gourmet_man (1)


1: 2008/11/28(金) 21:05:00

美味しんぼの料理を考察するスレッド


関連スレッド
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/comic/1226505885/l50(漫画板)
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1206268972/l50(懐アニ平成板)


13: 2008/12/09(火) 21:20:40

美味しんぼの料理の知識って、
良いのですか?


15: 2008/12/10(水) 11:18:52 BE:290803384-2BP(12)

>>13
料理初心者にとって・・・有用な知識も少なくは無い。しかしその合間合間に
嘘や勘違いや偏見の類が大量に差し込まれている。なので
嘘を嘘と見抜けない初心者にとっては全く価値なし。

中級者にとって・・・あたりまえの知識が大半。時々「そんなの初めて聞いた!」
みたいなことが出てくるがそういうのは結局ほとんどが捏造。
よって知識としては役に立たないが、騙しのテクニックを知るには悪くない教科書。

上級者にとって・・・知ってて当然の情報と、トンデモ本や電波サイトで
さんざんガイシュツの偽情報だけで構成されている。当然無価値。


14: 2008/12/09(火) 21:24:31

知識それ自体に良い悪いはない


19: 2008/12/11(木) 16:50:41

有名なのは、捕鯨推進派=山岡一派 捕鯨反対派=その回しかでない頭悪そうな悪役顔の一発キャラ で
山岡マンセー・悪役(人柄も悪い)コテンパンという、漫画として最悪のストーリーを書いた事
捕鯨反対派の言い分は「鯨は頭いいから食ったらだめ」のみで、宗教感や思想感に関してはフォローなし
あと南京大虐殺についてとか・・・


20: 2008/12/12(金) 20:32:17

>>19
具体的にどんなストーリーだったの?


21: 2008/12/12(金) 21:05:22

>>20
アメリカ人をだまして鯨肉を食わせて泣かせて脅迫する。


22: 2008/12/12(金) 23:59:46

アメリカ人(ブラックさんたったかな)がある日山岡に
「日本人が鯨を食べるのだけは理解できない。野蛮だ
鯨なんて美味しくない。わざわざ食べなくてもいい」と言い出す

山岡と栗田の会話で鯨は減少してないと説明がはいる

ブラックさんを食事に誘い「何の肉かあててごらん」と鯨を食わす
激怒ブラックに「今初めて鯨を食べたのなら何故あの時「美味しくない」と言ったんだい」
と揚げ足取りで黙らせる

新聞社の関係でアメリカの捕鯨団体来日
「鯨を食べる日本人は野蛮」とばかり言う

アメリカ人に日本文学を楽しんでもらおうとからくり人形芝居を見に行く

「素晴らしい」と絶賛のアメリカ人
だが人形に鯨の髭が使われてると知り「そんな文学無くなればいい」と掌を返す

「その髭はアメリカが輸出してる。アラスカで鯨食ってるから」と山岡が颯爽と口を挟む

「アラスカはアメリカじゃない!」と思わず口走る捕鯨団体
しかしその矛盾に周りの人達は捕鯨団体に白い目を向ける
「捕鯨団体があんな人達だったなんて…」とがっかりブラックさん

「鯨うめえwww」と鯨食べるブラックさんでオチ

五年以上昔の記憶だから細部は違うだろうけど大体こんな感じ


23: 2008/12/13(土) 00:06:30

>>22
敬虔なイスラム教徒に豚肉料理食べさせて「うまかったろう?」とか
いう馬鹿者の話を思い出して不愉快になった。
相手の信条を無視して物を食わせるなんて雄山はなんとコメントする
だろうか。


812: 2020/10/19(月) 12:54:16.35

>>22
ブラックさんじゃなく、ジェフ。


24: 2008/12/13(土) 00:15:54

突っ込み所箇条書

・鯨を食う文化を説くが、鯨を食わない文化・思想についての説明はなし
→「捕鯨駄目って言う奴は鯨が増えてる事実と鯨を食う文化のよさがわかってない」と取れるような流れ
・鯨を食べたくないブラックをだまして鯨食わす
→豚肉を食べちゃいけない人を騙して食べさせるにも似た行為
・キャラ作りに悪意を感じる程反捕鯨団体が馬鹿で性格悪い
→山岡一派が正義で反捕鯨団体が悪者になる
→しかもストーリーも反捕鯨団体が悪者なストーリー・大体反捕鯨団体を鯨の髭使ってる文学に触れさせるってどうよ?それってハメてない?
・しかも赤っ恥かかせる為にそこに連れていってない?どうよそれ

ぱっと思い付くだけでこんだけ


25: 2008/12/13(土) 03:28:45

ブラックさんじゃないよ。ジェフだよ。
あと、文学(ぶんがく)じゃなくて文楽(ぶんらく)w


26: 2008/12/13(土) 08:54:47

あと、日本国内の話でも、
僧侶の修行で、肉食等を禁止されているのに、
肉食させた話もあったような。
結末は、そんな禁止事項がなくなればいいとかいう話。
うろ覚えだけど。


37: 2008/12/16(火) 22:46:37

>>26
坊さんに食わせようとしたのはニンニクの類じゃなかったかな。というか結局坊さん食ってないと思うんだが。
山岡曰く食い物断って得た悟りなんて意味が無い。煩悩でまくりの中で得た悟りこそ本物じゃないとかなんとか。


38: 2008/12/17(水) 20:35:34

>>37
詭弁にもならん台詞だけどな。
「煩悩でまくりの中で得た悟りこそ本物じゃない」というのは、
理想論でしかないから、
僧侶達は、規律を作っているわけで。


27: 2008/12/13(土) 13:32:15

別にマンガに主張があってもいいだろ。
鵜呑みにする奴がいるならそいつが悪い。


28: 2008/12/13(土) 15:46:26

鯨を食べる文化を主張・推進するのはいいけど
反捕鯨派を完全な悪者にするのはどうよって話だろ
名誉毀損になりえるぞ


29: 2008/12/13(土) 16:02:47

あの話を英訳してシーシェパードの本部に送ってやれ


30: 2008/12/14(日) 05:03:44

宗教で食べない人は食べるなとは言って来ないが反捕鯨団体は食べないことはおろか捕獲するなとまで口を出してくる
しかも実際に活動してるのは本体が環境保護の皮を被ったヤクザであることに気付かないかわいそうな人達


31: 2008/12/14(日) 05:30:18

作者も長いこと書き続けてるせいで考え方も変わってきてるのか
今現在はそんなにひどいことはない


33: 2008/12/14(日) 14:33:09

ドレッシングについての考え方は
変わってきているんだっけ?


34: 2008/12/14(日) 18:04:33

ナタデココとイカの刺身が似てるとかいう寝言があったような


39: 2008/12/19(金) 10:09:26

やっぱり最強の料理は、蓋をして半熟に蒸し焼きした目玉焼きじゃないか?


813: 2020/10/19(月) 12:56:28.68

>>39
その方式、黄身の表面が白くなるんよね。
目玉焼きの愛らしさが失われるので、わしはもうやってない。


40: 2008/12/20(土) 20:27:10

豚カツは、どの厚さが最高の旨さを引き出す?


43: 2008/12/26(金) 08:33:14

>>40
5mmもしくは5cmかな。
どっちも捨てがたい。


46: 2008/12/27(土) 19:08:43

>>43
かなり厚さが違うようだが、
それぞれどんな食感なんだ?


44: 2008/12/26(金) 08:40:09

>>40
薄いと、衣にも肉の味が移って美味いよなw
俺は、トンカツの衣が大好きで、衣を食う為にトンカツにしてるようなもんだから、肉の方はいつも半分ほど猫にくれてやってるなw


45: 2008/12/26(金) 18:47:12

脂身の多いロースカツは薄切りがいい。
しかし脂身のないヒレカツは厚切りがいい。棒ヒレカツ、最高!


47: 2008/12/28(日) 03:14:24

5mmはハムかつみたいに衣を楽しむもんです。

5cmは低温~高温で二度揚げし、肉のジューシーさを楽しみたい時に。

5mmは山岡が考え、5cmは味っこが考えた。


48: 2008/12/28(日) 05:31:39

薄切り肩ロース肉を4,5枚重ねて作ると、肉のジューシーさと衣の美味さの両方が味わえて良いぞw


49: 2008/12/28(日) 06:22:57

ああ、それも良いんだけど、灰汁が肉の間に溜まるのが嫌い。


50: 2008/12/29(月) 13:00:48

ソーライスの回は何巻ですか?ググッとしてもわからないです?


54: 2008/12/30(火) 00:12:57

>>50
つ30巻第6話「恥ずかしい料理」


51: 2008/12/29(月) 13:25:32

なぜかな?

美味しんぼや味いちもんめの料理漫画は食欲が湧かない


58: 2009/01/18(日) 18:45:34

湯豆腐をするときに昆布をうんと煮続けてダシをとるって手法もあるらしい。
たしか精進料理のやり方だったと思う。


68: 2009/02/27(金) 09:12:53

>>58
家の両親は岐阜県出身なんだけど、家の母親の作る湯豆腐は
昆布を一口大に切って鍋に入れて具材の一つとして食べてしまうよ。
昆布は出汁昆布の時もあるけど、おでん用の結び昆布の時もある。


72: 2009/03/30(月) 13:00:56

>>58ウチは前の日に昆布を水に浸けておいたダシを使う。昆布本体は入れてないなー


69: 2009/02/27(金) 11:41:05

美味しんぼだかクッキングパパだか忘れたけど、沸かした海水でキャベツを茹でる料理があった。

感想は「まぁ、おいしい!」


絶 対 に 嘘


71: 2009/03/30(月) 08:10:33

>>69
うーん。しょっから過ぎて食えんだろね。


73: 2009/03/30(月) 13:09:07

>>69汁を飲むわけじゃないんだし、キャベツなんて生で食えるんだから適度に味がつくくらいに煮れば美味しいかもよ。
「まぁ(それなりに)美味しい」というならばあり得る。


70: 2009/03/01(日) 10:26:36

原作やアニメ版を見ていてスーパー食いしん坊や味っ子と同じく
あくまでもマンガでの演出であってあんな料理できっこないと思っていたけど、
劇場版やTV版で実際に作れるのを見て素直にすごいと思った。
レシピ本を買ってきて作ってみるとけっこう美味しいしね。
ただし、金に糸目を付けない料理が多すぎるよな。


74: 2009/03/30(月) 15:59:52

生の海水沸かすとアクが凄いよね


78: 2009/03/31(火) 12:06:04

ゆでたタピオカにバラのジャムを加えたシロップをかけたものを作ったら、
良い香りで非常においしかった。
悪阻がひどくて何も喉を通らないご婦人に作ったやつ。


81: 2009/04/06(月) 04:08:18

初期の雄山が吸い物にダメ出しするやつ。引き上げ昆布とかってダシ出ねーだろ


83: 2009/04/06(月) 11:06:05

>>81
すげー高級な昆布だと違うとか
材料重視な料理も多いしね


86: 2009/04/07(火) 04:08:36

>>83
羅臼の特上(7000/K)でやったが駄目だった。今度暇な時には白板で試してみるが期待はしてない


88: 2009/04/07(火) 05:34:53

>>81
吸物にそんなことしても意味無いのでは?
魚を炊く料理ではないのかな。それならわかる。


91: 2009/04/11(土) 20:20:01

>>88
多分おっしゃるとおりの使い方だと思います。問題のシーンで山岡は
魚を煮るのに使う出汁は、魚の味が二つ重ならないように鰹節を使わず
昆布だけで取ると述べた上でやってますので。


84: 2009/04/06(月) 19:48:28

作品に詳細なレシピが付いてきた試しが無い。
目玉焼き丼くらいなもんか?


85: 2009/04/06(月) 19:54:56

>>84
クッパパとかのレシピ漫画とは違って
美味しんぼは あくまで料理ウンチク漫画なので
実際に作る事は重視してないんだろう

そもそも 作中で使った素材が手に入るかも怪しいし


87: 2009/04/07(火) 05:23:11

引き上げ昆布って、ああいう技法は実際の日本料理にあるものなの?
あのやり方は、目の前で獲れたばかりの超新鮮な魚の旨味を最大限に生かすにはいいだろう。
でも普通は、ちゃんと水から入れて沸騰してきたら取り出す出しの取り方が一番だと思うけどなw


118: 2009/12/19(土) 13:10:33

>>87
最近じゃそれも否定されはじめてきたらしいね。
一番美味しく出汁をとるのは低温で1時間くらいおいとくのがいいそうだ。
なんかコーヒー見たいだなとか思ったんで印象に残ってる。
出汁は水出しがスタンダードになる日がくるのかな


814: 2020/10/19(月) 13:01:25.00

>>87
昆布から出汁を引くには、科学的には60度で1時間が「効率がいい」らしい。
樋口、昆布で検索。
 
だが濃くとれれば良いというわけでもないよ。
料理によって使い分け。


89: 2009/04/07(火) 19:18:25

鮭チャーハンは簡単で美味しかったよ。


92: 2009/04/27(月) 08:20:36

塩梅の話で塩だけで吸い物をつくるって話もどーなんだろうなぁ。


93: 2009/04/27(月) 12:44:04

味平が塩だけで吸い物作ってたな


98: 2009/07/06(月) 23:24:03

子供が産まれたあたりから嫌な感じになってきて
飛沢が出てきてトドメをさせられた
いまはマンキツ行っても読まなくなった


103: 2009/08/12(水) 21:53:01

100巻前後の話で、雄山が豆腐ハンバーグに斬新さを感じて感服したエピソードが
あったけど、なんかもーね・・・。


105: 2009/08/13(木) 05:08:18

シャブスキーはマンモスおいP!


108: 2009/09/26(土) 04:26:25

>>105
まったくそう思わんね
電波な首相が続いたからな まぁお前とおれとでは意見が違う
食を通じて社会が見える、という基本的視覚を最初に提示した作品として
おいしんぼは歴史に残るよ

たとえいろんなオカシナ・間違った・食情報があってもね


119: 2009/12/21(月) 08:47:42

昆布の出汁を水出しつーか、一晩つけとくのは普通に技法としてあるよ。
アクのないスッキリまろやかした感じになる。・・と言われたけど、

時間掛かって面倒だし茹でるのと対して変わらないからやらないだけじゃね。


120: 2009/12/21(月) 19:05:19

寝る前に鍋に水張って昆布を放り込むだけじゃないか。
どこが面倒?
時間がかかるたって、その間、寝てりゃあいいだけだぞ。


121: 2009/12/22(火) 03:32:34

いや、場合によっては食中毒菌の繁殖につながる場合もあるから、料理屋では、普通やらんかも。


122: 2009/12/22(火) 10:06:41

>>121
冷蔵庫に入れときゃいいじゃん。


123: 2009/12/22(火) 10:26:16

料理屋では急にダシが足らなくなって急いで引かなきゃいけなくなる場合も
けっこうあるんです。
だから一晩置くやり方をデフォにするよりは
なるべく短時間できれいな濃いダシを引けるやりかたをデフォにしといた方が
何かと都合がいいのです。


125: 2009/12/25(金) 19:43:32

味噌汁用に煮干しを水に入れて冷蔵してるけど、ちゃんといい出汁が出てる。


129: 2010/01/24(日) 14:50:43

目玉焼き丼美味しかった


134: 2010/05/23(日) 08:31:47

無農薬で作った野菜は美味しいですかw


815: 2020/10/19(月) 13:03:54.93

>>134
そこは味よりは思想だな。
思想を強弁するために美味しいと言ってる。


137: 2010/07/19(月) 20:03:08

本村との米勝負のとき

1.米の産地と同じ水で炊く
2.田んぼで初めてとれた【初米】を使う
3.唐人が少年期過ごしたふるさとの米

この条件で作れば負けなかったんじゃないかと


141: 2010/08/13(金) 12:29:44

誰かポテトボンボン作ってみて下さい


143: 2010/08/24(火) 16:04:09

酒やビールなどのアルコール類関係の
美味しんぼでの記述は聞きかじり程度のものなんだっけ?


144: 2010/08/24(火) 20:21:51

まあ、赤ん坊の離乳食に「ハチミツと半熟卵のおじや」をお勧めした程度のストーリーを描いた、作者と編集者と出版社だから、その辺は推して知るべしだろうな。
ちなみに、「ハチミツと卵」の話は単行本未収録だよ。あったりまえだけどさ(笑)。


146: 2010/09/05(日) 09:01:59

>>144
その話まえに探してみたけど見つからなかった。
出回ってないのかな。読んでみたい。

美味しんぼの料理は、簡単なやついくつかつくってるけど、
どれもおいしかったよ。


147: 2010/09/05(日) 20:40:10

>>146
あまりの馬鹿馬鹿しさと誤謬の滅茶苦茶さから、単行本未収録ですよん。
今さら読めぬ。


150: 2010/09/09(木) 22:36:58

美味しんぼの料理漫画をメジャー化した功績は認めなければならない。


引用元 : 美味しんぼの料理を考察