perry
1: 2021/05/23(日) 21:25:20.92
そう言えばペリー提督って「黒船」の後どうなった?幕末の素朴な疑問を紹介
Japaaan 角田晶生(つのだ あきお)@2021/05/18
https://mag.japaaan.com/archives/147365

泰平の 眠りを覚ます 上喜撰 たつた四盃で 夜も寝られず

これは幕末の嘉永6年(1853年)7月8日、日本の開国を求めて浦賀(現:神奈川県横須賀市)沖にやってきたペリー提督ら東インド艦隊の衝撃を詠んだ狂歌です。

https://mag.japaaan.com/wp-content/uploads/2021/05/8c811b3ac6c4efbaa96bf7db0aa5b0e9.png
黒船来航に守りを固める幕府当局。東洲勝月 「米船渡来 旧諸藩士固之図」より。

上喜撰(じょうきせん)とは上等なお茶で、(略)

幕府に白旗プレゼント…ヤる気満々で日本へ出航!
ペリー(マシュー・カルブレイス・ペリー。以下ペリーで統一)は1794年4月10日、アメリカ合衆国ロードアイランド州ニューポートで、海軍士官のクリストファー・レイモンド・ペリーの三男として誕生しました。

父と同じく海軍に入隊してキャリアを重ね、1852年11月に東インド艦隊司令長官(提督)に就任。フィルモア大統領から日本に開国を求める親書を託され、アメリカを出航します。

https://mag.japaaan.com/wp-content/uploads/2021/05/475b79548d711c77b2769d3e8a57e91a.png
ミラード・フィルモア大統領。Wikipediaより。

この時、ペリーは日本に対して脅しをかけてやろうと「白旗」の贈呈を大統領に進言しました。

「我らが艦隊の威容を見せつけた上で『開国を拒むなら一戦を交えるので、貴国には降伏の印=白旗が必要になるだろう』という、素敵なメッセージを発信してはどうでしょうか?」

万事チカラにモノを言わせ、弱いと見れば徹底的になぶり倒す……ペリーってのは、こういうヤツ(※)です。が、常識人のフィルモア大統領は進言を却下。

(※)日本遠征任務に先立ち、グラハム海軍長官に「日本人は清国人と同じく、友好よりも恐怖に訴えた方が上手く支配できるだろう。それには、バカでも実力差を理解できるよう視覚に訴える最新鋭の蒸気船が有効だ」などと進言しています。

「バカモン!我らはあくまでも平和的な友好を望んでおる……いらん挑発をして、同胞に無用の犠牲を出すでない!」

「はーい、すんませんでしたー(棒)」

でも、いざ浦賀に着くと「どうせ本国にはバレないだろう」とばかり徳川幕府に白旗を差し出してしまうのだから、まったくいい度胸をしています(もちろん、幕府当局でも大騒ぎになりましたが、国際問題にしたくないため、不問に処されています)。

https://mag.japaaan.com/wp-content/uploads/2021/05/f45f3924d07fc44d625a26858277f182.png
礼節と文化をもってペリーを敬服せしめた琉球国の尚泰王。Wikipediaより。

しかし、大西洋からインド洋経由(※)で琉球国(現:沖縄県)までやって来ると、礼節正しいもてなしと高度な文化(精巧な建築や街並みの美しさなど)に面食らってしまい、それまでの「忌まわしき野蛮人ども」という認識を若干改めたと言いますから、根っからの悪人でもなかったのかも知れません。

(※)アメリカから日本に渡ってきたというと、現代的な感覚では太平洋を横断してきたかのようなイメージを持ちますが、史上初めて太平洋の横断に成功したのは日本の咸臨丸(かんりんまる)と言います。

エピローグ:その後のペリー

エピローグ
さて、交渉のすえ嘉永7年(1854年)3月3日に日米和親条約を調印、7月11日に琉米修好条約を締結、日本開国の大役を果たしたペリーは香港へ渡りました。

かねて体調を悪くしていたペリーはアメリカ本国に帰国申請を出し、許可が出ると東インド艦隊の指揮権を譲ってミシシッピ号を下船。イギリス船に乗せてもらってニューヨークへ帰還し、1855年1月22日、東インド艦隊司令長官の退任式が挙行されます。

余談ながら「たった四杯」と詠まれた蒸気船ですが、実は浦賀に来航した軍艦4隻のうち蒸気船はミシシッピとサスケハナの2隻のみで、残るプリマスとサラトガは帆船だったそうです。

https://mag.japaaan.com/wp-content/uploads/2021/05/f44384f59091ed00b189ee22fef4ca9f.png
ペリーの肖像と晩年の写真。Wikipediaより。

晩年は日本への遠征中に測定した気象情報をまとめたり、遠征の体験記を出版したりなど精力的に活動し、1858年3月4日、63歳の生涯に幕を下ろしました。

永い泰平の眠りから叩き起こされたことで、日本は激動の時代に突入していくのですが、そんなことなどお構いなしで永遠の眠りにつくペリー……何だか、彼らしいと言えばらしいですね。(略)

222: 2021/05/24(月) 01:12:55.64
>>1
一海軍兵の偉い人ってかんじか

256: 2021/05/24(月) 02:23:53.12
>>255
日米和親条約にならって琉米修好条約結んだみたいな書き方が>>1だけど
真相はどうなんだろうなあ

4: 2021/05/23(日) 21:27:08.35
ペリーのflashもう一回見たいわ
つーか黒船からまだ150年くらいしかたってないのか

131: 2021/05/23(日) 22:57:58.23
>>4
初めてのPC購入のきっかけだった

352: 2021/05/25(火) 02:21:38.49
>>4
俺の先祖はペリー来たとき案内役やってたよ
米兵からハンカチっぽい布貰ったみたいで代々保管してる
なんでも鑑定団に出したら面白そうと思いながら1000円とかだったら恥ずかしくてな

7: 2021/05/23(日) 21:27:53.17
本国アメリカじゃ誰も知らないんだよなw

73: 2021/05/23(日) 21:55:53.96
>>7
デーブ・スペクターみたいなものか

221: 2021/05/24(月) 01:11:25.90
>>7
クラーク博士と一緒だな

323: 2021/05/24(月) 21:45:51.03
>>7
そんなのは結構ある
樋口季一郎だって日本人よりもユダヤ人の方が知ってる比率高いだろうし、オーストラリアでは抜群の知名度を誇るアスリートヤスナリイワタなんぞ、日本では競馬見ない人は誰も知らない

397: 2021/05/25(火) 16:11:38.54
>>7
そりゃ、日本が当時の朝鮮に送った朝鮮開国の特使が誰だったかとか
日本人の誰も知らんだろ。

12: 2021/05/23(日) 21:30:46.70
ラクスマンとかフェートン号は追い払ったのに黒船だけは何であんなにビビったんだろうな幕府

20: 2021/05/23(日) 21:33:28.38
>>12
フェートン号って追い払ったというよりは要求全部飲んで
ヘコヘコしながらお帰りいただいただけでは

39: 2021/05/23(日) 21:42:38.47
>>20
佐賀藩がこのトラウマで
幕末雄藩になった

267: 2021/05/24(月) 03:01:47.78
>>12
実は当時の欧米外交暗黙のルールで欧米外の国と国交条約を結んだ場合、その国とは最初に欧米国と結んだ条約と同じ条件で他の欧米国家も条約を締結するという習わしだった。
そこで幕府はあえて当時の欧州列強とは一段国力の劣るアメリカと国交条約を結ぶ事で出来るだけ有利な環境で交渉出来る相手としてアメリカを見ていた

359: 2021/05/25(火) 07:10:20.13
>>12
爆裂する大砲持ってたから
その気になって江戸にぶち込んだら大火発生数万人が死傷する事態

407: 2021/05/25(火) 17:06:56.26
>>12
江戸湾を海上封鎖されたから
東廻り航路、西廻り航路が寸断され、日本の物流が終了。

鉄道が無い時代なので、江戸100万人の生活物資を賄う大量輸送は海路しかない。

410: 2021/05/25(火) 18:25:07.84
>>407 東回り航路は江戸湾口通ってないからね
西回り航路は、あまり依存度が高くなかった

21: 2021/05/23(日) 21:34:15.82
大西洋からインド洋を経て日本に来たんだな

この時はまだパナマ運河もできていなかったはずで、マゼランルートよりマシという判断だったんだろうなあ

41: 2021/05/23(日) 21:43:03.40
>>21
スエズ運河もなかったんだよね

22: 2021/05/23(日) 21:34:22.98
国務長官になったんだろ

34: 2021/05/23(日) 21:40:58.61
実は赤船も青船もきた。




マメな。

55: 2021/05/23(日) 21:49:39.97
>>34
黒船はペリーが最初じゃないよ。それより前に黒船は日本でつかわれていた。

まめな。

59: 2021/05/23(日) 21:51:16.01
>>55
オランダだかどっかから、アメリカが近々来るよって言われてたのに
何の対策もしてなかったんだよな

36: 2021/05/23(日) 21:41:40.93
この辺の話興味あるな
歴史小説であるかな、

37: 2021/05/23(日) 21:41:43.08
日本には良質の石炭が豊富にあったんやで

288: 2021/05/24(月) 06:20:33.82
>>37
実は今もまだ存在する。何故採掘しないかについては、採算コストがかかり利益が薄いからである。

43: 2021/05/23(日) 21:43:44.87
鎖国と言いつつ、ヨーロッパ諸国とは付き合いあったんでしょ?
アメリカが開国に強行過ぎたの?

44: 2021/05/23(日) 21:45:07.37
>>43
今の教科書では鎖国とは教えてないらしいぞ!

46: 2021/05/23(日) 21:46:11.44
クジラとるから港に寄らせろよ
脂以外は捨てるけどバンバン獲るぜい
って聞いたけど

47: 2021/05/23(日) 21:46:34.25
ペリーが なぜ来たかっていうと、当時、西洋人たちはクジラを濫獲しすぎて数が減り、ランプ用の鯨油が枯渇したらどうするかと思っていた矢先、日本の北方のオホーツク海にクジラが群棲していることが判った。

そこで捕鯨をするには、近くの港で薪(まき)と水、食糧を補給しなければならない。ロシアは当時、まだ太平洋岸には達していない。そこで白羽の矢が立った日本を開国させて補給港にしようと、大統領の親書を携えて来たのがペリー。

つまり鯨が絶滅の危機に瀕しているのは西洋人がランプのために鯨を濫獲しまくったからなのだ。しかも食用ではなく、鯨油を絞ったあとは捨てていた。

鯨を貴重なタンパク源として食用にしていた日本人はヒゲ1本まで余すところなく使いきったとのこと。

278: 2021/05/24(月) 03:41:22.20
>>47
なぜクジラが日本近海にあると分かったんだろう。
群れが自分のところより頻度が高いからか?

目視による感覚しか判断ないよな。

283: 2021/05/24(月) 05:05:37.07
>>278
漂流して鳥島でサバイバル生活してたジョン万次郎を救助したのもアメリカの捕鯨船だったたから日本近海まで鯨を追ってきてたんたね。

300: 2021/05/24(月) 11:10:05.84
>>47
>ロシアは当時、まだ太平洋岸には達していない

アラスカを領有してたのに?
ウラジオストクを建設してたのに?

51: 2021/05/23(日) 21:48:05.13
白旗ってこの時代から万国共通で
降参の意味だったのか!

61: 2021/05/23(日) 21:52:30.15
東廻りで来たからオランダ商館経由で事前に来航の情報は得ていたらしいね。

68: 2021/05/23(日) 21:54:42.17
>>61
オランダ国王から警告されてたんだよな
幕府は「陰謀論おつw」って感じで放置してた

121: 2021/05/23(日) 22:42:16.30
>>68
ひでー
せっかくの情報を…
もったいない

126: 2021/05/23(日) 22:51:52.42
>>121
平和ボケしてたんだろうなあ
現代と被るわ

62: 2021/05/23(日) 21:52:44.72
泰平の 眠りを覚ます 上喜撰 たつた四盃で 夜も寝られず なんて呑気な句をつくってたあたり

庶民は案外冷めた目で見てたのかね

   

127: 2021/05/23(日) 22:54:25.63
>>62
それって後年の創作なんじゃないの
少なくてもリアルタイムじゃないよね
たいへいの眠りなんて
大局的に見すぎててなんかあやしい

430: 2021/05/25(火) 21:16:26.58
>>127
ロシア船やイギリス船の来航とかあって
異国船打ち払い令も一時出してた
異国とどう付き合うかで議論が起こり
蛮社の獄まで起こった
ペリーが来て始めて騒ぎ始めた訳じゃない

63: 2021/05/23(日) 21:53:19.18
ペリー来てからまだ160年
人生二個分しか隔ててないのかよ

238: 2021/05/24(月) 01:39:32.02
>>63
驚くべき事に、日本が明治になって30年もしないうちに、
今でも残っている林道整備や護岸工事やってのけている。
測量は陸海軍が功を競ってやっていた。その一方で清や
ロシアとも戦争やっていて、そこから更に30年ほどで
第二次世界大戦に至ってる。そして大戦が終わって75年
経過してるんだ。今の停滞日本も、昔は凄かったんだよ。

70: 2021/05/23(日) 21:54:58.43
わりと早死にだったのか

71: 2021/05/23(日) 21:55:25.01
アメリカ史ではお兄さんの方が有名なんだっけか

82: 2021/05/23(日) 21:59:02.17
アメリカではお兄さんのペリーの方が有名なはず

100: 2021/05/23(日) 22:07:48.40
第二次世界大戦で日本が降伏したときにも
わざわざこのときの旗持ってきたんだよな

110: 2021/05/23(日) 22:18:05.61
ペルリは帰国後海将補にまで登ったからな
軍人としては一流だった

112: 2021/05/23(日) 22:21:02.71
クラークは日本に半年しかいなくて
すぐ帰って事業に失敗してすってんてんになったって聞いた
もちろんアメリカでも誰も知らない人らしい

113: 2021/05/23(日) 22:22:28.34
日本に来てからたった5年で死んでたのか知らんかったわ

114: 2021/05/23(日) 22:22:34.40
沖縄には通称「ペリー」という地区がある。
以前に沖縄行った時にタクシー乗って行き先を告げたら、運ちゃんが「あっ、ペリーですね」と返され「???」となった。

117: 2021/05/23(日) 22:34:09.78
日米和親条約は習ったけど
琉米修好条約は知らんな

118: 2021/05/23(日) 22:34:24.70
幕末の日本当時で西洋のことは知っていたろうけど、白旗が降参の意味だと理解した人は
どのくらいいたんだろうか?
むしろ白いものを贈られて、死に装束のつもりで来たと解釈されてもおかしくないと思うが。

123: 2021/05/23(日) 22:42:51.65
ペリーが来た時に幕府の役人で英語通訳がいたんだけどどうやって英語覚えたんだろう
凄いロマンあるよね
江戸時代にどうやって英会話レッスンしたのか

138: 2021/05/23(日) 23:04:50.31
>>123
最初の浦賀でのやりとりの際の通詞が堀達之助で幕府が用意した書面は仏文
上陸後のやりとりにもちろん通訳がいるみたいだけど誰かは書いてない
書面でのやりとりは米側が英文、漢文、蘭文、幕府側が日文、蘭文の書面を用意したとある。
(「天皇の世紀」の記述から)
英語が飛び交うような感じではなく、オランダ語が主体のやりとりだったかも

214: 2021/05/24(月) 00:50:53.32
>>138
会話はオランダ語がメイン

ただし、ついてきていたサミュエル・ウィリアムズが日本語の語彙表を作ったり、マタイ伝と創世記を日本語訳するほどの実力者だったから日本人の発言はほぼ理解できていたらしい。
もともと日本で布教の許可を得たいと思っていたから、日本語もそうとう話せたらしい。

237: 2021/05/24(月) 01:39:28.35
>>214
吉田松陰の書簡を英訳した人か、さんきゅ

168: 2021/05/23(日) 23:36:09.16
>>123
ジョン万次郎がいた

187: 2021/05/23(日) 23:54:58.76
>>168
ジョン万次郎の生涯は、読んでみるとなかなか面白いんだよな。
偶然にも、この人は無学の漁師だったが、潜在能力があったらしく、すごく有能だった。
拾った船長に気に入られてアメリカで養子にされて、学校にも通ってるしね(いまの日本でいえば短大か大学教養学部くらいの高等教育。)

190: 2021/05/23(日) 23:58:00.75
>>187
ざっと調べたらアメリカに拾われた当時14歳くらいだったんだな
漂流しなければそのまま無学の漁師で終わってたかと思うと感慨深い

194: 2021/05/24(月) 00:08:09.35
>>190
万次郎は、黒船来航後は、幕府に呼ばれて旗本の身分に。勝海舟の咸臨丸に乗って再び渡米してる。

ちなみに勝海舟も渡米後はかなり英語上手になっていた。江戸明け渡しの直前に勝海舟は単身横浜に行き、ノーアポイントメントで英国公使パークスに会ってる。通訳無しの二人だけで話し合いをした(内容が歴史上の謎になってる)。
パークスは勝海舟と意気投合して、今晩はここで食事をしないか、停泊中の英艦の船長もいい奴でそいつも呼ぶから一緒に飯食おう、と言われて3人でディナー。
話がはずむくらいには英語ができてる。
薩長側では伊藤博文も維新後外国経験を積み、英語できたらしいけどね。

330: 2021/05/24(月) 23:31:31.37
>>194
この辺りを夢枕獏がメリヴィル作「白鯨」と合体させたぶっ飛んだ小説書いてる。
面白いから読んで損は無いと思う。

125: 2021/05/23(日) 22:51:36.89
そういえば、ペリーなんてアメリカでは誰も知らないって聞いた事あるな
日本に行った事なんて、アメリカ史ではいちいち話題にする程の事では無いんだな

132: 2021/05/23(日) 22:58:58.99
>>125
そりゃそうだろ
マッカーサーなら少しは知られているのかな

129: 2021/05/23(日) 22:57:31.65
いやーペリー来てくれて良かったわ
もし来なかったら今頃日本にネットなんて無かっただろ

136: 2021/05/23(日) 23:02:27.94
>>129
それは無いな
ペリーどころか最近までアレだったマサイ族が今ではほとんどスマホ持ってるって話だし
少し遅いか早いかってだけ

151: 2021/05/23(日) 23:20:53.14
ペリー来てなかったら、お前ら今頃は苗字も無かったぞ
◯◯村の何とかさん、で終わってた
男は亀吉とかゴンベエ、
女はマツ、フク、シゲ、
みたいな名前だったぞ

158: 2021/05/23(日) 23:27:24.49
>>151
お前最近の説を知らんだろ

227: 2021/05/24(月) 01:18:26.76
>>151
祖先の江戸時代の戸籍謄本調べてみ?
ちゃんと苗字載ってるよ
苗字は侍以外公式の場で名乗ってはいけなかっただけ

234: 2021/05/24(月) 01:33:15.53
幕末に死んでたのね
63歳なら当時としては妥当な没年

413: 2021/05/25(火) 18:33:51.30
>>234
確か幕府の米国使節団がペリーの家を弔問しているんだよね。
残された婦人に会って、姿形は違えども人情において異なることなし、と感想を述べてくる。

416: 2021/05/25(火) 18:47:09.44
>>413
いいハナシダナー

241: 2021/05/24(月) 01:43:38.60
wiki見ると
あのモリソン号に乗船していたというなら、そりゃあ日本人と会ってるな
ギュツラフとの交流もあったんだろうなあ、琉球情報も持ってそう
面白いわ

334: 2021/05/24(月) 23:46:16.73
もしペリーを斬り捨てたらどうなったんだろ?

341: 2021/05/25(火) 00:37:46.98
>>334
関係は悪化するけど、当時のアメリカもたいしたことないからな。

それに極東に来るにはアフリカ南端を通る航路しかなかったから、いちいち大船団で外征してたらアメリカは破綻する。

337: 2021/05/25(火) 00:18:49.35
オマイらの書き込みを元に今日日本近代史ググったらおもしろかったわ
一人で歴史の本読んでても、進まないから
こういう書き込みに参加するのが一番、歴史を楽しめる
ありがとな

引用元 : 【歴史】そう言えばペリー提督って「黒船」の後どうなった?幕末の素朴な疑問を紹介 [どこさ★]