 2020/09/17(木) 22:45:09.68

>>15
ひどいことをするね、恐ろしいよ。


17: 2020/09/17(木) 11:43:14.57

それはそうとして、九州の武士は命を懸けて戦って、かなりの人数が討ち死にしてる。
日本人の命を懸けて戦った姿を忘れてはいけない。


24: 2020/09/17(木) 11:50:23.03

李舜臣は船でないと寝れなかったらしい


26: 2020/09/17(木) 11:52:53.08

猛虎魂を感じる
って書く奴がいなくて安心した


27: 2020/09/17(木) 11:59:05.70

つうか元側に記録は残ってないのかよ


40: 2020/09/17(木) 12:14:06.58

>>27
それなりに残ってる。


74: 2020/09/17(木) 12:56:44.46

>>27
残ってるよ、朝鮮にそそのかされて日本を攻めたら負けたって書いてある


28: 2020/09/17(木) 12:00:58.79

日本の侍を舐めてただけだろ
それに台風が来たらどうしようもない
現代の技術でも台風が来たら、船は壊れるか流される


36: 2020/09/17(木) 12:09:25.90

征服した高麗の兵の処分目的で日本侵攻させたという説はどうなん
勝てば儲け物、負けても高麗兵にただ飯食わせる必要なくなる


64: 2020/09/17(木) 12:41:33.59

>>36
秀吉の唐入りみたいだな


68: 2020/09/17(木) 12:44:41.96

日本征服のための準備されていた機関が対日外交・軍事に関係し、
「征東等処行中書省」というのが正式名称、目的から「征日本行省」とも言われていた。

「征」する省な訳だから、最初からね。どのみち日本侵略戦争はしたでしょ。

>>36
始末なんてしないよ、占領後の行政機関の副長官は高麗王なんだから占領支配の旨味には与れるようになっているのだから
勝ては高麗王国にも利益はあった。


39: 2020/09/17(木) 12:14:04.64

え?ジャンク船って平底で喫水線低い上に大きな帆を張ってるからバランス悪いってだけだろ?
中短距離ではそんなに問題でないけど、台風来たからイチコロってだけで


41: 2020/09/17(木) 12:14:10.33

どうせまた、物理の法則に反した魔改造がしてあったうえに、驚くべき運用がなされていたことだろう。


42: 2020/09/17(木) 12:14:43.46

混在する文化の多様性などいらない
ほかの文化は遠巻きによく見て、いいものだけゆっくり取り入れるのがいい
日本やイギリスを見てるとしみじみ思う


47: 2020/09/17(木) 12:26:14.66

玄関レベルで撃退された大戦争って珍しい?


49: 2020/09/17(木) 12:28:17.75

ミッドウェイも偶然米軍が勝てたみたいなとこあるからな。
ロシアとの日本海海戦にしろ、そういうところが戦争の面白さだったのに。
どこをどう間違えたか民間人や補給を攻撃したら勝てるんじゃねって気づいたのが、戦争を悪者にした。


58: 2020/09/17(木) 12:37:31.09

>>49
局面ではそうだが、長期戦になると国力の差になる。日本は短期戦で離脱する決断ができなかった


66: 2020/09/17(木) 12:43:25.74

>>49
飛行機やミサイルなど軍事技術の発達が、戦争を悪にし英雄を消した


78: 2020/09/17(木) 13:00:52.66

>>49

近代国民国家成立の時点で、戦略的兵器の矛先が当事国民に向かう事は必然やったやろな。
それに日本海海戦もミッドウェイも偶然の所産やないやろ...目的絞って必死こいて戦った側が勝利得た会戦や。

唯守る側は動きようが無いから攻め手か何時どれだけの兵力で来るか?を把握する事に注力できる点で有利かもなあ。
攻め側はどれだけ予定戦場に集中的に戦力投入できるかがキモなんかね?
弘安の役は高麗江南両軍が五島辺りで集結してから...とかいう構想が颱風でパアという印象強い。
海上輸送ってもんが安定的に運用される迄は越海外征ってのは冒険でしかなかったって事なんかねえ?


120: 2020/09/17(木) 15:14:24.66

>>49
民間人や補給を攻撃するのは昔っから行われてるよ
元寇だって最初に攻撃された対馬から民間人が攻撃されて虐殺されてるし
捕虜には船に貼り付けられて盾にされた人たちすらいたという


55: 2020/09/17(木) 12:35:19.66

防水加工が施された船舶が、日本から盗んだ1隻だったら
他の船舶は全て劣化コピー品


56: 2020/09/17(木) 12:36:07.28

敵の司令が南雲だったんだろ


62: 2020/09/17(木) 12:40:50.88

日本軍は伝統に基づく一騎打ちなんて、してないだろ!
先駆けする前に、見方に自分の名前を名乗って、報償もらうために名乗ったんだろう?
流鏑馬は、数十人で纏めてやりながら敵に突っ込んだんだよ!
長弓の威力は十分だったようだよ


67: 2020/09/17(木) 12:44:23.42

>>62
一騎討ちとか名乗りで立ち向かって元に痛い目にあった
というのは後年のねつ造
騎馬による集団突撃が鎌倉武士の本領だよ
さらに西洋の騎士とは違って、和弓による遠隔攻撃にも長けていたから
東欧を蹂躙し尽くしたモンゴルとも、互角以上に渡り合えた


72: 2020/09/17(木) 12:54:34.33

こんな歴史の教科書あったか?
なぜか一夜で船に戻るとかおかしいて思えよw


73: 2020/09/17(木) 12:55:59.47

日本の海岸に囲郭都市みたいなものが簡易でもまるで無かったせいで上陸しても長居が出来なかったんだろうな。
落せないほど難攻不落でなく、落とした後は拠点に使える程度の要塞が最初から日本海岸のあちこちにあれば向うの日本侵略戦争(元寇)は捗ったんじゃないかな?


81: 2020/09/17(木) 13:16:14.72

CGにして初めてわかることってあるん?
CAEでモデリングしてシミュレーションするんじゃなくて、何かを元に絵を描くわけだろ?
変なの。


84: 2020/09/17(木) 13:28:03.58

大陸覇者のモンゴルが海洋国を欲しがるわけがない。

日本を攻めたのは朝鮮がそそのかしたのが原因だし、
フビライにしたらうざい朝鮮人が負けで全滅してもらった方がよかった。


151: 2020/09/17(木) 17:04:06.92

>>84
日本は銀と硫黄か出る
モンゴルが理由は普通にある
最初っから日本欲しい欲しい討つの征するの言ってたのはクビライ
周りにがどういおうとクビライにはされを止める権限もあったし
元寇の原因や責任が誰なのかというと普通に第一位でクビライにある
だからって他の奴の責任が突然消えるんか


152: 2020/09/17(木) 17:05:38.08

>>151
日本語頑張れw


154: 2020/09/17(木) 17:08:27.16

>>152
クビライを叩くというか事実に基づいたこと言ってるだけで
別に日本叩いてもなければ高麗庇ってもないよ
言い出しっぺじゃないだけで協力も虐殺もした加害者なのは変わらんのだし


89: 2020/09/17(木) 13:33:19.04

元記事がすごく面白かった
それだけで良スレ


95: 2020/09/17(木) 13:53:43.71

海を越えての遠征って大抵失敗してるよね


108: 2020/09/17(木) 14:29:41.01

面従腹背

朝鮮人にとっても元の勢力が弱まることは都合がよかったんじゃないかね?

ともかく、それまでヨーロッパも荒らしていた陸戦では連戦連勝
無敗無敵だったモンゴル軍が、この日本海を挟んだ海戦で大敗北を
喫したことが、帝国の崩壊の序曲・崩壊になったといえるだろう。
世界史に特記すべき日本の活躍である。


112: 2020/09/17(木) 14:59:09.82

>>108
日本遠征の失敗が元崩壊の序曲と言えるかは微妙なところだ
元が滅んだ原因は政治の腐敗、モンゴル持病の後継者争い、ペストの蔓延と枚挙に遑がないもんで


129: 2020/09/17(木) 15:43:22.25

>>112
戦争に負けてたら日本にペストが来てたかもしれないね。
まあ何回攻めても日本の勝ちだろうけど。


116: 2020/09/17(木) 15:10:57.29

蒙古軍船の弱点って言うより、博多湾に上陸する手段に問題があったって話だよな?


124: 2020/09/17(木) 15:18:35.76

半島が大陸のパシリ嫌だから日本も巻き込もうとしたのか?クズだな、そりゃ船沈むわ。


126: 2020/09/17(木) 15:22:43.22

あのゲームに出てくるCGは再現性高いのかもしれない


131: 2020/09/17(木) 15:53:59.19

大軍だからこそ兵糧を大量に消費する、海隔てての補給は大変、武士の夜襲もある。
帰国したのは兵糧でしょ。


135: 2020/09/17(木) 16:07:40.94

>>131
間違いなくそれ
どうして食料や物資の不足による撤退を考慮しないのか不思議だわ


137: 2020/09/17(木) 16:09:16.09

>>135
モンゴルの基本は現地調達だからでしょ
その切っ掛けすら掴めずに上陸戦で苦戦したから
撤退を判断した。モンゴルの指揮官は優秀だわ


138: 2020/09/17(木) 16:09:19.16

船酔いしてんのに九州武士団と戦っていたのかw
そらモチベーションゼロだわ


142: 2020/09/17(木) 16:27:51.34

撤退ではなく一隻残らず沈んだが正解


143: 2020/09/17(木) 16:28:05.32

マストをたてられない構造の船に無理矢理マストを立てたものだから
ちょっとした風で水漏れが始まってしまって沈む前に帰らなければならなくなったんじゃないか?


155: 2020/09/17(木) 17:28:46.58

実際は、蒙古軍はグダグダして何もせず、給与ゼロの鎌倉軍は守るべき民家を略奪


156: 2020/09/17(木) 17:30:23.85

>>155
上陸地点が領地の御家人もいるわけで
それは無い


157: 2020/09/17(木) 17:35:35.72

元寇、元が何をしたかったのか本気で分からんのよな。
なんもかんもが中途半端。


160: 2020/09/17(木) 17:37:56.29

>>157
これまで通り
版図拡大と従属化、そして植民化でしょ
アジアだとこれに従わなかったのは
日本とベトナムぐらいか


162: 2020/09/17(木) 17:44:32.99

南宋皇帝も日本に亡命してたらワンチャンあったかもね


163: 2020/09/17(木) 17:48:34.66

出航した船すべてが日本に到着してるはずがない


165: 2020/09/17(木) 18:11:31.26

海戦なんて、将校の経験値が大きいからなぁ。

アルマダの戦いでは、イギリス軍はワザと自軍の船に火を放って、それをスペインの艦隊にぶつけて燃やし尽くすというGTAみたいな事やって勝ってるし。

蒙古襲来のときも、なんか策を採ったはずやな。


166: 2020/09/17(木) 18:14:19.94

>>165
モンゴルは海戦童貞みたいな軍隊だし
日本も島国の立地の割には、海戦経験なんて殆ど無いわけで
ベネチアみたいな海軍大国って、当時のアジアにあったのかな


195: 2020/09/17(木) 21:50:18.80

>>166
国家としてはないとしても倭寇を代表するように東シナ海を股にかけた海賊はいたのでは


168: 2020/09/17(木) 18:49:07.77

>>165
>イギリス軍はワザと自軍の船に火を放って、それをスペインの艦隊にぶつけて燃やし尽くす

1000年以上前に赤壁の戦いで中国人がやってるな。史実かどうかは知らんが。


169: 2020/09/17(木) 18:56:22.85

>>168
ギリシア・ローマの時代にもやってるので
割と海戦の常套手段


174: 2020/09/17(木) 19:32:25.13

まぁ二ヶ月も防衛に踏ん張れれば台風の一つも来るわな。
冬の間は時化で日本海側から攻めるのは無理があるし。


176: 2020/09/17(木) 19:41:05.35

神なのは、風というより、海だけどな。

海を超えるという難関が、モンゴル軍の全てを無力化した。
イケイケ軍団でも本物の壁は超えられない。っていう良い事例。


引用元 : 【歴史】CGで完全再現したらわかった! 元寇で押し寄せた蒙古軍船の弱点 なぜ蒙古軍は一夜にして撤退したのか  [すらいむ★]