理系にゅーす

理系に関する情報を発信! 理系とあるものの文系理系関係なく気になったものを紹介します!

スポンサーリンク

アンタレス

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2017/08/25(金) 22:47:58.85 ID:CAP_USER
さそり座の赤色超巨星「アンタレス」、詳細な画像と想像図 ESO
2017年08月24日 13:32 

【8月24日 AFP】欧州南天天文台(ESO)は22日、超大型望遠鏡VLT干渉計(Very Large Telescope Interferometer)を使って作成した・・・

続きはソースで

(c)AFP

▽引用元:AFPBBNews 2017年08月24日 13:32
http://www.afpbb.com/articles/-/3140233

欧州南天天文台(ESO)が公開した、赤色超巨星「アンタレス」の想像図(2017年8月22日公開)。(c)AFP/M. Kornmesser/EUROPEAN SOUTHERN OBSERVATORY
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/7/500x400/img_777135b6bbe2554cb6a9d8b01cbac47475098.jpg
欧州南天天文台(ESO)の超大型望遠鏡VLT干渉計によって作成された赤色超巨星「アンタレス」の画像(2017年8月22日公開)。(c)AFP/KEIICHI OHNAKA/Universidad Catolica del Norte (Chile)/EUROPEAN SOUTHERN OBSERVATORY
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/2/5/500x400/img_258d6ee114927b6ce54d53c06570dcfb78480.jpg

▽関連
eso1726 ? Science Release
Best Ever Image of a Star’s Surface and Atmosphere
First map of motion of material on a star other than the Sun
23 August 2017
http://www.eso.org/public/news/eso1726/
images


引用元: 【天文】さそり座の赤色超巨星「アンタレス」 詳細な画像と想像図を作成/ESO©2ch.net

さそり座の赤色超巨星「アンタレス」 詳細な画像と想像図を作成/ESOの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2015/02/28(土) 08:18:08.66 ID:???.net
掲載日:2015年2月27日
http://www.sorae.jp/030826/5453.html

01 (2)


 昨年10月に発生した、米国オービタルATK社(旧オービタル・サイエンシズ社)のアンタレス・ロケットの打ち上げ失敗について、ロイター通信は2月20日、燃料タンクからエンジンに向けて乾燥剤が入り込んだためではないかとする、事故調査委員会の関係者の発言を報じた。

 記事によれば、ターボ・ポンプをはじめとするロケットエンジンのさまざまな場所から、結晶化した乾燥剤の粒子が発見されたという。そこから、乾燥剤がタンクからエンジンへ流れ込んで火花が発生、そしてその火花は、ターボ・ポンプの酸素に富んだ環境の中で火災を誘発し、そこからエンジンの爆発に至ったのではないかという説が浮上したという。

 この乾燥剤は、燃料タンク内の湿気を抑えるために入れられており、打ち上げの前に取り除かれることになっているが、オービタルATK社による作業時の不注意によって、残されたまま打ち上げられた可能性があるとされる。ただし、これはあくまで可能性のひとつであり、そうと決まったわけではない。また乾燥剤がエンジンに流れ込んだことで爆発したのか、あるいは爆発したことで流れ込んだのか、その関係性を決定することは難しいという。

 同紙がオービタルATK社に取材したところによれば、「それは可能性のひとつではあるけれども、主要な候補ではない」
と回答したという。

 さらに別のソースは、「根本的な原因」を見つけるのは困難であることから、原因の断定はせずに調査を終えることになるかもしれないと語ったという。

 この事故は2014年10月28日に発生したもので、シグナス補給船運用3号機を載せたアンタレス・ロケットが打ち上げ直後に爆発し、墜落した。シグナス補給船には国際宇宙ステーションに送り届けるための物資や実験機器などが搭載されていたが、すべて失われることになった。

続きはソースで

<画像>
Image credit: NASA
http://www.sorae.jp/newsimg15/0226antares.jpg

<参照>
Exclusive: Orbital explosion probe said to find debris in engine: sources | Reuters
http://www.reuters.com/article/2015/02/20/us-orbital-atk-gencorp-explosion-idUSKBN0LO28P20150220

引用元: 【宇宙開発】アンタレス打ち上げ失敗、エンジンに乾燥剤が入り込んだためか=ロイター通信

アンタレス打ち上げ失敗、エンジンに乾燥剤が入り込んだためかの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/08(土) 17:01:21.60 ID:???.net
オリオン宇宙船、予定通り試験へ 事故影響なしとNASA


【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は6日、来月4日に予定する次世代宇宙船「オリオン」試験機の無人飛行の日程について、相次ぐ民間ロケットや宇宙船の事故に伴う変更はないと発表した。

NASAの責任者は記者会見で、オリオンの試験飛行に使われる技術は、事故が起きた米オービタル・サイエンシズのアンタレスロケットや米ヴァージンギャラクティックの宇宙船スペースシップ2とは共通点がないと指摘。
「(宇宙開発の)リスクの高さをあらためて思い出させた」としながら「計画の変更は何もない」と述べた。

今回の試験飛行では、人を乗せずに、地球を2周して太平洋に帰還させる。

2014/11/07 08:50 【共同通信】
_______

▽記事引用元
http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014110701000637.html
47NEWS(http://www.47news.jp/)2014/11/07 08:50配信記事

▽関連スレッド
【宇宙開発】次世代宇宙船「オリオン」試験機公開 12月に初の無人飛行/NASA
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1410530833/

引用元: 【宇宙開発】次世代宇宙船「オリオン」試験機 来月4日の無人飛行の日程 予定通り試験へ 事故影響なし/NASA

次世代宇宙船「オリオン」試験機 来月4日の無人飛行の日程 予定通り試験へ 事故影響なし/NASAの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 2014/11/03(月) 00:33:09.02 ID:???.net
爆発のロケット、なぜソ連製エンジン?
Dan Vergano,
National Geographic News
October 30, 2014

爆発したNASAの無人ロケット「アンタレス」が、改良した旧ソ連製エンジンを採用していたことに疑問の目が向けられている。

打ち上げ失敗翌日の10月29日(米国時間)、事故現場となったバージニア州東岸にあるNASAのワロップス飛行施設において残骸の調査が行われた。
国際宇宙ステーション(ISS)に食料、機材、実験用設備を運ぶ補給機シグナスを搭載していた同ロケットの損失額は2億ドルを超える。

28日夕の記者会見において、ワロップス飛行施設の責任者ビル・ローベル(Bill Wrobel)氏は、ロケットが打ち上げの軌道をそれたことが明らかになったため、安全担当官がエンジン点火から20秒以内にロケットを爆発させたと報告した。

「誰もが映像で見て知っている以上のことは、われわれにもまだ分からない」と、アンタレスを製造したバージニア州ダレスのオービタル・サイエンシズ社のフランク・カルバートソン(Frank Culbertson)氏は述べる。
「上昇が止まり、ロケットの1段目がやや分解したように見え、そして墜落した」。

NASAの協力の下、オービタル・サイエンシズ社とアメリカ連邦航空局の調査チームは今後、打ち上げの映像、ロケットの遠隔測定データ、ロケットの残骸という3つの手がかりから事故の原因を探る予定だ。

今回の打ち上げは、オービタル・サイエンシズ社が2008年にNASAから受注したISSへの物資補給ミッションの一環。
総額19億ドルで計8回の補給を行う契約で、今回はその3回目だった。

「事故の原因が明らかになるまで、オービタル・サイエンシズ社は少なくともロケット打ち上げを凍結せざるを得ないだろう」と、宇宙関連のWebサイト「NASA Watch」のエディターで宇宙産業に詳しいキース・カウイング(Keith Cowing)氏は述べる。

◆疑惑のエンジン

最初に点火するロケットの“1段目”には、NK33ロケットエンジン2基が採用されていた。
NK33はもともと旧ソ連が月に宇宙飛行士を送る計画のために、40年以上前に製造されたものだ。
しかし、同エンジンを搭載した大型ロケットN-1は4度の打ち上げにすべて失敗した。

有人月面着陸競争は1969年に米国が勝利し、ソ連の計画は1974年に中止された。
残ったロケットエンジンは倉庫に保管されるか、より小型のロシアのロケットに搭載された。

「今回の事故をきっかけに、ロシア製ハードウェアの採用をめぐる議論が再燃するのは必至だ」とカウイング氏は述べる。
「ロシア製のロケットは頑丈で信頼性が高いことで知られるが、これほど古いものを使うリスクについて疑問の声が上がるだろう」。

NK33ロケットエンジンは、1990年代半ばに約40基が米国のロケットエンジン製造会社エアロジェット社に売却されたが、その売却額は1基100万ドルと驚くほど安かったといわれている。
新たなロケットの開発コストは数億ドルにも達し、またそれが成功につながるとは限らない。
スペースX社のイーロン・マスク(Elon Musk)氏は、「ファルコン」ロケットの開発に3億ドルを要したと述べている。

NK33エンジンは最新の電子機器と誘導機構を加えて改良され、「AJ26」という新たな名称を得た。
AJ26は、ミシシッピ州ハンコック郡にあるNASAのジョン・C・ステニス宇宙センター、およびワロップス飛行施設での試験に合格し、これまで補給機シグナスの打ち上げに3回成功している(うち1回はデモンストレーション)。

今回爆発したアンタレスに搭載されていたエンジンも、ステニスとワロップスでの試験に合格していたと、オービタル・サイエンシズ社のカルバートソン氏は述べている。

しかし今年5月にも、AJ26(NK33)エンジンはステニスでの燃焼試験中に爆発事故を起こしている。
こちらの事故も原因は今なお調査中だ。
(引用ここまで 全文は記事引用元でご覧ください)

▽記事引用元
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20141030001
National Geographic(http://www.nationalgeographic.co.jp/)October 30, 2014


引用元: 【宇宙開発】爆発したNASAの無人ロケット「アンタレス」 なぜソ連製エンジン?

爆発したNASAの無人ロケット「アンタレス」 なぜソ連製エンジン?の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
1: 白夜φ ★ 2014/01/10(金) 22:02:37.97 ID:???

アンタレスロケット、シグナス補給船運用1号機を打ち上げ
January 10 - 2014 - アンタレス


写真=NASA 
http://www.sorae.jp/newsimg14/0110antares.jpg 


オービタル・サイエンシズ社は9日、シグナス補給船運用1号機(Orb-1)を搭載したアンタレスロケットを打ち上げた。
アンタレスの打ち上げは今回で3機目、またシグナスの打ち上げは2機目となり、そして今回初となる、NASAとの契約による国際宇宙ステーション(ISS)への商業輸送サービスという重要な役目を背負っている。

シグナスOrb-1を搭載したアンタレスは、米国東部標準時12月9日18時7分(日本時間12月10日3時7分)、米バージニア州にある中部大西洋地域宇宙港(MARS)の0A発射台から離昇した。
ロケットは順調に飛行し、約10分後にシグナスOrb-1を予定の軌道へと送り込んだ。

現在シグナスOrb-1は高度210km x 300km、軌道傾斜角51.64度の軌道を周回しており、太陽電池パドルの展開にも成功した。
ISSへの到着は12日の11時2分(協定世界時)に予定されている。

当初打ち上げは1日前の8日に予定されていたが、太陽活動が活発化し、宇宙放射線量が増加し、ロケットの搭載機器への影響が懸念されたため延期された。

シグナスOrb-1には、ISSへの補給物資として、合計1,465kgもの宇宙食や新鮮な果物、そして実験装置や修理部材、超小型衛星などが搭載されている。
今回の打ち上げは、ISSへ物資を輸送するNASAとの商業契約(CRS)に基づく初のミッションで、今後プログレスやATV、HTV、そしてスペースX社のドラゴンとともに、ISSを補給面で支えていくことになる。

シグナスによる補給ミッションは、今回を含めて全8回が計画されているが、先日ISSの運用が2024年まで延長されることが決定され、それに伴いミッションは増えることになろう。

アンタレスの打ち上げは今回で3機目となるが、これまでの2機とは異なり、第2段の固体ロケットモーターがキャスター30Aから、より強力なキャスター30Bへと換装し、打ち上げ能力を強化した、
アンタレス120と呼ばれる機体が使われた(従来の機体はアンタレス110)。

またシグナスの4号機(Orb-4)からは、搭載能力を2,000kgから2,700kgまで向上させた、増強型のシグナスが使われる予定となっており、それに合わせてアンタレスも第2段にさらに強力なキャスター30XLを搭載し、打ち上げ能力をさらに向上させた、アンタレス130をデビューさせる予定だ。


b6750341.jpg

■ISS Commercial Resupply Services Mission (Orb-1)
http://www.orbital.com/NewsInfo/MissionUpdates/Orb-1/MissionUpdate/index.shtml

▽記事引用元 sorae.jp January 10 - 2014
http://www.sorae.jp/030826/5076.html 


【宇宙開発】アンタレスロケット シグナス補給船運用1号機(Orb-1)を打ち上げの続きを読む
スポンサーリンク

このページのトップヘ