navy-seals-g8232f11f3_640
1: 2021/11/21(日) 12:50:25.53
 日本一クジラを解剖してきた研究者・田島木綿子さんの初の著書『海獣学者、クジラを解剖する。~海の哺乳類の死体が教えてくれること』(山と溪谷社)が発刊された。海獣学者として世界中を飛び回って解剖調査を行い、国立科学博物館の研究員として標本作製に励む七転八倒の日々と、クジラやイルカ、アザラシやジュゴンなど海の哺乳類たちの驚きの生態と工夫を凝らした生き方を紹介する。

 海の哺乳類の中でも、ジュゴンやマナティは海牛類に分類される。現在、世界中で生存が確認されている海牛類はたった4種。マナティ科のアフリカマナティ、ニシインドマナティ、アマゾンマナティ、そしてジュゴン科のジュゴンだけである。

 クジラや、アザラシ、オットセイなどの鰭脚類(きょうきゃくるい)にくらべると非常に少なく、絶滅が危ぶまれている。そんな海牛類には、かつて、「ステラーカイギュウ」と呼ばれる幻の海獣がいた。

…続きはソースで。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e83809fe3e0eebfda5bb1c3b2adb8f8cf8c28f3
2021年11月20日 7時02分

7: 2021/11/21(日) 12:54:08.81
>>1
> ステラーカイギュウ」と呼ばれる幻の海獣がいた。

簡単に捕獲できて味もよかったみたいだな

28: 2021/11/21(日) 13:07:25.86
>>7
哺乳類だから人間を警戒せず近づいて捕獲も容易だったんだろうな

49: 2021/11/21(日) 13:19:24.79
>>28
人間への警戒心がなくて人を襲わないし怪我をした仲間を見つけると助けようと寄ってくる習性を利用して船から手当たり次第に殺して岸に流れ着いたやつだけ利用した。
潮の流れ次第で沖に流れていく奴は回収のしようがないので放置。

15: 2021/11/21(日) 12:58:24.63
>>1   つまり・・・
https://pbs.twimg.com/media/CshLyO5UAAEeBwh.jpg  

75: 2021/11/21(日) 13:43:38.44
>>15
これはもっとえぐくて
仲間を助ける習性があったから悪用されて絶滅されたんよ

3: 2021/11/21(日) 12:52:35.53
乱獲で一瞬で絶滅したのもっと発見からの尺短いのいたよな?何だったっけ

11: 2021/11/21(日) 12:57:41.64
>>3
ドードーとかオオウミガラスとかかな

30: 2021/11/21(日) 13:08:22.25
>>11
リョウコバトも

35: 2021/11/21(日) 13:11:04.33
>>30
  北アメリカの先住民たちもリョコウバトの肉を食用にしていたが、先住民たちはハトの繁殖期には
ハト狩りを控えるなど、自然に対する配慮を守っており、必要以上にリョコウバトを殺すことはなかった。
  これに対し、17世紀以降にヨーロッパから北アメリカに入植して
急速に勢力を拡大していた白人たちは、そのような配慮を一切持たなかった。

67: 2021/11/21(日) 13:39:36.11
>>35
一応、当時もリョコウバトの繁殖力の低さを知ってこのまま乱獲すると
絶滅してしまうと警告していた白人の学者もいたらしい

9: 2021/11/21(日) 12:55:58.62
銃で撃たれたれた仲間を助けようと
大勢集まって更に自分らも撃たれるという話が泣ける

10: 2021/11/21(日) 12:57:04.48
「地上から消えた動物 (ハヤカワ文庫 NF 88)」 によると
仲間が狩猟の犠牲になると、逃げるのではなくまるで
助けようとするかのように集まってくる習性があったらしい。

74: 2021/11/21(日) 13:43:29.18
>>10
泣ける
ヤモリですら蛇に巻き付かれた仲間を助けにいくのを見た

274: 2021/11/21(日) 22:04:30.08
>>74
ヤモリにそんな習性があるのか

301: 2021/11/23(火) 09:21:22.32
>>274
動けなくなった仲間にエサを運び続けたって話をさだまさしのエッセイで読んだことがある。

21: 2021/11/21(日) 13:01:16.72
この頃は自然保護とかの概念0だったんだろう

134: 2021/11/21(日) 14:35:41.30
>>21
過去にこういう絶滅させることやって反動で守るとか喚いたり欧米はうるさいよな

149: 2021/11/21(日) 14:43:38.41
>>134
そういう過去を認識してるから反省もある

155: 2021/11/21(日) 14:48:51.51
>>149
本当に反省してるのだろうか

283: 2021/11/21(日) 23:07:35.37
>>155
テストで上手く回答出来なかった子供がしばらく良い子に振る舞うようなもんだな

22: 2021/11/21(日) 13:02:11.23
レア掘りはいつの時代も変わらんな
人間の本質なのだろう

31: 2021/11/21(日) 13:08:46.77
 飛べない 巨大な鳥、 ドードー
全長 1m程度で,シチメンチョウほどの大きさの太った鳥と推定される。
https://kotobank.jp/image/dictionary/nipponica/media/81306024004365.jpg  

34: 2021/11/21(日) 13:10:24.01
>>31
この体型では生き残るの無理だよ。
ドードーが悪い。

45: 2021/11/21(日) 13:15:31.38
>>34
体型だけじゃない
天敵がいないから警戒心ゼロで逃げることなく人間に捕まった

47: 2021/11/21(日) 13:17:39.36
家畜化出来なかったのかよ

72: 2021/11/21(日) 13:42:29.49
ゴキブリも体長11メートルで体重6トンで旨かったら絶滅してたかも知れない

78: 2021/11/21(日) 13:44:36.30
>>72
無脊椎動物は陸上では自力で支えられる体重が軽すぎて巨大化できない

80: 2021/11/21(日) 13:48:25.92
>>78
節足動物に体重6トンはそりゃ体重的に無理やろうけど
そこまでじゃなくても地上で大型化できないのは呼吸の仕組みのせい

94: 2021/11/21(日) 14:00:56.02
こういう話を聞くと人間は低脳生物なんだなーと思い知らされる

96: 2021/11/21(日) 14:04:03.13
肉が本当に美味かったらしいな。
美味すぎて乱獲された。
ペンギンは不味すぎて非常時以外誰も食用に捕獲せずに繁栄している。

138: 2021/11/21(日) 14:37:52.04
>>96
ペンギン(オオウミガラス)の絶滅理由は食用のため
(羽毛,脂肪も利用された)

251: 2021/11/21(日) 20:31:43.45
>>138
南洋の本物のペンギンはまずい。
オオウミガラスは別種。

104: 2021/11/21(日) 14:09:24.73
名前に牛がつくから、牛肉味だったのかな? 

140: 2021/11/21(日) 14:38:42.07
>>104
海豚は別に豚味ではない

107: 2021/11/21(日) 14:11:21.22
欧州の文化だと絶滅するまで徹底的にやるからな。
スポーツハンティングとか、食うためじゃ無いのもまだ盛ん。
釣りでもキャッチアンドリリースなんて妄言は欧州発祥。
逃がしたところで、こう無いズタズタで生き延びられないんだから、食うための目的でもないのに狩るのは害しか無い。

114: 2021/11/21(日) 14:18:57.88
>>107
捕食者のいなくなった被捕食者の動物に人間の狩猟圧は必要でもある
食うためだろうがスポーツハンティングだろうが関係なく

117: 2021/11/21(日) 14:22:39.04
>>114 捕鯨もやはり正しいわけか、適度なものなら

123: 2021/11/21(日) 14:26:27.80
>>117
鯨類は海洋生態系の頂点だから狩猟圧はあまり必要ない
乱獲にも極めて弱いので調査捕鯨とか言って捕殺するのを正当化するのは厳しい

176: 2021/11/21(日) 15:12:17.89
>>123
生態系の頂点はそのクジラすら襲うシャチだってば

181: 2021/11/21(日) 15:17:02.53
>>176
シャチも鯨類じゃん

109: 2021/11/21(日) 14:15:19.56
そもそも、海牛類がオワコンだっただけだろう。
人間がてを下さなくても2~3百年で絶滅してたろう。

139: 2021/11/21(日) 14:37:56.32
人間来るまで敵がいなかったから逃げる習性がなかったんだろ

163: 2021/11/21(日) 14:57:02.16
美味いから獲りまくったんだってな。
トドの肉なんてクソまずいっていうけどな。
俺も食ってみたかったな。

177: 2021/11/21(日) 15:12:20.34
ホモ・サピエンスにロックオンされて生き残った生物はいない。
何でもかんでも喰っちまうさw

190: 2021/11/21(日) 15:27:43.55
そういや日本のトキは、純粋な意味ではもう滅んでいるんだっけ?

242: 2021/11/21(日) 19:49:34.14
>>190
中国のトキも日本のトキも遺伝子的に全く同じ種やろ

193: 2021/11/21(日) 15:32:21.23
ステラーカイギュウ発見の話はすぐに広まったことで、その肉や脂肪、毛皮を求めて
多くの毛皮商人やハンターたちがコマンドル諸島へと向かい、乱獲が始まった

ステラーカイギュウは動作が鈍く人間に対する警戒心ももち合わせていなかった
有効な防御の方法ももたず、ひたすら海底にうずくまるだけだった

ステラーカイギュウには、仲間が傷ついたり殺されると、それを助けようとするように集まってくる習性があった
特にメスが傷つけられたり殺されたりすると、オスが何頭も寄ってきて取り囲み、突き刺さった銛や
からみついたロープをはずそうとした。そのような習性も、強欲で非情なハンターたちに利用されることになってしまった

また、同地域に生息していた固有種の鳥類ベーリングメガネウも乱獲の巻き添えを喰らい、間もなく絶滅
ラッコやアシカといった他の海洋哺乳類も毛皮目的でハンターたちに乱獲されて激減した

1768年、発見者のステラーの昔の仲間であったイワン・ポポフ(マーチンの説もあり)が島へ渡り
「まだカイギュウが2、3頭残っていたから殺してやった」という余りにも冷酷非情な報告が、本種の最後の記録となった

ステラーカイギュウは、発見からたった27年で姿を消してしまった

220: 2021/11/21(日) 16:45:27.36
>>193
悲しい気持ちになった…

226: 2021/11/21(日) 17:56:22.56
>>220
前世紀後半まではベーリング海峡周辺で体長10m近い超大型カイギュウらしい目撃があるから望みがないわけじゃない

241: 2021/11/21(日) 19:48:53.75
>>226
日本でも未だにニホンカワウソやニホンアシカらしい画像や動画が撮影されてるからな。
対馬のは朝鮮からやってきたカワウソだったらしいが、甑島のは、周辺にアシカが生息してないこともあり謎なんだよなぁ

200: 2021/11/21(日) 15:42:37.50
人類が滅ぼした生き物に限り、クローン技術で復活させてやったらいいのに

203: 2021/11/21(日) 15:46:20.21
>>200
絶滅したから細胞も残ってないんだよ

マンモスは永久凍土の中で肉のまま凍ってたから細胞核を取りだせた

201: 2021/11/21(日) 15:43:12.93
警戒心が薄いと悪い奴に滅ぼされてしまう

209: 2021/11/21(日) 16:09:25.96
クジラってアザラシと同じ分類なの?

279: 2021/11/21(日) 22:14:54.93
>>209
クジラは最近の分類学だと鯨偶蹄目という括り。
昔で言う偶蹄目=ラクダ、キリン、ウシ、シカ、カバなんかと近縁。
特にカバとの類縁関係が深い。
アザラシは食肉目だから大きくはイヌ、ネコ、クマなんかと同じ括り。

247: 2021/11/21(日) 20:05:36.98
ステラーカイギュウは氷河期にはアメリカから日本辺りまで幅広く生息していたのが、
この頃にはカムチャッカのこの海域にしか生き残っていなかった。
衰退した動物の最後の生き残りに人間が止めを刺してしまった典型例。

282: 2021/11/21(日) 22:56:51.63
マンモスの復活とかアホなことしてないで
ステラー海牛を復活させろ

286: 2021/11/22(月) 00:36:34.72
人間に一度も発見される事なく絶滅した生物も大量に居るんだろうな

304: 2021/11/23(火) 12:52:44.84
人間だって自然物なんだからその活動で滅びたらそれも自然よ

引用元 : 【ヤマケイ】体長11メートル体重6トンのロシアの海獣は、乱獲によって発見からわずか27年で絶滅した [みの★]