animal_crocodile_wani


1: 2013/10/31(木) 12:11:23.12 0

ウィルスとか細菌はなしで
蝗害とか戦時中にジャングル行った兵が虫やワニにやられまくったのか


2: 2013/10/31(木) 14:11:14.98 O

やっぱり「蚊」じゃないかな。
例えば、パナマ運河を造る時、無理やり連れて来られて働かされた中国人がマラリアでバタバタ命を落とした。
開通までにかなりの年月がかかったと思う。詳しい事は知らない。


3: 2013/10/31(木) 14:41:27.21 0

>>2
ググったら蚊退治のためだけに水源にオイルの膜張ったり森林ぶっ壊しまくりだったんだと

大戦中に沈没した船の乗組員が救助待ちの間に鮫に食われまくってた
しかもふやけてくる体を食べに小魚までもが襲ってくる


4: 2013/10/31(木) 15:52:34.73 O

>>3調べてくれてありがとう。
あんな湿地帯(しかも暑いし蚊がいる)で進んで働きたいと思う人なんて
誰もいないわけだから、
人類は
「他に選択肢がない所まで追い詰められた人々を生み出す社会構造」
を常に必要としてきたわけですね。怖いですね。


5: 2013/10/31(木) 16:33:03.34 0

>>4
現代の日本と被る・・・

そういえば3大飢饉は蝗ではなくウンカ(セミみたいな虫)が原因だった模様
朝に草が垂れるほどのタマゴがあったかと思うと夜には田んぼが黒く染まるほどの成虫が


9: 2013/10/31(木) 17:33:29.20 0

ハエトリグモとカベチョロ
日本で馴染みのアダンソンハエトリ
1cmにも満たない優秀なハンターで人間には無害
増えすぎるとカベチョロが喰ってくれる


10: 2013/10/31(木) 20:31:19.30 0

やはり、Wikipediaでたびたびホームページに表示される「地方病」の日本住血吸虫が怖い。
単なる寄生虫だと思っていたが、読めば読むほど怖い。

寄生虫の卵が体の重要部分にたまって、肝臓や脾臓が寄生虫の卵でいっぱいになり、
腹水がたまり腹がふくれ働けなくなり、やがて死を迎える。

しかも日本住血吸虫は経口感染するのではなくて、寄生虫の幼生がいる水につかっただけで
感染するという恐ろしさ。


11: 2013/10/31(木) 21:54:22.93 0

>>10
よく根絶できたな・・・
もともとそんなに強くなかったのかね?


13: 2013/11/01(金) 00:00:02.98 0

>>11
中間宿主が貝であることが発見されたのが大きい。貝を石灰で駆除したり(それでも大量発生するけど)、
水田の水路をコンクリにして固めたり(多分この工事のうまみがあって、日本全国それやっているんじゃないの?
そのため同時に絶滅した水棲昆虫は多数いたりするけど…)

そもそも、水田作るのやめて果樹を作るようにしたり…。


12: 2013/10/31(木) 23:32:26.70 O

アホな質問だけど、
人類がまだアフリカのサバンナに住んでた頃、
彼らがいちばん怖れた動物はなんだったのかな。
(脊椎動物で)。


17: 2013/11/01(金) 09:05:19.62 0

>>12
アフリカじゃなくてスマンが南アメリカのマヤ文明では
オセロット(ねこ)がかなり恐れられてたみたいだ
前時代の人間を食べ尽くした鬼とされてたw


19: 2013/11/01(金) 11:26:42.10 0

現在の被害見るにライオンは本当に危険だな
現代でさえ「人間を狩猟対象」としてるライオンは
20世紀でも人を100人単位で殺してる個体がいる
サバンナならライオンじゃなかろうか
当時の武器ならライオンは本当に殺しにくい

後は毒蛇やさそりなんかな


21: 2013/11/01(金) 12:36:04.32 O

>>17さん>>19さん
ありがとう!
やっぱりネコ科がいちばんのハンターなんですね!
うろ覚えですが、わりと最近、
ネコ科の個体としては世界最大最強と言われるアムールトラの全遺伝子解読が完了し、
その結果、アムールタイガーの遺伝子コードの98%(ぐらい、うろ覚え)は、
その辺にいる普通のイエネコと同じだと解ったそうですね。
ネコ恐るべし(笑)


25: 2013/11/01(金) 21:46:42.59 0

>>21
人間とチンパンジーの差だってそんなもんだろ
なんも珍しいこたない


31: 2013/11/02(土) 00:33:50.19 0

>>25 亜科レベルの差でもたった2%なのか


33: 2013/11/02(土) 01:06:21.50 0

>>31
ヒトとウニの遺伝子だって70%も同じなんだぞ
同じ動物界である時点で既に進化の過程を何十億年分も共有している


16: 2013/11/01(金) 04:28:51.31 0

20年くらい前まで山梨ではミヤイリガイ退治と称し、大人たちが割り箸でミヤイリガイを捕まえてたな。
子供は川で泳ぐと地方病になると脅されていた。泳いでたけど。


448: 2013/12/05(木) 06:43:29.45 0

>>16
おっ!山梨出身だが
ちほうびょうは水の中で感染するとならってきたが、感染しないの?


449: 2013/12/05(木) 07:44:54.74 0

>>448
ほうとうって今一美味しくないよね


451: 2013/12/05(木) 22:04:02.10 0

>>449
軍用レーションは美味くないものと相場が決まってる。
ここで、そんな物を何時までも・・とか考えてはいけない!


450: 2013/12/05(木) 08:41:51.87 0

>>448
最後の感染者が70年代、自分が泳いでたのが80年代。
昔は2、3日田んぼに入ると刺されてたそうな。wikiで根絶史読んだが野口英世ばりに熱かった。

ほうとうはほとんど食わなかったな。給食には出てたが。
子供の頃蕎麦屋で食べたモツ煮が旨かった。あれがトリモツだったのかな。
海も無く土地も痩せてる県だから基本的にうまいもの無し。


18: 2013/11/01(金) 10:45:48.73 0

アメリカでだったか、ネズミの大群がアパートに住み着いて住人達がアパートを放棄したというニュースがあったな。


20: 2013/11/01(金) 11:36:11.46 0

そのライオンを絶滅に追い込んでるのは人間なんだがな


22: 2013/11/01(金) 15:00:49.01 0

野生のエルザを書いて教科書にまで載った女性作家が
ライオンに襲われて死んでいるんだよなあ。


29: 2013/11/01(金) 22:34:32.94 0

人食いライオンって服を綺麗にぬがせるんだよな
皮をはぐようにぺろんとむく


34: 2013/11/02(土) 10:22:11.61 0

間接的だが赤潮(プランクトン)とかもかなりやばい
魚介類に依存していた古代日本人とかどうやって乗り切ったんだろう


36: 2013/11/02(土) 21:39:13.30 0

ヒグマ。福大ワンゲル、三毛別事件は背筋が寒くなる。


37: 2013/11/02(土) 22:00:16.24 0

そのヒグマを補食するトラ。

明治時代では、朝鮮半島のソウル付近でもトラに子供がやられていたりする。


44: 2013/11/04(月) 14:18:00.97 0

生物が細菌含むなら細菌最強だろうな
ウイルスは生き物か論議あるがウイルス含むなら細菌の次かな
その次は原虫類か


45: 2013/11/04(月) 15:52:15.17 0

よく考えたら蚊がヤバイんじゃなくて媒介するものがヤバイって話だもんな
そう考えると目に見えない生物じゃないと人間を大量死させることはできないのかも


46: 2013/11/04(月) 16:03:11.69 0

細菌だってほとんどの種類は害ないんだけどね。むしろ宿主に害をなす方が例外的。

腸内には150兆の細菌がおり人の細胞より多い。
皮膚や体内の常在細菌がむしろ人間を守ってくれる。
細菌=悪という固定観念が抗生剤の乱用、過度な殺菌を進め、MRSA、O-157を生んだ。


47: 2013/11/04(月) 16:14:02.18 0

耐性菌だって余分なコストがかかって増殖がほんの少し遅いぐらいで淘汰されるような連中だしな


71: 2013/11/05(火) 15:45:26.11 0

イナゴやバッタの類も人類に与えた被害は甚大じゃね?
蝗害は洪水や日照りと同様の天災だ。


78: 2013/11/06(水) 01:42:48.05 0

世界の猛毒生物トップ10
http://outdoor.ymnext.com/kikenn-13.html

食ったら死ぬ、ならスベスベマンジュウガニとかミツユビハコガメとか


80: 2013/11/06(水) 12:45:20.68 O

>>78
第4位のモウドクヤドクガエル
その安直なネーミングがウケました。
(「猛毒矢毒ガエル」って聞いただけで怖い)。
ある意味すがすがしいですね。
薬のCMとか見てると、
例えば○○製薬の「ナイシトール」=内脂とる
(内脂肪を付きにくくする薬)
のような安直なネーミングのがありますが、それに通じる「潔さ」がありますね。


79: 2013/11/06(水) 09:17:04.95 0

蝦蟇蛙も有毒だで。
蝦蟇の油はその殺菌作用を利用するもの。


82: 2013/11/06(水) 15:01:10.52 0

蜂とクラゲも中々人類を苦しめて来てそうですね
クラゲは毒だけじゃなく大量発生しますし


83: 2013/11/06(水) 17:33:02.28 0

日本住血吸虫。地方病に感染すると肝臓に卵を産みまくり腹がパンパンになって死ぬ。
甲陽軍艦に記載があり最近撲滅されたが、数万人は死んだと思われる。


85: 2013/11/06(水) 20:44:32.96 0

日本では熊に襲われて死ぬより蜂に刺されて死ぬ人間の方が多い


88: 2013/11/07(木) 19:41:32.83 0

>>85
あ、それで思い出したが
シロアリだなww

Gと違って直接に被害がある


91: 2013/11/07(木) 21:47:36.31 O

雑学:最も怖い蜂
単体だと日本のオオスズメバチですが、集団となると
アフリカミツバチ(キラービー)らしいです。
説明文が怖い。
「普通のミツバチは巣に近づいた者を敵と判断するのに9秒かかり、
静かに100mも離れれば追って来ません。
でもアフリカミツバチは近づいた者を0.5秒で敵と判断し、
巣の中の『ほぼ全て』の蜂がその瞬間に怒り狂って襲いかかり(その数、百万匹)、
逃げる貴方を800m以上も追いかけてきます。」

出会いたくない…。


103: 2013/11/09(土) 07:03:25.05 0

>>91
なんか完全装備の囮を使えば簡単に蜂蜜を盗れるような気がしてきた


104: 2013/11/09(土) 14:37:01.43 O

>>103さん、私は>>91を書いた者ですが、確かにそうですね。
攻撃に全戦力を投入するのは子孫を残す上でハイリスクですね。
例えばアリなどは「働き蟻」の全てが働いているわけではなく、常に10%は巣で待機している。
この10%だけを集めて巣を作らせ、また「働き者」である90%だけを集めて巣を作らせると、
(※蟻は働き蟻だけにすると一匹が女王蟻になり巣を作る)、
どちらもその内の10%が巣で待機する「怠け者」になる事が実験で解りました。
最初は研究者も謎だと思ったんですが、
これをコンピューターシミュレーションを使って10世代以上のスパンで調べた所、
一定の働き蟻を「怠け者」状態にしたほうが絶滅を回避できる事が解りました。
(これを解明したのは日本人研究者)。

実はアフリカミツバチはマッドサイエンティストが、
違う種類のミツバチを交配させて作った「人工種」なんです。


98: 2013/11/08(金) 20:02:32.11 0

そういやマラリアの病原体って細菌でもウイルスでもなく
「マラリア原虫」という単細胞生物なんだな
アレクサンドロス大王もマラリアで死んだというし、かなり歴史を動かしたと言える


111: 2013/11/11(月) 00:11:49.90 O

雑学:いちばん痛い昆虫
(なんか世界史板なのに私の書き込みは雑学・雑談ばかり…)

その名はパラポネラ、別名弾丸アリ(Bullet Ant)
説明文
「貴方が想像する全てのハチによる痛みを合わせた痛み、あらゆる種類の痛みに同時に襲われたと思って下さい。
その痛みが24時間続きます」

…このアリは進化の過程で何かに対する怒りを蓄積してきたのかな?

ちなみに私が経験した動物や虫による痛みベスト3
1ムカデ
(カッターでサクッと指を切ってアセトンをかけた感じ(良ければ試してみて下さい。痛いから。))

2キイロスズメバチ(頭に噛みつかれた状態で刺された。私を憎んでいる事がヒシヒシと感じられた。ジンジンする痛みがかなり長く続く)。

3クラゲ(泳いでいた最中だったので種類は判りません。すごく嫌な痛み。腕がみみず腫れになった)。


114: 2013/11/11(月) 10:43:46.84 0

>>111
たいしたことないクラゲでよかったね
クラゲによる死亡原因は毒死より溺れ死ぬことのほうが多い


115: 2013/11/11(月) 10:56:22.15 0

亀を岩に落として割ってから食べるヒゲワシにアイスキュロスは殺された(頭が岩に間違えられた)
これにより人間は(文化的な意味で)大打撃を受けた


120: 2013/11/11(月) 21:16:45.19 0

>>115
釈迦の死因になった豚(茸とも)、ジョン欠地王の死因になったヤツメウナギ(桃とも)も。
エルサレム王のボードゥアン1世は魚(種類不詳)による食中毒。
ランス王のテウデリク1世は狩猟中に獣に殺されたそうですが、種類が分かりません。
ルイ7世の兄の王太子フィリップは暴走した豚による落馬が死因。それで弟が苦労することに。
高岳親王が虎に食い殺されたというのは、おそらく後世の伝説ですね。正史では流砂による。


125: 2013/11/12(火) 01:35:06.88 0

>>120
家康「もう鯛の天ぷらを食べるのはやめるよ!」


130: 2013/11/12(火) 03:58:02.77 0

蝗害が一番ダメージでかいんじゃないの
有史から現代までの被害総額的な意味で


131: 2013/11/12(火) 07:51:45.32 0

鼠も病気を媒介して人間に被害を与えてる


133: 2013/11/12(火) 12:01:17.13 0

ペストは菌だしなぁ


140: 2013/11/13(水) 00:08:39.01 0

いや、そいつには触れただけで死ぬから


142: 2013/11/13(水) 00:56:47.50 0

ラッコってかなり食べる生き物らしく、
1匹いるだけで周辺のウニや貝を食べ尽くしてしまうらしい。
駆除したくても昔毛皮目当てに乱獲され絶滅の危機をむかえた為保護条約があり、
業者はハンカチを噛む事しか出来ないという状況。
可愛いけど打撃も与えてる。


143: 2013/11/13(水) 01:14:27.61 O

>>142さん、
私は神戸の須磨の水族館のラッコの所で
「ラッコが1日に食べる物(と量)」をアクリルの箱に入れて展示してるのを見た事があります。
その時私が思った事:
「なんて贅沢な物を食べてるんだ君たちは!」
あれだけの量の新鮮なウニとかホタテとかをお店で食べたら物凄い金額になる(笑)
でもラッコは可愛いかった。


235: 2013/11/18(月) 21:34:25.78 0

>>142
ラッコ刈りすぎたせいで
ウニなんかが増えすぎて一次生産者食いつくして
海の生態系が崩壊が崩壊しかけたんだぞww


144: 2013/11/13(水) 01:31:39.24 0

イルカも漁場を荒らす害獣
適度に駆除しないと漁業が立ち行かなくなる


162: 2013/11/14(木) 03:19:58.99 O

【蝗害】トビバッタの恐ろしさ

・最大で1つの群れの大きさが本州の3分の1位になった事がある。
・最大で1つの群れの個体数500億匹。重さ11万トン
・1つの大群が1日に食べる草の量1億9000万kg
・世界の人口の10%が今でも深刻な被害を受ける。

謎なのは、普段は普通のバッタなのに、仲間同士の密度が増すと、
産んだ子供が、羽の長く飛行距離が長く、草なら何でも食べる恐るべき奴となる、という点。
遺伝子的には全く同じ。
どうやって「仲間同士の密度」を知るんだろう。フェロモンみたいなのは出してないらしい。


165: 2013/11/14(木) 05:46:48.89 0

>>162
足に触れる刺激がキーになっていると聞いたが


166: 2013/11/14(木) 07:45:35.85 O

>>165なるほど!
バッタ同士で触れる機会が増える事で、
「なんかこの辺の草が減ってるみたいだな。そろそろ遠くに行くか」
といった感じかな?


196: 2013/11/16(土) 19:13:12.48 0

謎の海洋生物はウバザメが多いらしいけどでかすぎるな。
地底って書いてるから内陸で見つかったとしたらよくわからんな。
この手のやつは腐敗が早いから臭くてすぐ捨ててしまう。


415: 2013/11/29(金) 23:00:40.34 0

なんといっても
ヨーロッパにペストを蔓延させたネズミが最凶最悪だよね
ペストは中国原産だけど


417: 2013/11/30(土) 18:33:37.50 0

第一次世界大戦、第二次世界大戦に軍鳩が使われている。第二次世界大戦当時
イギリスの軍鳩は25万羽にも及んだという、実際に遠距離連絡に非常に
優秀だったようだ


419: 2013/11/30(土) 19:26:55.37 0

>>417
そして敵の機密文書を入手、通信阻害するために
各地に鷹匠がはいちされてハトをかりまくる情報戦が繰り広げられたとかなんとか


422: 2013/12/01(日) 00:50:08.64 O

>>417
軍鶏に見えてびっくりした。


434: 2013/12/03(火) 03:08:34.31 0

>>422
軍鶏?これですね、わかります

ブルーピーコック
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%96%E3%AB%E3%BC%E3%94%E3%BC%E3%B3%E3%83%E3%AF
>ブルーピーコック(Blue Peacock、またの名をニワトリで稼動する核爆弾[1])は、
ドイツのライン川区域に多くの10キロトンの核地雷を置くことを目的とした、
1950年代英国のプロジェクトの開発コード名である。
>技術的な問題のひとつは、地中に埋められたブルーピーコックは(特に冬の間に)
非常に冷えることがあるということだった[1][2]。地雷は地下に埋められてから
数日経つと、温度が低すぎるために電子部品が正常に作動せず、起爆しなくなる
可能性があった。この問題に対処するべく様々な方法が検討され、断熱材で爆弾を
包むことなどが検討された[2][3]。しかしながら、これに対する解決方法は非常に
風変わりだった。それは、生きている鶏を保温機構の一部にするというものであった。
鶏は餌と水を与えられて、地雷内のケーシング中に封入される[1]。
鶏は一週間程度は生きている(それは爆弾の予想最大寿命と同じである)。
鶏が発する体温は電子部品などのコンポーネントを作動する温度を維持するのに
十分だと考えられた[1]。


436: 2013/12/04(水) 04:34:43.77 0

>>434
シャモ凄ぇ・・・


462: 2013/12/13(金) 15:57:42.31 O

アフリカではライオンじゃなくてカバに殺される方が多いらしい


463: 2013/12/13(金) 22:08:53.71 0

なんで殺されんの
カバ狩ろうとして返り討ちだろうけどあんなもん高値で売れるのかいな


464: 2013/12/13(金) 22:17:54.73 0

食料だとか


465: 2013/12/14(土) 10:51:53.69 0

最近カバステマwよく見るけど実際の実力ってどの程度なんだろ、言ったって草食デブだしさ。
人類に与えるダメージ=強さって訳じゃないだろうし、そこには個体数とか、居住地域とか色々有ると思うし。


466: 2013/12/14(土) 12:36:01.47 0

草食獣は臆病なぶんだけ人間殺せるだけのサイズがあると近づくだけで危険なんよ
数は少ないけどサイとかめっちゃ恐れられてる
相手もパニック気味に突っ込んでくるから

その点ライオンは餌と思って無ければ人間近づいても腹出してごろごろしてる


467: 2013/12/14(土) 14:29:03.40 0

人食いライオンの怖いとこは意思をもって人間を襲うことだよ
避け様がない
だって村にはいってきたり通り道を待ち伏せしたりすんだぜ
ただ人を襲う固体ははぐれが多いみたいね
虫歯で狩ができなくなって人襲うようになったり


477: 2013/12/25(水) 10:57:50.21 0

>>467
歯が駄目になった肉食獣にすらこいつらは狩れると思われる人間って・・・


468: 2013/12/14(土) 16:33:11.05 0

インドの虎と象の被害がデカイらしい


473: 2013/12/17(火) 21:20:57.81 0

>>468
先進国は少しでも人間に被害が出るとすぐに銃持ちだして山狩りとかするけど
途上国の人間はおうおうにして血の気が少ないんだよな
インドでも何十人も襲われて殺されてても全然銃を使わないから被害が増える
そういう国民性だから植民地化とかもされたんだろうなぁって思う


474: 2013/12/18(水) 06:45:39.83 i

>>473
逆に死体慣れしてんじゃない?
普通に道端や河に死体がある国だし。
第二次大戦のインド兵の活躍ぶりでもわかるけど、明確な利害が発生した時の彼らは精強。


484: 2013/12/26(木) 19:17:34.29 0

イギリスの羊は人を食い殺してたらしいな


486: 2013/12/26(木) 22:52:16.10 0

羊怖wwwでもカバはたまにシカ食うらしいね。


487: 2013/12/26(木) 22:53:55.92 0

カバ最強伝説もあるから、カバはバカにできない。


488: 2013/12/27(金) 00:07:37.19 0

ちなみに主流はトラ最強説な


500: 2014/01/31(金) 21:02:54.02 0

精神被害ならゴキブリ


引用元 : 生き物が人間に大打撃を与えた例