理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

いるか座

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/19(木) 00:01:52.48 ID:???.net
新星爆発でリチウム生成=すばる望遠鏡で観測-山形・板垣さんの発見が成果
引用元:時事ドットコム 2015/02/18-21:18
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015021800841

2


いるか座の方向に約1万4000光年離れた所で起きた新星爆発をすばる望遠鏡で観測し、水素とヘリウムに続いて3番目に軽い元素であるリチウムが生成された証拠を捉えたと、国立天文台や大阪教育大、名古屋大、京都産業大の研究チームが19日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 
宇宙誕生直後の元素は主に水素とヘリウムしかなく、その後形成された星々の世代交代を通じて、重いさまざまな元素ができたと考えられている。
リチウムができる多様な過程の一つとして、新星爆発で生じたベリリウムの放射性同位体がリチウムに変わる現象が想定されてきたが、初めて直接捉えたという。
 
この新星爆発は、山形市のアマチュア天文家板垣公一さん(67)が2013年8月14日に発見した。
すばる望遠鏡で同年9月下旬からタイミング良く観測できたことが成果につながった。
板垣さんは「ちょっと明るいな、と気付いた。(新星や超新星を)見つけて楽しんでいるだけだが、研究により学問的な発見になってうれしい」と話している。(2015/02/18-21:18)
(引用ここまで)

▼関連リンク
国立天文台
新星爆発は宇宙のリチウム合成工場だった
http://www.nao.ac.jp/news/science/2015/20150218-subaru.html
http://www.subarutelescope.org/Pressrelease/2015/02/18/j_index.html

引用元: 【天文】板垣さんの発見が成果 新星爆発でリチウム生成、すばる望遠鏡で観測/国立天文台など

【板垣】板垣さんの発見が成果 新星爆発でリチウム生成、すばる望遠鏡で観測/国立天文台などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2013/08/23(金) 23:34:58.17 ID:???

板垣さん、いるか座に6等級の明るい新星を発見

【2013年8月15日 VSOLJニュース(302)】

山形県の新天体ハンター・板垣公一さんが8月14日、いるか座に明るい新星を発見した。
6等級と明るいので、双眼鏡観察や写真撮影に挑戦してみよう。
また、13日~14日夜に撮影した夏の大三角付近の画像に、発見前の新星が写っているかもしれないので要チェックだ。
--------------
VSOLJニュースより(302)
著者:前原裕之さん(東京大学木曽観測所)

いるか座は夏の天の川のほとりに位置する比較的小さな星座ですが、1967年には3等級まで増光した新星(今日ではHR Delとの変光星名が付けられています)が出現したこともあります。
そのいるか座の中に、6等級と双眼鏡でも簡単に見ることができる明るさの新星が発見されました。
発見したのはこれまでにも多数の超新星や天の川銀河内の新星を発見されている、山形県の板垣公一(いたがきこういち)さんです。

板垣さんは、8月14.5843日(世界時。日本時間同日午後11時ごろ)に口径18cmの望遠鏡とCCDカメラを用いて撮影した画像から6.8等の新天体を発見し、14.750日には口径60cmの望遠鏡でこの天体を確認しました。
前日までに撮影された画像には、この天体は13等以下で写っていないことも報告されました。
板垣さんの観測によるこの天体の位置は以下のとおりです。
赤経 20時23分30.73秒
赤緯 +20度46分04.1 秒(2000.0年分点)
いるか座の新星の周辺星図

この天体は、ちょうど夜を迎えたヨーロッパの多数の観測者によってその存在が確認されました。
イタリアのG. Masiさんらのグループは、口径35cmの望遠鏡でこの天体の分光観測を行い、この天体が強いHα輝線を示すことを報告しました。
また英リヴァプール・ジョン・ムーアズ大学のグループが、カナリア諸島ラ・パルマにある口径2mの望遠鏡で行った分光観測によると、この天体のスペクトルには、はくちょう座P型プロファイルと呼ばれる、
青側が吸収線、赤側が輝線となっている形状をした、水素のバルマー線と1階電離した鉄輝線、および弱い中性ヘリウムの輝線が見られることがわかり、この天体が爆発直後の古典新星であることが判明しました。

この天体はドイツのP. Schmeerさんによって双眼鏡を使った眼視観測で6.0等の明るさで見えることが報告されました。
まだ爆発直後と思われることから、日本で観測できる時間帯には発見時よりもさらに増光している可能性もあります。
6等級と市街地でも小さな双眼鏡でじゅうぶん見える明るい新星ですので、まだ新星を見たことがない人には見るチャンスと言えます。
また、デジタルカメラでも固定撮影で容易に写すことができると思われます。今後の明るさや色の変化等に注目してみてください。

編集追記:茨城県の清田誠一郎さんが8月14.50566日、発見前の同天体を7.2等(CCD、Icバンド)で観測している。

-*-*-*- 引用ここまで。全文は記事引用元をご覧ください -*-*-*-

5

▽記事引用元 AstroArts 2013年8月15日配信記事
http://www.astroarts.co.jp/news/2013/08/15nova_del/index-j.shtml



【天文】山形県の板垣さん いるか座に6等級の明るい新星を発見の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ