family_kakeizu


1: 2020/11/04(水) 18:53:06.32

 約10万種類以上あるといわれている日本人の名字。そのほとんどが日本各地の地名、または地形に由来するという。先祖がどんな場所に暮らしていたのか、姓氏研究家の森岡浩先生にお話をうかがいながら、名字から探っていこう。

■名字は大字小字の小さな地名からつけられた

 名字が農民にまで広がった室町時代、親戚縁者はみんな近所に寄り集まっ暮らしていた。名字の由来の約8割は地名だが、その名字も市や郡レベルではなく、大字(おおあざ)・小字レベルの狭い地域の地名が多く使われている。

■「渡辺」--大阪中之島・嵯峨源氏

 日本人の名字ランキング総合順位5位の「渡辺」は、大阪市中心部の中之島地区が発祥地だ。この辺りは淀川から海に向かって開く土地柄で港として栄え、「渡しの辺り」という意味で「渡辺」という地名になったといわれる。

 この地を治めていたのが嵯峨源氏一族の武士で、渡辺という名字を名乗り始めた。彼らは水軍として力をつけ、各地に移住し、その名を全国へ広めた。

■「佐々木」は滋賀、「長谷川」は奈良「初瀬川」

 名字ランキング13位の「佐々木」は、今はすでになくなってしまった滋賀県の同地名が発祥である。

 ランキング34位の「長谷川」のルーツも明らかで、奈良県桜井市の初瀬川(はせがわ)周辺である。この川は東西に長い谷に沿って流れていて、「長谷」と書いて「はつせ」と読んだ。そのうちに「つ」の音が落ちて、「はせ」と呼ばれるようになり、「長谷川」が誕生した。

■「三浦」は神奈川・桓武平氏、「金子」は埼玉

 「三浦」「金子」という、比較的メジャーな名字も、発祥の地がはっきりしている。「三浦」は神奈川県の三浦半島で、ここに暮らしていた桓武平氏の三浦一族が全国へ広がった。「金子」は埼玉県飯能市の地名だ。

※省略

 昔の日本人にとって、稲作に適した湿地は大切な場所だ。
 湿地は北関東の方言で「あくつ」と呼ばれ、「阿久津」「安久津」という見栄えのいい漢字を当てたり、意味を重視して「圷」と書く場合もある。

 一方、西日本の方言では湿地のことを「ふけ」と言う。
 「福家」「富家」「浮気」「泓」など、漢字ではさまざまに書くが、すべて同じ湿地である。つまり「あくつ」さんも「ふけ」さんも、音で聞くと、まるで違う名字だが、ともに湿地に由来するという共通点があるのだ。

■昔の一等地は「谷間」だった

 ひとつの地名にたくさんの家がある場合、土地の有力者、支配者とその一族が地名を名乗ることが多かった。
 それ以外の村人は、自分の家のある場所の地形や方角などで区別をすることがほとんどだったという。

 中世の日本人は、谷間に好んで暮らしていた。

「昔の一等地は谷間です。平野の真ん中に住んでいると、四方から敵に攻められますが、谷なら入り口だけ守ればいいですから。また谷の真ん中には川が流れ、魚が獲れますし、水田を作りやすい。昔は水道がないので、水場の遠くには住みにくい。また谷の周囲には山があり、薪(たきぎ)が採れる。生活必需品がすぐ手に入るのです」(森岡)

 この頃の村人たちは「山」に囲まれた「谷」に住み、「森」や「林」などを利用して薪を採る。近くを流れる「川」や「池」を利用して「田」を耕し、「米」を収穫する。そんな当たり前の生活から生まれた名字が「山田」「谷川」「小川」「池田」「米田」「森」「小林」「木村」などだ。

※省略

 日本は平野が少ないので、昔から山の中腹あたりまで開墾して棚田を作り、耕地面積を増やしている。そのあたりに暮らした人を「山中」と呼び、山の麓に暮らすと「山下」、山の入り口なら「山口」となる。

 昔の人は地形の変化に敏感で、それぞれ名前をつけている。

 「岸」という言葉は、今なら水辺の川岸などを想像するが、もともとは地形の変わり目を指している。
 平地と山の境目などに田があれば「岸田」となり、そこに川があれば「岸川」だ。

 山の稜線の出っ張っている部分は「さき」と言い、「山崎」という名字になる。ここに神社があれば「宮崎」、寺があれば「寺崎」と呼ばれる。

 急な崖地も、住民にとっては気になる地形だ。これは「くら」と呼ばれており、古い大和(やまと)言葉である。
 平安時代以降、漢字が広く使われるようになってから「倉」「蔵」という当て字をするようになっていった。(続きはソース)

10/31(土) 19:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201031-00699459-besttimes-life
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201031-00699459-besttimes-002-1-view.jpg


34: 2020/11/04(水) 19:04:26.44

俺の名字、50人しかいないのに、
>>1 で触れられてビビったわw


49: 2020/11/04(水) 19:06:45.54

>>1
こう言うのおもろいな


152: 2020/11/04(水) 19:24:48.99

>>1
渡辺や渡邉や渡邊より渡部の方が古く、渡部はワタナベ姓の源と言われている
飛鳥時代に川や海の舟渡しを仕事にしていた人たちにつけられた、「渡し部」が改変した俗称から生まれた姓である


210: 2020/11/04(水) 19:35:43.04

>>1
大本は源氏、源氏性が多すぎるからと別れた姓。
鬼退治で鬼の腕を切り落としたのが先祖。


249: 2020/11/04(水) 19:42:43.47

>>1
室町時代までの城は確かに谷間、城跡として残っているのをよく見る


290: 2020/11/04(水) 19:48:49.59

>>1
全部明治維持後の名字っぼい
戦国武将で聞いたことないのばかりだし


361: 2020/11/04(水) 19:56:00.77

>>290
戦国といえど、有名レベルの武将はそこそこ良いとこの
血筋の人が多かったりするんで、下々には珍しい氏が多いね。

手紙、その他資料に出てくる武将を可能な限り網羅した戦国武将名鑑
みたいな本見たら、パシリ、モブキャラ相当の武将だとなじみある苗字。


4: 2020/11/04(水) 18:54:19.48

大抵は地名だよな


10: 2020/11/04(水) 18:56:41.32

金子って青梅だろ


458: 2020/11/04(水) 20:10:25.42

>>10
入間市だべ


660: 2020/11/04(水) 20:42:26.97

>>10
飯能市の隣の入間市だな
狭山茶の茶畑だらけだわ

飯能市は、むしろ小能っていう神主系の名字が有名だわ


11: 2020/11/04(水) 18:57:06.49

まずアザがわからん。俺は城下町で産まれたからな


14: 2020/11/04(水) 18:57:20.27

俺の苗字は「裸」なんだけど
どう言う由来だろか


63: 2020/11/04(水) 19:08:58.20

>>14
人が果物盗んでるように見えるな。南越系渡来人にほぼ間違いない。随分希少種だがw


69: 2020/11/04(水) 19:10:16.51

>>14
全羅道から来たという意味


76: 2020/11/04(水) 19:11:08.84

>>14
ターミネーターだろ


80: 2020/11/04(水) 19:12:28.63

>>14
ご先祖様が飲んだらすぐ脱ぐ派だったのか?(´・ω・)


750: 2020/11/04(水) 20:58:57.76

>>14
波高から転じてとかじゃないのか


902: 2020/11/04(水) 21:26:09.44

>>14
知恵の実を食べたときに気づいたんだろ
服を着てないことに


17: 2020/11/04(水) 18:58:28.17

嵯峨源氏の渡辺氏は中世日本でも珍しい名前が一文字が多い。

佐々木は宇多源氏で近江源氏とも言われる血筋で六角、京極、尼子が佐々木御三家。


20: 2020/11/04(水) 19:00:02.50

本物の渡辺さんは新潟に行ったよな


で、土地の名をもらった人は摂取村の役人かな?


23: 2020/11/04(水) 19:00:32.82

口をグチと読む名字は
山口、川口、田口の三つだけ

これ豆知識な


38: 2020/11/04(水) 19:04:56.63

>>23
関口さんは?


40: 2020/11/04(水) 19:05:40.88

>>23
谷口がある。
うちの町内の谷口姓は同和だけどw


48: 2020/11/04(水) 19:06:42.36

>>23
井口、沢口、出口、他たくさんあるけど


50: 2020/11/04(水) 19:07:05.50

>>23
坂口もあるけど
お前の世界…


143: 2020/11/04(水) 19:23:31.09

>>23
樋口、江口、野口、木口、西口…。まだまだありまっせ。


36: 2020/11/04(水) 19:04:41.76

日本人のお名前という番組の方がレベルたけえーーー

まああっちは水呑み百姓が明治なって地域の偉いさんの苗字を役所に出した事実を無視してるが
こっちもか 明治以前小作百姓の三浦も多いはず


43: 2020/11/04(水) 19:06:12.23

>>36
水野や石田もな


104: 2020/11/04(水) 19:16:26.87

>>36
地域のお偉いさんの苗字を勝手に名乗ることは無理
なぜなら役場もその地域のお偉いさんが運営してたから
許可取らなきゃ認められなかった
もちろん、認めてくれた例もあるやもしれぬが極めて稀な例
その地域とは全く無関係なお偉いさんの苗字登録はできたと思うが、それも役所の匙加減次第
偉いさんは嫌がらせしようと思えば幾らでもできたし、実際にした


595: 2020/11/04(水) 20:32:20.28

>>104
東北にやたら阿部が多い地区があるが大半は元は小作百姓。
正規の阿部は子供に教育費用もかけ旧帝大とか行ってたようだが全ては敗戦でそういう家はプライドだけが残った。
百姓系の阿部と変わらない新制高校にいき日東駒専以下の大学に進み。人生いろいろ。


39: 2020/11/04(水) 19:05:38.74

埼玉出自で渡辺村で渡辺を名乗ったねだから関東にいる渡辺は誰?ってなる

カダが埼玉の渡辺だったよな


51: 2020/11/04(水) 19:07:09.93

系図なり何か語り継がれているいわれかあれば納得するけど、
そんなのなーんもない。苗字だけじゃねぇ。

自分は、関西に多い菅原道真など知られる菅原氏の末裔が名乗っている
苗字なんだけど、江戸時代は、完全に農民だし学問の神様を出している一族の
末裔にして自分の頭は悪い。高卒だ。


59: 2020/11/04(水) 19:08:15.94

>>51
高辻さん?


121: 2020/11/04(水) 19:19:19.66

>>59
惜しいw
次当たりそうだから書かなくていいです。


127: 2020/11/04(水) 19:20:36.96

>>121
方角がつくのか


159: 2020/11/04(水) 19:26:19.24

>>127
詮索してくれるなw
んー、福助足袋。ヒントね。




169: 2020/11/04(水) 19:27:55.42

>>159
でも愛新覚羅は名乗っても金は名乗らない


293: 2020/11/04(水) 19:48:59.13

>>169
そらな 由来考えりゃ民族的にそっち使うてなるわな


975: 2020/11/04(水) 21:37:14.41

>>51
西高辻、唐橋、五条、東坊城、清岡、桒原、前田、西坊城


58: 2020/11/04(水) 19:08:10.56

犬飼さんはいるのに牛飼や馬飼がいない気がする。


107: 2020/11/04(水) 19:17:02.80

>>58
犬飼は地名由来やからな


357: 2020/11/04(水) 19:55:19.86

>>58
作曲家で馬飼野さんがいるだろ
牛飼も馬飼もいるぞ
少ないけど


61: 2020/11/04(水) 19:08:44.56

御手洗とかどんな由来があるって言うんだよ


65: 2020/11/04(水) 19:09:45.29

うちの会社渡辺だらけで電話対応でどの渡辺かの確認が面倒くさい


67: 2020/11/04(水) 19:09:58.94

知りたいのは、阿呆な徳川幕府の誰かが名乗る事を禁止にしたから使わず忘れられたが小作百姓 商人 職人 にも皆苗字はあったらしい、
それを250年伝えて明治期に役所に苗字として届けたものにどんなんがあるか だな。


97: 2020/11/04(水) 19:15:14.86

>>67
禁止されたのは1801年
許されたのは1870年

生きてる人が結構いるんだよ


75: 2020/11/04(水) 19:11:05.25

渡辺なんて言う平凡な名前なのに鬼退治したヒーロー


79: 2020/11/04(水) 19:12:23.39

渡辺の漢字違いは?


83: 2020/11/04(水) 19:12:43.37

石田は約2000年前の第11代垂仁天皇の皇子である五十日足彦命が祖


85: 2020/11/04(水) 19:12:55.01

御先祖さんが御伽噺に出ていると真顔で言う人なんか信じるやつなんかおらんやろ


92: 2020/11/04(水) 19:14:21.46

うちの近所は小沢さんだらけ


96: 2020/11/04(水) 19:14:54.05

金子は何十万にも居てほとんどが日本人。


101: 2020/11/04(水) 19:15:40.62

金子より渡辺のほうがZは多い


103: 2020/11/04(水) 19:15:55.85

うちは明治より前の記録がないけど名字が平家の末裔が隠れ住んでた場所から来てるからうちは平家の子孫かもしれないってよくじいちゃんが言ってた


140: 2020/11/04(水) 19:22:55.06

>>103
ウチの先祖は源平合戦で敗れて四国の山奥に逃げ込み、だいぶ経ってから徳島市に出てきたらしい
800年近い時を経て祖父の代に神戸に戻った


171: 2020/11/04(水) 19:28:20.67

>>140
うちの場合は何を思ったか更に山の奥の方に…(´∀`;)


105: 2020/11/04(水) 19:16:36.36

鎌倉って言う人がいたけど
鎌倉出身じゃなかった
大阪なおみが大阪出身じゃないみたいなことなのかな


117: 2020/11/04(水) 19:18:33.54

>>105
山梨さんはなぜか静岡に多い


158: 2020/11/04(水) 19:26:05.76

>>105
鎌倉って地名が全国にあるんだよ


795: 2020/11/04(水) 21:08:47.70

>>105

○ 大坂なおみ


106: 2020/11/04(水) 19:16:45.48

赤星とは、元寇の合戦の際、菊地藩第十代藩主菊池武房とともに奮戦した実弟の菊池有隆が、来ていた白の衣一面に敵の返り血を浴び、あたかもそれが星のようであったことからときの亀山帝より赤星姓を賜ったとされている。

格好良くね?(´・ω・`)


120: 2020/11/04(水) 19:19:13.09

>>106
こえーよ(;´Д`)返り血を浴びて仁王立ち…


110: 2020/11/04(水) 19:17:37.72

道民だがうちの家系調べたら元は福島県の武士だったわ


114: 2020/11/04(水) 19:18:05.19

渡辺さんと斉藤さんは
漢字を統一しろよ
特に意味ないんだろ


563: 2020/11/04(水) 20:26:24.38

>>114
斉藤ですがホントそれ。遡ると戸籍によって書き方微妙に違うとかありえん。先祖適当すぎる


571: 2020/11/04(水) 20:27:46.26

>>563
本家と分家を見分ける為に漢字を変えさせてた


574: 2020/11/04(水) 20:28:13.92

>>114
サイトウ系は知らんが、渡部と渡辺(渡邉、渡邊)は違うよ


124: 2020/11/04(水) 19:19:34.98

昔 家系図の押し売り業者のDMが来たんだが、一番上が「神武天皇」で笑ったわ
もう少しマシな嘘をつけ、と


145: 2020/11/04(水) 19:23:33.76

>>124
一番上がアダムとイブよりましじゃん。


146: 2020/11/04(水) 19:23:34.31

山田の俺のルーツは?


255: 2020/11/04(水) 19:43:23.41

>>146
どうあがいても農民だよね 俺たち


273: 2020/11/04(水) 19:45:53.52

>>255
一説によれば百姓で田の入った姓をもらえた人は少なかったらしいけどね

この説が嘘の可能性もあるが


引用元 : 【歴史】「渡辺」「金子」「佐々木」「長谷川」…自分の名字に祖先のルーツ [樽悶★]