理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

きぼう

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/09/23(水) 07:08:42.10 ID:???*.net
2015.9.23 05:00
 政府が、国際宇宙ステーション(ISS)事業の参加期限を現在の2020年から4年間延長する方向で調整していることが22日、分かった。日米両政府で宇宙での技術開発、安全保障協力を強化する方針だ。
日本にとってはISSに東南アジア諸国連合(ASEAN)などを巻き込み、宇宙の平和利用を進める狙いもある。

 日米両政府は宇宙分野での協力を重要施策に掲げており、ISS事業の参加延長は米国からの働きかけを受けたもの。
日本が求める日米欧に続く次世代の国も参加させることなどの運用改善が条件とし、当初の判断期限だった平成28年度末を前倒しして参加延長を米国に伝える。

 日本はISSで実験棟「きぼう」を運用し、物資補給機「こうのとり」を打ち上げて研究機器や資材を送り届けている。

続きはソースで

00


引用元:http://www.sankei.com/politics/news/150923/plt1509230002-n1.html

引用元: 【宇宙】政府、ISS参加を2024年まで延長へ 日米で宇宙協力を強化[産経新聞]

政府、ISS参加を2024年まで延長へ 日米で宇宙協力を強化の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/09/08(火) 17:14:17.21 ID:???*.net
http://www.sankei.com/life/news/150908/lif1509080016-n1.html

宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」から途上国の衛星放出へ 国連と協力、無償で実施
2015.9.8 11:03更新

 下村博文文部科学相は8日の閣議後会見で、アジアなどの途上国に対し、国際宇宙ステーションの日本実験棟きぼうから超小型衛星を放出する機会を無償提供すると発表した。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が国連と協力して実施する。超小型衛星は大型衛星に比べて格段に安く、ロケットによる打ち上げ技術を持たない国々でも自前の衛星を使った自然災害監視などが可能になると期待される。

続きはソースで

no title



引用元: 【宇宙】宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」から途上国の衛星放出へ 国連と協力、無償で実施

宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」から途上国の衛星放出へ 国連と協力、無償で実施の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/01/13(火) 12:34:09.45 ID:???.net
Yahoo!ニュース - JAXA、国際宇宙ステーション「きぼう」で新しい実験環境を稼動 (レスポンス)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150113-00000019-rps-sctch


宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2015年に国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」で、新しい実験環境を稼動させる。

船内実験では、3000度を超える高融点の希少材料で、熱物性を非接触測定できる、ISS唯一の装置「静電浮遊炉」を使って「工業的付加価値の高い高融点材料の特性研究」を実施する。

また、半自動飼育・観察ができる装置「小動物飼育観察装置」を使ってマウスを用いた疾病研究、新薬研究などを実施する。

船外では、これまでにない高エネルー宇宙線の長期観測が可能な「高エネルギー宇宙線観測装置」を使って、暗黒物質発見と宇宙線の起源解明を目指す。

「船外簡易取付機構」(ExHAM)では、宇宙用材料の実証データ取得簡便化を図る。これによって将来の宇宙活動に向けた技術の獲得、民間企業の国際競争力強化を支援する。

これらの実験は、2015年5月からISSに長期滞在する予定の油井亀美也宇宙飛行士が滞在中に実施する方向で調整している。

引用元: 【宇宙開発】JAXA、国際宇宙ステーション「きぼう」で新しい実験環境を稼動

JAXA、国際宇宙ステーション「きぼう」で新しい実験環境を稼動の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/01(水) 00:57:59.94 ID:???.net
宇宙ゴミ問題に解決の糸口を 膜展開式軌道離脱装置実証衛星「FREEDOM」が「きぼう」放出超小型衛星として採択決定
2014年9月26日 15:00

9月26日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」から超小型衛星を放出するミッションに、5機の衛星を選定したことを発表しました。
その衛星の一つとして、国立大学法人東北大学と産業機械製造メーカの株式会社中島田鉄工所が共同開発する超小型人工衛星「FREEDOM(フリーダム)」が選定されました。
_________

▽記事引用元
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2014/09/press20140926-01.html
東北大学(https://www.tohoku.ac.jp/japanese/)2014年9月26日 15:00配信記事
詳細(プレスリリース本文)
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20140926_01web.pdf

▽関連リンク
・株式会社中島田鉄工所
「きぼう」放出超小型衛星として選定されました
http://www.nakashimada.co.jp/news/freedom-project2014.html
詳細(プレスリリース本文) PDF
http://www.nakashimada.co.jp/dcms_media/other/freedom-press.pdf
・JAXA
平成28年度上期打上げ機会「きぼう」放出超小型衛星(無償の仕組み)の選定結果について
最終更新日:2014年09月26日
http://iss.jaxa.jp/kiboexp/news/140926_cubesat.html

引用元: 【宇宙開発】宇宙ゴミ問題に解決の糸口を 超小型人工衛星「FREEDOM(フリーダム)」が「きぼう」放出超小型衛星として採択決定/東北大など

宇宙ゴミ問題に解決の糸口を 超小型人工衛星「FREEDOM(フリーダム)」が「きぼう」放出超小型衛星として採択決定/東北大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/10/04(土) 21:24:58.53 ID:???.net
2016年に国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟から軌道上に放出される小型衛星として、日本の大学などが開発した5基が選定された。宇宙エレベーターやデブリ対策への応用など、それぞれ多彩な技術実証を行う。

JAXAは先月、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟から軌道上に放出する超小型衛星の選定結果を発表した。
今年4月から5月にかけての応募から選ばれたのは、軌道エレベーターなどで利用するテザーを展開する「STARS-C」(静岡大学)、宇宙ごみ対策の技術を実証する「FREEDOM」(東北大学と中島田鉄工所)、そして「EGG」(東京大学)、「ITF-2」(筑波大学)、「WASEDA-SAT3」(早稲田大学)の5基だ。いずれも1辺10~30cmの立方体で、今後の宇宙利用への応用が期待される技術実証を目指す。

2016年度上半期の間に、ISSに輸送されて「きぼう」から軌道上に放出される予定となっている。

http://www.astroarts.co.jp/news/2014/10/03cubesat/index-j.shtml

引用元: 【宇宙】宇宙エレベーターやデブリ対策の技術実証、小型衛星を選定

宇宙エレベーターやデブリ対策の技術実証、小型衛星を選定の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 16文キック(岡山県) 2014/02/04(火) 09:42:32.96 ID:nJ+qxq5R0 BE:3139009766-PLT(12030) ポイント特典

10



【衝撃】 宇宙飛行士がTwitterにうpした画像wwwwwwwww こんな風になってるのか・・・の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ