4886300_s
1: 2021/10/09(土) 20:19:45.42 _USER9
現代ビジネス 10/9
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/87945

ちょうど40年前。1981年10月9日(金)の夜10時から、ドラマ『北の国から』(フジテレビ系)の第1話が放送された。多くの視聴者にとって、それは見たこともないドラマだった。

当時、金曜夜10時という同じ時間帯に、ドラマが3本並んでいた。1本目は、この年の5月から始まっていた、藤田まこと主演『新・必殺仕事人』(81年5月~82年6月、テレビ朝日系)。もう1本が9月にスタートした山田太一脚本のドラマ『想い出づくり。』(81年9~12月、TBS系)だ。

シリーズとして固定ファンを持つ『必殺』もさることながら、『想い出づくり。』も女優3人の生き生きとした掛け合いが軽妙で話題となっていた。演じたのは森昌子、古手川祐子、田中裕子の3人。当時は結婚適齢期といわれていた24歳の女性たちが、平凡な日常生活から脱却しようと都会をさまよう物語だ。ちなみに脚本は山田太一、演出は鴨下信一、プロデューサーは大山勝美。後に大ヒット作となる『ふぞろいの林檎たち』の布陣と同じだった。

■異例ずくめのドラマ
人気の2番組に遅れて参入してきた『北の国から』の主演俳優は、田中邦衛である。60年代から70年代にかけての田中は、加山雄三の映画『若大将』シリーズや『仁義なき戦い』シリーズでの脇役という印象が強かった。ドラマの主役といえば、スターだったり二枚目だったりすることが当たり前の時代に、異例の「主演・田中邦衛」。視聴者も戸惑ったはずだ。

そして、肝心の物語も普通ではなかった。東京で暮らしていた黒板五郎(田中)が、2人の子どもと一緒に、生まれ故郷である北海道の富良野に帰ってくるところからドラマは始まる。仕事を求めて東京に出ていた五郎は、令子(いしだあゆみ)と結婚して、純(吉岡秀隆)と螢(中嶋朋子)をもうけた。しかし、妻の不倫をきっかけに五郎は、子どもたちを連れて富良野へ帰ることを決意したのだ。

当然、ドラマの主な舞台は北海道となる。それまでも単発ドラマなどで「地方」が描かれることはあったが、連続ドラマを「現地」で撮り続けることなどあり得なかった時代だ。主演俳優同様、これも異例のことだった。

冬は気温がマイナス20度にもなる富良野でのロケ。俳優陣、演出家たち、そして技術や美術のスタッフの奮闘もドラマ史に残るものだ。

倉本が私に語ったところによると、当初、フジテレビからの提案は「映画の『キタキツネ物語』(78年)のようなものを書いてほしい」だったという。ヒット映画のテレビ版を狙ったのだろう。しかし、蔵原惟繕(くらはら これよし)監督が知床の斜里町や網走でキタキツネを探して4年も粘ったような制作体制は組めないはずだと、倉本は断った。

すると今度は、北海道で日本版『アドベンチャーファミリー』(75年、米映画)のような作品はどうでしょう、と食い下がる。ロサンゼルスで暮らしていた一家が、何もないロッキーの山中に移住する物語。家族が力を合わせて大自然と向き合う姿が評判を呼んだ。しかし、北海道にロッキーに匹敵するような場所はない。倉本はこの案も退けた。

だが、フジテレビ側は「テレビを見るのは主に東京の人だからかまわない」と言う。これに倉本が怒った。北海道を舞台にドラマを作って東京の人に見せるからといって、北海道の人間が「嘘だ!」と思うようなものは作るべきではないからだ。

■「廃屋」が生んだドラマ
思えば、『前略おふくろ様』(75~76年、日本テレビ系)も、プロの板前が見て納得できるドラマだった。結局、倉本自身が新たに企画書を書くことになる。

実は、『北の国から』を書き始める2~3年前から、倉本はよく富良野の原野を歩き回っていた。そこで頻繁に目にしたのが、物語の核となっていく「廃屋」だ。中に入ると、壁に〈寂しいときにはあの山を見た〉などの落書きがあった。赤いランドセルも置いてあり、広げた雑誌『少女フレンド』の表紙には少女時代の小林幸子の写真……。まさに「夜逃げ」の光景だった。

倉本によれば、北海道には3種類の廃屋があるという。海岸に残された番屋(漁民の作業場兼宿泊所)の廃屋。山に残された炭住(炭鉱労働者用住宅)の廃屋。そして、原野に残された農家の廃屋だ。水産業、鉱業、農業……。かつて日本の繁栄を支えた第一次産業に従事した人々の家だ。高度経済成長を経て構造転換の大波の中で衰退し、やがて国に見捨てられていった。廃屋はその残骸だ。

捨てられた人たち、忘れられた人たちの無念が、倉本にペンを執らせたのかもしれない。ドラマの中で、最初に五郎たちが住もうとした家も廃屋のようなものだった。もちろん水道も電気もガスもない。

第1回で、この家に衝撃を受けた純が五郎に「電気がなかったら暮らせませんよッ」と泣きそうになって訴える。
(以下リンク先で)
 

6: 2021/10/09(土) 20:21:58.65
蛍の不倫には失望した。

22: 2021/10/09(土) 20:26:27.35
>>6
あれが1番おもしろい

833: 2021/10/10(日) 08:36:59.44
>>6
ほんとにこれに尽きる
あの可愛かった蛍がなぜ薄汚い不倫女なんかにならなければいけなかったのか
なんであんな風にしたのか倉本にもがっかりした

885: 2021/10/10(日) 10:33:45.31
>>833
あれは中嶋朋子の希望で良い子から悪い女にしたらしいよ

7: 2021/10/09(土) 20:22:05.03
不幸自慢のドラマ

180: 2021/10/09(土) 21:18:02.09
>>7
日本全体が上り調子でイケイケな時代、
多くの日本人が素朴で貧しかった頃を思い起こさせる筋書きはNHK朝ドラのおしんも同じだが、
こっちには偽物でない自然の風景があった。

14: 2021/10/09(土) 20:24:55.26
国民的ドラマって『おしん』じゃないの?
見てないけど今見ても楽しめるのだろうか

193: 2021/10/09(土) 21:29:19.87
>>14
余裕
おしんはリアリティーの格が違いすぎる

451: 2021/10/09(土) 23:08:12.84
>>14
おしんは世界的ドラマだろ

747: 2021/10/10(日) 05:59:15.86
>>14
おしん面白かったよ
ずっと観る機会がなくて泉ピン子のドラマくらいしか認識してなかったけど一昨年の再放送で初めて観て今でも人気なのが良く分かった

15: 2021/10/09(土) 20:25:28.58
ドラマ「北の国かよ」

東京でなに不自由なく暮らしてた純とほたるの兄妹が突然北海道に連れてこられた
電気も水道もガスもない隙間だらけの掘っ建て小屋で冬を過ごすことになる
キレた純が思わず叫んだ

「北の国かよ!」

756: 2021/10/10(日) 06:17:42.30
>>15
ちょっとわろたw

16: 2021/10/09(土) 20:25:28.87
黒板五郎に憧れて東京や大阪から北海道の山奥に移住する家族が続出したんだよな
社会現象になってた

439: 2021/10/09(土) 23:02:15.56
>>16
何でもかんでもすぐテレビに影響され、あっさり生活様式さえ捨て去る
実に日本人らしい行動だよな

19: 2021/10/09(土) 20:25:49.23
大人になってからDVD借りてきてみたけど大好きな作品。

21: 2021/10/09(土) 20:26:12.52
ゴミ収集の仕事って地方ならエリートじゃねーの?

23: 2021/10/09(土) 20:27:09.40
>>21
正規現業公務員の時代ならな
今だと委託契約で激安

24: 2021/10/09(土) 20:27:16.29
色々とリアル過ぎてホラー映画的な怖さで苦手だったわ

31: 2021/10/09(土) 20:29:06.59
何やってるか知らんが古いのに画質が良くなっててビビる
フィルム撮影だったんだろうか

185: 2021/10/09(土) 21:22:36.41
>>31
ビデオテープ撮影だよ
最初はフィルム撮影の予定だったが日枝の指示でビデオテープ撮影になり技術的に色々と苦労するが得るものを得る。

240: 2021/10/09(土) 21:52:36.20
>>31
95からすでにHD撮影していたというから驚き。

38: 2021/10/09(土) 20:30:32.09
登場人物の大半が不倫する異常なドラマ

40: 2021/10/09(土) 20:30:59.41
ドラマだから恋愛話なんかも絡めなきゃいけないのはわかるが
ジュンがモテキャラだったのはちょっと不自然だった

45: 2021/10/09(土) 20:32:52.97
’98で終わっといてもよかった
’02は蛇足感

49: 2021/10/09(土) 20:33:29.71
田中邦衛のモノマネが簡単なのもあって名言だけは通じるのが凄い

53: 2021/10/09(土) 20:34:38.87
五郎さんとか中畑のおっさんが冬に着たような耳付き帽子と紺色のジャンパー
あんな格好の爺さんは昔は本当によくいた、スタンダードスタイルといった感じだった
そんな人たちもみんな死んでいなくなった

65: 2021/10/09(土) 20:37:08.86
一回も見たことないな
見たいと思ってんだがアマプラとかでやらねえかな

118: 2021/10/09(土) 20:53:04.31
>>65
つべに全部アップされてる

67: 2021/10/09(土) 20:37:14.84
国民的ドラマなら
なんで富良野の北の国記念館なくなったの?

425: 2021/10/09(土) 22:57:21.07
>>67
来館者数が次第に減少して2013年以降は2万人台にまで落ち込んで赤字に転じたから

70: 2021/10/09(土) 20:38:19.17
東京は冷たいけど北海道は温かいんだよ~って感じかな。
自分は東京に住んでるけどそんなに冷酷な人間ばかりでもないけどね。
もちろん田舎者を食い物にしてやろうと狙ってる悪もいるけどさ。

71: 2021/10/09(土) 20:38:44.37
土で汚れた一万円札、東京で傷害事件起こして帰ってくるあたりが一番好き。
純の不器用さに感情移入できる。

73: 2021/10/09(土) 20:40:09.58
辛気臭くて大嫌いだったわ

74: 2021/10/09(土) 20:40:22.28
倉本が北海道に対して抱いた幻想を
盛りに盛ったファンタジー作品
と当時の道民は述懐する

80: 2021/10/09(土) 20:42:10.36
純の女遍歴は勝ち組すぎる

81: 2021/10/09(土) 20:42:23.95
ふ↓ら↑の↑では~

道民としてこれは最後まで違和感あった

83: 2021/10/09(土) 20:43:12.87
連続ドラマの時は鬱っぽくなる話しで中身のある感じはしなかったが
続編の拡大ドラマで時間の流れを加えたのが人気の要因だと思うわ

91: 2021/10/09(土) 20:45:18.26
岩城滉一のボクシングシーンはガチ
勝ったらストーリー変わる予定だった

100: 2021/10/09(土) 20:48:07.57
正吉役の俳優さん良い役者だったよな、北の国以外の作品にも出てほしかった

813: 2021/10/10(日) 07:43:56.57
>>100
すぐ引退してるみたいね

101: 2021/10/09(土) 20:48:09.67
吉岡秀隆が本当にハマり役だったよ。
この役柄に合わせて成長していったかのよう。

108: 2021/10/09(土) 20:49:54.47
富良野は旭川からそんなに遠くないし当時金壱館とか地方デパートもあったりしてそんなにひどい土地ではなかったんだけど
倉本に日本の吹き溜まりでクズの流刑地みたいな描かれ方をしたんだよな
そして人の出入りがみんな東京関連でいかにも東京の脚本家が作ったお話という感じだった

912: 2021/10/10(日) 11:40:28.65
>>108
麓郷は東京における奥多摩みたいなもんだぞ
新宿と日原鍾乳洞のあたり比べるようなもん

110: 2021/10/09(土) 20:51:42.33
北海道のホノボノ家族ドラマだと思っていた。

518: 2021/10/09(土) 23:41:08.39
>>110
人間の暗黒面てんこ盛りだったなw

119: 2021/10/09(土) 20:53:10.26
富良野でも六郷という集落の話
市内はふらのプリンスホテルがあるくらいの観光地だよ

815: 2021/10/10(日) 07:45:45.10
>>119
観光地?新富良野プリンスはスキー場があるだけよ

120: 2021/10/09(土) 20:53:24.53
一番好きなドラマだな
富良野も行った

123: 2021/10/09(土) 20:54:38.18
いまだにラーメン屋のシーンはトラウマ

うちも貧乏で似たような感じもあったから心に残ってるわ、純は東京の子だし

127: 2021/10/09(土) 20:55:37.51
これ一番最初のドラマシリーズはいいんだろうけど
その後のストーリーとかあらすじ聞いただけで吐きそうになるんだけど
どうしようもない連中すぎてw

151: 2021/10/09(土) 21:05:35.86
>>127
ほとんどの人はどうしようもないんだ

960: 2021/10/10(日) 14:30:50.41
>>151
ほんそれ
世の中の現実だよねぇ

141: 2021/10/09(土) 21:01:42.25
ベスト演技は、ガッツ石松

149: 2021/10/09(土) 21:04:58.37
「○○なワケで」というナレーションにイラっとしてたあの頃

157: 2021/10/09(土) 21:08:21.89
一家の周り
日本中の社会問題が
全部降り注ぐという不幸な話

160: 2021/10/09(土) 21:09:22.58
誠意だとか不倫だとかっていうのも過激なネタを入れないと
視聴者の目を引けないという判断だったのかもね。

171: 2021/10/09(土) 21:13:12.44
子供がまだ食ってる途中でしょうが
のとこだけ見ればOK

186: 2021/10/09(土) 21:23:35.52
道民全員あのドラマの中の『富良野』のイントネーションは納得いかないと思う

492: 2021/10/09(土) 23:25:11.87
>>186
ふ→ら→の→
じゃなくて
ふ→ら↑の→
だよな

190: 2021/10/09(土) 21:25:45.29
誠意とは金だという事

191: 2021/10/09(土) 21:28:24.23
嫁に不倫されたから仕事もやめて子供を連れて田舎の山の中に引きこもる
そして子供も周りも不幸になっていく・・・
めちゃくちゃな設定のドラマだよなw

196: 2021/10/09(土) 21:30:16.13
晩年の地井武男の涙が印象に残ってる。リアル中嶋朋子と同じ歳なので、蛍と同じ年齢でいつも視てた。

203: 2021/10/09(土) 21:35:42.74
北海道の厳しくも美しい風景とさだまさしの音楽に救われたな
今でも北海道っていうとあのテーマが流れるくらい定着
あと自然を映す時の音楽もいい

210: 2021/10/09(土) 21:39:57.81
岩城 滉一の乱暴そうな感じが北海道っぽくてね、ああいうタイプによくいじめられたわ

211: 2021/10/09(土) 21:40:03.60
キャストのほとんど死んでるんだよな

296: 2021/10/09(土) 22:19:53.99
まぁ地球温暖化だから
あれくらいの生活におとさないと地球がもたないよと警告されてる現在だな

307: 2021/10/09(土) 22:23:10.80
正吉の爺ちゃんと馬のエピソードは泣ける

723: 2021/10/10(日) 03:15:55.71
>>307
車に閉じ込められてるのを助けてもらうエピソードからのあれで涙が止まらなかったと同時に現実のきびしさを感じた

355: 2021/10/09(土) 22:37:34.71
北海道って開発の余地残りまくりなのに
なぜか鉄道も廃線になる過疎地なんだよね
雪のせいかな

375: 2021/10/09(土) 22:42:43.87
>>355
人口密度がスッカスカ過ぎて、札幌など主要都市以外は過疎地、無人地帯だらけだから
作っても採算が取れずに赤字地獄になる。

381: 2021/10/09(土) 22:44:01.88
>>355

一次産業は保護しないといけないと思うは
特に畜産業、小麦、米、林業

高齢者には破格の年金つけて北海道に住んで軽労働してもらうとかw

358: 2021/10/09(土) 22:39:36.56
食ってる途中でしょうがのあんな店ないよな
五郎がキレた後店の電気消しちゃうんだぜ

385: 2021/10/09(土) 22:46:36.66
>>358
実はあの店員(伊佐山ひろ子)の子供がその日誕生日で早く帰りたかった
という裏設定がある

引用元 : 【ドラマ】『北の国から』とは一体何だったのか? 放送開始40年、国民的ドラマが問いかけたもの [征夷大将軍★]