理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

動物

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
25495642_s
1: 2023/01/16(月) 09:15:33.06
>>1/15(日) 8:27配信
沖縄タイムス

 沖縄県宜野湾市にある県内で最も規模の大きい、猫を保護する団体が今月上旬から、活動の継続が困難になっていることが14日までに分かった。同団体は、県内で運営する三つの施設で約550匹の猫を保護している。関係者によると、経営不振のため解雇予告を受けた獣医師など従業員約10人は、賃金未払いなど労働環境の悪化を理由に8日までに自主退職した。団体は事実上の活動休止状態となっている。

 同団体は、宜野湾市内の動物病院など県内で3施設を運営する。動物病院で約150匹、同市の別の施設で約150匹、うるま市にある施設で約250匹の猫を保護している。

■動物病院、薬品仕入れできず

 関係者によると、約10年前から従業員への賃金未払いが慢性化するなど経営状態が内部で指摘されてきた。未払いの長期化で退職者が相次ぎ、病院では治療に使う薬品が仕入れられなくなったこともあるという。

 団体の代表に経営の改善を提案した従業員が、突然の解雇を突き付けられたケースも少なくないという。

■解雇や賃金未払いも

続きは↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed105fdf7251d0d814d8d4a4b484c881d3b0c496

猫550匹どうなる? 沖縄最大の保護団体が活動困難に 「病気がまん延」と関係者の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
beef-gb904f36d6_640
1: 2023/01/22(日) 15:21:49.86
「子牛がありえない低価格で取り引きされ、買い取り手のない子牛もいる。廃業を考えている酪農家も多い」

取材のきっかけは、北海道で開かれたあるイベントで聞いた料理人のことばでした。子牛の価格が下落しているとは、いったいどういうことなのか?

取材を進めて見えてきたのは、北海道の酪農の現場が直面する厳しい現実でした。

去年は14万円も…
まず訪れたのは北海道南部にある酪農が盛んな八雲町です。

地区のJAを取材したところ、「この苦しい状況を多くの人に知ってほしい」と、町内の酪農家を紹介してくれました。

取材に応じてくれたのは片山伸雄さん。

90頭ほどの牛を飼育し、生乳を生産しています。
あまり知られていませんが、酪農家は「肉牛として育てられる子牛」も生産しています。

乳牛のホルスタインどうしをかけあわせて生まれた子牛の「メス」は、乳牛として育てられますが、子牛の「オス」や、乳牛や肉用の牛をかけ合わせて生まれた「交雑種」の子牛は、肉用として畜産農家などに販売され、育てられるのです。
こうした子牛は、酪農家にとっては大切な収入源です。

しかし、この価格が大幅に下落している、というのです。(略)
いったいなぜなのか?

買い取る側の畜産農家に話を聞いてみました。
畜産農家
「牛肉の値段は変わらない。それなのに牛の生産コストだけがどんどん上がっちゃうということになると、畜産農家のもうけが無くなる。うちらも安く買ったからといって、たくさんもうけてるわけじゃない」
牛のエサである飼料の大半は、輸入に頼っています。しかし、ロシアのウクライナへの軍事侵攻などの影響で、取引価格が大幅に上昇。

話を聞いた畜産農家でも、月の負担が数十万円も増えているとのことでした。
(略)

去年10月、畜産会社の担当が、子牛を買い取るために片山さんの牧場を訪れました。

子牛の状態を詳細にチェックし、担当者が提示した金額は「1000円」。
手塩にかけて育てた子牛がこの価格。(略)

北海道の酪農家を取り巻く環境が厳しさを増す中、現場では対応を迫られています。

十勝地方の酪農ファーム経営者、小椋幸男社長です。
小椋社長は北海道上士幌町で乳牛およそ3900頭を飼育する国内最大級のギガファームを経営しています。

飼料代の高騰が経営を直撃。年間のエサ代は30億円に達し、経営コストの8割を占めるまでに膨れ上がっています。
規模拡大を追求する中で
北海道の酪農家は、規模の拡大が求められてきた背景があります。

2014年にバター不足が問題になると、国は地域ぐるみで畜産関連産業を強化する事業を推進してきました。
小椋社長も2019年、およそ40億円を投資して、最新鋭のロボット牛舎を新設。牛の数もさらに1000頭増やしました。

しかし、近年は新型コロナウイルスの感染拡大によって生乳需要が低迷。1か月におよそ4億円ある生乳販売のほとんどは、高騰するエサ代に消えるという状況に陥っていました。
生き残りかけ“アウトに出す”
去年10月、小椋社長は生き残りをかけ、苦渋の決断を下します。

この日、小椋社長は、オンライン会議で交渉に臨んでいました。
生乳の集荷は指定団体(北海道ではホクレン)を通じた「一元集荷体制」が一般的です。

しかし、小椋社長は生乳をより高く売るため、去年4月から群馬県の卸売り会社を通じて販売し始めました。この取引量をさらに拡大できないかと考えたのです。

指定団体以外に出荷することは“アウト(アウトサイダー)に出す”と呼ばれ、業界の枠組みから外れる行為だとみなされます。

しかし、小椋社長はみずから販路を拡大しなければ、ことし以降の経営が本格的に危うくなってくると感じていました。(略)

北海道の農業が直面する危機的状況にどう対応すべきか。
帯広畜産大学の谷昌幸教授は次のように指摘しています。
帯広畜産大学 谷教授
「いまは厳しい状況が続いているが、これをずっと放置されてきた(飼料などの)外部依存体質の脱却に本気で取り組むきっかけにするべきだ。北海道の資源を最大限有効活用できるように、農業単体で考えるのではなく、畜産、農業、エネルギーなど総合的に考えていく必要がある」
道内では、これまでほとんどを輸入に頼っていた飼料用のトウモロコシを国内で生産しようという動きも広がっています。(略)

NHK 2023年1月18日 18時23分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230118/k10013951921000.html

子牛が1000円? 価格が大幅下落 子牛に何が?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bakuhatsu4
1: 2023/01/17(火) 09:44:47.36
9日に大阪湾で見つかったクジラの「淀ちゃん」。13日に死んでいるのが確認されました。

 さらに16日、淀川の河口付近で死んでいるのが確認されたクジラは1キロほど流されてきました。

 今後、淀ちゃんはどうなるのでしょうか。大阪市の松井一郎市長は先週、次のように話していました。

 松井市長:「できれば、海へ返してあげたいなと思っている」

 大阪市は現在、沖合に持って行って沈める案や焼却する案を検討していますが、まだ決まっていません。

 さらに、事態をややこしくさせているのが、淀ちゃんが流れ着いた場所です。

 最初に見つかった大阪港は大阪市が管理していますが、今、淀ちゃんがいる淀川は国土交通省が管理しているため、国との協議が必要です。

 大阪市の担当者は、「河川区域に入ってしまったため、どう対応するかを検討し直す」と説明しています。

テレ朝

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad6770b86c0a95fe668f0c386b9b2da608c6fb57

クジラ「淀ちゃん」1km流され“岸に漂着” ややこしい事態に…大阪市「対応を再検討」の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
cabbage-g5a2f3fe64_640
1: 2023/01/12(木) 19:11:52.99 BE:798085517-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_uwan01.gif
「教員がこんなことしておかしいですね」 でもジビエを勧めたわけ
https://www.asahi.com/sp/articles/ASQDY3D4SQDWPTLC00Z.html

牛豚鶏の方が安いしうまいよね
https://i.imgur.com/APwYBaa.jpg
https://i.imgur.com/begWZ5c.jpg
https://i.imgur.com/XskWs1y.jpg

【画像】謎の勢力「ジビエ食え 害獣駆除になるしうまいぞ」それではジビエの値段をご覧くださいの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
dog-gc48e40f7a_640
1: 2023/01/03(火) 12:15:24.03
>>2023/01/03 02:46 JST配信

 ハノイ市の中央熱帯病病院はこのほど、狂犬病ウイルスに感染した男性(30歳、東北部地方フート省在住)を診察し、家族に対して、もう助かる見込みはないと告げた。これを聞いた家族は、男性を家に連れて帰り、最期を看取ることにした。

 この男性は3~4か月前に野良犬に噛まれて、その犬を殺して食べた。男性は犬に噛まれた後も抗狂犬病血清の接種などは受けなかったという。病院で診察を受ける2日前から、倦怠感や頭痛、恐水、恐風などの症状が現れたため、地元のクリニックで受診したが、症状は改善しなかった。

 家族が男性を連れて中央熱帯病病院で血液検査を受けさせたところ、狂犬病ウイルスに感染していることが分かった。患者は救命救急科に移されたが、恐水や恐風の症状が徐々に悪化してパニック状態に陥った。医師は、家族に病状を説明して、男性の死を予告。家族は男性を連れて帰ることを希望し、その日の夜に病院を去った。

続きは↓
https://www.viet-jo.com/news/social/221230174742.html

【ベトナム】噛んだ犬を殺して食べた男性、数か月後に狂犬病を発症の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
4953131_s
1: 2023/01/12(木) 16:02:02.30
9日に大阪・淀川河口付近に迷い込んだ「マッコウクジラ」は、同じ場所から動かず4日目を迎えました。

【LIVE】クジラの現在の様子をライブ配信 動いている様子は見られない

12日午後、MBSの取材班は、大阪湾で海洋生物の研究を行っている大阪市立自然史博物館外来研究員の鍋島靖信さんと、チャーター船でクジラに近づきました。

クジラが潮を吹く様子が見られません。

至近で観察した鍋島さんは「死んでいるのではないか。鼻孔が沈んでいる、通常なら数分に一度の呼吸(潮を吹く)もない。昨日の夕方に呼吸が激しくなり呼気が弱くなったという報道を見て心配していたが、昨夜くらいから死んでいるのではないか」との見解を示しました。

海上保安庁に確認すると「クジラの生死は海保で確認することはなく、自治体が行う。海保は船の運航に影響が出ないか、監視を続ける」としています。大阪市は「現場からの報告は入っていない」として今後の対応について、12日午後3時現在協議中です。

鍋島さんは、「本来なら黒潮の流れている沖縄から紀伊水道あたりに生息していたクジラが、何らかの理由で弱って、潮の満ち引きで大阪湾側に入ってきたのではないか。」淀川河口付近まで来たことについては「通常なら漁に出た漁師が発見するが、ちょうど正月で休みだったこともあり、誰にも見られず湾内深くまで入ってきたのではないか」と話しました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a89892d67134e058151470c3608b59fa277e8b7

迷いクジラ「死んだのではないか」至近で観察した専門家の続きを読む

このページのトップヘ