piano-5353974_640
1: 21/04/04(日)01:15:13
は?

2: 21/04/04(日)01:15:29
半音と全音とかいう謎概念何?

5: 21/04/04(日)01:16:33
半音って♯とか♭のやつ?

7: 21/04/04(日)01:16:46
>>5
黒鍵

6: 21/04/04(日)01:16:42
半音↑の周波数は2の12乗根倍やぞ

8: 21/04/04(日)01:17:17

黒鍵ではないか
何なんだ?

9: 21/04/04(日)01:17:30
半分ならオクターブやな

10: 21/04/04(日)01:17:41
まずドレミファソラシドの周波数が等差でもないんやろ?

11: 21/04/04(日)01:17:47
白建同士の隔たりが全音でほか全部半音か

14: 21/04/04(日)01:18:40
白鍵でもミとファ、シとドの間は半音やな

16: 21/04/04(日)01:19:51
誰か「ラは440Hzです」
どこのやねん

17: 21/04/04(日)01:20:01
>>16
これマジで謎

20: 21/04/04(日)01:24:27
そもそも音楽理論って何?
どこが理論?

21: 21/04/04(日)01:25:10
理論ってのは作用が何故そうなるのか説明されてる事やろ
入力と結果だけ示して何が理論なんだよ

24: 21/04/04(日)01:29:27
言うほど音楽理論で周波数っているか?

26: 21/04/04(日)01:30:33
>>24
響きってのが基音に対して周波数の整数倍じゃ無いと美しく聞こえないらしい

29: 21/04/04(日)01:41:55
>>26
だがそれで音階を組むと今度はメロディラインに違和感を感じてしまう音楽永遠の矛盾

28: 21/04/04(日)01:41:16
2の12乗根倍で半音上や

35: 21/04/04(日)01:53:39
音は足し算やなくて掛け算やぞってことや

44: 21/04/04(日)02:01:37
音楽好きやけど周波数まで意識したこと無かったわ

49: 21/04/04(日)02:03:59
>>44
理論勉強し始めて躓いた点がこれや
そもそもなんでメジャーは明るくてマイナーは暗いんや?最悪なとこだと「個人の感性」でお茶濁しとる

50: 21/04/04(日)02:05:14
>>49
メジャーだから明るい マイナーだから暗いやなくて逆に考えるんや!
明るい感じだな~メジャーだ~!!みたいな

48: 21/04/04(日)02:03:36
響きや音色については倍音というものがあってだな

52: 21/04/04(日)02:06:17
>>48
じゃあなんで奇数倍音は優しく奇偶数倍音は鋭い音がするんや

53: 21/04/04(日)02:07:26
>>52
波形が違うとしか言いようがない
柔らかいか鋭いかはヒトの感覚的なものってことになるんかな

54: 21/04/04(日)02:08:59
>>53
波形が違うからってその波形も倍音の違いからなんやから循環論法やん 
それに感覚的といえども感覚だってある程度共通のものがある

58: 21/04/04(日)02:13:04
>>54
ワイは音楽理論は学んだことがないし「音」についてちょっと調べたことがある程度や
だから明確な答えってのは提供できないけど考えることはできる

感覚的にっていうのを何かって考えたとき
たとえば群れで生活する動物の言語的な意味合いを持つ警戒音と
子供に接するときの所謂猫撫で声みたいな違いと言えないだろうか

59: 21/04/04(日)02:14:52
>>58
両者には明確な基音の周波数差が存在するし仮にそうだとしても音楽上の小さいヘルツ差じゃそれを表現できへんのや

62: 21/04/04(日)02:19:37
>>59
音楽だと そこにリズムとかテンポの要素が加わるよね
たとえばピアノは正弦波で周波数の低い音から高い音まで出せるけど
同じリズム同じテンポでも周波数が低いと不安な感じだったり高いと軽快に感じたりする
これは動物として本能的に身に着けてきた感覚が影響してないやろか

61: 21/04/04(日)02:19:06
イッチ結局半音については理解したか?

64: 21/04/04(日)02:21:46
>>61
うん
>>62
すまんピアノが正弦波とかどこの世界線の話や
あと音程によって感情は変わらん1oct以内に脳内で補正される実験結果が出とる

68: 21/04/04(日)02:25:16
>>64
あぁ すまん言葉を誤った
同じ波形での周波数の違いって言いたかったんや

>1oct以内に脳内で補正される
これってどういうこと?

71: 21/04/04(日)02:26:46
>>68
オクターブが違えども脳では1oct以内に補正されるんや
転回が成立するのもこのおかげやろな

78: 21/04/04(日)02:38:18
>>71
それはピッチを合わせるみたいな?
88鍵の音域があることの意味が失せてしまいそうな
ってかピアノ単体で一鍵づつしか押していかないわけやないから
こいつはこの音域 こっちはこの音域って分けたものまでそれぞれを
シフトして1octに圧縮しちゃうのとはちゃうよね?
だとしたら脳内の圧縮過程でなんか起きとるんかな

81: 21/04/04(日)02:40:57
>>78
そらサイン波なら意味なくなるやろけど別に楽器は倍音あるし

51: 21/04/04(日)02:05:23
メジャーが明るいとかマイナーが暗いに関してはそういう曲で使われてきたからって面もデカいやろ

メジャーでも一時的にマイナーコードが使われたりその逆も多々あるけどその部分は雰囲気が真逆になるかって言うとそうでもないし

55: 21/04/04(日)02:09:13
なんか1+1=2を
そもそも1とはどこまでか
0や2との境目はどこか
みたいなん考えてる気分になるわ
ほなワイは朝になったらまたこのスレ見に来るで~

56: 21/04/04(日)02:09:56
>>55
1+1の証明は数学的にあるし1は証明ではなく定義や

57: 21/04/04(日)02:12:05
音楽は数学だ!とか言う人も一定数おるのにそういう証明おろそかやとやっていけん

60: 21/04/04(日)02:16:34
ワイが調べた限りやとmissing fundamentalくらいしか出てこなかったけどそれが基音レベルではなく大きな影響を及ぼすかは不明や
所詮仮説なんよ

63: 21/04/04(日)02:19:51
話ズレるんやけどヒョウか何かに穏やかな曲と激しい曲聞かせたらそれぞれ人間と似たような反応示したっていう実験結果があった気がする
面白いよな

65: 21/04/04(日)02:24:02
正弦波成分を含んでいるって話はすべての波形そうやから勘弁な

66: 21/04/04(日)02:24:46
十二平均律はよくできてるなあと思う
半と全はなぜそう決めたのか知らんけど

74: 21/04/04(日)02:31:00
>>66
音は53平均律の方が美しいとは言え扱いやすさとの上手いこと両立しとるわね

76: 21/04/04(日)02:36:51
>>74
31平均律とか53平均律とかいくら響きがいいといっても作曲や調律の大変が見合わなさそう

69: 21/04/04(日)02:26:27
「この音やとこういう感情になるのはなんでや」って話やったら生物学も絡んでくるんちゃう?

73: 21/04/04(日)02:28:27
>>69
なんやろねぇ
さっさと研究してほしいわ

75: 21/04/04(日)02:35:43
昔は寧ろ短和音の方が明るいと思われてたからこれが感覚的なのは正しいぞ
やから長音階は1種類で止まってるのに短音階は発展を遂げて3種類あるんや
結局は感覚でそれ以上語られへん部分は音楽には大いにあるな

77: 21/04/04(日)02:37:46
>>75
そもそも長和音と単和音の違いってなんや

80: 21/04/04(日)02:40:03
>>77
長三和音(メジャー・トライアド)
根音・根音から長三度上の音・完全五度上の音からなる和音やで。
コードネーム:C、CM、CMA、Cmaj、C△
短三和音(マイナー・トライアド)
根音・根音から短三度上の音・完全五度上の音からなる和音なんやで。
コードネーム:Cm、Cmi、Cmin、C-、C-△
一般的にm、mi minなどアルファベットを使う場合、マイナーはメジャーとの区別をしやすくするため小文字で表記するんやが、一部では大文字が使われるんやで(特にアメリカなどの英語圏)。

83: 21/04/04(日)02:41:59
わかりづらすぎるよな
用語があかんわ

87: 21/04/04(日)02:44:34
西洋音楽の歴史的には長短の2つに別れたと言うより長短の2つに収束したんや

88: 21/04/04(日)02:46:09
やはり既存の音楽理論ってのは完全に天下りよな
こんなんが学問の一種なんだから笑えるわ

89: 21/04/04(日)02:48:21
>>88
音楽理論知らんけどがっつりクオリアの話やん
どの学問も答え出せてないぞ

100: 21/04/04(日)02:58:29
>>88
その通りで正解やで
音階だのコードだの旋法だの音楽の三要素だのは全部西洋音楽がルーツやがそこに正当性はないで
だから、数学でユークリッドの原論の自明性を疑ったことに単を発して非ユークリッド幾何学が発展したように、20世紀初頭位からダダイスムと共に脱・西洋音楽としての実験音楽が研究されとる

93: 21/04/04(日)02:52:13
理論に基づいて構築した音楽ってあるん?
それをやろうとして分解して整理していったのが音楽理論じゃなく?

95: 21/04/04(日)02:52:53
>>93
その理論によるやろな

97: 21/04/04(日)02:54:51
感覚や経験則頼みの音楽理論より物理学や音響工学やったほうがええやろ
んで、納得いかんかったらこんどは人体工学とか建築学やればええ

102: 21/04/04(日)02:59:17
>>97
それを今まで誰もやらんの謎やない?
せめてmissing fundamentalの全容と音程が各器官に及ぼす影響位解明されてもええはずなのに

118: 21/04/04(日)03:09:44
まあイッチは周波数がなんだの言う前に楽典見たほうがええんやないか

引用元 : ワイ「半音っていうくらい何だから周波数的には半分なんやろなぁ」