理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

たんぱく質

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/02(月) 14:37:08.11 ID:???0

★細胞がん化のカギ握るたんぱく質解明…京大など

細胞のがん化のカギを握るたんぱく質の詳しい構造を突き止めたと、岩田想・京都大教授ら日英の研究グループが、2日の英科学誌ネイチャー電子版に発表する。このたんぱく質の働きを抑える薬効物質が見つけやすくなり、新しいがん治療薬の開発につながる可能性があるとしている。

「Rce1」と呼ばれるたんぱく質で、がんを引き起こす代表的なたんぱく質として知られる「Ras」の働きを活性化する。

Rasは普段、細胞の増殖に関わっているが、異常が生じると細胞を際限なく増殖させ、組織をがん化させてしまう。異常なRasの働きを薬剤で止めようとすると、別のたんぱく質も影響を受け、強い副作用が生じるのが課題だった。

Rce1はRas以外のたんぱく質に反応しないため、Rce1が働かないようにすれば、異常なRasの活動も抑えられる。しかし、Rce1だけを細胞から取り出すことが難しく、これまでは詳しく分析できなかった。

グループは独自開発した技術でRce1を取り出し、分析に成功。その構造を原子レベルまで調べたほか、Rasと結合して制御する仕組みも解明した。

bdaf7b1b.jpg

(2013年12月2日 読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=88938



細胞がん化のカギ握るたんぱく質解明…京大などの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/11/11(月) 06:14:16.09 ID:???0 BE:514382235-PLT(12557)

認知症のうち、遺伝的な要因で発症する「家族性アルツハイマー病」について、厚生労働省は研究班を作って、今月から国内の患者数などの実態調査を始めることになりました。
研究班は、アルツハイマー病の発症の仕組みを解明し、予防や治療薬の開発に役立てたいとしています。

「家族性アルツハイマー病」は、変異した特定の遺伝子によってアルツハイマー病の原因物質とされるたんぱく質が脳にたまりやすくなり、比較的若い年齢のうちに発症するとされています。

7

*+*+ NHKニュース +*+*
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131111/k10015951741000.html



「家族性アルツハイマー病」実態調査への続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: エタ沈φ ★ 2013/10/17(木) 17:06:49.22 ID:???

急速に大きくなる悪性のがんを迅速に見分ける新しい手法を開発したと、国立がん研究センター東病院の研究チームが英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

松村保広・新薬開発分野長の研究チームは、悪性がんの周りには絶えず微量の出血があり、この血を固めるたんぱく質が働いていることに注目。このたんぱく質に特徴的な構造と、このたんぱく質だけに結合する目印物質を発見した。

この物質をマウスの血管に入れ、コンピューター断層撮影法(CT)で、目印が悪性がんには集まり、悪性度の低いがんには集まらないことを確認した。松村さんは「悪性がんの出血を止めるたんぱく質の構造はマウスも人も同じ。体外から撮影するため、治療が必要ながんを迅速に判別できる。
3年以内には臨床試験を始めたい」と話している。

(2013年10月14日18時03分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131013-OYT1T00188.htm

国立がん研究センター プレスリリース
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20131007.html

Scientific Reports
Discovery of an uncovered region in fibrin clots and its clinical significance
http://www.nature.com/srep/2013/130906/srep02604/full/srep02604.html

a7234554.gif
13e1a94b.gif
5fb43011.jpg

http://www.ncc.go.jp/jp/information/image/20131007_01.gif
http://www.ncc.go.jp/jp/information/image/20131007_02.gif
http://www.ncc.go.jp/jp/information/image/20131007_03.jpg



【腫瘍】悪性がんに集まる「目印」発見…判別に新手法/国立がん研究センターの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2013/09/06(金) 06:37:48.80 ID:???

京都大の立花誠准教授は理化学研究所などと共同で、性別を決めるたんぱく質をマウスを使った実験で見つけた。
このたんぱく質は人間にもあり、生まれたときに身体的には男女が特定できない性分化疾患や無精子症の解明に役立つという。
研究成果は6日付の米科学誌サイエンスに掲載される。

哺乳類には、性を決めるXとYの染色体があり、XYの組み合わせだと雄、XXだと雌になる。
研究グループは精巣に多く存在するたんぱく質「Jmjd1a」に注目。
このたんぱく質を作れないようにマウスの遺伝子を操作して観察した。

その結果、普通は雄になるXYの染色体を持って生まれた111匹のうち、見た目が雌のマウスが86匹、
雄とも雌とも見分けがつかないものが14匹いた。解剖すると、雌の特徴である乳腺や卵巣を持っていたり、精巣が十分に発達していなかったりした。

Jmjd1aを作れないと、雄になるために働く遺伝子が十分に機能しないためだとみている。

17

ソース:日本経済新聞(2013/9/6 3:00)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0503S_V00C13A9CR8000/
関連リンク:Science誌に掲載された論文要旨
「Epigenetic Regulation of Mouse Sex Determination by the Histone Demethylase Jmjd1a」(英文)
http://www.sciencemag.org/content/341/6150/1106.abstract



【生化学】性別決定に関与のたんぱく質を発見…性分化疾患や無精子症の解明に期待/京大などの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ