理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

学問

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
noiroze_juken_woman
1: 2021/02/20(土) 05:13:52.50
中学受験なんて高校受験より遥かに難易度高いものをクリアしてるはずなのに…

頭のいい中学校に行ったやつが落ちぶれるってよく分からんよなの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
document_ronbun_taba (1)
1: 2021/02/16(火) 10:19:01.79
https://shuchi.php.co.jp/voice/detail/8342
論文を書かない研究者も“クビ”にならない…問題をかかえる日本の「大学教育」

小松和彦(国際日本文化研究センター名誉教授・元所長)

日本の大学教育の課題は何か。国際日本文化研究センター名誉教授・元所長で、妖怪研究の第一人者である小松和彦氏は、大学教員のプロフェッショナリズムや競争を促す制度が必要だと指摘。

さらに新型コロナ禍によって世界に閉塞感が漂うなか、日本人が比較文化論の研究を進め、複眼・多眼的視点を身に付ける必要性を説く。(聞き手:Voice編集部・中西史也)

※本稿は『Voice』2021年3⽉号より⼀部抜粋・編集したものです。

学者は研究業績で評価されているか

――小松先生は長年、妖怪やシャーマニズムについて研究し、2012年から20年までは国際日本文化研究センター(日文研)の所長を務めました。現在の大学教育の問題点をどうお考えですか。

【小松】自然科学と人文科学双方にいえますが、まず研究が細分化されすぎて、大局的な視点が疎かになっています。全体を俯瞰する「鳥の目」をもった研究者が少なくなっている。

学会で自分の専門から逸れた質問をされると、回答を控えたり、「今後の課題とします」と逃げたりする光景をよく目にします。多彩な知を集めた教養人がいなくなり、「専門屋」ばかりが増えている気がしてなりません。

また自分の研究にだけ閉じこもる学者は往々にして、幅広い知見をもった学者を嫌いがちです。前者のタイプは教え子にも自分の専門範囲内でしか指導しませんから、近視眼的な学者が「縮小再生産」されていきます。

そして日本の大学における最大の問題は、論文を書かない研究者がクビにされないこと。研究業績をあげていないにもかかわらず、学生に対する講義をこなしていれば、それだけで大学から重宝されてしまう。一度教授になってしまえば、定年まで安泰です。

一方でアメリカの大学では、大学教員の研究業績や講義の学生満足度を定期的に評価され、結果が悪ければクビになる厳しい世界です。プロ野球選手のように、彼の国では大学教育にもプロフェッショナリズムが根付いているともいえる。

日本の大学でも、たとえばまともに論文を書かずに業績評価が極端に悪い教員には大学を去ってもらう。このような競争やプロフェッショナリズムを促進する仕組みを整えるべきです。
(リンク先に続きあり)

2021年02月15日 公開
WEB Voice

【日本の大学】最大の問題、論文を書かない研究者がクビにされないこと。学生に対する講義をこなしていれば、重宝される。の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
clipborad_hakui_man
1: 2021/02/20(土) 18:24:51.31
幻冬舎オンライン2021.2.20 妹尾 優希(スロバキア・コメニウス大学医学部6年)
https://gentosha-go.com/articles/-/32007

国内で挫折したからと言って、医師の道が閉ざされるわけではない。ここでは意外な国の医学部で学んでいる筆者が、知る人ぞ知る「日本の医師免許取得を目指す方法」を紹介する。
(略)
英語コースなのに「英語力がなくても解ける」入試問題
コメニウス大学医学部英語コースの受験は、事前に配布されている回答付きの800問の問題集から、100問が出題される。1問につき、4つの選択肢があり、True/False式という全部の回答が正解な場合もあれば、全部間違っている場合もあるというものだ。

選択肢1つにつき得点は1点で、400点満点の試験となる。合格ラインは、正答率70%以上。日本のセンター試験が多肢択一式であることと比較すると如何に容易いかがわかるであろう。ちなみに近隣国のドイツでは、この形式の試験は認められていない。

なお問題は一言一句違わず例題通りに出るため、英語がわからなくても百人一首の「むすめふさほせ」の要領で問題文を覚えておけば即座に回答できる。

受験当日は、1時間前に会場入りをすることになっていた。名前順に会場にぎゅうぎゅう詰めに座っていった。受験生が順番に着席していくなか、5分に一度のペースで教員が「正しい選択肢にバツ印を記入し、間違っている選択肢は空白のままにしてください。くれぐれも問題用紙を塗りつぶさないように」とディズニーアトラクションのように繰り返し唱えていた。

気が狂うほど同じ説明を受けたあと、ようやく試験が始まった。試験時間は3時間だ。一人一人、ランダムに問題が割り振られた異なる問題用紙を配られているため、カンニングできる者はいない。周りをキョロキョロしても、特に何も言われない。2時間半以上、暇つぶしに前の学生たちを眺めていた。2人とも解答用紙を塗りつぶしていた。

合格発表は、入試から2日~3日後にオンラインで発表される。入学定員は250-300人だ。合格発表後、約120万円の学費1年分をスロバキアの口座に支払うと、その後始業直前まで連絡なく、ひっそり9月中旬に授業が始まる。

一応「合格ライン」なるものは設けられているものの、実際には得点上位者から順に定員数までが合格となる。私の学年の最低点は50%だった。解答選択肢がマルとバツしかなく、各選択肢に点が割り振られている試験でランダムに回答した際の期待値を考えると、入学者の程度がわかるであろう。

卒業までに1学年90人から80人になると人に話すと、「大変ね」と言われるが、周りの学生のレベルを考えると物凄くハードな訳ではないことがおわかりいただけると思う。私の日常生活はというと、大して広くないブラチスラバで5回の引っ越しを経て、今では旧市街のファミリータイプのアパートに、ポーランド人の同級生カップルと同居している。そのうちの男性のほう、アダムとは5年の付き合いだ。2年生の時に知り合い、それ以来一緒にルームシェアを続けている。

1年生のときは、光熱費、水道代込み2LDK月700ユーロ(約8万3千円)のアパートに住んでいたがかなりの予算オーバーであった。これは当初スロバキアでのアパート探しの方法がわからず留学会社に物件探しを任せてしまったことが原因だ。

その後、紆余曲折を経て4年生のときから、アダムが付き合い始めたガールフレンドのマグダが、アダムと同棲する形で3人目の住人となり、カップル+私という形のルームシェアが完成した。現在は、旧市街部の光熱費・水道代・インターネット込み3LDK月1040ユーロ(約12万4千円)の家賃を3人で割り勘している。

マグダは、私とアダムの食事を3食作ってくれている。アダムいわく、私は「同棲したカップルが飼い始める猫のような存在」だそうだ。なので、食事の時間には、催促の代わりに「にゃー」と言うことにしている。

こんな猫並みの生活をしていても、コメニウス大学を卒業できれば、EU共通の医師免許を取得することができる。そして東欧医学部を卒業した日本人の多くは、EUの医師免許を取得後に、帰国し日本の医師資格取得を目指す。

スロバキアの医師は、専門医でも月給が14万円程度と低く、ほぼ週2で夜勤だという。スロバキア語の試験を受けてまで、残る理由が見つからない。卒業後は、私も例に倣い日本の医師免許を取得したい。厚生労働省の裁量による部分はあるが、東欧の医学部を卒業しても日本の医師国家試験を受けることができる。こんな裏道があるのだ。

ちなみにコメニウス大学医学部英語コースの1年間の学費は、9,500ユーロだ。国立のT京大学医学部の倍だが、私立のT京大学医学部と比べるとなかなか低価格だ(以下略)

【進路】医師になる裏道?同級生の約7割が消える「超穴場」医学部の謎の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
job_suugakusya (2)
1: 2021/02/18(木) 13:28:23.89 _USER
【数学間違い探し】時速10kmと時速30kmを平均したら時速20km?

----------
 芳沢光雄さんによる新連載「数学間違い探し」。
 今回は、意外に誤解している人も多い「平均速度」と、「文字式」に関する問題です。
 ぜひチャレンジしてみてください。
----------

 本年1月17日の「数学間違い探し」(第1回)は意外と多くの読者に関心をもって読んでいただき、ここに感謝する次第である。
 もともとは国民の知的好奇心が高い証である、左右の図を見比べる「間違い探し」に根強い人気があるからだろう。

 もっとも「数学間違い探し」という題は、暗記だけの数学の学びに対する危機感(拙著『AI時代に生きる数学力の鍛え方』(東洋経済新報社)参照)から思い付いたという背景もある。

 本連載では毎回、初級、中級、上級の3題の「間違い探し」問題から構成し、問題の後で背景を含む詳しい解説をする。

初級問題
----------
【問1】 場所アから場所エまで一本道がある。
 途中に場所イと場所ウがあり、アイ間も、イウ間も、ウエ間も、それぞれの距離は60kmである。
 ある車は、アとイの間を時速10kmで走り、イとウの間を時速20kmで走り、ウとエの間を時速30kmで走る。
 それを知ったA君は、次のように考えた。

「時速10km と時速20km と時速30km の平均は時速20kmなので、車が場所アから場所エまで走行するときの平均速度は時速20kmになる」
 A君の考えが正しければ「正しい」と答え、間違っていれば訂正して正しい答えを書きなさい。
----------

(以下略、続きと中級・上級問題はソースでご確認下さい)

現代ビジネス 2/16(火) 8:02
https://news.yahoo.co.jp/articles/c6dae29ab215e312500e7da42ea2b78a78a410b1

【数学間違い探し】<初級問題>時速10kmと時速30kmを平均したら時速20km?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
group_kyoushi
1: 2021/02/14(日) 10:04:09.16
■教員人気低迷の原因
 公立小学校教員の採用倍率が過去最低となった。文科省が2月2日に発表した2020年度採用の採用倍率は全国平均で2.7倍だったのだ。2倍未満の自治体も13あった。

 大量採用だった時代の教員が定年退職を迎えるため、採用者数が増えていることも大きな理由だが、前年度より2,951人減という受験者数の減少が影響していることも間違いない。教職の人気が落ちているのだ。
 この状況を打開しようと文科省は、検討会議で「『令和の日本型学校教育』を担う教師の人材確保・質向上プラン」を取りまとめ、2月2日に発表している。
 そこでは、設置要件を緩和することで大学に教員養成課程の新設を促したり、社会人が働きながら教員免許を取得する仕組みをつくる、
履修科目を見直して総単位数を減らすことで小学校と中学校の両方の免許を取りやすくする、などの施策が挙げられている。教員免許取得のハードルを下げることで、教員志望者を増やそうというわけだ。

 しかし、教員採用試験の受験者が減っているのは、教員免許取得のハードルが高いからなのだろうか。教員免許の取得が簡単ではないことは事実かもしれないが、それが教員希望者を減らしている大きな要因とは思えない。
 問題なのは、教員をめぐる環境や待遇が改善されていないことである。「トイレに行く時間もない」という声も聞かれるほど多忙にもかかわらず、
小学校では英語やプログラミングといった科目が増え、1人1台ICT端末の導入が前倒しになったために準備期間もなしに利活用が強制されている。忙しさは加速するばかりである。
 しかも、どれだけ残業しても残業代は支払われないのが学校現場の現状だ。一般企業では考えられない制度となっている。

 そんな教員という職業を、若者が率先して選ぶだろうか。教員資格取得のハードルを下げたところで、受験者が増えるのだろうか。
 現状でも、教員免許を取得しながら採用試験を受験しない学生は少なくない。わざわざブラックに見える職場を選ばなくても、
一般企業も人手不足なので就職口はある。残業代もあるし待遇的にも教職より良い条件の就職口はたくさんある。
 教員免許取得のハードルを下げることで免許取得者は増えるかもしれないが、受験者数を増やす結果にはつながらない可能性が大きい。
「教師の人材確保」と意気込んでみても、教員志望者を増やすことにはならないだろう。

■待遇の改善が必須
 教員の人材確保が問題になったことが過去にもあった。好景気で人材が一般企業に流れたためだ。
 その対策で制定されたのが、1974年2月に公布施行された「学校教育の水準の維持向上のための義務教育諸学校の教員職員の人材確保に関する特別措置法」、いわゆる「人材確保法」である。

 人材確保法は教員給与の抜本的改善を計画的にすすめるためのもので、3次にわたって合計25%の引き上げを行い、一般公務員より優遇されることになった。
つまり、給与面で優遇することで教職の魅力を引き上げ、それで教員志望者を増やそうとしたのだ。
 この人材確保法を実現させたのは自民党の文教部会で、当時の田中角栄首相を説き伏せて法律を成立させた。
そこには教員の待遇を引き上げることで、教員を日本教職員組合(日教組)から引き離し、日教組を弱体化させるという「目的」があった。
 ともあれ、教員志望者を増やすためには「待遇向上が一番」という発想があった。

 その発想が、「『令和の日本型学校教育』を担う教師の人材確保・質向上プラン」には欠けている。プランのなかには、「勤務実態調査を踏まえ処遇の在り方などについて検討」という項目があるが、
処遇を引き上げるとは書かれていない。検討した結果、処遇の引き上げは必要ないとされる可能性も含まれている。
 しかも、その「検討」の開始も2022年度とされている。22年度になって検討を始めるわけで、
いつまでに結論を出すとは決められていない。かつての人材確保法にくらべて、かなり腰の引けたプランだと言える。
 人材確保法で実施された教員の優遇措置は、その後に一般公務員の給与引き上げなどがあって、現在は優位性がなくなっている。
人材確保法の発想に立ち戻れば、優遇措置を優先すべきではないだろうか。それを先延ばしし、消極的姿勢しかみせていないのが今回の文科省のプランなのである。

 これで教員志望者が増え、採用倍率を引き上げることにつながるのだろうか。
 文科省が財務省を説き伏せた35人学級の計画がすすんでいけば、さらに教員不足は深刻化していく。
それを、今回の文科省のプランで補うことができるようになるのか、大きな疑問が残る。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210214-00833023-besttimes-soci

【過去最低の採用倍率】なぜ「教師になりたい」人が減少しているのかの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ball12_silver
1: 2021/02/06(土) 00:20:22.29
東工大 物質理工学院 院試問題 '08

高さ1mから落とすとする

【物理】剛体の完全なる球を滑らかな床に落としたらどうなるか説明せよの続きを読む

このページのトップヘ