理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

海洋

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
building_fukushima_daiichi_genpatsu_after (1)


1: 2020/10/15(木) 15:56:58.93

汚染水はトリチウム以外のほとんどの放射性物質を取り除ける多核種除去設備(ALPSアルプス)で浄化処理した後、原発構内のタンクに保管。東電は、2022年秋ごろには計画しているタンクの保管容量が満杯になる見通しを示している。放出処分となれば、必要な施設の整備に2年はかかるため、菅義偉首相は処分方針について「できるだけ早く決めてたい」としている。
要請には、福島県漁連の野崎哲会長も同席した。午後1時半から環境省で小泉進次郎環境相に、その後は経産省で梶山弘志経産相と面談し、要請書を手渡した。経産省での岸会長の発言は以下の通り。

◆全漁連会長「海洋放出になれば、風評被害の発生が必至」
ALPS処理水の取り扱いについて、全国の事業者の総意として反対を決議したところです。10月8日に意見を申し上げる機会をいただいて、その趣旨や思いを述べさせてもらいました。今日はそれを踏まえてですね、経緯や考え方を申し上げたいと思います。
基本的にこのALPS処理水の問題は、福島の復興には非常に大きな課題ですし、福島だけでなく全国の事業者、それから海外のインバウンド、海外市場などさまざまな分野にとって非常に大きな課題であると認識しています。
早いもので原発の事故から10年になろうとしている。今日は福島の会長もいらっしゃっているところですが、これまで10年、ほんとに血のにじむような努力を積み重ねてきました。そういう中で、我々もこれからもよくなるように、12月には漁業法の改正もあって大きな課題もあったわけですが、我々も含めて一生懸命頑張っていこうというさなかでありました。こういう中で、ALPS処理水の取り扱いは国の大きな重要課題であることはもちろん承知していますが、しかしながら、具体的にその処理水が海洋放出されるということになるなら、これまでの我々の努力や、これから将来を見越して漁業法を改正してしっかり頑張ろうとする思いが挫折しかねない。そういう大きな心配をしています。
海洋放出ということになれば、当然ながら風評被害の発生が必至であり、ひいては全国の漁業者は挫折感を含めて将来の漁業の展望を壊しかねない。そんな懸念をしております。
どうか国においては、漁業者の思い、これまで努力した経緯、また我々もサブドレンの問題では苦渋の決断でありましたが、福島の事故処理という観点で苦渋の決断でしたが、協力した経緯があります。今、漁業者がしっかりと頑張ろうとしている努力が水泡に帰さないように是非、慎重な判断をしていただきたい。
先般の意見交換会でも申し上げましたが、海洋放出につきましては全国の漁業者の総意として反対であると改めて申し上げて、慎重な判断を求めたい。どうぞよろしくお願いします

◆梶山経産相「風評の影響に徹底的な対応が不可欠と認識」
面談は冒頭が報道陣に公開された。梶山経産相の発言は以下の通り。
ご要望に対しては真摯(しんし)に受け止めさせていただきます。全漁連の皆さまには事故以降、政府の廃炉対策に大変なご理解とご協力をいただいていることには改めて感謝申し上げます。また先般行われた意見交換の場に岸会長にお越しいただきまして、本日は会長の皆様と福島の会長の皆様とご来庁いただいたということで重ねて感謝申し上げます。
本日は、ALPS処理水を海洋放出する場合の風評の影響が強く懸念されること、国民の理解を得られないALPS処理水の海洋放出には反対であること、政府において議論を深め慎重な判断をすること、についてご要望をいただきました。
廃炉汚染水対策の着実な実施は原子力災害からの復興の大前提であります。これを遅延させないために日々増加しているALPS処理水の取り扱いについて、政府として責任を持って早期に方針を決定していくことが必要であると考えています。
決定にあたっては特に、ご懸念されている風評の影響について政府方針の決定前後を問わずに徹底的な対応を取ることが不可欠であると認識しています。政府におきましてはこれまで立地自治体、そして農林水産業者との意見交換、意見を伺う場でいただいた意見、書面で募集した意見を取りまとめ整理しているところでありまして、本日いただいたご要望も重く受け止めた上で検討を深めて参りたいと思います。

◆小泉環境相「思いを受け止めたうえで決定をしなくては」(略)

東京新聞 2020年10月15日 15時30分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/62026


「海洋放出は絶対反対」全漁連が政府に要請 福島第一原発の汚染処理水巡りの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
food_surume


1: 2020/10/15(木) 22:38:20.20

水産庁は14日、スルメイカ(秋・冬季発生系群)資源評価を発表し、両系群とも資源水準が乱獲を防ぐための措置が必要なレベルにあるとした。評価では、中国の漁獲量が昨年だけで15万トンと推定されることも初めて明記。日本が新たな資源管理に取り組もうとする中で、中国だけでも日本の約10倍に相当する漁獲が無秩序に行われている実態にどう対処するのか、水産庁の対応が問われそうだ。

 スルメイカの資源評価は水産研究・教育機構がまとめた。それによると、主に日本海で漁獲される秋系群の資源量は54・1万トンで過去10年の最低を更新。親魚量は15万トンで、乱獲防止に向けた措置が必要な限界管理基準値18・9万トンを下回った。

https://www.suikei.co.jp/%e3%b9%e3%ab%e3%a1%e3%a4%e3%ab%e4%b9%b1%e7 %b2%e7%8a%b6%e6%8b%e3%81%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%af%e6%a5%e6%ac%e3%ae%ef%bc%ef%bc%e5%8d%e6%bc%81/


【水産】スルメイカ“乱獲状態”、中国は日本の10倍漁獲の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tanker_genyu


1: 2020/10/10(土) 16:01:33.11 _USER

世界初「電動タンカー」日本で建造へ 温室効果ガス排出せず

 世界的に環境規制が厳しくなる中、温室効果ガスを出さずに電池だけで動く世界初の「電動タンカー」が日本で建造されることになりました。
 重油を燃料とする現在のタンカーに比べて運航管理の負担が小さく、人手不足が深刻な船員の負担を軽減する効果も期待されています。

 この「電動タンカー」は、大手機械メーカーの「川崎重工業」が開発した電動システムを使って、四国の造船会社2社が合わせて2隻を建造します。

 全長およそ60メートル、総トン数は499トンで、電気自動車およそ100台分の容量があるリチウムイオン電池で、温室効果ガスを排出せずに動くということです。

 完成予定は再来年の3月で、タンカーを発注した東京の海運会社「旭タンカー」によりますと、電気だけで動くタンカーは世界で初めてだということです。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

NHK NEWS WEB 2020年10月8日 13時47分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201008/k10012653681000.html


【技術】世界初「電動タンカー」日本で建造へ 温室効果ガス排出せずの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
fishing_fish_man


1: 2020/10/06(火) 13:24:04.45

インターネット びっくり・驚き2020/10/4 18:00

https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2020/10/Nishino_Oilfish.jpg

 メディアに「深海魚ハンター」として登場するなど、これまでに釣りで34種類の世界記録(重量ベース)を樹立している大学生の西野勇馬さんが、今度は巨大なバラムツを釣り上げました。体長は釣り上げた西野さんと同じくらいの172cm、検量待ちだという重量は日本記録(34.30kg)に迫る大きさだといいます。

 西野さんにお話をうかがうと、これは2020年9月26日に開催された深海釣り大会での釣果だそう。大会では神奈川県は三浦市小網代沖の相模湾に船を出し、14時終了(納竿)のスケジュールだったといいます。

 仕掛けを下ろしたのは、水深約400mという中深層(200~1000m)にあたるタナ。ヒットしたのは、大会の終了(納竿)時刻1分前の13時59分だったそうです。ここから深海魚とのファイトが始まりました。

 深海釣りはタナが深いため、通常はライン(道糸)の巻き上げが楽な電動リールを使うことが多く、タナの水深をセットすれば自動的に仕掛けを下ろしてくれ、巻き上げる時も高トルクモーターがグイグイ巻き上げてくれます。しかし西野さんの場合、世界記録や日本記録に挑戦しているため、自分の手による巻き上げ。

 ラインを通じ、数百m離れた魚との格闘は25分ほど続きました。その間、西野さんは全身の力で竿を引き上げ、戻す動作に合わせてリールを巻き上げる「ポンピング」を繰り返します。西野さんが提供してくれた、釣り上げる場面の動画を見ていると、ユラリと海面に獲物の姿が見えてきました……うわ、おっきい!

https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2020/10/Nishino_Oilfish_fight01.jpg

 わずかにピンクを帯びた体色の魚が上がってきました。魚もかなり疲労しているようですが、それでも最後のあがきを見せ、身をひるがえして竿先をグッと海中に引き込もうとします。それに対抗する西野さん。

https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2020/10/Nishino_Oilfish_fight02.jpg
https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2020/10/Nishino_Oilfish_fight03.jpg

 タモ網が差し込まれ、ようやく船上に魚を収容。やはり重量があるらしく、タモ網を持ち上げる人も足を踏ん張っています。

https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2020/10/Nishino_Oilfish_fight04.jpg
https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2020/10/Nishino_Oilfish_tamo.jpg

 釣り上げられたのは、バラムツと分かりました。「ムツ」という名前がついていますが、見かけが高級白身魚のムツに似ているだけで、実際はムツ科ではなくクロタチカマス科の魚。「バラ」の名は体色がバラ色という意味ではなく、ウロコがバラのトゲのようになっていることからで、このトゲは鋭く怪我をするほどだとか。

 西野さんの自己記録では、1年前の2019年9月29日に神奈川県の東京海底谷、水深500mで釣り上げた139.1cmのバラムツが最高なので、体長172cmは自己記録更新の釣果。検量用の秤が壊れてしまい、新しいものを手配して検量するため冷凍保存しているそうですが、30~35kgくらいだろうとのこと。もし34.30kg以上あるとIGFA(ジャパンゲームフィッシュ協会)認定のオールタックル日本記録となるそうです(現在のバラムツ日本記録は、2013年7月25日に中前悦尚さんが和歌山県白浜沖で釣り上げた34.30kg)。

 検量後は解体して、食べたいという西野さんの友人と食べる予定だとか。ただし、バラムツの身には深海魚にありがちなワックスエステル(人間が消化できない脂質)が大量に含まれており、食べるとお腹を壊す(油脂瀉下)ため市場への水揚げが禁止されています。西野さんもその点はご承知なので、食べるのは微量ずつにするそうです。

 バラムツは大型の深海魚で、中には2mを超える個体もあるとか。そんな魚と長時間格闘した西野さんは、全身が筋肉痛気味になってしまったそうです。このバラムツを釣り上げる様子は、西野さんのYouTubeチャンネルにて動画公開されています。

<記事化協力>
西野勇馬さん(@nanukazame1)

(咲村珠樹)

edited by 咲村 珠樹
URL: https://otakei.otakuma.net/archives/2020100402.html
Last update: 2020/10/4 18:00 © C.S.T.ENTERTAINMENT Inc.
※記事内容は公開時点の情報です。後に変更になる場合があります


深海魚ハンター西野勇馬さん 今度は日本最大級のバラムツをしとめるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
norimono_yacht


1: 2020/10/05(月) 16:31:17.36 _USER9 BE:439362949-PLT(40000)

sssp://img.5ch.net/ico/999991500946716.gif
10/5(月) 15:31
デイリースポーツ

辛坊治郎氏のヨット遭難を救助したのは140億円飛行艇だった 世界にたった6機
辛坊治郎氏
 4日にテレビ東京系で放送された「日曜ビッグ 超スゴ!自衛隊の裏側3 TV初公開連発SP」で、13年にキャスターの辛坊治郎氏が太平洋上で遭難した際に救助に当たった救難飛行艇を紹介。世界に6機しかない約140億円もの“スーパー飛行艇”だったことが分かった。

【写真】遭難救助後、目の下にクマを作り会見する辛坊氏

 番組では、陸海空の自衛隊の裏側を紹介。テレビではほとんど紹介されない厳しい雪中訓練や、新人海上自衛隊員の半年にものぼる世界一周訓練などを紹介した。

 その中で、自衛隊が誇る機体なども紹介したが、海上自衛隊が所有する救難飛行艇「US-2」も紹介。約140億円を投じた機体で、世界に6機しかないという純国産の航空機だ。

 何がすごいかと言うと、水面に着水、離水できるため、海の上が“滑走路”となること。3メートルの高波でも、300メートルあれば離着水が可能だという。自衛隊で唯一、水上に降り立つことができる機体だ。

 このUS-2は、数々の海難事故で人命を救助してきたが、その中の1件がキャスターの辛坊治郎氏が13年にヨットで太平洋横断中に起こった遭難事故。船やヘリコプターでは時間がかかる遠い場所でもUS-2がかけつけ、見事、辛坊氏を救助した。辛坊氏はその後、「日本水難救済会」に500万円を寄付している。

https://amd.c.yimg.jp/amd/20201005-00000081-dal-000-2-view.jpg

https://news.yahoo.co.jp/articles/a664c1076869a0295c0cd49a1bd3ef6a16fa9f56


辛坊治郎氏のヨット遭難を救助したのは140億円飛行艇だった 世界にたった6機の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
saigai_kyumei_boat


1: 2020/09/28(月) 07:38:57.36

8月中旬の夕方ごろ、敦賀海上保安部に緊急の通報が入りました。
「ボートで沖へ出たが、風で流されて岸へ帰れない。手漕ぎのゴムボートには私と妻、2歳と1歳の子供も乗っている。」

これは急がなければ!
発生場所は福井県敦賀市水島沖とのことで、福井県水難救済会(民間の救助団体)への出動を依頼。
すぐさま救助艇が発動し、親子全員を無事に救出することができたのです。

親子はそのまま出港場所であった敦賀市色浜へ運ばれ、海上保安官によって詳しい事故の経緯などを聴いたのですが、当日は風速1メートル/秒ほどの弱い風で、波はほとんどない凪の状態。手漕ぎボートといえど帰れなくなるほどの天候には思えませんでした。
通報者の父親いわく、「だんだんと沖に向かって流され出して、漕いでも漕いでも岸に近付かない。最終的には出港場所も見えなくなり、小さな子供も乗せていたので死の恐怖を感じた。」とのこと。

海には、離岸流(※海岸に打ち寄せた波が沖に戻ろうとする時に発生する強い流れ)や潮の流れによって、見た目以上に強い力が作用し事故を惹き起こすことがあり、風が弱いからと言って一概に安全とは言い切れません。

今回もそのようなケースに当てはまるのかなあと思っていました。

最後に、漂流したボートを確認してみると、空気で膨らませるタイプのボートではあるものの、かなり大きなサイズのしっかりとしたもの。
家族4人で乗っていたことも頷けます。・・・と、ボートの上には2本のオールが。

「こ、これ、めちゃくちゃ短くないですか!!??笑」

と、思わず目を疑ってしまうほど短い2本のオール。

父親は、「そうなんですよ!すごく漕ぎづらくて全然進まなかったんですよ。」と。

それもそのはず。実はこのオール、カヤックなど幅の細い船体に使用するもので、2本を繋ぎ合わせて一本のものとして、真ん中を持ち左右交互にクルクルと回すような要領で漕ぐためのもの。

そんな本来必要な長さの半分にも満たないほどのオール2本、これをそれぞれボートの左右に付いている穴に差し込んだ状態で一生懸命漕いだものの、ほとんど推進力が生み出されず、弱い風圧にも押し負けて沖へと流されていたのでした。

幅の広いゴムボートで、ましてや分割した状態で使用できるオールではなかったのです。

「知らない」とは怖いもの。
どんなレジャーでも実は危険と隣り合わせで、知識なく遊ぶことはとても危ういのです。
最初は誰しも「初心者」ですが、是非一度スマホなどで検索して、そのレジャーの危険性や対策について調べてみてください。
知識があるのとないのとでは、事故の発生率は格段に違ってくるでしょう。

さらに、今回の事案で言えるのは、「このオール全然進まないなぁ」と感じた時点で、引き返す判断をすることでした。つまりは無茶をしないこと。

「これぐらい大丈夫だろう」という予測の甘さから起こる海難事故ってとても多いんです。

よろしくお願いします!(敦賀海上保安部・うみまる)

9/24(木) 17:39 福井新聞ONLINE
https://news.yahoo.co.jp/articles/b23c86003209d6ef7b88e61339c5af034bbfdc41
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200924-00010002-fukui-000-2-view.jpg


【福井】1歳と2歳の子ども乗せた手漕ぎボートが海で遭難…救助後、父親が使っていたオールに唖然の続きを読む

このページのトップヘ