理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

植物

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pexels-taryn-elliott-4374580
1: 2022/09/11(日) 06:56:28.03
環境保全のために肉と魚が学校の食堂から消える 仏・グルノーブル市 - 2022年9月11日, Sputnik 日本
https://sputniknews.jp/20220911/12859258.html

2022年9月11日, 06:01

フランス南東部のグルノーブル市長はこのごろ、公立学校の食堂のメニューから肉と魚を除外し、ベジタリアンフードのみを提供すると決定をした。仏紙「フィガロ」が伝えている。

同紙によると、「緑の党」出身の市長が環境問題を理由にこの極端にも思える決定をした。公立学校の食堂では今後、基本的にはベジタリアンフードのみを子どもたちに提供することとなる。それでも尚、肉と魚を食べたい人は予め要望を出さなくてはならないという。
https://www.lefigaro.fr/actualite-france/menus-vegetariens-a-la-cantine-a-grenoble-la-viande-est-desormais-en-option-20220903

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

環境保全のために肉と魚が学校の食堂から消える 仏・グルノーブル市 (Sputnik/仏紙)の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1233566_s
1: 2022/08/17(水) 22:26:31.24
 手の指が地面から出ているように見える赤い物。実は、「カエンタケ」という猛毒キノコです。触るだけで炎症が起こり、少しでも食べると、死に至る可能性もあるというキノコです。このカエンタケが、神奈川県の公園など身近な場所で目撃されています。

■過去には死者も…「中毒症状のデパート」

 お盆休み真っただ中の14日。神奈川県相模原市の公園には、多くの家族連れの姿がありました。

 広場の横に広がる大きな林には、毎日訪れる人でさえ気付かない隠れた危険があるといいます。

 土から突き出た真っ赤な棒状の物体。木の根元に沿うように顔を出すその正体は、猛毒キノコのカエンタケです。

 「(Q.大きいほう?)いやいや。もっと大きいありますよ」(キノコ研究40年以上 大舘一夫さん)

 そう話すのは、野生のキノコを40年以上研究している大舘一夫さん。

 「大きいのは10センチぐらい。火がこう燃え盛っているような(形で)赤いからね。それでカエンタケ」「(Q.危険?)キノコを傷付けたりすると、汁が手を腫れさせたり。(雨で)濡れると、中の物質が染み出すことはあるでしょうから。触らないほうがいいでしょうね」(大舘さん)

 触るだけで危険なキノコは、カエンタケ以外にはほとんどないといいます。さらに…。

 「食べたら、危険なキノコ。腹痛、嘔吐(おうと)、下痢。もうちょっと時間が経つと、呼吸困難になったり。これくらいで、人1人は死ぬでしょうね」(大舘さん)

 その量、わずか3センチ。死に至らなくても、後遺症が残る場合もあるといいます。

 「皮膚がただれてきたり、髪の毛が抜けちゃったり。本当に中毒症状のデパートみたいな」(大舘さん)

 2000年には群馬県で、食用のキノコと勘違いして食べた男性が死亡する事故が起きました。

 亡くなった男性が食べたものと同じ場所に生えていたカエンタケ。一方、生えてきた直後のカエンタケ。同じカエンタケでも、生えてから時間が経つと、色が薄くなってしまうといいます。

 「(Q.(カエンタケを)色で判断するのは、時間が経つと?)そうね。分からなくなっちゃうね」(大舘さん)

 色だけでカエンタケかどうか判断するのは、危険だといいます。

(中略)

 カエンタケを除去しても、木の根元などに菌が残っているため、その周りもガスバーナーで3分間焼き続けます。

 相模原北公園では、先月来園客の通報で、初めてカエンタケを確認。そこから1カ月で発見が相次ぎ、除去した場所は19カ所に上っています。

 取り除いたものを見てみると、表面はツルツルし、先端から少しだけ枝分かれしています。

 「まだ幼菌だから、柔らかいよね」「(Q.どんどん硬くなる?)硬くなりますよ。木みたいに。中は白い」(大舘さん)

 断面は細長く、外側は赤色で縁取られています。

 極めて毒性が強いカエンタケ。専門家は、見た目がよく似た別の食用キノコと見間違えるケースが多いと指摘します。

 「よく言われているのは、ベニナギナタタケ。赤い色をしています。ベニっていうくらいだからね。一種類ずつその名前を覚えて、そのキノコが食べられるか、食べられないかを知る。それしかない」(大舘さん)

■多く人往来…遊歩道脇“切り株”下にも

(中略)

 このまま放置すると枝分かれを繰り返し、名前の通り炎のような形になるといいます。

 発見した場所は、多くの人が往来する遊歩道脇の切り株の下。この木は、被害を広げないために伐採されました。

 「(Q.これ(伐採)でナラ枯れを防止しようと?)防止というか、虫を増やさないようにと」(大舘さん)

 「ナラ枯れ」とは、ナラなどの広葉樹に虫が侵入し、木の中で増殖することで枯れる病気です。

 「カシノナガキクイムシっていう5ミリくらいの小さな虫なんですけど。それがもう、1本の木に数万単位で入って、それで枯らしちゃう」(大舘さん)

 この虫が木に侵入する時に、ナラ枯れを引き起こす「ナラ菌」を持ち込みます。そのナラ菌を好んで栄養としているのが、カエンタケなのです。

 「枯れたクヌギ、コナラ、木の根元の周囲を取り巻くような形で出てくる」(大舘さん)

 ナラ枯れする木が増えると、それだけカエンタケが発生する危険性が増していくのです。

(中略)

 「サンゴみたい」「うっかり触れちゃってたりとかっていうのがあったら怖い」(遊びに来た家族)

8/17(水) 14:20配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/e9d0255a44a439e4e12b6ca14955f33e3a86d25e

【神奈川】「皮膚がただれ、髪の毛が抜けちゃったり」“中毒症状のデパート”猛毒キノコ「カエンタケ」公園で続々発見…触れただけで炎症の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
despair-gd99c0f780_640
1: 2021/03/29(月) 08:08:36.10

大麻の副作用、ヤバ過ぎるwwwwwの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
24266124_s
1: 2022/07/14(木) 21:45:45.11 BE:279771991-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/tarako2.gif
ほうれん草やレタスなど、食材として売られている植物の「葉っぱ」は普通に食べられるものの、道端に生えている草や木の葉っぱを採って食べる人はほとんどいません。
なぜ道端に生えている草は食べられないのかについて、海外メディアのUrboが植物学者のアシュリー・グレン氏に尋ねています。

This Is Why You Can't Eat Just Any Leaf - Urbo
https://www.urbo.com/content/this-is-why-you-cant-eat-just-any-leaf/

食用の葉っぱを持つ植物は1000種類以上存在しますが、そのうち人間が頻繁に常食しているのは6種類ほどしか存在しません。
多くの植物が食べられるにもかかわらず、ほとんどは食べられていない理由について、グレン氏はいくつかの理由を挙げています。
人間は進化の過程で道具を作り、薬を生み出してきました。
これと同じように、植物も進化の過程で独自の適応を遂げてきたそうで、グレン氏は「植物は動いたり引っかいたりかんだりすることができないので、コミュニケーションの方法や草食動物から食べられることを阻止するための方法を模索してきました」と語っています。
また、「植物は栄養分を吸収し、花粉交配者を引き付け、草食動物を遠ざけ、干ばつに耐えられるように進化する必要があります。そのために植物が行えることは、化学物質を生み出すことです。化学物質を生み出すことが、植物が世界と交流する唯一の方法ともいえます」とのことで、植物は自身が生き残るための手段としてさまざまな化学物質を生み出すように進化してきたとグレン氏は語っています。

植物が生成する化学物質は大まかに「一次化合物」と「二次化合物」に分類することが可能。このうち一次化合物は植物の構成要素である細胞壁や葉緑素、糖類などの原料となるものです。そして、この一次化合物の中には「なぜ道端に生えている草は食べられないのか?」に対する明快かつ退屈な答えがあります。それが「セルロース」です。
脊椎動物はセルロースを消化することができません。少なくとも単独でセルロースを消化することは不可能です。そのため、牛のような反すう動物は片方の胃の中に細菌を飼い、これを使って草を食べた際に体内に摂取するセルロースを分解します。

以下ソース
https://gigazine.net/news/20220714-why-cant-eat-leaf/

なぜ人間は道ばたに生えている雑草や葉っぱのほとんどを食べることができないのか?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
lavenders-g1d6ae9570_640
1: 2022/05/30(月) 10:47:35.76
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/966691

2022年5月30日 07:25

[あなたのナゼにココホル取材班]

 「車や家に花粉のような黄色い物が付着して困っている」-。沖縄県うるま市田場に住む読者の男性(73)から本紙に情報が寄せられた。男性によると「黄色い付着物」の被害に気付いたのは4~5年ほど前。
付いたばかりの時は黄色い液状で、乾くと固形となって残るのが特徴。汚れは家の壁や車、洗濯物などに付着し、特に天気が良い日には多い傾向だという。(中部報道部・仲村時宇ラ)

 「気になり始めると目についてイライラして、家族も精神的に参ってしまった」と困った男性は市の環境課や県の保健所を訪ねて相談。しかし、原因が分からなかったために対応してもらえなかったという。

 長年続く被害にインターネットでも調べるようになり、ミツバチのふんにたどり着いたのは昨年の10月。空中でふんをする習性のあるミツバチが、同様の被害を発生させていることが分かった。

 すぐに近所を調べると、自宅から約200メートルほどの場所に巣箱が置かれ、大量のミツバチが飛び回っているのを発見。保健所や市に連絡し、市農政課の職員と共に現場を確認した。

 実際に本紙記者が男性宅を訪れた4月中旬にも、家の壁や車にミツバチのふんが多数付着しているのが確認されたほか、約20分間駐車していた記者の車にも、複数のふんが付着した。

 同所に巣箱を設置する本島中部の養蜂業者に確認すると、約5年前から設置していると認めた。その上で市から連絡を受け、33個の巣箱を25箱まで減らしたほか、巣の入り口の向きを変えるなどの対応を取ったと説明。「長年被害を与えて申し訳ない。全てをどかすことはできないが、群数を減らす対応を取っている」と話した。





●養蜂農家 10年で約4倍 巣箱の撤去 強制できず

 「黄色い付着物」の被害を訴えた男性は「市の指導があってふんの付着は少なくなったものの、今も被害は続いている」と明かす。玉川大学ミツバチ科学研究センターの中村純教授によると、
ミツバチの飛行範囲は巣箱から約2~3キロ。しかしふんのための飛行は通常、巣から半径100~200メートルで、その範囲内ならどこでも被害の可能性があるという。

 今回の男性宅のように、約200メートルの位置に33個の巣箱が設置されている状況は「市街地であれば確実にふんへの苦情が出る数」だという。一般的に巣箱が10箱以上あれば200メートル圏内の多くの人が被害に気が付くレベルだと説明した。

 また、ミツバチのふんは「車両の塗装を痛めることも知られており、洗車代金の負担のみでは済まない場合もある」と指摘。巣箱の撤去や数を減らすことが主な対処法となり、巣箱の向きの変更などで一時的な回避ができる場合はあるものの、根本的な解決にはならないという。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/966691?page=2

【沖縄】 「精神的に参る」 4~5年前から増えた黄色いポツポツ 車や洗濯物に付着 行政も分からなかった原因とはの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ivy-geea313bc1_640
1: 2022/04/26(火) 18:18:15.81
2022/04/26 11:45

著者:猿川佑

街を散策していると、家の壁面にツタを這わせたおうちを見かけることがありますよね。
室内の温度が下がって夏は快適そう! ジブリ映画のような味が出ていて素敵! あんな“緑のカーテン”がうちにもほしい!
……と憧れを抱く人も多いと思います。しかし、安易に真似してしまうと、もしかしたら後悔することになるかもしれません。


"
なぜ家にツタを生やしてはいけないか?
 
・生やすのは簡単だが根絶は至難の業
・除去は手作業でお金がかかる
・除去しても跡が残る
 
そしてなにより
 
・夏季に大量の虫が発生する
・不動産の売却に支障が出る
・ツタが越境したら隣と揉める
 
パパが緑のカーテンとか言い出したらグーで殴ってください
(@araichuuより引用)
"



ツイートの投稿主は「あらいちゅー 馬主で大家で占い師(@araichuu)」さん。家の壁にツタを這わせることで、メリットだけでなく、多くのデメリットもあることを簡潔にわかりやすく教えてくれています。
いわく、ツタは簡単に生やすことができる一方、あとになって取り除くのは困難で、さらには虫の発生や近隣トラブルなど、さまざまな障害が起こりうるのだとか。

https://news.mynavi.jp/article/20220426-wadai/

【要注意】“気軽に家にツタを生やしてはいけない理由”が大反響!「切っても無限に伸びます」「住居には厳しい」と共感の嵐の続きを読む

このページのトップヘ