sun-1711635_640
1: 2021/07/16(金) 20:00:18.05
https://smtgvs.cdn.weathernews.jp/s/topics/img/202107/202107120285_top_img_A.jpg

2021/07/16 12:00 ウェザーニュース

今週に入って梅雨明けするエリアが増えてきました。長かった梅雨がようやく終わりを迎えたかと思えば、ゲリラ豪雨が増えるなど、何かと雨に悩まされる日々が続いています。

この時期は、空は晴れているのに雨が降っている気象現象も見られ、「天気雨」と呼ばれるほか、「狐(きつね)の嫁入り」という風雅な呼び名にもなっています。ウェザーニュースでは、この「晴れているのに、雨が降るときの表現は?」というアンケートを実施しました。

その結果、全国では「天気雨」が54%、「狐の嫁入り」が44%と、「天気雨」が多数派でしたが、地域別でみると関西では「狐の嫁入り」が83%と圧倒。北陸でも関西に近い福井・石川県が70%以上、東海・中国でも60%前後と、他の地域に比べて明らかな差が見られました。

西日本ではこの現象をなぜ「狐の嫁入り」と呼ぶのか、また、呼び方の地域性について、歳時記×食文化研究所の北野智子さんに考察していただきました。





「狐の嫁入り」以外の呼び名も

「天気雨を狐の嫁入りと呼ぶ確固たる理由はわかりませんが、晴れているのに雨が降るという不思議な現象は、『まるで狐に化かされているようだ』との意味合いで使われてきたようです。

季節の変化が大きい日本には、古くから天気や気象を表す言葉が数多くあります。昔から日本人は自然を友として深いかかわりを持って生活をしてきたので、天気や気象を単なる自然現象としてではなく、親しみや感謝、畏敬の念を込めて、『狐の嫁入り』などといった言葉で呼んだのだろうと思われます」(北野さん)

日が照っているのに小雨が降っている現象は「狐雨」「狐のご祝儀」ともいい、「ひでり雨(日照雨)」「日向(ひなた)雨」「日和(ひより)雨」「戯(そばえ)雨」ともいうようです。

「狐の嫁入りは天気雨のことだけではなく、夜の山野で狐火(狐の口から吐き出された火)が連なって、嫁入り行列の提灯のように見えるものについてもいいます。狐火とは闇夜に山野などで光って見える燐火(りんか)のことで、『鬼火』とも呼ばれています。

江戸時代には狐の嫁入りが伝承として信じられていたようです。浮世絵にも『狐の嫁入図』(葛飾北斎)、『東都飛鳥山の図 王子道 狐のよめ入』(歌川広重)など、有名な作品が伝わっています」(北野さん)





関西で狐が親しまれている理由

「天気雨」の仕組み
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://weathernews.jp/s/topics/202107/120285/

139: 2021/07/16(金) 21:28:09.25
>>1
雨が降ってる中での嫁入りは気の毒だから、ちょっと晴れてる感じに見せかけてあげてるんだよ。

199: 2021/07/17(土) 01:07:26.44
>>1
狐が嫁入りするときに、それを知らせるために天気雨を起こすという伝承がある
もともと「狐」はお稲荷さんの化身であり、
かつてはネズミをとってくれる、農作物の神だった
だから稲荷と言う。
狐は化かすもの、とよく言われるが、
魑魅魍魎の類のうち、悪さをしないのを狐に比定してたらしい
白蔵主なんか典型で狐を殺すのはやめなさい、殺生はやめなさいと言いつつ、非常に徳の高くて慕われた坊主だったそうだが、
犬に咬み殺されて死んだと言う。
後半にそして狐が残されていた、というが犬が坊さん殺すと祟りが怖いのでそういうことにしたのかも。

202: 2021/07/17(土) 01:13:22.36
>>199
狐は稲荷神の化身ではないぞ。
稲荷神とはウカノミタマノカミであって
狐はそれの使い。

5: 2021/07/16(金) 20:01:46.32
お天気雨

おがついていた記憶がある

151: 2021/07/16(金) 21:51:11.60
>>5
自分もこれ
周囲も普通に使ってたよ

173: 2021/07/16(金) 22:45:09.48
>>5
お天気雨さん
だった。
敬称まで付いて丁寧だった。

235: 2021/07/17(土) 10:25:20.88
>>5
それ
でも、狐の嫁入りも使う

9: 2021/07/16(金) 20:02:30.59
関西だけど天気雨一択

19: 2021/07/16(金) 20:04:20.19
狐の嫁入り派だわ
普通に天気雨とも言うけどね
両方使い分ける

31: 2021/07/16(金) 20:07:50.37
キツネの嫁入りは駄洒落だってよ

>「狐の嫁入り」は「晴れの日に滾々(コンコン)と降る」という意味の駄洒落でもある。

47: 2021/07/16(金) 20:14:07.23
>>31
へー初耳!
幻想的な由来でもあるのかと思ってた

35: 2021/07/16(金) 20:09:10.69
生まれも育ちも関東だけどどちらも使うなぁ
昔話に狐の嫁入りって話があるから知ってたんだけどそう考えると地域というか教養の話じゃ無いの?

36: 2021/07/16(金) 20:09:35.67
生まれも育ちも東京だけど狐の嫁入りって言ってた

50: 2021/07/16(金) 20:14:41.78
関西では足が吊った事を、コブラ返りと言うらしい

51: 2021/07/16(金) 20:14:42.15
天気を表現する言葉って綺麗だね

60: 2021/07/16(金) 20:21:47.43
福岡だが、狐の嫁入りって言ってるな。

>>51
晴れているところと雨が降っているところの境を「馬の背」、
「馬の背を分ける」って言うね。

78: 2021/07/16(金) 20:29:30.01
>>60
(´・∀・`)ヘー
何度か経験あるけど表す言葉を知らなくて「晴と雨の境目」って言ってたなあ
馬の背か、おぼえとこ

55: 2021/07/16(金) 20:17:37.17
東京生まれだけど普通に天気雨でいいじゃんて思う
ただし狐の嫁入りでも通じるよ、まぁ何言ってんだこいつと思われるだろうけど

64: 2021/07/16(金) 20:22:31.13
東京に引っ越して30年近くなる
長い間、狐の嫁入り一択だと思ってた
何これ、怖い…

69: 2021/07/16(金) 20:24:01.99
>>64
東京生まれの東京育ちの昭和のおっさんだけど
天気雨一択だわ
狐の嫁入りってまんが日本昔ばなしとかでそんな言葉を聞いたことあるだけで
実際に使ってるやつ見たことねえぞ

77: 2021/07/16(金) 20:28:42.60
道民だけどどっちもOKだぞ

80: 2021/07/16(金) 20:31:42.04
狐の嫁入りは、夜に離れた山のあたりに
明かりが列なして灯り、暫くするとふっと消える事いうななぁ
今まで2回みたことがある

115: 2021/07/16(金) 20:58:20.84
人間て同じなんだよね。アメリカでも言い方が幾つかある

117: 2021/07/16(金) 21:00:15.84
一般語と雅語の違いだろ。
おからの卯の花みたいなもので。

118: 2021/07/16(金) 21:00:33.58
関西でも主に天気雨やで

121: 2021/07/16(金) 21:03:14.99
両方言ってた。
ちなみに朝突然降り出す雨は朝立。
これも真顔で女性が言ってた。

さて私はドコ出身でしょう?

175: 2021/07/16(金) 22:48:17.81
>>121
石川県?

177: 2021/07/16(金) 22:50:52.67
>>175
狐の嫁入りは聞いたことないわ。

128: 2021/07/16(金) 21:10:13.43
狐の嫁入りという言葉は知ってたが興味ないので今日の今日まで放っておいた

133: 2021/07/16(金) 21:18:24.57
>>130
なんだけど、晴れを天気ということもあるんだよな

143: 2021/07/16(金) 21:38:33.04
「天気雨」は天気が雨って意味ではないのか?
狐の嫁入りのことだなんて初めて聞いた
神奈川県民

144: 2021/07/16(金) 21:39:48.64
両方言うだろ?
狐の嫁入りは言い回しの一つになってるレベルで使われてる

154: 2021/07/16(金) 21:59:14.81
大正生まれのばあさんは狐の嫁入りと言っていた

157: 2021/07/16(金) 22:03:25.54
どっちも知ってるが無難に言うなら「お」天気雨

天気雨とは言わない

161: 2021/07/16(金) 22:13:03.76
石川では天気雨では。

163: 2021/07/16(金) 22:19:47.71
福島だけど、狐の嫁入りと教えられてたわ
天気雨は初めて聞いた

166: 2021/07/16(金) 22:32:28.87
お天気なら晴れの意味で使うけど(今日はお天気やねえ)、
天気だけだと微妙だろ。

190: 2021/07/17(土) 00:05:22.66
>>166
天気だけだと好天を指す事が多いな

168: 2021/07/16(金) 22:37:01.55
ゲリラ豪雨なのに太陽が出てて天気良かった。不思議な天気だった。

169: 2021/07/16(金) 22:37:10.36
狐の嫁入り
関西では日が照っているのに降る雨のことを狐の嫁入りという
新潟関東では怪火のことを狐の嫁入りというらしい

福島県の狐の嫁入りはすり鉢を被ってすりこぎを持っている
岐阜県では怪火だけでなく竹が燃えて割れる音がする伝承が残っている
徳島県では同じ怪火を狐の葬式と呼ぶらしい

結構地域差があるな

172: 2021/07/16(金) 22:44:56.08
>>169
ねこまんまに地域差があるのを思い出した。

174: 2021/07/16(金) 22:45:49.29
神奈川住まいだけど、小学生の子供が天気雨のことを狐の嫁入りとか言ってて、そんな言い方をするのを初めて知ったわ

179: 2021/07/16(金) 22:56:52.75
>>174
地方から越してきた人はそんな反応だろうね

180: 2021/07/16(金) 22:59:31.06
>>179
神奈川は天気雨が多数派では。

176: 2021/07/16(金) 22:48:18.82
狐の嫁入りが通じなくてびっくりしたわ

185: 2021/07/17(土) 00:00:31.67
これの他に東日本と西日本で違う言い回し

明後日の次の日
東日本・・・やのあさって(縮めてやなさってとも)
西日本・・・しあさって

自分は東北なのでやなさって

188: 2021/07/17(土) 00:02:37.64
>>185
しあさっての翌日がやなさってと思ってたが?

191: 2021/07/17(土) 00:07:03.73
>>185
ねこまんまも西と東で違う。

西はご飯に味噌汁、東はご飯に鰹節+醤油 らしいわ。

197: 2021/07/17(土) 00:55:22.51
>>191
さいたま国民だが、
ねこまんまと言ったら味噌汁ぶっかけご飯以外に有ったのかと。

203: 2021/07/17(土) 01:13:50.05
ここまで
太陽雨って出た?
子供の頃は普通に「太陽雨」って言ってたけど。
ちな、沖縄

206: 2021/07/17(土) 02:25:06.18
狐の嫁入り という言葉は知ってたけど 意味は今まで知らなかった!

208: 2021/07/17(土) 02:38:53.73
天気雨を使うけど記事を読んで子供の時、ひなた雨とも言っていたのを思い出した。

222: 2021/07/17(土) 06:50:28.55
むかしはどこでも普通に狐の嫁入りって言っていたんじゃないかな
だから親が言っていたかどうか、なぜそう言うかを子に教えたかだと思う
教養のない親は由来を教えられないし、教養のありすぎる親はおとぎ話みたいな言い方は好まないので言わなくなる

243: 2021/07/17(土) 16:34:41.97
捏造ひどい
さすがに狐の嫁入りは日常的に使うのは90歳以上

246: 2021/07/17(土) 16:38:25.97
日常会話では天気雨

260: 2021/07/17(土) 19:01:33.04
俺は両方使った記憶があるけど狐の嫁入りが圧倒的だな
奈良県

265: 2021/07/17(土) 19:17:51.87
表現をぼかす必要もないからストレートに「天気雨」だな

267: 2021/07/17(土) 19:24:05.04
「狐の嫁入り」の方が日本らしく風情がある

引用元 : 【天気雨/狐の嫁入り】 「晴れているのに雨が降る」ことを何という? 東と西で呼び名が違っていた [朝一から閉店までφ★]