理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

アイソン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ◆Stars/1XBg @星降るφ ★ 2013/11/03(日) 21:08:44.14 ID:???

アイソンすい星 撮影に成功
11月3日

今月末、太陽に最接近し、肉眼でも見える大すい星になることが期待されている「アイソンすい星」の鮮明な映像を、NHKの取材班が超高感度ハイビジョンカメラで捉えました。

「アイソンすい星」は、去年9月にロシアなどの観測チームによって発見された、1度だけ太陽に近づく「すい星」で、現在は太陽まで1億数千万キロほどの距離にあります。

大陽に最も接近する今月29日の前後には、マイナス6等星と金星ほどの明るさになる可能性があり、夜明け前の東の空に明るく長い尾を伸ばす姿が日本からも肉眼で見られると期待されています。

このアイソンすい星の現在の姿を捉えようと、NHKの取材班は先月末、鳥取市にある天文台の直径1メートルの望遠鏡に超高感度ハイビジョンカメラや一眼レフカメラを取り付けて撮影を行いました。

その結果、現在のすい星の姿を鮮明に捉えることに成功し、うっすらと尾を伸ばした「アイソンすい星」が、星々の間を縫うように夜空を移動していきました。

また、すい星の中心にある「核」と呼ばれる部分から放出されたガスが緑色に光っている様子も映し出され、太陽の熱によって、核の蒸発が盛んになっていることも分かります。

この映像について、国立天文台の渡部潤一教授は「太陽に近づくにつれて、すい星の中心部がはっきりと見えるようになってきた。今後、順調に明るさを増すとすれば、数十年に一度の大すい星になることが期待される」と話しています。

▽NHK NEWSWEB http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131103/k10015777241000.html
 動画はソースでごらんください(アイソンの姿は1:48頃から)
91c1a421.jpg



【天文】数十年に一度の大彗星と期待されるアイソン彗星、超高感度ハイビジョンカメラで撮影に成功の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: ● ◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★ 2013/08/01(木) 20:42:01.72 ID:??? BE:862885038-2BP(1056)

世界初!超高感度4Kカメラ宇宙へ!!
~巨大彗星アイソン撮影に挑戦 8月4日打ち上げ、12月放送予定~

平成25年8月1日
NHK
宇宙航空研究開発機構

 NHKと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で、準備を進めてきた宇宙用の超高感度4Kカメラシステムが、いよいよ国際宇宙ステーションに向けて打ち上げられますのでお知らせいたします。
 このカメラは、8月4日(日)午前4時48分(予定)、種子島宇宙センターからH-IIBロケットで打ち上げられる補給機“こうのとり”4号機(HTV4)に搭載されて、国際宇宙ステーションに届けられます。

 この超高感度4Kカメラが狙うのは、12月に地球に接近する“アイソン彗星”。
昨年9月に発見された新たな彗星です。
初めて太陽の間近まで近づくため、大量のチリとガスを吹き出し巨大な“尾”をたなびかせる、
世紀の大彗星になると期待されています。

 彗星が接近する今年12月には、JAXAの若田光一宇宙飛行士が国際宇宙ステーションに滞在しています。
若田飛行士がこの超高感度4Kカメラを使って彗星を撮影します。
“大気の揺らぎ”のない宇宙は、いわば「観測の特等席」。
地上からは決して見ることができない最高の映像を、最先端のカメラでお届けします。

 今回のように、国際宇宙ステーションに4Kカメラを持ち込み、撮影するのは世界初の試みです。
NHKとJAXAではこれまでも、世界最先端の撮影機材の打ち上げ、国際宇宙ステーションからの撮影に取り組み、2006年には世界初のハイビジョン生中継、2011年にはハイビジョン超高感度カメラによる流星やオーロラなどの撮影に成功しています(『宇宙の渚』シリーズとして放送しました)。
今回、宇宙という遥か遠い世界の魅力をより鮮やかに記録するため、世界に先駆けて新たな一歩に挑戦します。

 撮影した彗星の映像は、12月、「NHKスペシャル」などの番組で紹介する予定です。
番組の詳細は決まりしだいご案内いたします。
アメリカ東海岸のきらびやかな夜景の上に輝く巨大彗星、といった息をのむ映像の数々をお届けできるはずです。


<今回撮影に用いるカメラについて>
 4Kという、現行のハイビジョンの4倍の画素数を擁する高解像度カメラで、さらに従来機の8倍を超える超高感度化はじめ彗星撮影のために特別な改造がなされた物です。
JAXAがこれまでに国際宇宙ステーション「きぼう」の開発・運用で蓄積した宇宙搭載化技術や有人宇宙安全技術によって、従来よりも大幅に短い期間で改修や試験を行うことができたため、今回の最先端カメラによる国際宇宙ステーションからの撮影が実現しました。


放送・放送技術についてのお問い合わせ:NHK広報局広報部
Tel.03-5455-2435 Fax.03-3465-5009 (担当:石井)
打ち上げについてのお問い合わせ:宇宙航空研究開発機構 広報部
〒101-8008 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティB1
Tel. 050-3362-4374 Fax.03-3258-5051

JAXAプレスリリース
http://www.jaxa.jp/press/2013/08/20130801_4kcamera_j.html
eed7cdc2.jpg



【宇宙】NHKの超高感度4Kカメラが宇宙へ!~アイソン彗星を若田飛行士がISSから撮影の続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ