document_ronbun_taba (1)
1: 2021/02/16(火) 10:19:01.79
https://shuchi.php.co.jp/voice/detail/8342
論文を書かない研究者も“クビ”にならない…問題をかかえる日本の「大学教育」

小松和彦(国際日本文化研究センター名誉教授・元所長)

日本の大学教育の課題は何か。国際日本文化研究センター名誉教授・元所長で、妖怪研究の第一人者である小松和彦氏は、大学教員のプロフェッショナリズムや競争を促す制度が必要だと指摘。

さらに新型コロナ禍によって世界に閉塞感が漂うなか、日本人が比較文化論の研究を進め、複眼・多眼的視点を身に付ける必要性を説く。(聞き手:Voice編集部・中西史也)

※本稿は『Voice』2021年3⽉号より⼀部抜粋・編集したものです。

学者は研究業績で評価されているか

――小松先生は長年、妖怪やシャーマニズムについて研究し、2012年から20年までは国際日本文化研究センター(日文研)の所長を務めました。現在の大学教育の問題点をどうお考えですか。

【小松】自然科学と人文科学双方にいえますが、まず研究が細分化されすぎて、大局的な視点が疎かになっています。全体を俯瞰する「鳥の目」をもった研究者が少なくなっている。

学会で自分の専門から逸れた質問をされると、回答を控えたり、「今後の課題とします」と逃げたりする光景をよく目にします。多彩な知を集めた教養人がいなくなり、「専門屋」ばかりが増えている気がしてなりません。

また自分の研究にだけ閉じこもる学者は往々にして、幅広い知見をもった学者を嫌いがちです。前者のタイプは教え子にも自分の専門範囲内でしか指導しませんから、近視眼的な学者が「縮小再生産」されていきます。

そして日本の大学における最大の問題は、論文を書かない研究者がクビにされないこと。研究業績をあげていないにもかかわらず、学生に対する講義をこなしていれば、それだけで大学から重宝されてしまう。一度教授になってしまえば、定年まで安泰です。

一方でアメリカの大学では、大学教員の研究業績や講義の学生満足度を定期的に評価され、結果が悪ければクビになる厳しい世界です。プロ野球選手のように、彼の国では大学教育にもプロフェッショナリズムが根付いているともいえる。

日本の大学でも、たとえばまともに論文を書かずに業績評価が極端に悪い教員には大学を去ってもらう。このような競争やプロフェッショナリズムを促進する仕組みを整えるべきです。
(リンク先に続きあり)

2021年02月15日 公開
WEB Voice

53: 2021/02/16(火) 10:40:38.06
>>1
海外でも教育中心の研究者はいるぞ、忙しくて研究できない環境になるが
研究能力の高い研究者は研究中心になってる

131: 2021/02/16(火) 11:17:15.19
>>1
今やその講義すらもこなしてないじゃん
リモート授業なんてあんなん講義とは言わない

142: 2021/02/16(火) 11:20:57.54
>>1
研究担当と講義担当が分かれてると考えれば無問題w

210: 2021/02/16(火) 12:32:40.83
>>1
いやいや、学生は教育受けるために授業料払ってんだぜ・・・

254: 2021/02/16(火) 12:56:59.86
>>1
研究だけして教育をしない教員も困るぞ。
以前、旧帝大医学部で解剖担当の教授が、ろくに解剖を教えてなかったことがある。
解剖を担当すると、一定の校費(=研究費)が入ってくるので、それが目当てと言われても仕方ない状態だったらしい。
大きな外部資金も取っていたそうだが、とにかくがめつい人らしい。
解剖が良く分かっていない医者に、お前らも診てもらいたくないだろ?

285: 2021/02/16(火) 13:23:21.60
>>1
そんな厳しくしても給料が大したことないからな。

358: 2021/02/16(火) 18:20:32.10
>>1
今の時代、根本的なことで論文の種になるようなことは
なくなってるのだから、細分化されたものでなければ
論文書けないでしょ。この人、カッコつけてるだけ。

375: 2021/02/16(火) 18:44:54.28
>>1
>小松先生は長年、妖怪やシャーマニズムについて研究し

これはこれでどうなん?

378: 2021/02/16(火) 18:54:30.89
>>375
>まず研究が細分化されすぎて、大局的な視点が疎かになっています。
>全体を俯瞰する「鳥の目」をもった研究者が少なくなっている。

自己批判するマジメな先生じゃね?
妖怪学とか、お遊びのようなもんじゃん

436: 2021/02/16(火) 23:24:28.73
>>378
おいらが京大で副専攻した妖怪研究は、
東南アジアでマラリアと妖怪を結びつけるモノで、
れっきとした文化人類学だったけどな。
農業支援の副業で論文も書いた。

565: 2021/02/18(木) 09:47:11.18
>>1
それが、リモート授業の言い訳かw

5: 2021/02/16(火) 10:22:33.92
大学は教育機関でもあるので講義も重要だろが

9: 2021/02/16(火) 10:23:42.72
>>5
だったら、そいつの研究予算、要らなくね?

20: 2021/02/16(火) 10:27:44.10
>>9
普通は両方やってるよ。それらは最低限の大学教員の仕事だろう。

170: 2021/02/16(火) 11:37:11.90
>>20
研究してないやつの研究費用要らなくね?てことだろ…

174: 2021/02/16(火) 11:40:15.33
>>170
普通は外部資金を獲得して研究するから、そもそも研究しない教員は研究費がない。

8: 2021/02/16(火) 10:23:38.82
研究者としての資質があっても教育者としての資質があるとは限らんじゃん
大学って教育機関と研究機関の二つの側面があるから、研究に長けてなくても教えるのがうまい人なら機関にとって有益なんちゃうか

10: 2021/02/16(火) 10:23:54.96
入試や雑務で教授をこきつかうような真似をやめさせてから言うべき

13: 2021/02/16(火) 10:25:33.30
論文研究者と
教員に分けないとね

545: 2021/02/18(木) 07:57:43.16
>>13
そういう話、前に出てたよね
講義ならもう院生がやってるし

552: 2021/02/18(木) 08:12:08.26
>>545
院生が講義ってどこの大学よ?それまずいだろ。普通は実習の補助程度だろ

14: 2021/02/16(火) 10:26:00.86
教えるの下手な奴しか残らなかったら余計にヤバいじゃん

15: 2021/02/16(火) 10:26:01.80
これはある意味では有害な考え方。
会社でも「成果主義」とかいわれて、持て囃されてたときあったけど、
結局、これは賃下げとか解雇とかと、そっちの副作用の方がでかかった。
大学だって同じだろ?
成果主義を大学に入れたら、短期で結果出さないと予算カットとか、やったらどうなった?
研究不正が横行して、大学院から研究者への道が極端に狭まっただろ。
日本だけ論文数が減って、海外留学が減って…。碌なことにならなかった。
自由に研究できる環境ってのが大事なんで、研究環境の質が大事なんで、
できない社員=論文かかない教員をディスることじゃないんだけどな。

94: 2021/02/16(火) 11:00:03.21
>>15
同意

103: 2021/02/16(火) 11:05:27.68
>>15
アップルとサムスンに負けただろ
もっと成果主義にすべきだった

306: 2021/02/16(火) 13:58:58.46
>>15
同意だわ
「大局的な視点」「全体を俯瞰する」なんてもの同じで、
企業は全体を見る人間を増やそうとしてきたけど、深い専門性は失われつつある

504: 2021/02/18(木) 02:16:08.28
>>15
アメリカ人ができてるのに
日本人ができないのは何で?
馬鹿だから?

521: 2021/02/18(木) 06:19:29.34
>>504
1番の問題は誰の目から見てもクズでもクビにできないこと
研究できないけど教えるのむっちゃ上手いならそれはありかもだけど

18: 2021/02/16(火) 10:26:56.96
かといって、論文をノルマにして中身のない論文とか捏造データとか作られても困るわ

研究職も先が無い

19: 2021/02/16(火) 10:27:06.43
妖怪研究は、学術的に価値ある論文になるのか?

28: 2021/02/16(火) 10:29:53.75
>>19
それは後世が決めるのでなんとも言えない
大事なのは発表し続けること

21: 2021/02/16(火) 10:27:52.21
准教授あたりまでは食うために講義するのも仕方ないんだよ
むしろ教授になったら論文実績をより重視すればいいだけ

22: 2021/02/16(火) 10:27:57.38
教授の視点で言うと、研究時間をよこせと言いたい
教育負荷、雑務負荷が多すぎる

26: 2021/02/16(火) 10:28:59.83
>>22
教育の中での気付きってのは無いの??

30: 2021/02/16(火) 10:31:12.84
>>26
そんなんも最初の1~2年だけで後はサラリーマンと変わらんよ
勉強する学生は勝手に勉強するし、勉強しなくても学費さえ納めてくれりゃ問題なし

24: 2021/02/16(火) 10:28:22.53
上級の学者にお布施をしてる教授が生き残る構図

27: 2021/02/16(火) 10:29:28.88
俺が、勝手に恩師と思ってた先生は、
出世下手だったけど、学生の面倒見はよかったな。

講義も、判りやすかった。

34: 2021/02/16(火) 10:33:38.70
論文書けばよいってものでもない
ワシの知り合いはトンデモ論文を乱発して本数だけ稼いでいる
要は内容
ホームラン級の論文なんてそう書けない
物理とか数学とか情報とか応用化学とか年数本の優良論文だせとか無理げー

37: 2021/02/16(火) 10:34:37.53
>>34
論文すら書いてないで政治活動してる奴も教授

38: 2021/02/16(火) 10:34:56.38
舛添要一が東大助教授の職を辞めたのも

「東大教授って全く研究してない」
「古い間違った理論にしがみついてばかりで
海外の新しい研究成果を取り入れて研究をさらに発展させる気ゼロ」
「それでいて高給で名誉やステイタスはある」
「それ目当てで教授に留まるバカ多数」

こんなんじゃダメだって理由

56: 2021/02/16(火) 10:43:37.66
>>38
政治経済系の論文とかカナリイカレた発想をあたかもそれらしくする能力がいるんやで
経済系なんて純数学で論文書いた方が簡単に評価されるし
国際政治学とか転生ものラノベ級のイカレた発想がないとダメ

295: 2021/02/16(火) 13:34:42.59
>>38
指摘ごもっともだけど、東大教授が高給取りというのはガセ。

670: 2021/02/19(金) 08:14:37.32
>>38
舛添、昔は立派な人だったんだな

682: 2021/02/19(金) 09:47:48.28
>>670
けっこうテキトーだったけどね
答案に希望の成績を書かせたり
学生の出したレポートが段ボールから溢れて廊下に散乱していたり

676: 2021/02/19(金) 08:55:10.33
>>38
舛添の教養の政治学を取ろうとしたら講堂が満杯で入れなかった思い出

679: 2021/02/19(金) 09:25:22.48
>>676
実は最前列が空いてることが多い
大教室にありがち
でもそこに行くには勇気が要るw

42: 2021/02/16(火) 10:36:29.59
学生の立場からすると、片手間に授業やる教授より有り難いわ

50: 2021/02/16(火) 10:39:48.05
むしろ、講義も雑用もしないで自分の研究しかしない教員をクビにするべきでは

525: 2021/02/18(木) 06:52:09.16
>>50
バブル世代に普遍的なことなんだろうけど
上の世代にただ乗りしてた連中がそのまま下の世代に乗り変えてる構図はある

51: 2021/02/16(火) 10:39:57.64
分野によるけど研究で実験で数年費やすとかあるんやで
D論出すのに3年越しでデータ集めたとかな
半年だと定性的じゃなかったりしてな

トンデモ研究ならいくらでもかけるけど

54: 2021/02/16(火) 10:42:39.26
妖怪研究ってのは柳田國男直系の学問だぞw
近代というものを常に逆照射してくる闇の学問。
サブカルも取り込んで研究対象として超有望。

57: 2021/02/16(火) 10:44:00.97
論文数って言うけど
文字数埋めただけみたいなスカスカの論文も一応論文だからな
ナントカにおけるナントカについての一考察みたいなハンコ論文

64: 2021/02/16(火) 10:46:20.83
あんまり論文量産されても、誰も読まないとちゃうんか?
しょうもない論文ばかり増えても仕方ないし

65: 2021/02/16(火) 10:47:12.12
>>64
芸術でもそうだが、当時しょうもないと思っても後で評価されるものもあるし
そもそも些細な事でも行動しないと評価されない

69: 2021/02/16(火) 10:49:12.87
研究と教育、両方に必要な概念がある
それは「気付き」

学生は教わることで何かに気づき
教授も教えることで新たな刺激を得る

78: 2021/02/16(火) 10:52:56.89
論文は書くよ学生指導もやる
講義や組織運営、広報活動はやりたくない

79: 2021/02/16(火) 10:53:26.56
研究機関じゃなく教育機関だからな。私立のばあいは特にそうだろ。文型のばあいは論文かいたところで1文の得にもならないんだから書くわけがない。つうかそもそも研究なんかやってねえだろ。

84: 2021/02/16(火) 10:55:21.70
講義しないがそれなりの質の研究をしっかりする、ならまだ良いほう。
研究せずマトモな講義もできず各種委員等の仕事も受けない、
そういう屑が学問の自由とか振りかざして大学に寄生するのが悲しい現実。

86: 2021/02/16(火) 10:55:58.74
じゃあ誰が講義するんだよ?

88: 2021/02/16(火) 10:57:46.88
大学への幻想が悲喜劇を生んでいる。欧米も同じ。
実態は、遊園地、職業訓練所、職業紹介所、バカ製造機関、コネ紹介、箔付け・・・。

91: 2021/02/16(火) 10:58:50.56
>>88
実際はコネ製造と、就職活動と、人生経験と称した遊びの時間
これらの製造機だな

96: 2021/02/16(火) 11:00:35.85
論文なんて書いてたらくびになるからなw

99: 2021/02/16(火) 11:03:06.21
>>96
同僚からの嫌がらせも酷くなる
「なんであいつだけ論文書けるほど暇なんだ!?」って

107: 2021/02/16(火) 11:06:54.97
日本の研究が駄目になった理由は、センター=共通一次を取り入れたことで
学問が好きな人間よりも競争心が強い人間がアカデミックな地位になったことだと思う
探求心の強い人間は興味のある分野の知識ばかり深めるのが普通。
成績表は凸凹になるから偏差値は高くならない。
努力して5教科まんべんなく好成績とる奴は、良い成績とって成功者になりたい=競争心の強い人間
だから共通一次(センター)受けた世代でノーベル賞もってるの山中教授だけなんだよ

415: 2021/02/16(火) 20:55:03.22
>>107
それは言えてる。
旧制高校の時代って、実は共通一次以降の大学受験よりはずっと緩かった。
ほんの限られた人間しか競争に参加しないし、今のでいうマーチや理科大あたりの
立ち位置にいた人間が余裕こいて東大京大にいけたから、
学力的に偏った人間でも研究で成果を出せた。

111: 2021/02/16(火) 11:09:14.68
正直授業の講師なんかバイトでも出来るよな

132: 2021/02/16(火) 11:17:50.66
>>111
学科数の少ない大学の教養科目の講師なんて、たいていバイトか派遣だぞ
総合大学だと他学科の暇なw教授が受け持ったりもしてるけど

117: 2021/02/16(火) 11:11:17.44
米国の大学でも中堅以下の大学の教授は授業中心のただの教員だよ

128: 2021/02/16(火) 11:15:46.52
こう言う〇〇しなければならないっていうのは、研究の世界ではマイナスだと思うな
くだらない論文が量産されることにならないか?

130: 2021/02/16(火) 11:16:53.32
>>128
査読を通った論文ならそこまで下らなくはない

133: 2021/02/16(火) 11:17:58.66
YouTubeで米国の大学の講義で素晴らしいものがある。
世界的な名声のある教授でなく、いかにも職人っぽいが、講義は素晴らしい。

135: 2021/02/16(火) 11:19:02.07
小松さんの妖怪研究にどれだけの価値があんのかな~

137: 2021/02/16(火) 11:19:50.58
無意味だな
論文なんて質を無視したらいくらでもかけるんだよ
山のような業績あっても中身スカスカなんていくらでもある

引用元 : 【日本の大学】最大の問題、論文を書かない研究者がクビにされないこと。学生に対する講義をこなしていれば、重宝される。 [マスク着用のお願い★]