senkan


1: 2020/09/27(日) 16:04:41.30 _USER

【科学で検証】太平洋戦争中、日本の軍艦が次々と沈没していったワケ

----------
 あまり知られていないが、太平洋戦争では日本の軍艦は魚雷攻撃に非常に弱く、いとも簡単に沈没していた。
 そのため戦艦大和は行動が制限され、海軍の基本戦略は齟齬をきたしたのである。
 なぜ日本の軍艦はそれほど脆かったのか?
 映画『アルキメデスの大戦』で製図監修をつとめ、大和などの設計図をすべて描いた船舶設計のプロが、このほど上梓した『日本史サイエンス』(講談社ブルーバックス)で指摘した、日本の軍艦の致命的な欠陥とは? 
----------

■「常套句」に隠されたもの

 太平洋戦争における日本の敗因は、そもそも米国と戦ったことだとは、よくいわれるところです。
 たしかに開戦直前の国力の差は、GNPで比べると日本は米国の約9%にすぎませんでした。
 これでよくも開戦したものと驚くばかりです。

 しかも、日本が乏しい国力を傾けて建造した戦艦大和は、ほとんど出撃しないまま終戦直前に沈没し、戦後になってピラミッド、万里の長城と並ぶ「無用の長物」と揶揄されました。
 そんなものをつくった海軍は時代遅れの「大艦巨砲主義」に陥っていたと非難され、ただでさえ不利なのにこれでは勝てるはずがなかった、などと総括されています。

 しかし私は、そうした常套句だけでこの戦争を語るのは、何か大事なものを見過ごすことになるように思われてならないのです。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

現代ビジネス 9/26(土) 6:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7da3d000fc63ab2b39d45440b3e1d75357b4279


46: 2020/09/27(日) 17:18:31.96

>>1
大和の同型艦の武蔵は
魚雷を腹に食らっても、暫く分からなかったそうだよ
寄港した時に外壁歪んでたので、ようやくそこで修理した

っつーのは、側面に積層装甲(チョバムアーマー)使ってたのと
仮に穴を開けられても、船底をブロック構造にする事で
水が入った隔壁を閉鎖して>反対側にも水を入れる事で、延々と浮かんでいられた


81: 2020/09/27(日) 19:13:08.51

>>46
三菱の技術力半端ねーなw


119: 2020/09/27(日) 21:24:00.76

>>1
アメリカが圧倒的なパワープレイで攻めたんだから、はっきり言って船体の構造なぞあまり関係なかったが正解


200: 2020/09/28(月) 01:22:40.17

>>1
実にわかりやすくていい記事だ。
俺実は本当に半導体の設計やってるんだが、実用を無視した思想とか、案外残っているもんだよ。
設計担当の脳内シミュレーションというべきか、利用のされ方への考察は非常に重要だと思う。
simulationといえば、おそらく造船でも何かしらsimで検証するんだろうけど、そもそも、その想定自体に注目する必要があるよな。

とにかく良記事だった。


208: 2020/09/28(月) 02:48:25.21

>>1
強度を補うに安い工法だったからでしょう
ボイラー室の連結も、
脆弱な資金源ではやむをえなかったということが本筋でしょうね


2: 2020/09/27(日) 16:14:45.19

横転しないように反対側へ注水できたんでしょ。
被害が大きすぎただけのような気がシル


23: 2020/09/27(日) 16:44:38.40

>>2
う~ん、それが苦肉の策だったって事なんですかね


26: 2020/09/27(日) 16:47:45.34

>>2
正解。被害が大きすぎた
大和は条約型戦艦なら二隻沈められるほどの被害で沈んでいった

大和は強かった。耐久性は非常に強い。だがアメリカは圧倒的な攻撃で沈めたんだ


115: 2020/09/27(日) 21:20:03.70

>>2
大和は一方に攻撃が集中したので反対舷にも注水した
記事では「船体の中央を縦に走り、左右を隔てる縦隔壁が入っていました。」
とか訳分らん事書いているがそれがあろうと無かろうと結局は同じというか
この隔壁が無ければ史実以上にさっさと沈没しただろうな
なぜなら一気に浸水していくだろうから


277: 2020/09/29(火) 00:13:50.32

>>2
沈めるのに砲弾二千発くらい撃ち込んだ船もあったしな。
実際、鉄が不足するまでは耐久性高かったと思うよ。
日本が負けたのは資源不足が主な要因だし。


7: 2020/09/27(日) 16:23:04.90

武蔵仕留めるのに苦労したから
片側集中攻撃するようになるのは当たり前の結果。
日本も逆の立場なら同じ事したさ。


269: 2020/09/28(月) 22:38:17.37

>>7
と、攻撃された側は思っていたが、実は米航空隊側にはそのような意図はなかったらしい


15: 2020/09/27(日) 16:31:34.87

砲塔が重すぎたこと。実績を重視してディーゼルエンジンを採用しなかったこと。
砲撃をすると船の揺れがあまりにも激しく、震動が落ち着くまでに時間が掛かる。
特に正面ではなくて側方に向けて主砲を撃つと揺れが極端に酷い。
また主砲の発射寿命は僅か3000発という設定だった。
上空が雲に覆われているときに、敵飛行機集団がいそうなところへ向けて
散式弾を撃ってみようとすらなぜしなかったのだろうか。


41: 2020/09/27(日) 17:07:01.12

>>15
散弾銃じゃねえんだからw
適当に発砲しても飛行機は落ちんよ


16: 2020/09/27(日) 16:36:24.66

>>15
実際、ディーゼルを実験的に採用した大鯨は散々な結果だった。
機関は信頼性が重要。


21: 2020/09/27(日) 16:42:43.63

>>15
蒸気タービンでなくディーゼル機関で動いていた戦艦がいるのか?


24: 2020/09/27(日) 16:46:39.79

>>(米)損傷したときにいかに被害を小さく抑えるかというダメージコントロールを
重視していました

全てはこれに尽きるだろ、ミッドウェーで4隻の空母が魚雷じゃなく
ドーントレスの急降下爆撃で撃沈されたのも爆破の威力を逃がす構造じゃなかったからだし


47: 2020/09/27(日) 17:19:02.53

>>21
無いね
戦艦に採用できるディーゼルはどの国も持ってない
ドイツもアメリカも開発できなかった

>>24
発進待機中の空母に被弾したらアメリカ空母もそうなる
駆逐艦の生存率は機関のシフト配置の有無で大差なし

アメリカの艦船を救ったのは味方だよ
航行不能になっても味方が曳航したから放棄して処分に至らない例が多かった


110: 2020/09/27(日) 20:40:15.81

>>47
ドイツのポケット戦艦~後に重巡に~はディーゼル機関(もっとも、問題が無かったわけじゃなく故障も多かった)


30: 2020/09/27(日) 16:56:20.03

ソース記事読んでみたけど
結局言ってる事は被害を受けてもダメージが拡散しないように
区画割りを増やしたり機関部を分散配置にしたりしてなかったと
従来から言われてる事の繰り返し
今更この内容の物を科学で検証とかいうタイトルを付けるような
記事じゃないだろうと思うけどな

船はどんなに区画を細分化しても攻撃を受け続ければ何れは沈むよ
だから近代艦は艦体で攻撃を受け止める直接防御を捨てて
攻撃兵器そのものを叩き落とす方向にシフトしてるだろ


34: 2020/09/27(日) 16:59:22.68

>>30
ヤフーのビュー増やすの嫌だからみてないけど、やっぱりそんなもんか
もう第二次大戦の話なんて技術面では語られすぎて今更だ


44: 2020/09/27(日) 17:13:33.29

>>30
現在の戦闘艦はその理由で装甲を持っていないわけだが
いくら何でも脆すぎるから何とかしろという要望もある


50: 2020/09/27(日) 17:33:39.99

>>30
区画割りを増やしたから横転しやすくなったと書いてある
欧米の船にはない船体の中央を縦に走り、左右を隔てる縦隔壁のために
片側を攻撃されると簡単にバランスが崩れたらしい


52: 2020/09/27(日) 17:47:11.27

>>50

まあ、良かれと思って採用したアイデアが、逆に弱点になるケースは
現代でもままあるコトで。


43: 2020/09/27(日) 17:13:08.45

レーダー開発の遅れと集合しきってないのに開戦に踏み切ったからだろ
間に合わない艦艇が多いなら開戦位置を下げろよ


45: 2020/09/27(日) 17:15:23.80

縦隔壁は砲撃に対しては一応の効果あっただろう
機関のシフト配置にしなかったのは、そっちの方がボイラーを多数配置して速力が出せるから
二か所に2つずつのボイラーは置けなくても、一か所に3つのボイラーなら置ける
近海で戦った日露戦争しか経験してない海軍はダメコンの重要性がわからず、速力や航続距離しか要求しなかった
魚雷をあてることには熱心だったけど、自分に当たった後のことは考えていなかったのが敗因


49: 2020/09/27(日) 17:25:47.84

機関のシフト配置は「複数の区画を貫通する長大なスクリュー軸」という弱点を生むのを知っているか?
雷撃に対して弱点を増やすデメリットもあり、米英の戦艦では恐れていたことが現実になった


55: 2020/09/27(日) 17:49:49.38

>>49
まあ日本も雑木林からシフト配置になったけどね


54: 2020/09/27(日) 17:48:07.31

燃料の重油が不足するのなら石炭ボイラーにすればよかったのに。
あるいは石炭をスラリーにして疑似液体燃料にするとか。


68: 2020/09/27(日) 18:47:48.23

>>54
ボイラーの発熱量が低下して速度が出ません
石炭ボイラーだと20ノットです。第一次大戦の戦艦をいまさら作ってどうするよ?


59: 2020/09/27(日) 17:59:08.82

>>54
必須で有りましたね。

(仮想)敵国からの燃料利用に何の疑問も抱かずなかった海軍
さらにベネズエラからの油田投資も断った海軍。
そして燃料枯渇を根拠に必敗の作戦を主導した海軍
電力から作るN2H4+H2O2動力だとかアルコール、
アルキメデスの大戦にあるガス・タービンならぬ粉炭スラリー・タービンなどで整備を想定すれば
「座しての敗北」「ジリ貧」とか言わなくて済んだのに


83: 2020/09/27(日) 19:17:22.91

>>59
石炭から石油を合成して燃料を自給する計画だった
海軍は石油合成プラントの計画をアメリカから制裁される前から準備している
昭和20年になって一部は稼働できるようになった


69: 2020/09/27(日) 18:48:08.35

「柔らかい金属も使われていた」ってのは
これは事実らしいんだけど

固い装甲>柔らかい装甲>固い装甲、と材質の異なるものを積層化する事で
衝撃を拡散させる作りだったんだそうだよ(チョバムアーマー

これは現代の戦車でも使われてる装甲版だよ


71: 2020/09/27(日) 18:53:19.03

暗号筒抜けなんだから何やったって無理だろ


76: 2020/09/27(日) 19:01:22.13

>>71
陸軍の暗号は戦後まで解読できず

海軍がアホなんだよ


78: 2020/09/27(日) 19:05:11.55

>>76
へえ知らなかった

インパールとか玉砕とか陸軍のアレなところが目立つけど
海軍も大概だよね


147: 2020/09/27(日) 22:55:26.98

>>78
あと、潜水艦で敵の船を見つけるのは実は相当困難。言うならば、ディズニーランドに落とした鍵を探すレベル位困難。

だから、日本の潜水艦は、水上機母艦が同伴したり、潜水艦自身に水上機を載せて偵察して敵の船を探していた。

アメリカの潜水艦は、どうやって日本の船を探したかというと、輸送船の航路がいつも決まった時間に決まった進路を取るので、そこで待機していれば、高い確率で獲物にありつけた、という。

日本の輸送船の運用も、とても良くなかった。


72: 2020/09/27(日) 18:56:13.12

海軍が対米戦争に踏み切った理由は、まず短期決戦でアメリカを叩き、速やかに停戦に
持っていく。その仲介役にソ連を当てにしていたらしい。陸軍はそもそも見通し自体なく、
最後は本土決戦まで行く腹のようだった。陸軍と海軍が挙国一致で協力した形跡もなく
終戦まで反目し合うという、不思議な国だった。


82: 2020/09/27(日) 19:16:05.38

>>72
陸軍と海軍が仲が良いって国あったっけ?


74: 2020/09/27(日) 19:00:52.41

つまり、戦艦は魚雷数十発耐えてた武蔵より
アイオワが最強ってことですね
ダメージコントロールのためにCICの原型導入してたし
現代の軍艦にはほとんどある


77: 2020/09/27(日) 19:03:03.64

>>74
ゼロ距離射撃で大和装甲板撃ち抜いて
アイオワ最強!すか。


116: 2020/09/27(日) 21:20:39.93

>>77
宇宙戦艦じゃない大和の主兵装は重巡洋艦のおさがりの副砲ですから
それがなかったらそれできるやろうなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


75: 2020/09/27(日) 19:00:57.80

その時の社会情勢、技術力、基礎工業力、
それらを無視して今の視点で論じてもな。
こういうのを、後出しジャンケンって
言うんだよ。


85: 2020/09/27(日) 19:19:50.30

ピラミッドや万里の長城がどれだけ稼いどるおもてんねん
いまでも大和があったらかなりの稼ぎ頭やぞ


89: 2020/09/27(日) 19:32:13.25

大鑑巨砲主義が蔓延する中で航空主兵論を主張した五十六は偉大だと思うがな


90: 2020/09/27(日) 19:37:08.58

魚雷も爆弾も雨のように降ってくるのだから
船体の構造が天才的だとしても沈まないはずがないわw


91: 2020/09/27(日) 19:39:38.76

>日本が乏しい国力を傾けて建造した戦艦大和は、ほとんど出撃しないまま
活躍する場面はいくつもあったが、出し惜しみしすぎだわw


161: 2020/09/27(日) 23:36:07.60

>>91
先が読めない戦況だし燃料の余裕もない
だから無暗に動かせないのだよ貴重な戦力なんだから
戦争の行く末を左右する決定的な局面となる合戦が存在する…。それを決戦思想という

それがいつだったのか、それは当時の人にはわからないのだ
ポートモレスビー攻略が決戦だったのは後知恵でしかない


92: 2020/09/27(日) 19:41:03.84

そんなことより米軍が使用する炸薬の質が向上したのが大きいだろ
TNTからトーペックス(HBX爆薬)に変更してる
威力が増大した爆薬を使われた日本艦艇の生残性が落ちるのは当たり前


165: 2020/09/27(日) 23:46:03.72

>>92
正解を言ってしまったね
TNT換算400kgの爆発に耐える防御などない


94: 2020/09/27(日) 19:45:37.57

シフト配置採用のおかけで1軸運転が可能で、生き残ったのた有名な艦は竹だな。
艦長の宇那木少佐が経過伝記を残してる。


98: 2020/09/27(日) 19:50:39.42

日本生き残りの旧軍人さんがアメリカのシフト配置を羨ましがり
アメリカの研究者がアンマ効果が無かったと結論してるヒトが多いのは面白いトコロ。


109: 2020/09/27(日) 20:28:29.20

大和や武蔵などはじめとした後発の軍艦はかなり性能は高かったと思うぞ。
戦い方が極めて古かった。特に雷撃に対して弾幕をはるアメリカの合理主義
は見習うべきだった。


112: 2020/09/27(日) 20:53:59.98

>>109
弾幕貼りようがないだろ

弾倉式でどうしろってんだよ


114: 2020/09/27(日) 21:02:12.12

>>112
その通り。そこを改善すべきだった。
弾倉式でもベルトを巻くなどの工夫を
して弾幕をはれるよう努力すべきだった。


126: 2020/09/27(日) 21:47:56.03

戦争は科学力と経済力の両方が必要
同等の経済力同士の国なら科学力が勝る方が勝つし
同等の科学力なら経済力が勝る方が勝つ

日本は国力に差がありすぎてどっちみち負けてはいただろうけど
アホを放置する国は弱い


128: 2020/09/27(日) 21:55:27.89

「伝声管」でしょう?
ヒラガの設計した日本海軍艦たちは、この伝声管という装置のおかげで浸水が早く
沈没しやすい設計になっていたとは当時のヒラガ設計艦に実際に乗り組んでいた士官、下士官兵たちの
共通の認識です。合衆国にとってはヒラガ・サマサマですよ。


133: 2020/09/27(日) 22:05:35.44

>>128
伝声管なんてどこの国の艦にもあるでしょ。
艦内の連絡のために必須の装備。


129: 2020/09/27(日) 21:56:01.37

これは良い記事

一般軍オタはクソ


144: 2020/09/27(日) 22:44:18.94

太平洋の真ん中で、アメリカとの艦隊決戦に負けない船を作れ、で作ったんだから
求められた仕様は満たしていたのでは?

要求された仕様が間違っていただけだろ


145: 2020/09/27(日) 22:44:43.33

アホな話だね
魚雷くらってまともに動けなくなったなら
どのみち追撃くらってやられるさ


157: 2020/09/27(日) 23:30:06.34

ドイツがUボートでやった群狼作戦のように、連合軍側の輸送船ばかり狙い撃ちして、ゲリラ戦で敵を疲弊させれば良かったのに逆に日本がやられてたんだからそりゃ負ける。
華々しい正々堂々の正規戦に拘ったのが大間違い
どうも相手に嫌がることが出来ない民族性みたいだな


162: 2020/09/27(日) 23:40:46.37

ゼロ戦の防御軽視は知っていたが 戦艦空母も似た思想があったんだなあ タービン ボイラー1系統は知りませんでした


166: 2020/09/27(日) 23:49:38.88

基礎的な技術力が足りなかったために、どこかで無理をしなければならなかった
船も飛行機も同じ


168: 2020/09/27(日) 23:56:32.38

言われてみれば伊号潜水艦もチハ戦車も同じだな
政治家でなく軍人ならびに設計者に何か今の時代から言うのは無益やね。


173: 2020/09/28(月) 00:05:19.10

単に制空権を取られたからで、別に船のせいじゃないような


174: 2020/09/28(月) 00:05:53.08

松田千秋少将が1万人いたら勝てた。


175: 2020/09/28(月) 00:06:32.44

まあ何だかんだ言って、客観的に見れば、あの時代に空母機動部隊を運用して、ソ連も中国も手が出せなかった世界最強のアメリカ軍以外には負けてないんだから、やっぱ凄いw


183: 2020/09/28(月) 00:23:20.19

大和の代わりに戦闘機を500機つくっていればあそこまでやられなかった。


188: 2020/09/28(月) 00:34:37.79

>>183
本土決戦用に飛行機は充分に用意されてたと聞いてるけどね。

問題はその飛行機を飛ばす熟練度パイロットが度重なる激戦で大勢戦死しており、相当数のタンカーを沈められて訓練用の燃料も極度に不足していたので彼らの代わりとなる優秀なパイロットが育てられなくなってた。


192: 2020/09/28(月) 00:50:30.11

>>183
使わず終いとなったがアメリカも中国国内に国籍偽装させた自国の戦闘機部隊を配備していたらしいし、海戦ではなく空戦有利の距離と立地に持ち込まれた時点でどのみち勝ち目はなかった


184: 2020/09/28(月) 00:26:13.18

ミッドウェー海戦に大和の代わりに
空母がもう一隻あれば日本が勝ってたのに


186: 2020/09/28(月) 00:33:10.74

>>184
島攻略なんか放棄して艦隊決戦を想定して索敵を倍にしてればそもそも勝ててた


193: 2020/09/28(月) 00:50:54.24

>>186
大和と空母の位置が逆なら勝てた


194: 2020/09/28(月) 00:54:19.52

>>193
それも言える みずから選んだ早期決着であのポジションはやはり無いわな


197: 2020/09/28(月) 01:07:16.94

>>184
ミッドウェーだけ勝っても意味ない
むしろ敗戦が遅くなって原爆が余分に落とされかねない


191: 2020/09/28(月) 00:42:41.87

軍艦ではないけど戦時標準船があまりにも酷すぎる
状況考えたら気持ちは分かるけど本当に実行するのがまあなんとも


引用元 : 【科学で検証】「造船の神様」の過ち…太平洋戦争中、日本の軍艦が次々と沈没していったワケ  [すらいむ★]