takkyu_tabletennis_woman
407: 2010/10/05(火) 21:03:03
スレ違いかも知れないが、これって可能かどうか教えてくれ。

今日ウチの顧問(卓球未経験、数学の先生)がこんなことを言った。
「回転軸が入れ替わる球を出せるようになれ!」
どういうことなのか聞いたら、
「自分がカットした球が、ネットを越えて相手コートに行く頃には、
ドライブの回転になってるような球だ」とのこと。

オレらが笑ったら、顔を真っ赤にして怒ってた。

409: 2010/10/05(火) 22:23:00
>>407
自分がカットした球 というのが下回転をかけたカットだったら
ありえないだろうな。絶対。
まぁナックルカットでも、普通ないと思うけど

408: 2010/10/05(火) 21:41:05
まず回転軸変わってないしww

410: 2010/10/05(火) 22:36:06
説明不足だったので捕捉を。

地球儀の南極を右手で、北極を左手で持って、地球儀を下回転させる。
回転したままで軸を持つ手を持ち帰る。(南極を左手で、北極を右手で)
すると地球儀が上回転になってる。
はやぶさがイトカワから離陸してから味噌擂り回転したような感じ。

理論上はともかく、実際のプレーでこんな球を出せと言われても…。

412: 2011/05/28(土) 00:28:12.01
私はラケット自体にピン球に回転をかける能力は無いと思います。
ただ「しなり」や「球持ちの良さ」などで少なからずも
ラバーによるピン球にかける回転をかけやすくしたり、
回転力を引き出すことはあるとおもいます。

413: 2011/05/28(土) 00:37:18.07
ラケットの摩擦係数どうのこうの言ってる奴がいるが
ラケットはピン球に直接触れますか?摩擦しますか?
って言いたい

414: 2011/05/28(土) 04:06:26.41
ラケット(ブレード)自体のしなりが大きいか否かで回転が掛けやすい掛けやすくないはある。
というかラケット自体にボールは当たらない。それこそ木べらとかw
しょせん感覚的なものだから、厳密な話をしても何の解決にもならない。
用具だけの話をしているのと、用具にプレーヤーが介在しているのとで全然違ってくるから、
想定しているものがかみ合ってないことはよく分かる。

415: 2011/05/31(火) 09:59:56.31
ラケットが回転を掛けるって表現は
ラケット=酸素、回転=炎って解釈だと分かりやすいかも

417: 2011/06/14(火) 13:08:04.66
>>415
ラバーと球は?

419: 2012/04/09(月) 00:39:08.08
卓球のラケットは、重くないといわゆる<重い球>を打てないのでしょうか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1184912836

「重たく感じる1番の要因は振り遅れ?」
「カーボン入りのほうが球離れが早い?」

421: 2013/06/01(土) 22:44:59.55
あるんちゃう?
ボールの回転量がすごく多いとラバーの粘着力(摩擦力)を
上回ってひきつれが起こらず(つまり滑る)、アンチラバーで
カウンターしたみたいな感覚になる…のじゃないか?と推測する。

一回受けてみたい!

422: 2013/06/02(日) 02:21:03.91
テナジーは落ちないけど
Made In Germanyて書いてあるドイツラバーはボールが落ちるときある

423: 2013/06/20(木) 19:21:13.05
引き寄せの法則はマジで存在すると思うな。試合前に家で「Xとやりたいな」と思ったら、本当に当たった。そしてまた次「Yと当たったら負けるかも」って思ったら実際に当たった、でもフルセットの末勝利した。本当にこれは使いこなせるとすごいことになるな

425: 2013/06/20(木) 21:20:50.01
引き寄せの法則マジか
今度やってみるは

426: 2013/06/20(木) 21:25:15.03
>>425
本気で思わなきゃダメだぞ。心の中で無理だなって思ったら絶対成功しない。あと嫌なこと考えたらそれも現実化するから気をつけろ

427: 2013/06/25(火) 12:19:51.57
来年からの新しいボールは回転がかからないて言われるけど
どうしてですか?

428: 2013/06/26(水) 00:45:53.35
>>427
素材のせいなのか継ぎ目がないからなのか球離れが早い

回転量は多くないのにそのくせボールが重く感じる
ドライブが伸びる、ツッツキが浮く、カットが沈む
音がキモい

429: 2013/06/26(水) 07:32:37.92
>>428
楽しそうじゃん!

433: 2014/03/06(木) 02:00:37.00
>>428読んでるとなんかおかしい感じに見えるのは俺だけ?
回転が少ないのに球が伸びるとか????なんだが????
回転量がないのにボールが重いとか、またまた面白い冗談に聞こえてくるし
プラスチックだと今までのよりスピードでも速くなるの?玉重くでもなるのか?
それだったらもうちょっとわかる面もあるけど。
なんかすげえ変なこと言われてる気がするわ。

436: 2014/03/06(木) 17:44:06.91
>>433
実際のプロ選手がいうには同じように回転かけてるつもりでも
ドライブが伸びたり沈んだりすることがあらしいから
薄っぺらい科学的考察では理解できなこともあるんじゃね。

437: 2014/03/08(土) 18:40:42.06
>>436
プロがそうだと言ってもそれはプロの人の主観や体感が主だしなあ。
科学的考察と必ずしも一致するとも思えんよ。

実際の計測数値とかがないとわからんな。

431: 2013/12/03(火) 14:35:45.34
前から疑問に思ってたが
身長と筋肉からして、王励勤の方が馬龍よりも遥かに優れてるような気がするが
何故に打ち合いでよく負けてるの?

ある一定の筋力まで行けば、大差無くなくるのかな

435: 2014/03/06(木) 08:58:32.31
>>431
コース

438: 2014/04/15(火) 22:52:13.41
大学のとき、卓球のプチ理論とコツみたいなのをスポーツ理論の助教授に持って行って見てもらったら、
そのプチ理論とコツを断りもなく、本の表紙に使われたことがある。
まあ、勝手に使われそうな気がしたんで、別の大事な部分は持っていかなかったけど。
研究職で飯を食っている人間が、人のアイデアを盗用した時点で、
その人の能力の限界をその人自身が決めてしまったように感じられて残念だった。

439: 2014/04/16(水) 02:42:34.29
>>438
そういった行為はムカつくが、世の中そんなもんだろ。
エジソンだって盗作、工作、宣伝活動などのダークな面もあるらしいしな。
ところで、その理論やコツてのは世間には出さないの?

441: 2014/05/02(金) 11:15:08.94
ちなみにそのプチ理論とこつってのはどういうの?

443: 2015/03/15(日) 05:42:50.23
会場の広さのボールへの影響

445: 2016/01/10(日) 18:55:32.70
エアコンはだいぶ影響する

446: 2016/02/20(土) 16:49:26.23
ラケットを同じ角度・同じスイングにしてもラケットの上半分で打球するか下半分で打球するかで上回転と下回転が打ち分けられる
割とよく聞くけど嘘くさい
ラケットの上半分で打とうが下半分で打とうが、同じ角度・スイングなら球とラケットが作る角度は一定になるし、よって回転も一定になるのでは?

454: 2018/10/08(月) 11:23:19.48
>>446
下回転サーブとナックルサーブを打ち分けるときならありうる。ラケットを構えて下半分に球を当て、擦る距離を長くすれば下回転、上半分に当て、殆ど擦らなければナックル。

447: 2016/02/20(土) 17:15:19.89
>ラケットを同じ角度・同じスイングにしてもラケットの上半分で打球するか下半分で打球するかで上回転と下回転が打ち分けられる

聞き間違いだろw
さすがに聞いたこと無いわ

448: 2016/08/29(月) 03:28:13.86
エアコンはなあ

451: 2018/03/04(日) 20:53:51.69
面を被せて打つのは無茶苦茶疑問に思う、絶対に下回転持ち上がらないだろ

456: 2019/01/29(火) 21:57:37.72
卓球から離れてだいぶたつからよく知らないけど、シュートドライブの打ち方って、
いまだにワイパーのような動作で打つとかって事が言われてんの?

457: 2019/02/07(木) 00:29:21.36
ラケットの軌道が円運動をしながら、平面上を動くような直線的なスイングの場合、
平面に対して直角方向の視点から見て、
(水平面なら、真上。垂直面なら真後ろ。45度の平面上なら斜め後ろからの視点で見た場合)
ラケットの打球面の一部が、ラケットの描く円運動の接線になっていれば
シュートドライブは、誰でもマスターできる。

458: 2019/02/07(木) 00:34:24.31
45度の平面上なら斜め後ろ → 後方斜め45度上方

あと、練習方法はドライブの引き合いから覚えたほうがマスターしやすい。
ツッツキ打ちのシュートドライブはちょっと難しいけど、
それ以外なら理屈がわかっていれば誰でも習得可能。

459: 2019/02/07(木) 00:38:43.08
ただし手首の関節の可動域は個人差があるから、接線がつくれない場合はシュートドライブのときだけグリップを若干変える必要がある。

461: 2019/02/26(火) 21:25:04.50
あと引き合いでシュートドライブを覚える場合は、最初は肘中心のフォームから覚えたほうが簡単。
それができるようになったら、もっと大きいフォームでのシュートドライブを覚える。

464: 2019/03/06(水) 22:57:03.15
「腰を使えとか、足を使えとか、ムチがしなるように打てとか」
は、全て間違いではないが、
体の回転の中心を、左側の股関節におくのか、右側の股関節におくのか、
それとも、頭頂からの体の中心線においたほうがいいのかはよくわからない。(研究待ち)
が、いずれにせよ、
体の中心線O、右肩をK、肘をHとした場合、
体を真上から見て、∠OKHを固定したまま、体を回転させるとき肘から先は、体の回転だけで動かされている。
これがわかってないと、いくら練習しても体の力を腕に伝えることが運まかせ・感覚まかせになる。
どのあたりで、体の回転を終わらせて、肩から先の筋肉の収縮or肘から先の筋肉の収縮を始めたらよいかは、
ボールの威力以外にも
対戦相手から見て、打つコースがわかりにくいフォームに関係してくると思われるが、
正解はよくわからない。(研究待ち)

体を真上から見て、∠OKHを固定したまま
→あるいはある程度の自由度で固定したままのほうが、
ムチのように見える動きになるかもしれないがこの辺はよくわからない。

465: 2019/03/06(水) 23:09:44.35
あと、体の回転に関して・・・
いくら指導者から注意を受けても、バックスイングがあまり取れない人の場合は、
上半身だけを捻る動作を体の回転だと勘違いしている場合がある。(経験上)
(椅子に座って骨盤を動かさずに体を捻るような動作がわかりやすい)
この場合、脊椎??の可動域しかバックスイングが取れないので、
本人がいくら精一杯バックスイングをとっているつもりでも、
たいしてテイクバックが取れていない結果になる。
体の回転は、股関節を支点とした骨盤の回転によってつくるのが正解かもしれない。
(根拠なし)

466: 2019/03/06(水) 23:12:33.69
訂正
体の中心線O →体の中心点O(右肩と左肩の真ん中)

467: 2019/03/19(火) 22:26:38.85
ラケットが平面上を動くような直線的なスイングで回転をかける場合、
ラケットが動く平面上とラケットの打撃面の作る角度が0℃のとき、回転がかかる。
(ストレートに打つ場合だと、真横からスイングを見た場合、
テイクバックからフィニッシュまでラケットの側面しか見えないような動き。)
屋根の上(平面上)で太陽光パネル(ラケット)が滑るような動きがイメージしやすいかも。
あるいは、卓球台(平面上)の上にラケットを置いて、
卓球台を傾けた状態でラケットを寝かせたまま動く動きもイメージしやすいかも。

468: 2019/03/19(火) 22:27:59.20
この理屈は間違いではないが、実際にこの理屈で打とうとすると
回転はかかるが、いまいちである。
理由は、理屈上の動きと実際の動きにズレが生じるから。
45度ぐらいのスイングが理解しやすいと思うので、エクセルのマス目で説明してみる。
ノートPCの左下に本でも置いて、ノートPCを右に45度傾けたとする。
P10からJ10までラケットを動かしたいとする。
P10からJ10までラケットを動かす感覚で打つと、
実際の動きは、微調整、重心の移動、踏込等で
スイングの平面が前方へずれるので、
O12からI12、あるいは、
N14からH14へと前方へずれる。
その結果「押しドライブ」ぎみになる。

469: 2019/03/19(火) 22:30:35.17
これを避けるには、感覚としては、
P10からJ10
P9からJ9
P8からJ8
とラケットを動く平面を上方へずらす感覚で打つと、
実際の動きはP10からJ10に近くなる。
ドライブの威力を増すのに、足の力を使えというアドバイスがあるが、
これもある面では間違いではないと思う。(理想的かどうかはわからない)
なぜなら、骨盤の回転を助けるという面以外にも、
ひざの伸びを使う事により、ラケットの動く平面軌道が上方へずれやすくなり、
結果としてタッチが良くなる。(押し気味になりにくい)

470: 2019/03/19(火) 22:34:05.28
あと、昔の卓球の指導書でドライブの打ち方で
ボールにラケットをかぶせていくとか、
ボールの表面上をラケットを丸く動かすとかの表現があったように思うが(うろ覚え)、
これは、理屈としては全く間違っているが、感覚としては正しいのではないかと思う。
ラケットの動く平面軌道を上方へずらす動きを感覚系の言葉で表現すると、
昔の卓球の指導書に書いてあったドライブのコツも全く理解できないこともないからだ。

471: 2019/03/19(火) 22:39:50.08
超上級者の場合は、
最初から、最後まで(テイクバックからフィニッシュまで)
ラケットが動く平面上とラケットの打撃面の作る角度を0℃にする必要はなく、
インパクトの近辺だけでもよいかもしれない。
何故なら、そのほうが打つコースが相手にわかりにくい。

472: 2019/06/14(金) 11:15:30.19
日ペンスレから来ました

角形のペンは重心が外にあるからドライブが強力という理屈は物理的に正しいか?と言う疑問

角形のペンラケットは細長い
だから打点を外側にすれば(肘や肩の回転軸に対して遠いから)
ドライブが強力になるのは分かる

でも重心の位置は関係無いよね
むしろ打点が変わらないなら、重心手前で軽いくて振りやすい丸ペンを、素早く振った方が強力な球を打てると思う


遠心力で打つとか明らかに教養足りない感じの回答にマジレスしたら誘導されました。

474: 2019/07/01(月) 16:21:19.20
>>472 自分はスイングウェイトで球の威力が変わると思うから、ラケットの形状より重心が重要だと思うけどなあ

一番は自分で試せばいい
同じ角ペンラケットを二つ用意して片方を1cmブレード先端から削り同じラバーを貼る、後はサイドバランサーやらで微調整して重心と重量を双方とも全く同じにして、使ってみればわかる

自分の予想だと球の威力は双方全く同じか、スイートスポットが広がる分短いラケットの方が威力出ると思うけどな

473: 2019/06/25(火) 13:03:44.09
打つ球が軽いピンポン玉だからね
ラケットは重心より単純に重さ
同じ材質で振りきれるラケットだと

球速 重>軽
回転 軽>重

軽いラケットは速く振れるけど反発力が劣る

475: 2019/07/01(月) 17:41:35.31
スイングウェイトとは
卓球におけるスイートスポットとは

477: 2019/07/02(火) 09:16:53.39
野球ならバットの重心位置が先端にあれば、球はよく飛ぶ
それはバットに対して球の重さが割合が高くて、重心が手前だと球のエネルギーに負けるから
大体900g対145g

卓球はラケットの重さに球が非常に軽い。なので重心がどこにあっても球のエネルギーに負ける事はない
大体150g対2.4g

バットでピンポン球を打つ場合、重心手前でスイング速いバットの方がよく飛ぶだろ

物理学的にはこんな感じ

478: 2019/07/02(火) 10:59:59.18
ピンポン玉は軽すぎて意外と飛ばない
ラケットの重心の位置や重さの違いが打球にどの様な変化をもたらすかを調べるには
同じ条件で比較対象のラケットで叩いて打った時の球速と
擦って打った時の回転量をそれぞれ測定して比較するしかないね
ラバー は種類と厚さが同じもの、ラケットは同じ材質で重心の位置や重さが違う物を使う

490: 2019/08/03(土) 11:38:55.02
>>478
卓球って長い歴史があるのに米英露が力入れてないからそういう基礎的な検証がまったくなされてないんだな

484: 2019/07/10(水) 20:20:44.41
フォアはバックハンドに比べて手首のコスパは低いし、重心の位置とかも微々たる差だと思うの。
上級者にセンサー付きのぼーるを打ってもらって速さと回転数を比較して、差が出たら理由を検証していけば良いでし。

休職中なので卓球界でデータサイエンティスト募集してないですかね・・・・。

485: 2019/07/12(金) 10:33:52.87
手首のコスパ??

486: 2019/07/19(金) 14:27:30.50
新たな経済指標の誕生である

487: 2019/07/19(金) 23:29:49.95
フォアは股関節がメインだから、手首を使ってabs(速度)や回転数が上がるだろうけど、
肩がメインのバックより加算が少ないだろう的な意味どす。

488: 2019/07/21(日) 17:38:09.22
まずはコスパの意味を調べてみよう
意味を知らずに使ってたんだろうね

引用元 : 科学的に疑問に思う卓球理論 Part8