理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

植物

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/08/04(日) 00:25:35.90 ID:???

2013/8/2 (配信日7/31) 暑さに負けない「植物の受精」の仕組みを解明

発表者
福田裕穂(東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 教授)
遠藤暁詩(東京大学大学院理学系研究科生物科学専攻 特任助教)

発表のポイント

花粉に高温耐性を誘導するための、花粉とめしべのコミュニケーションの仕組みを発見しました。
めしべは高温にさらされると、花粉の活性低下を軽減させるシグナル分子を花粉に送ることを初めて明らかにしました。
来たるべき気候変動に備えて、高温ストレス耐性をもつ作物の育種が今後さらに重要になります。
この仕組みの理解が深まることで、これまでにない高温ストレス耐性品種の開発が可能になります。

発表概要

植物の受精過程は温度変化に非常に敏感で、花粉は特に高温に脆弱です。
そのため植物には、ある程度の高温においても受精できる温度耐性の仕組みがあることが予想されていましたが、その詳細は未だ明らかになっていませんでした。
東京大学大学院理学系研究科の福田裕穂(ふくだ ひろお)教授らの研究グループは、モデル植物シロイヌナズナを用いて、花粉とめしべのコミュニケーションを担い、一過的に気温上昇した際でも正常な受精を維持するために機能するCLE45ペプチドおよび受容体を明らかにしました。

シロイヌナズナを高温にさらすと、花粉の高温耐性を強化するCLE45ペプチドが、新たにめしべ内部の花粉管(受粉後、花粉から胚珠に向けて伸びる管)の通り道にそって生産されるようになりました。
このペプチドは花粉管に受容され、このシグナルにより高温においても花粉の活性が低下することなく受精が成立しました。
これは高温環境に植物が適応するための新しい仕組みの発見です。

ほとんどの作物やその他の有用植物は、その作物が栽培できる限界耕作地よりはるか良好な条件で栽培されています。
温度ストレスは、その収穫量に大きな影響をもたらします。
今回発見された仕組みを利用することで、高温ストレス耐性植物作出のための、新規な技術開発が期待されます。

68675936.jpg

-*-*-*- 引用ここまで。全文は引用元をご覧ください -*-*-*-

▽記事引用元 東京大学大学院 理学系研究科・理学部
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2013/37.html



【生物】暑さに負けない「植物の受精」の仕組みを解明/東京大の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/07/28(日) 23:28:54.55 ID:???

アブラヤシのゲノム解読=種子殻の厚さ決める遺伝子発見-マレーシアなど


世界で生産される植物油の3分の1を占めるパーム油の原料、ギニアアブラヤシの全遺伝情報(ゲノム)を解読したと、主要生産国マレーシアのパーム油庁や米コールドスプリングハーバー研究所などの研究チームが英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
 
パーム油は実の果肉だけでなく、殻に包まれた種子からも採れる。
殻が厚く油の収量が少ない品種と、殻が薄く収量が多い品種があるが、研究チームはこの殻の厚さを決める遺伝子「SHELL」を発見した。
苗木の段階でどちらの品種か判別でき、農園全体のパーム油生産量を増やせると期待される。
 
ギニアアブラヤシは西アフリカ原産で、マレーシアなど東南アジアでも盛んに栽培されている。
パーム油は揚げ油やマーガリン、せっけんなどのほか、近年はバイオ燃料用の需要も増えている。
単位面積当たりの収量が増えれば、農園拡大のため熱帯雨林が伐採されるのを抑えられるかもしれないという。(2013/07/27-17:50)

▽記事引用元 時事ドットコム 2013/07/27-17:50配信記事
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013072700248
ギニアアブラヤシの種子殻が厚い品種(左の写真左側)と薄い品種(同右側)、果実の房(右の写真)。
全遺伝情報(ゲノム)解読で殻の厚さを決める遺伝子が発見され、早期選別でパーム油増産が期待される(マレーシア・パーム油庁提供)
9

http://www.jiji.com/news/kiji_photos/0130727at63_p.jpg

▽関連リンク
・Nature (2013) doi:10.1038/nature12309
Received 30 September 2012 Accepted 16 May 2013 Published online 24 July 2013
Oil palm genome sequence reveals divergence of interfertile species in Old and New worlds
http://www.nature.com/nature/journal/vaop/ncurrent/full/nature12309.html
・Cold Spring Harbor Laboratory
Full genome map of oil palm indicates a way to raise yields and protect rainforest
http://www.cshl.edu/Article-Martienssen/full-genome-map-of-oil-palm-indicates-a-way-to-raise-yields-and-protect-rainforest
771f3876.png
bea86618.png

http://www.cshl.edu/images/stories/news_features/2013/martienssen_photo1_72103.png
http://www.cshl.edu/images/stories/news_features/2013/martienssen_photo3_72013.png



【ゲノム】パーム油の原料アブラヤシのゲノム解読 種子殻の厚さ決める遺伝子発見/マレーシアなどの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: グロリア(家) 2013/07/28(日) 17:51:52.25 ID:fjypGlcQP BE:3883885496-PLT(12000) ポイント特典

http://www.chibanippo.co.jp/c/news/national/148883
市原市の東京湾沿いの企業岸壁に27日、体長20メートル前後あるクジラとみられる死骸が漂着しているのが見つかった。何らかの原因で迷い込んだとみられる。

見つかったのは同市八幡海岸通の「不二サッシ千葉工場」岸壁。同日午後2時50分ごろ、異臭に気づいた作業員が見つけ守衛室に連絡した。

種類などは不明。あおむけで岸壁の橋脚に頭から突っ込む形で挟まれており、既に死んでいた。体長は20メートル前後とみられる。
いつ漂着したか、原因なども分からない。腐敗が進んでいるのか体が大きく膨らんでいる。

岸壁に漂着したクジラとみられる死骸。人間と比べてもその大きさが分かる=27日午後4時40分ごろ、市原市八幡海岸通の不二サッシ千葉工場
http://www.chibanippo.co.jp/c/sites/default/files/IP130727TAN000125000.jpg?1374932935
 
2a0ef13c.jpg
3


関連記事


【画像有】巨大クジラの死骸漂着 市原・八幡の岸壁・1の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/06/19(水) 00:43:33.44 ID:???

植物細胞分裂の仕組み解明 微小繊維が仕切りを形成

 
自然科学研究機構基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)は18日までに、植物の細胞分裂を鮮明に観察することに成功したと発表した。
細胞内で「微小管」というタンパク質の繊維が、細胞を二つに分裂させる仕切りを形成する過程が判明。
「植物の成長をより理論的に説明でき、生物の進化についても理解が進む」としている。

同研究所の村田隆准教授(細胞生物学)らのグループが英科学誌電子版に発表した。

村田准教授は「実や種子ができる仕組みの解明につながり、いずれは果実や穀物の品種改良にも応用できる可能性がある」と話している。
2013/06/18 19:37 【共同通信】
_____________

▽記事引用元 47NEWS 2013/06/18 19:37配信記事
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013061801002435.html

548119b5.gif

▽関連
自然科学研究機構基礎生物学研究所 プレスリリース 2013年06月17日
細胞分裂で仕切りを作る過程を見ることに成功
http://www.nibb.ac.jp/press/2013/06/17.html



【細胞生物学】植物細胞分裂の仕組み解明 微小繊維が仕切りを形成/基礎生物学研究所などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 依頼35-147@pureφ ★ 2013/06/16(日) 11:45:29.46 ID:???

渋柿で血液サラサラ 悪玉コレステロール低減

1

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20130603102.jpg
悪玉コレステロールの低減効果が確認された渋柿。粉末にすれば渋みがなく幅広い食品に利用できるという

 石川県立大生物資源環境学部の松本健司准教授は2日までに、未成熟な渋柿から作った 粉末に含まれる成分に、LDL(悪玉)コレステロールを低減する作用があることを実証 した。粉末は栽培の際に間引いた青柿や放置果樹園の果実を利用することで低コストで生 産可能。粉末にすれば渋みはなく、加熱しても成分が損なわれないため、幅広い食品に加工できるという。

 悪玉コレステロールの低減効果があるのは柿の渋み成分である重合タンニン。研究では 40代の被験者40人が3グループに分かれ、毎食前に青柿の粉末を入れていないクッキ ー、粉末3グラム、5グラムを配合したクッキーをそれぞれ摂取した。5グラム入りを食 べ続けた被験者は12週間後、悪玉コレステロールが約2割減少した。

 松本准教授によると、重合タンニンは、コレステロールから合成される胆汁酸を腸内で 吸着し、体外への排出を促進する。胆汁酸の排出が進むと、血液中のコレステロールが肝臓に取り込まれて胆汁酸が再生成され、その結果、悪玉コレステロールが低下する。

 胆汁酸の吸着と合成に伴い、代謝が高まって血糖値が低下することも確認されており、 糖尿病の治療でも効果が期待できるという。

 粉末は商品価値のない未成熟な渋柿を利用して製造できる。食物繊維を豊富に含み、1 00度の熱を加えても成分が損なわれないため、菓子やパンなどに配合しやすい。

 県内では「紋平柿」のかほく市や「ころ柿」の志賀町が主な柿の産地で、昨年の収穫量 は県全体で1270トン。
JA志賀ころ柿部会の新明侃二部会長によると、栽培の過程で 青柿の数%が間引かれ、商品価値がないために捨てられている。

 松本准教授は、柿の生産農家は全国的に高齢化や後継者不足に悩まされているとし、「 渋柿の機能性を生かした商品開発が進めば、生産地の活性化につながる」と語った。

 LDLコレステロール 細胞膜を作るために使われるコレステロールを肝臓から体中に 運ぶ働きがある。増えすぎると、血管内部にへばりついて動脈硬化などの原因となること から「悪玉」と呼ばれる。

北國新聞 6月3日03時00分更新
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20130603102.htm

関連ニュース
『奇跡の血液サラサラデブ』 を自称していたマツコデラックスをマジへこみさせた 痛い診断結果
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1336228408/-100
【ウイルス】渋柿の搾り汁、ノロウイルス撃退/広島大が確認 画像あり
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1361238913/-100



【食品】渋柿の重合タンニンで血液サラサラ 悪玉コレステロール低減の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2013/05/31(金) 06:38:45.36 ID:???

氷河の下で凍りついていたコケ植物が、氷河の後退に伴いおよそ400年ぶりに再生していることがカナダ、アルバータ大学の調査で判明した。

研究チームは、カナダ北極圏、エルズミーア島中部の山脈地帯にあるティアドロップ氷河(Teardrop Glacier)周辺地域で、コケ植物や維管束植物の生物多様性調査にあたっている。

「後退する氷河の端で、点在するコケ植物が氷の下から伸びているように見えた」と、プロジェクトリーダーのキャサリン・ラ・ファージ(Catherine La Farge)氏は語る。

「黒く変色した中に緑色の部分が交ざっていたので、不思議に思ってよく観察した。コケ本来の色なのか、何世紀も前の藻が再生しているのか。思わず胸が高まった」。

◆コケ植物の休眠

研究チームはエドモントンにある研究室に戻り顕微鏡で観察。とてつもなく重い氷の下で過ごした後、目の前で小さな芽を出しているのは、やはり数世紀前のコケ植物だった。放射性炭素年代測定によると、400~600年の凍結期間と推定される。

興味津々の研究チームは、採取した試料の一部から茎と葉の組織を取り出し、シャーレの栄養豊富な培養土に植え付けた。
緑色の物体が出現したのは6週間後で、最終的に7つの標本から4種のコケ植物が確認された。

再生を遂げたコケ植物は、1年後の今でも成長を続けているという。
1550~1850年頃の小氷河期に氷河が拡大して凍結したとみられるが、長期間の休眠にも関わらず、一冬超した状態とほとんど同じ急速な再生能力を発揮した。氷河に覆われた生態系も、案外早く回復する可能性がある。

◆古代から生育

自然界の中でもコケは生存戦略に長けている植物で起源が古く、海から陸に上がった時期は4億年以上前に遡る。

生育に都合の悪い時期には休眠して耐え、環境が良くなれば成長を再開するという特性を備える。
しかもコケ植物の細胞は幹細胞のように分化可能で、どの細胞からも“クローン”を作成したり復活させることができる。

400年以上の時を経て再生したコケ植物だが、まだ上手が存在する。昨年、シベリアの研究チームが発芽に成功した種子は、約3万2000年前の地層に埋もれていた。スガワラビランジ(学名:Silene stenophylla)というナデシコ科の被子植物で、永久凍土層から発見されたそうだ。

「シベリアの場合は、かなり高度な技術を応用したと聞いている」とラ・ファージ氏。
人工的に発芽させるには、子房中の胎座を抽出する必要があった。一方、まるで手間が掛からなかったのは、ティアドロップ氷河のコケ植物だ。培養土と親身な世話だけで見事再生を遂げたのである。

ソース:ナショナルジオグラフィック(May 30, 2013)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130530002
画像:シャーレの培地で生育するコケ植物。氷河の下からおよそ400年ぶりに息を吹き返した。
c7b8ad86.jpg

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_images/67941_0_600x450.jpg



【環境】氷河の後退で、400年前のコケが再生していることが判明 現在でも成長を継続の続きを読む

このページのトップヘ