paris-g4d18825c7_640
1: 2021/10/06(水) 23:27:50.65
https://news.yahoo.co.jp/articles/46cd274f7c3a5032a8001f18b2b3816def74b783
マリー・アントワネットが恋人に宛てたものとされる手紙の伏字部分が、X線分析によってベールを脱ぐこととなった。

今回の研究を行ったフランスの機関、Centre de Recherche sur la Conservation(CRC)は、この手紙について、
「国家機密なのか、脱出計画なのか、または王室の恋愛事情を書いたものなのか。この機密性の高いコンテンツは、150年もの間歴史家を困惑させてきた」と述べている。

手紙は、当時のフランス王妃、マリー・アントワネットが、フランス革命のさなかにスウェーデンのハンス・アクセル・フォン・フェルセン伯爵に送ったものとされていた。
しかしCRCの分析によって、フェルセン伯爵から王妃へ送られた手紙の複製であることが判明。
さらにチームは15通の手紙を調べ、そのうち8通は、インクを構成する銅と鉄、亜鉛と鉄の比率に違いがあることを明らかにした。
X線蛍光分光法でインクの元素組成を分析し、データ処理を行ったところ、伏せられた箇所には「最愛」、「愛する人」、「狂った」といった言葉が書かれていたという。
下記の資料のCu(銅)の部分には、フランス語で「non pas sans vous(あなたなしではいられない)」といった文章も見られた。

フェルセン伯爵が使用していたインクの成分と、文字を上書きするのに使われたものとが一致することから、この伏字を施したのはフェルセン伯爵の可能性が高いようだ。
CRCは、「手紙はフォン・フェルセンにとって、感傷的、もしくは政治的な理由から重要なものだったと推測できる」と述べている。
別の専門家は、「彼は(愛の手紙=不倫関係を隠すことで)彼女の名誉を守ろうとしていたに違いない」と考察した。

また今回の研究では、フェルセン伯爵が王族をどのようにフランスから脱出させようとしていたかについても明らかになったという。
これはのちにヴァレンヌ逃亡事件として知られる計画だが、最終的には失敗に終わっている。

CRCの研究者らは、「この技術を利用することで、修正されている資料の謎を解き明かすことができる」と自信を見せた。

205: 2021/10/07(木) 03:00:36.65
>>1
手紙を送ったマリーはギロチンで処刑、手紙を送られたフェルセンは、
その約20年後に群衆に殴り殺されるとか、実に非業の死のカップル。

302: 2021/10/07(木) 08:14:33.08
>>205
フェルゼンよく20年いきのびてたな

320: 2021/10/07(木) 08:26:53.92
>>302
最期は暗殺の濡れ衣を着せられ民衆に撲殺されるとか悲惨。
濡れ衣は殺されてから晴れたけどな。

2: 2021/10/06(水) 23:29:53.58
ケーキを食べればいいじゃない

27: 2021/10/06(水) 23:43:54.61
>>2
それいってない
当時のマスゴミの創作

77: 2021/10/07(木) 00:16:00.42
>>27
いつの時代も変わらないな

11: 2021/10/06(水) 23:34:20.28
https://i.imgur.com/GjAaFvP.jpg
(´・ω・`)本人は言ってなかったらしい

24: 2021/10/06(水) 23:43:32.86
>>11
「お金がない人は米じゃなくて麦(パン)を食べてもらえばいいと思います」と提案したら
「貧乏人は麦を食え」と言ったことにされたようなものですね

32: 2021/10/06(水) 23:46:31.39
>>24
健康のために麦飯にしたいが
白米の方が安い・・・

42: 2021/10/06(水) 23:51:02.99
>>32
米の価格統制はほぼ無くなりましたが、小麦は農水省利権の価格統制が続いてますので仕方ないですね。

12: 2021/10/06(水) 23:34:39.27
こーゆーのはかわいそうだから止めてやれって思うわ

https://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1502/12/aoyagi_150212dazai1.jpg

45: 2021/10/06(水) 23:53:53.01

397: 2021/10/07(木) 12:49:26.45
>>12
改めて晒すなw

13: 2021/10/06(水) 23:35:58.64
王妃の私物なのによく残ってたね
隠していたから普通の持ち物とは保管が別だったのかな?

16: 2021/10/06(水) 23:38:31.84
死後何百年も経ってせっかく隠した不倫の証拠が暴かれるのか最新技術で
まあ結婚してから恋愛するというのが当たり前な当時のフランス宮廷じゃみんな知ってたやつね
でも愛人の家族全部外国に逃してくれようと頑張ってくれたフェルセン伯の愛の深さには感動
金目当てで皇族の娘をたぶらかしたヒモ男と大違いだ

388: 2021/10/07(木) 12:03:59.24
>>16
そうなんだよね
マリーの死後ずっと独身でいて娘のマリーテレーズの後継人をしてたり一途で誠実惚れるわ

421: 2021/10/07(木) 16:21:49.13
>>388
一家含めて命がけで逃がそうとしたり
マリーをギロチンに追い込んだ民衆を憎み民衆にも憎まれなぶり殺しにされる最後まで含めて
愛に生きた人だね

17: 2021/10/06(水) 23:38:35.30
やめたれよ

36: 2021/10/06(水) 23:48:21.87
>>17
ラブレターくらい解析してもいいだろ
誰か忘れたけど日本にはショタコンがバレた武士がいたんだぞ

72: 2021/10/07(木) 00:13:49.28
>>36
武田信玄はお前が愛しいとか一緒にいたいとか熱烈なラブレターが残ってたよね
高坂弾正とかいうイケメン部下に

480: 2021/10/07(木) 21:10:15.29
>>72
その人宛か忘れたけど下痢だから今日はできませんっていう返事まで
晒されてたね

54: 2021/10/07(木) 00:00:13.77
タラレバだが、フランス脱出は荷物軽くして質素な馬車で地味に行けば成功してたよね

57: 2021/10/07(木) 00:05:28.87
>>54
不幸なことにペストがパンデミックで国外逃亡は無理だったから、逃亡そのものが無理になったんだったと思う

62: 2021/10/07(木) 00:08:22.63
>>54
フェルセンはその予定だったけど、マリー・アントワネットが家族一緒に拘ったんだよね
豪華な馬車で目立ってたって
しかも、のどかな地平線の見える農村地帯を抜けないといけなくて
時々止まって子供を遊ばせてたって

67: 2021/10/07(木) 00:11:20.13
>>62
庶民の馬車なら馬も速く走れたし逃げられただろうにね
子供を遊ばせるって暢気すぎるw

76: 2021/10/07(木) 00:15:36.34
>>67
同時期に国王の弟が簡素な馬車で亡命成功しているから確率は高いよね
国王か王妃どっちかが成功すれば
象徴性にはなったかもしれないけど
王室は維持できただろうね

85: 2021/10/07(木) 00:18:55.74
多くの歴史家が言ってたようにホントに真剣な関係だったんだね

96: 2021/10/07(木) 00:27:51.23
>>85
愛人関係はあったにしろ
フェルゼンもしっかりパリに愛人がいて
愛人宅から王妃のところに通っていたしね
勿論、ベルバラではこういうのは描かれない

94: 2021/10/07(木) 00:23:49.42
マリーアントワネットって処刑されたの37歳か
若死にっちゃ若死にだけどもっと若いと思ってた

99: 2021/10/07(木) 00:31:56.37
何年か前にマリーアントワネットの白髪と幽閉されて死んだ息子のルイ17世のDNA鑑定して
親子だと判明したなんてニュースあったような
あと生き残って長生きした娘が遺した遺言があって百年経ったら公開していいという手紙があるとか
結局まだ開けてないらしいがなんか重要な秘密が書いてあると言われてるそうだ
息子も替え玉とか噂があったようだけと興味深いミステリーだな

107: 2021/10/07(木) 00:36:45.98
アメリカの独立戦争からナポレオン世界征服まで
凄い時代だよ

112: 2021/10/07(木) 00:40:26.95
国外逃亡すれば親戚の大軍を連れて反撃に出るに決まってるので
民衆から見ると悪魔のような大量殺人の企てだとなる
この時期の殺伐さは一触即発でマリーには何も分かっていなかった
それでも国王支持者の尽力で一時は復権しかけたのだから封建領主の権威は絶大だった
しかしこの復権運動が更に民衆を憤激させ遂に国王一家襲撃事件となり死刑の裁きを受けることとなる
この襲撃事件の以降で空気読めないマリーもようやく自分の死期を徐々に悟ったようである
しかし最後まで自分が民衆から見たら悪魔だったことには気付かなかったのだろうな

120: 2021/10/07(木) 00:45:26.45
>>112
マリー的には我々王族に歯向かう憎き庶民
という感覚でしかなかったろうね

130: 2021/10/07(木) 00:55:16.99
汽車とか無いのに遠距離不倫してた昔の王侯貴族
俺には理解できないわ

134: 2021/10/07(木) 00:59:15.99
この処刑でマリーアントワネットの本家がよく出兵しなかったなと
いつも思う

146: 2021/10/07(木) 01:11:44.70
>>134
冷淡だったらしいね
マリー・アントワネットの贅沢ぶりは
本国でもわかっていたから
実家としてもなにも出来なかったのかわからない

157: 2021/10/07(木) 01:21:42.24
>>134
動かなかった理由の一つに既にハプスブルグ家が代替わりしてたという事情がある
処刑の頃の神聖ローマ皇帝にとってはよく知らない叔母さんでしかなかったから
フランスと事を構えるほどの動機が無かった

202: 2021/10/07(木) 02:38:52.05
>>134
周辺国の王様は自分の国もこうなったら困るって戦争仕掛けてきた
だけど、王様に命令されてしぶしぶ戦う百姓より、
自分たちの国は自分たちの手で守らなきゃの革命軍のほうが強かった

139: 2021/10/07(木) 01:06:17.36
フェルセンは本気でマリー・アントワネットを愛していたらしく
本当に献身的で悲しいんだよね

141: 2021/10/07(木) 01:07:07.50
そんな過去暴いてやるなよ

150: 2021/10/07(木) 01:14:09.27
なんだかんだであっさり殺されたマリー・アントワネットはまだマシだろ
悲惨なのはルイ17世だよ

152: 2021/10/07(木) 01:16:32.03
>>150
やめろ、その話は…鬱になる

158: 2021/10/07(木) 01:21:47.43
ぶっちゃけフランスの18世紀のことなんか、日本人にはわからんだろ

逆にフランス人が、日本の将軍家のお世継ぎ騒動とか、生類憐れみの令の話をあれこれネットで語ってたら、おたくらどう思う?

209: 2021/10/07(木) 03:47:24.42
寵臣のくせに王妃に夢中。
王妃とフェルセンの仲はルイ16世も知っていたらしいから、浮気でもないんだな。
女性も妾を持つのが許されたんだろな。
日本にはない。

231: 2021/10/07(木) 05:51:48.81
>>209
当時は男女ともに不倫が多く、ある程度は目をつぶられた。
とはいえ王妃という立場でやったのはアレだが。
同時代だとエカチェリーナ2世、マリア・ルイサ・デ・パルマ、マリー=ルイーズが不倫した皇后・王妃として著名。
しかし泉下のマリア・テレジアからすれば不本意極まりなかっただろう。

288: 2021/10/07(木) 08:06:43.85
>>231
先のイギリスの清教徒革命も同じじゃね。
結局、王政復古して、王は残った。

ただし、腐敗権力を一度排除したという点は良いと思うよ。
上流階級の横暴を防府という意味では。
革命が悪用されたのがスターリニズムかな。

220: 2021/10/07(木) 05:34:56.38
マリーアントワネット展行ったら
色々は肖像や頭部像があって
どれもシャクレでガッカリしたよ

227: 2021/10/07(木) 05:44:10.86
>>220
血族みんな顎長いんよ

234: 2021/10/07(木) 06:01:39.06
ナポレオンを皇帝にしたフランス革命とはなんだったのか?
ナポレオン失脚後に一度王政復古したし

243: 2021/10/07(木) 06:15:30.45
>>234
単に王制下で出来た上流階級同士の下剋上に民衆が
加わったのが革命

235: 2021/10/07(木) 06:04:51.47
数年前のマリーアントワネット展で
フェルセンの暗号表と暗号で書かれた手紙が展示されてたな
ちょっと感動した

258: 2021/10/07(木) 06:54:18.97
マリー・アントワネットじゃなくて、
当初の予定通り姉のマリア・カロリーナが嫁いでたら
どうなったんだろうねえ…

328: 2021/10/07(木) 08:43:51.07
>>258

ジャンヌダルクやマタハリ、アントワネットのようにスケープゴートにされて、末路は変わらんかったろうよ

278: 2021/10/07(木) 07:43:48.21
マリー・アントワネットはクビチョンパだけ。
手足もだとベルサイユのバラバラ事件だったな。

ギロチンは残酷に見えるが、実は楽に死なせてあげるために開発されたらしい。
それまでは、日本と同じに剣でクビをはねていたが、下手な人だと一太刀でクビを落とせず、何度も剣を振るうので苦しんで死んだ人が多かったとか。
介錯や斬首は日本人の方が上手かったんだろな。

283: 2021/10/07(木) 07:58:55.33
>>278
海外ドラマのザ・チューダーズを観てると
首切りが一番慈悲ある処刑方法で貴族以上は首切りだったね
より高貴な身分なら腕の良い処刑人を選べた
次が膓わた切り裂いた後の首切りだね
その次が四体切断後の首切りかな
一番残酷なのは火あぶりの刑
日本では釜茹

285: 2021/10/07(木) 08:02:58.65
>>283
火あぶりが残酷なのは
「最後の審判」の時に遺体が残ってないから

289: 2021/10/07(木) 08:06:47.57
>>285
いや実際に苦しいらしいよ
もちろん体験したことは無いけど

293: 2021/10/07(木) 08:11:15.66
>>289
ヨーロッパにおける「火あぶり」は
囚人の身体全体を薪で覆うから
炎が身体に達する前に窒息死する
ついでに、執行吏が薪で頭ぶん殴ったり
火かき棒を心臓に突き立てたりする「お慈悲」もあった

文字通り「火あぶり」になるのは
足元だけを薪で覆う日本式

304: 2021/10/07(木) 08:15:53.23
>>293
すごい量の薪だな。贅沢な処刑法で非効率な

325: 2021/10/07(木) 08:33:19.27
アントワネットがアホすぎなきゃ
ヴァレンヌ逃亡計画は成功してただろう

327: 2021/10/07(木) 08:41:51.33
>>325
ワガママを言い直ぐに逃げなかったらしいな。
逃げればルイ17世も惨い死を迎えなかったのにな。

デレデレして、ルイ16世がフェルセンを引き離した後に捕まってしまった。
アホな夫婦やな。

341: 2021/10/07(木) 08:56:10.07
有名人は死後もどんな私信や日記を公開されるかわかったもんじゃないから気を抜けないな
万全を期するなら元気な内に全て焼却処分しないと後が心配だ

424: 2021/10/07(木) 16:35:29.21
ケーキの逸話のケーキも日本人が想像するようなケーキじゃなくて、ブリオッシュの原型みたいなパンのことだからな
日本の甘い食パンみたいなもん

439: 2021/10/07(木) 17:13:52.53
>>428
元ネタとされるルソーの文脈だと
やっぱ嗜好品の菓子パンということだから
ぜいたく品という解釈であってるらしいぞ

色んな意味でいい加減なもんだなっていう気がする

452: 2021/10/07(木) 19:13:27.76
「お菓子を食べろ」はルソーの告白に出てくる一説で男爵夫人が言った言葉
当時はバターを沢山使ったお菓子(今のブリオッシュ)の方が格が下だった
フランスパンより小麦の精製さが雑だったせいでバターを沢山使って誤魔化してた

引用元 : 【歴史研究】伏字で隠されたマリー・アントワネットの手紙、X線分析によって真意が明らかに [ごまカンパチ★]